2017年11月10日

ムニンシュスランの花

DSCN2949.JPG 11/10  旧9/22 晴れ ムニンシュスラン(ラン科・固有種)が 各所で見られるようになっています。 生育場所はよく茂った林内なので、 暗くて写真が撮りにくいです。 一見すると、 ラン科の花のように見えません。 でも、 間近で見れば、納得します。 花被片6で花弁3、萼片3です。 下側、中央がが唇弁、横に側萼片2 上側は背萼片と側花弁が重なっていて、 内側に側花弁2、外側に大きな背萼片です。 上下の間に ..
posted by mulberry at 06:54

2016年10月26日

ムニンシュスラン背蕚片と側花弁

PA260198.JPG ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の花。、 前回の記事で、 背蕚片と側花弁がわかりにくいことを書きました。 http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/443130798.html そこで再度、違うアングルで撮影。 上から撮ると、わかりました。 両サイドの白いところが、それぞれ側花弁。 中央のやや色づいているところが背蕚片です、 側花弁2と背蕚片1が くっついたようになっています。 ..
posted by mulberry at 14:39

2016年10月26日

ムニンシュスランの花(かなり寄りで)

PA190149.JPG 10/26  旧9/26  曇り ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の花、 がんばって寄ってみました。 小さくてわかりにくいですが、 やはりラン科ですね。 ラン科の花は 唇弁、側花弁2、背蕚片、側蕚片2です。 下向きなのが唇弁、横2つが側蕚片。 上向きが背蕚片と側花弁ですが、 背蕚片と側花弁がくっついたようになってりいるのでしょうか? さらに接近しての観察が必要です。
posted by mulberry at 08:38

2016年10月10日

ムニンシュスランの花

PA090063.JPG 10/10  旧9/10  晴れ ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の花が 咲き始めています。 白い小花で 花が咲いてもあまり目立ちません。 生えている場所も 大概、やや暗い日陰の林床です。 うちのカメラでは 花のつくりがわかるほどまで寄り切れません。 花は唇弁1、側花弁2、背蕚片1、側蕚片2ですが、 側花弁は、この写真ではよく見えてないですね。
posted by mulberry at 08:08

2015年09月27日

ムニンシュスランの花

P9240271.JPG 9月下旬、気温の変化はまだあまりないのですが 確実に日は短くなり、陽射しも柔らかくなっています。 植物の花期も確実に変わってきています。 ムニンシュスラン(ラン科・固有種)も 森の中でひっそり咲き始めています。 夜明山エリアはわりと個体数の多いところです。 湿潤なうっそうとした感じで やや暗めの林床に生えていることが多いです。 暗いので、写真も撮りにくいです。苦笑
posted by mulberry at 07:31

2014年11月08日

ひっそりと咲くムニンシュスラン

PB049637.JPG 11/8 旧閏9/16  曇り ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の 花期を迎えています。 高木性の樹林下でひっそりと咲いています。 父島では分布に偏りがあって、 中央部以外ではほとんど見ません。 夜明山周辺は個体数も多いですね。 戦跡ツアーで巡る夜明山ルート沿いには よく生えています。
posted by mulberry at 08:28

2013年11月14日

貯水槽の中でムニンシュスランの花

PB134845.JPG 11/14  旧10/17  晴れ ムニンシュスラン(ラン科・固有種)は 先月中くらいから花が咲き始めていました。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/11342915.html 昨日の戦跡ツアーでは 戦時中に使われた貯水槽のあるところも通りました。 中をのぞくと、 ムニンシュスラン群落がよく花をつけていました。 昨年も記事にしていてだいたい同じ時期ですね。 http://blogs..
posted by mulberry at 07:52

2013年10月21日

季節の変わり目、ムニンシュスランの花

PA204448.JPG 森の中で ムニンシュスラン(ラン科・固有種)が咲いています。 これが咲きだすと、 季節の変わり目を感じるころです。 夏の暑さが終わって、 涼しくなりだすと花の時期を迎えます。 草丈、わずか20pほどです。 よそ見して歩いていると、 踏みつけてしまうくらいです。 父島で本種が生えている場所は ルート沿いではそれほどありません。 興味ある方は ガイドさんに教えてもらってください。
posted by mulberry at 08:41

2012年10月20日

ムニンシュスランの花

PA140995.JPG 10/20 旧9/6 曇り とある山中では ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の花が咲き始めています。 父島では それほど分布は広くないように思います。 でも生えているところにはまとまって生えています。 湿性タイプの高木性樹林で 林床にあまり陽の差さないような場所が多いですね。 草丈もせいぜい20cm程度で 花が咲いていても地味なので目立ちません。 老眼の人だと つぼみと咲いている状態とが見えないと思います。笑 父島..
posted by mulberry at 06:52

2011年11月05日

軍隊の水槽の中にムニンシュスラン

PB052915.JPG 11/5 旧10/10 はれ 午前、戦跡ツアーで夜明山を歩きました。 コース中には 野外にコンクリートの水槽も残っています。 飲料水として使われたのでしょう。 この貯水槽は、ひび割れもあり、水はたまっていませんが、 下に泥がたまっています。 その泥のところに ムニンシュスラン(固有種・ラン科)が10株以上生えています。 今日、覗き込むと、花がよく咲いていました。 湿性の場所を好むので、 こんなところで元気よく育っている..
posted by mulberry at 16:09

2011年10月30日

ムニンシュスランの花

PA252839.JPG 10/30 旧10/4 天候不順 とある森の中で、 ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の花を見つけました。 ムニンシュスランは 小笠原で自生しているランの1つです。 父島では、中央部の湿性の森林に、 わりとまとまって生えています。 戦跡の多い夜明山周辺は、個体数も多いですね。 草丈は20cm以下くらいですから、 足元を注意して見て歩かないと、見逃してしまいます。 これからは花が咲いている個体も増えてきます。 花もまた小..
posted by mulberry at 08:35

2010年11月05日

ムニンシュスランの花


PB031502.JPG 11/5 旧9/29 くもり ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の花が 咲いていました。 今頃が花の時期です。 本種は 小笠原(父島)で自生しているラン科植物では、 比較的見つけやすいものです。 ただし、分布は湿性環境の林内に限定されます。 ある所にはわりとまとまってありますが、 ない所にはまったないという感じです。 目立たない地味なランです。 湿性環境の林内で、足元をよく見ながら歩くと、 見つかるかもしれませんよ。 ムニ..
posted by mulberry at 06:29

2009年11月12日

ムニンシュスランの花


PB090553.JPG11/12 旧9/26 はれ 先日、夜明山をツアーで回ったとき、 ムニンシュスラン(ラン科・固有種)が咲いているのに 気づきました。 草丈20cmほどの小さなランで、 花もかなり小粒です。 足元を見ないで歩いていると、 踏んづけてしまいそうなくらいです。 湿性タイプの森林には、それなりの個体数もあり、 そういう場所なら花を見ることはできます。 花の観察にはルーペがあるといいかもしれません。 中高年は老眼鏡も。(僕もです)
posted by mulberry at 08:00

2008年11月25日

オガサワラグミ、花の香り


PB210003.JPG11/25 旧10/28 はれ 数日前に、中央山山頂に行きました。 山頂付近に上ると、いい香りが漂ってきました。 つる性のオガサワラグミ(固有種)が 花をたくさんつけています。 これからの時期、 あちこちでグミの花の香りが感じられることしょう。 昨日歩いた旭山のほうでは、 コヘラナレンやムニンタイトゴメが咲いています。 低木性のところ全般に、シャリンバイが花盛りです。 高木性の森林内、林床では、 ムニンシュスランが咲いています..
posted by mulberry at 07:28

2008年10月26日

ムニンシュスラン(固有種)


PA240413.JPG10/26 旧9/28 はれ 2週間ほど島を離れている間に、 新たに花期を迎えてつつある植物が いくつかありました。 シャリンバイ、シマザクラ、ムニンシュスラン などです。 写真のムニンシュスランは まだ咲きはじめですので、上のほうはツボミです。 夜明山付近はあちこちたくさん出ています。 このあたりも入林パスが必要となります。 戦跡ツアーのときにでも、じっくり見て下さい。 ちなにに、草丈は5−15cmほどですんので、 見慣れていない..
posted by mulberry at 09:00

2007年11月04日

ムニンシュスランの花


PB011175.JPG10/4 旧9/25 くもり 最近、とある森の中で ラン科、ムニンシュスランの花を見つけました。 まだ咲いている個体はわずかしかなくて、 咲き始めたばかりのようです。 地面から10cmほどの高さで、 花も小さく目立たないですが、 近づいてよくみるとかわいらしい感じです。 父島では湿潤な森の中で時々見られます。 和名は 葉が織物の繻子に似ているところからついています。
posted by mulberry at 08:34

2006年11月03日

シャリンバイの花


CIMG09446.JPG11/3 旧9/13 文化の日 十三夜・栗名月 はれ 山では、ここのところ、 シャリンバイの花が 所々で目につくようになってきた。 つぼみはさらにたくさん目につく。 この樹はあちこちたくさんあり、 特に低木のところには多いので、 展望台付近に行けばたいていある。 小笠原では シャリンバイは秋から冬が花の時期で、 内地や沖縄のシャリンバイと花の時期がずれる。 シャリンバイは漢字で書くと車輪梅。 枝が車輪状に出るところからついている。 ..
posted by mulberry at 16:45

2006年11月02日

ムニンシュスラン

2006-11-01_14-52.jpg小さくてかわいい

posted by mulberry at 12:48

2005年11月01日

ムニンシュスラン


20051101a8031631.JPG11/1  旧9/30  灯台記念日 計量記念日          本格焼酎の日 玄米茶の日          犬の日 紅茶の日 すしの日          ちょっと多すぎ。 曇り空、たまに晴れ間。 涼しい一日。海に出ると肌寒いかも。 山ではムニンシュスラン・固有種が咲いていた。 小さくて目だたないが、かわいらしい。
posted by mulberry at 18:33