2014年07月16日

シマサルスベリの花

P7168100.JPG 人家まわりでは シマサルスベリ(ミソハギ科・外来種)の白い花が咲いています。 この花も近くで見るとおもしろい形です。 基部から糸状の柄が出て その先に花びらがついています。 花弁は6枚以上ですね。 おしべは多数です。 めしべは1つです。 花の時期、 近くで観察すると何か発見がありますよ。笑
posted by mulberry at 07:44

2010年01月09日

小笠原でも少しは紅葉・黄葉があります

1/9 旧11/25 くもり 小笠原の植生は基本的には常緑樹林ですが、 わずかに落葉樹があります。 常緑樹林の中で、黄葉や紅葉があると、 妙に目立ちます。 本土の落葉樹は、 秋に落葉が終わっているはずですが、 小笠原ではこのごろ落葉しています。 小笠原では10-11月頃はまだ気温も高いので、 落葉には早すぎるのでしょう。 紅葉はシマサルスベリ・ハゼノキ・モモタマナなど 黄葉はデイコ・アコウザンショウなど。 また、 季節を問わず..
posted by mulberry at 08:38

2007年06月28日

シマサルスベリの花

CIMG0591.JPG 6/28 旧5/14  くもり 集落付近では シマサルスベリの花が咲き始めている。 やや香りのある白い花である。 漢字で書くと、島百日紅で、 内地のサルスベリは漢字のとおり赤い花である。 しかし、シマサルスベリは白い花である。 そうすると、島百日白にするのがいいかしら。 また花が長くついているので、百日なのであろう。 小笠原植物図譜によると、 栽培種という分類である。 山には、フトモモ科の植物がいくつかあり、 木肌が似て..
posted by mulberry at 09:12

2007年01月30日

デイコの花

1/30 旧12/12 曇り空 午前、島内の道路を車で1周してきた。 海岸のほうでは デイコの花が咲き始めていた。 山のほうでは ハゼノキの紅葉が目立ち始めていた。 昨年10月頃の台風で葉を落として、 つけたばかりなのに、 落葉樹はやはりまた葉を落とし始めている。 ハゼノキ・デイコ・シマサルスベリなど。 2回目の落葉ということになる。 こういうときは 収支でいえば、損失が大きくなるのだろう。 がんばって栄養補給してくださいな。..
posted by mulberry at 12:25

2005年12月11日

紅葉のシマサルスベリ


CIMG58340.JPGシマサルスベリが、紅葉し、 どんどん葉っぱを落としている。 小笠原の植物は常緑が主だが、 シマサルスベリやモモタマナなど 数種類は落葉樹がある。 常緑の中の紅葉はすごく目立つ。
posted by mulberry at 14:31

2005年09月15日

シマサルスベリ


2005091508b47b05.JPG9/15  スカウトの日 ひじきの日 老人の日 はれ、いい凪そう。 風が弱いので、同じところから雲が動かない。 近所ではシマサルスベリが咲いている。 近くに行くと、いい香りがある。 花をよく見ると、面白いつくりだ。
posted by mulberry at 11:21