2015年10月09日

南島で見つけたアカテツ

PA090059.JPG 本日、 南島植生回復作業でした。 作業場所で 見つけたアカテツ(アカテツ科・広域分布種)です。 父島にいると、 アカテツはわりとよく見る普通種です。 、。 南島では、 アカテツをこの場所以外で見た記憶がありません。 僕が気が付いたのはこの1本だけです。 それほど大きな株ではないので、 鳥に種子が運ばれてきたのでしょうかね。 父島にはコバノアカテツもありますが、 南島のは普通のアカテツ・タイプです。
posted by mulberry at 17:08

2015年07月24日

アカテツ・コバノアカテツの新葉が目立つ

P7200211.JPG 7/24  旧6/9  晴れ 最近、山並みを眺めると、 アカテツやコバノアカテツ(アカテツ科・広域分布種)の新葉が目立っています。 新葉は鮮やかな茶色です。 緑の樹林の中に、 鮮茶色がところどころに見えます。 アカテツの新葉は 雨の多い時期を経たあとに出ることが多いような気がしています。 なおコバノアカテツは 低木性の樹林で見られます。
posted by mulberry at 06:05

2014年08月17日

山はアカテツの葉が目立ち・・

P8138369.JPG 8/17  旧7/22  曇り 最近、 山の赤みが目立っています。 赤いというよりは鮮やかな茶色ですが・・ その正体は アカテツあるいはコバノアカテツ(いずれもアカテツ科)の葉です。 新葉が出ると、 しばらく鮮やかな色合いです。 葉をこすると、 その色は取れてきます。 自然にも取れてきます。 なので新葉が出ていない時期は くすんだ茶色あるいは黒ずんだ色に見えます。
posted by mulberry at 07:06

2013年08月02日

アカテツの独特の色合い

P7303162.JPG 8/2  旧6/26  晴れ 山から周辺を見回すと、 モザイク的に茶褐色が混じっています。 これはアカテツあるいはコバノアカテツです。 どちらもアカテツ科・広域分布種。 アカテツは小高木、コバノアカテツは低木性です。 両者合わせると、たいていの山地に生えています。 梅雨時から新葉が出てきていました。 新葉は茶褐色の毛でおおわれています。 こすってみると、 毛が取れて、色も薄くなるのです。 1本の木でも 古..
posted by mulberry at 07:38

2012年11月05日

父島も紅葉のシーズン?

PB040254.JPG 11/5 旧9/22 晴れ 父島の山頂付近から山並みを見下ろすと、 紅葉が広がっています。 真っ赤というよりは茶色っぽい感じです。 本州のほうの落葉の紅葉ではなくて、 実は新芽の色合いです。 目立つものとしては 茶色のほうはアカテツあるいはコバノアカテツで、 赤はヒメフトモモあるいはアデクモドキですね。 こういう色が映える時期は 年に何度かあるように思います。 感覚的には雨の多い時期のあとですね。 梅雨のころとか、台風の..
posted by mulberry at 07:18

2012年07月04日

コバノアカテツの花

P6280505.JPG 7/4 旧5/15 晴れ コバノアカテツ(アカテツ科・広域種)の花が 長崎展望台や中央山で咲いています。 小笠原にはアカテツ科の植物は3種あります。 ムニンノキ、アカテツ、コバノアカテツです。 アカテツとコバノアカテツは 中間的で見分けが難しい個体もあります。 コバノアカテツは普通、低木林内にあります。 低木か小低木です。 アカテツ、コバノアカテツ共に 新葉が赤茶けた色(鉄さび色)で目立ちます。 それに比べて 花は枝のつ..
posted by mulberry at 08:43

2010年10月21日

兄島の乾性低木林

PA211348.JPG 10/21 旧9/14 はれ 今日は兄島に行ってきました。 1年以上前に上陸して以来です。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/8545297.html 今回は植生調査のお手伝いです。 じっくりと兄島の乾性低木林を見てきました。 ヒメフトモモやコバノアカテツなどの新芽が 赤く色づいてとてもきれいです。 兄島の乾性低木林は小低木の所も多くあり、 調査でその樹林のなかに入るのはかなり藪こ..
posted by mulberry at 17:10