2017年11月14日

コヘラナレンの花(2017)

DSCN3057.JPG 11/14  旧9/26  曇り 旭山南峰では 柵の中でコヘラナレン(キク科・固有種)が咲いています。 山頂に近いところの1株は すでに枯れてしまいました。 花は黄花。 一見すると5弁花のようです。 でも本種はキク科で 舌状花だけでできています。 1つの頭花(5弁花に見える部分)に舌状花5です。 1つの舌状花からは 1つのおしべ・めしべが一体になった棒状のものがのびています。
posted by mulberry at 07:14

2014年11月29日

兄島、籠の中のコヘラナレン

PB259816.JPG 11/29  旧10/8  曇り 数日前、兄島に調査補助で出かけた時、 中央部の岩場で見つけたものです。 金網とネットで囲われているのは コヘラナレン(キク科・固有種)です。 ネズミの食害から守るためにこうやっているのでしょう。 ノヤギのいる時は、ヤギの食害と思われていましたが、 実はネズミにもやられているのです。 箱入り娘のコヘラナレンです。 父島の株も同様になっています。 そろそろ父島のも見頃かしら?
posted by mulberry at 07:30

2013年11月07日

籠の中の私・・コヘラナレン

PB064751.JPG 11/7   旧10/5  晴れ 写真の植物は 手前にヤギの食害防ぐネットがあり、わかりにくいですね。 コヘラナレン(キク科・固有種)の花です。 花は 毎年この時期くらいですね。 生息地は父島と兄島。 父島では 2ヵ所くらいしか自生地を知りません。 多年生草本の植物ですが、 よく見ると、太くて短い木質化した茎があります。 イソマツのような小低木にも見えますが・・。
posted by mulberry at 07:19

2013年11月06日

ヘラナレンの花

PB024710.JPG 11/6  旧10/4  晴れ ヘラナレン(キク科・固有種)は 父島では野生株はもう見れないはずです。 (母島では自生しています。) 亜熱帯農業センター内の展示園には 保護増殖株の展示コーナーがあります。 ちょうどそこのヘラナレンが花をつけていました。 父島では見れない植物ですので、 うれしいですね。 小笠原の固有キク科植物では、 木本化したものがあります。 ヘラナレンは小低木ですが、その1つです。 なお..
posted by mulberry at 09:27

2012年11月04日

コヘラナレンの花

PB030243.JPG 11/4 旧9/21 曇り コヘラナレン(キク科・固有種・絶滅危惧TB類)の花が 咲いています。 僕は 父島では2ヶ所しか生息地を知りません。 そのうち1ヶ所はルート外で 最近は全然見に行っていません。 どちらも疎林の岩場のような所に生えています。 今回のルート沿いにあるものは ヤギやネズミの食害を防ぐために柵で囲われています。 箱入り娘の状態です。 このルート沿いのポイントは 涼しくなるとツアーでもよく使うコースで..
posted by mulberry at 07:23

2012年10月27日

ヘラナレンの花(保護増殖株)

PA260215.JPG 10/27 旧9/13 晴れ 昨日、 亜熱帯の農業センターの展示園に行きました。 そこの保護増殖株で、、 ヘラナレン(キク科・固有種・絶滅危惧TA類)の花が咲いていました。 白い花です。 かつては父島にもヘラナレンは自生していたようですが、 現在野生株はもうどこにもないはずです。 なので、 現在自生株が見られるのは母島列島になります。 ちなみに父島列島では コヘラナレン(キク科・固有種・絶滅危惧TB類)があります。..
posted by mulberry at 07:43

2010年10月17日

コヘラナレンの花


PA141269.JPG 10/18 旧9/11 はれ 旭山南峰の遊歩道沿いには コヘラナレンの自生地が2ヶ所あります。 そのうち1ヶ所では花が咲いていました。 コヘラナレンはキク科の固有種です。 個体数も少なく、 種の保存法の指定植物になっています。 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9777 コヘラナレン保護増殖事業計画も作られています。 http://www.env.go.jp/nature/yase..
posted by mulberry at 08:47

2009年11月21日

旭山南峰より


PB200643.JPG11/21 旧10/5 はれ 昨日は軽めの森のコースで、 午前、旭山南峰に行きました。 先端の山頂は過ごそうな場所ですが、 駐車場からさっさと歩けば30分もかかりません。 もちろんツアーで行く時は、1時間くらいかけて、 いろいろ見ながらゆっくり歩きます。 南峰に到着したら、今度は絶景が楽しめます。 正面は父島の二見方面、後方は兄島が一望です。 この時期、尾根道ではシャリンバイが咲いています。 希少種コヘラナレンやムニンタイトゴメなども ..
posted by mulberry at 07:59

2009年11月17日

ネットの中のコヘラナレン


PB170634.JPGネットの中の植物は、 コヘラナレン(固有種・キク科)です。 旭山南峰遊歩道沿いで2ヶ所ほど自生地があります。 ここの自生地は、ヤギの食害防止のため、 ネットで囲われの身となっています。 朝、見に行ったら、花をつけていました。 草丈はわずか20cmほどです。 小さいですが、ネットに囲われていますので、 すぐわかるはずです。 黄色のかわいい花をつけています。 コヘラナレンからネットがはずされる日が来るのは いつになるでしょうか。 ..
posted by mulberry at 09:00

2009年02月03日

毎日新聞:小笠原諸島:昆虫や植物9種保護へ

記事によると 「環境省は2日、 絶滅が心配される小笠原諸島(東京都)の 昆虫、植物計9種の保護増殖事業計画を策定すること を決めた。 「種の保存法」に基づくもので、 小笠原諸島の世界自然遺産登録を目指す施策の一環。  計画を作るのは、 昆虫で▽オガサワラハンミョウ▽オガサワラシジミ▽ オガサワラトンボ▽オガサワラアオイトトンボ ▽ハナダカトンボ。 植物では▽ヒメタニワタリ▽コヘラナレン▽ シマカコソウ▽ウチダシクロキ。」 http://maini..
posted by mulberry at 10:20

2008年11月28日

ムニンタイトゴメの花


PB240025.JPG11/28 旧11/1 くもり 旭山南峰尾根の岩場では、 ムニンタイトゴメ(固有種)がポツリポツリ 生えています。 全体的には花の時期はもう少しあとですが、 早いものはもう咲いていました。 地面から5センチも出ていないし、 岩場の道沿いにあるので、踏まれてしまいそうです。 保護柵のあるコヘラナレン(上段)の近くは、 足元注意です。
posted by mulberry at 08:05

2008年11月25日

オガサワラグミ、花の香り


PB210003.JPG11/25 旧10/28 はれ 数日前に、中央山山頂に行きました。 山頂付近に上ると、いい香りが漂ってきました。 つる性のオガサワラグミ(固有種)が 花をたくさんつけています。 これからの時期、 あちこちでグミの花の香りが感じられることしょう。 昨日歩いた旭山のほうでは、 コヘラナレンやムニンタイトゴメが咲いています。 低木性のところ全般に、シャリンバイが花盛りです。 高木性の森林内、林床では、 ムニンシュスランが咲いています..
posted by mulberry at 07:28

2008年11月06日

コヘラナレンの花


PB010026.JPG11/06 旧10/9 くもり 旭山南峰の尾根筋では、 コヘラナレン(固有種)が花を咲かせています。 この植物は、ヤギの食害により、 父島ではわずかな場所しか生えていません。 この旭山でも、ヤギ除けネットがしっかり張られて、 さしずめ箱入り娘状態です。 あまり近くで見ることができません。 残念ですが、やむをえないですね。 父島からヤギがいなくなるのは、 まだかなり先のことでしょうから。 旭山南峰はもうしばらくすると、 ムニンタイ..
posted by mulberry at 08:02

2007年11月15日

コヘラナレンの花


PB151256.JPG11/15 旧10/6 心地よい快晴  ここのところ、 やっと山歩きが快適な気候になってきました。 ゆっくり歩く分には、汗ばむこともなくなりました。 午前、旭山南峰の遊歩道を散歩しました。 尾根道沿いには、 絶滅危惧TB類のコヘラナレンが自生しています。 背丈は10CMほどの小さな草本です。 自生地は父島と兄島のみです。 この自生地はヤギの食害を防ぐため、 ネットがかけられているのですぐ分かります。 その付近の個体数は20に満たない程度で..
posted by mulberry at 11:27

2006年10月23日

コヘラナレンの花


CIMG09462.JPG10/23 旧9/2 霜降 晴れ間が広がっている。 先日、とある遊歩道沿いで コヘラナレン(固有種)が 咲いているのに気がついた。 父島では、ヤギに食われて、 個体数が非常に少なくなってしまった。 だからネットで囲んで保護している。 見栄えはよくないかもしれないが、 ヤギに食われてなくなってしまうよりは ずっとまし。 ヤギは父島で1000頭以上いるといわれている。 食べる草の量は相当なものだろう。
posted by mulberry at 08:09

2006年10月21日

旭山南峰にて


CIMG09464.JPG10/21 旧8/30 あかりの日 曇りのち雨 昨晩からぐずついたお天気だが、 幸い、日中は午後3時近くまでは 降らずにもった。 そのため、 エコツアーにもあまり影響が出なかった。 午前中、ガスもかかっていなかったので、 参加者3名と旭山南峰へ。 コヘラナレンがヤギ除けの柵の中で、 1株花をつけていた。 緊急的に必要なことだが、 やっぱり柵があると、 何だか施設の中のようでさびしい。 でも、ないとヤギに食われるしなあ。 山頂..
posted by mulberry at 16:32

2005年11月25日

コヘラナレン


200511254d9b0d8b.JPG絶滅危惧種のコヘラナレンも 岩場でひっそり咲き出した。 ヤギの食害が心配の種。
posted by mulberry at 16:42