2017年07月11日

シマザクラの花

DSCN2125.JPG 7/11  旧閏5/18  曇り 道路沿いで 小低木のシマザクラ(アカネ科・固有種)が咲き始めていました。 1つの個体で花期はわりと長めです。 アカネ科で、 桜とは似ても似つかぬシマザクラ。 花は4裂で、 裂片は細く長くのびてカールしています。 おしべ4、めしべ1も長くのびています。
posted by mulberry at 07:50

2015年07月09日

4裂のシマザクラの花

P7050108.JPG 7/9  旧5/24  晴れ 小低木のシマザクラ(アカネ科・固有種)の花を 見かけました。 集散花序から多数の花がつきます。 花の色は薄桃色といった感じでしょうか。 まとまって花をつけていると、 1つの花をじっくり見ることをしなくなります。 花は筒状、4裂です。 裂片は細くのびて、カールしています。 裂片がカールしているので、 おしべ4、めしべ1が長くのびていいるように見えます。
posted by mulberry at 08:25

2014年09月19日

シマザクラの花

P9198716.JPG シマザクラ(アカネ科・固有種)の花が咲いています。 ここは道路沿いの小さな株ですが、 毎年、きれいに花を咲かせます。 他にも 道路沿いで見られる場所がいくつかあります。 花の1つ1つは小さいですが、 まとまって咲いています。 花の色はごく薄いピンクです。 花は 4裂で、裂片は細長くなっています。 おしべは4本です。 ところで 誰がこんなな名前にしたんでしょうかね?
posted by mulberry at 08:41

2014年01月11日

カンヒザクラの花がぽつりぽつり

P1095735.JPG 1/11 旧12/11  曇り カンヒザクラ(ヒカンザクラ・バラ科・外来種)が 一輪一輪と咲き始めています。 亜熱帯農業センター展示園駐車場の植栽木です。 まだぽつりぽつりで 寂しい咲き方です。 これから日々花が増えてきて、 1月下旬から2月初旬にかけて花盛りとなることでしょう。 もともと桜のない小笠原。 シマザクラと名の付く固有種がありますが、 バラ科のいわゆる桜の仲間ではなく、これはアカネ科の低木です。 ..
posted by mulberry at 07:37

2013年10月15日

不思議な名前、シマザクラ

PA144392.JPG 10/15 旧10/11  曇り 昨日、夜明道路を車で走った時に シマザクラ(アカネ科・固有種)の花に気付きました。 普通サクラといえば、バラ科です。 これはアカネ科ですから、 いわゆるサクラとは無縁です。 大きさも小低木で花の形も サクラには全く似ていません。 花の時期も春ではないですね。 サクラに似ているのは しいて言えば花の色合だけですよね。 それだけで シマザクラと名付けたのでしょうか?
posted by mulberry at 07:55

2011年09月14日

シマザクラの花

P9082322.JPG 9/14 旧8/17 曇り 道路沿いの岩場で シマザクラ(固有種・アカネ科)の花を見つけました。 シマザクラはアカネ科ですから、 内地のサクラ(バラ科)とはまったく別物です。 名前だけサクラです。 花の色合いからついたのでしょうか。(よく分かりません) シマザクラは小低木で 道路沿いの岩場などでも生えている場所があります。 花の時期は、まとまって薄ピンクの花をつけるので、 わかりやすくなります。 花の形も独特ですから、近く..
posted by mulberry at 07:55

2008年10月26日

ムニンシュスラン(固有種)


PA240413.JPG10/26 旧9/28 はれ 2週間ほど島を離れている間に、 新たに花期を迎えてつつある植物が いくつかありました。 シャリンバイ、シマザクラ、ムニンシュスラン などです。 写真のムニンシュスランは まだ咲きはじめですので、上のほうはツボミです。 夜明山付近はあちこちたくさん出ています。 このあたりも入林パスが必要となります。 戦跡ツアーのときにでも、じっくり見て下さい。 ちなにに、草丈は5−15cmほどですんので、 見慣れていない..
posted by mulberry at 09:00

2005年09月16日

シマザクラ


2005091606674885.JPG山のほうの道沿いの岩場で シマザクラ(固有種・アカネ科)が咲いている。 車で走っていると、見逃しやすい。
posted by mulberry at 09:30