2018年04月25日

テッポウユリ開花

DSCN5247.JPG 4/25 旧3/10  曇り テッポウユリ(ユリ科・外来種)が開花しはじめました。 道沿いなどで野生化して広がっています。 大柄な花被片は6、 内花被(大きい方)が花弁3で、外花被(小さい方)が萼片3に相当します。 おしべ6,めしべ1柱頭は3裂)。 芳香もあります。 小笠原でユリ科は 本種、タカサゴユリ、(シンテッポウユリ)の3種が見られますが、 いずれも外来種です。
posted by mulberry at 09:33

2017年07月19日

タカサゴユリ(タイワンユリ)の花

DSCN2137.JPG 7/19  旧閏5/26  晴れ 集落近い道ばたで、数株、咲いていました。 タカサゴユリ(ユリ科・外来種)です。 花被片の外側に 赤い線が明確にあるので、間違いないと思います。 タカサゴユリとテッポウユリの雑種シンテッポウユリはこれに似ますが、 赤い線がないようです。 なお花は 花被片6,おしべ6、めしべ1です。
posted by mulberry at 06:53

2015年06月22日

シンテッポウユリの花

P6190355.JPG 最近、道端で、 シンテッポウユリ(ユリ科・外来種)の花が見られます。 花被片(萼片・花弁)は6です。 テッポウユリとタカサゴユリの雑種だそうです。 テッポウユリとは時期が違います。 タカサゴユリとは同じくらいの時期です。 花の外側に 赤い部分がなければ、このシンテッポウユリとしていいと思います。
posted by mulberry at 07:24

2014年07月09日

シンテッポウユリかタカサゴユリか

P6267890.JPG 7/9  旧6/13  晴れ テッポウユリの花の時期がとうにすぎていますが、 また似た花が咲いています。 タカサゴユリあるいはシンテッポウユリかというところです。 小笠原ではこの3種はいずれも外来種となります。 シンテッポウユリは タカサゴユリとテッポウユリとの交雑種だそうです。 タカサゴユリは 花の外側に赤いラインが入るそうです。 この写真から見る限りは 赤いラインは目立たずシンテッポユリですね。 赤のライン、 ..
posted by mulberry at 07:22

2010年07月11日

タカサゴユリの花

P7090521.JPG 道端で、 タカサゴユリ(ユリ科・外来種)が咲いています。 とてもテッポウユリに似ています。 ただ、小笠原では、 テッポウユリの花の時期より1−2ヶ月遅いです。 葉がやや細いのと、花の外側に赤い線があるのとで、 区別がつきます。 タコサゴユリはタイワンユリともいうそうです。 最近は、 テッポウユリとタカサゴユリとの雑種が できています。 シンテッポウユリというそうで、 さらに紛らわしいですね。
posted by mulberry at 15:03