2015年12月22日

南島植生回復作業(2015年19回目)

PC210475.JPG 12/22  旧11/12  曇り 昨日、19回目の作業でした。 場所は南島北端部です。 写真は北端部から南側を見ています。 この尾根から北端部へ下っていきます。 とても怖そうですが、 わりと大丈夫なルートがあります。笑 現在、 南島は広くクサトベラに覆われて、一見緑の島です。 でも岩がむき出しの所もあります。 そんな場所でも ポツポツ外来種の草本が生えてきます。
posted by mulberry at 09:07

2015年08月07日

モンパノキ(紋羽の木)の花

P7200180.JPG 海岸性の樹木、モンパノキ(ムラサキ科・広域分布種)。 父島では大村海岸沿いや南島で多く見られます。 クサトベラと同程度の低木性のものが多いのですが、 小高木程度になっている個体もあります。 モンパノキの花期はあまり明確でないように感じます。 花序の先に、いつ見ても、花が咲いています。 小さな白い花で、5裂、おしべ5、めしべ1です。 モンパとは紋羽のこと。 起毛した綿織物のことです、葉の感じが似ていいるんですね。
posted by mulberry at 08:23

2015年07月05日

独特の花の形のクサトベラ

P6270016.JPG 7/5  旧5/20  晴れ 海岸に多く自生する クサトベラ(クサトベラ科・広域分布種)。 夏はよく花をつけています。 花は5裂で、下向きの扇状(扇子状)の形です。 めしべは 先端が下向きになっているのが1つあります。 しかし、おしべが見当たりません。 よくよく見ると、 しおれかけて茶色のおしべが5本あります。 おしべは つぼみのうちに機能が終わってるようですね。 http://midori.eco.coocan.j..
posted by mulberry at 07:58

2014年05月13日

南島はクサトベラの島!?

P5126978.JPG 5/13  旧4/15  晴れ 南島の北部尾根筋から南部を眺めた景観です。 (外来種排除作業場所から) 尾根筋周辺が ほとんど緑に覆われています。 しかも、 大部分が同じ植物で違うのはごくわずかです。 緑の正体は クサトベラ(クサトベラ科・広域分布種)です。 僕の感覚としては、 クサトベラの面積は増えていると感じています。 だから 南島はクサトベラの島といってもいいくらいかもしれません。笑 さて実際の占有率は 現..
posted by mulberry at 06:05

2013年11月07日

クサトベラの扁平な茎

PB074780.JPG 南島で見つけた 変わった茎の形のクサトベラ(クサトベラ科・広域分布種)。 父島では 海岸沿いでは広範囲に自生しているクサトベラです。 しかし こんな扁平な茎は初めて見ました。 茎や幹というと 普通は丸っこい形です。(中には角形もあります) クサトベラも 普通は丸い茎をしています。 風の影響を受け続けて こんな形になってしまったのでしょうか。 不思議です。
posted by mulberry at 15:39

2013年10月29日

クサトベラにおおわれつつある南島

PA284528.JPG 10/29  旧9/25  曇り 小笠原の観光ポイントの中でも 3本の指に入る人気ポイント、南島。 島なので 海況が悪いときは上陸できません。 さらに、 11月から3か月間、入島の制限もあります。 観光客がこの島に上陸したとき 何より期待するのは景観です 植物に注目している人はきっと少ないはずです。 南島を俯瞰で見ると、 尾根筋はほとんどクサトベラ(クサトベラ科・広域分布種)です。 パッと見は クサトベラに..
posted by mulberry at 07:24

2012年10月30日

南島でヤシガニ発見

PA291161.JPG 10/30 旧9/16 晴れ 昨日は 南島周辺外来種排除作業でした。 朝初めの現場は 陰陽池の尾根を越えた北側斜面でした。 その近くに来たときに クサトベラの茂みでなにやら大きなものがゴソゴソ動きました。 鳥のヒナかなと思っていたら、 姿が見えてヤシガニでした。 ヤシガニは 小笠原ではごくまれに見られています。 繁殖はしていないようですので、 流れ着いてくるのでしょう。 http://ja.wikipedia.org/..
posted by mulberry at 08:17

2012年04月09日

シロトベラの花

P4084099.JPG 4/9 旧3/19 晴れ シロトベラ(トベラ科・固有種)の花が咲き始めています。 花の咲いているところでは柑橘系ののような香りがしてきます。 本種は雌雄異株で 写真の株は雌株です。 小笠原ではこのトベラ属は4種に分化しています。 シロトベラ・オオミトベラ・コバトベラ・ハハジマトベラ。 シロトベラは小高木となり個体数も多くあります。 ちなみに海岸に多いクサトベラはクサトベラ科です。 本土のトベラとは葉の感じが似ていますが、 小笠原..
posted by mulberry at 07:43

2011年10月27日

10/24南島周辺外来種排除作業(2011・6回目)

PA242835.JPG 10/27 旧10/1 曇り 10/24に南島周辺外来種排除作業(6回目)に出かけてきました。 この日の作業場は北東部の尾根筋。 閂島・ジョンビーチがよく見えるあたりです。 作業員4人と支庁の担当者の5人でと作業して、 タバコなどを90kgほど抜きました。 作業の合間など、南島を見渡すと、 クサトベラ(クサトベラ科・広域種)広範囲に生えているのが すごくよく分かります。 尾根から斜面の途中までは、 黄緑色のクサトベラの葉がよく映..
posted by mulberry at 07:42

2010年05月16日

クサトベラの花

P5012246.JPG 海岸付近ではクサトベラ(クサトベラ科・広域種)の 白い花が咲いています。 この時期くらいからはわりと長い期間 花が見られるように思います。 小笠原では海岸植生の代表的な低木です。 つる性のハマゴウやグンバイヒルガオの奥に 繁っています。 南島では東・西の尾根筋周辺によく繁っています。 小笠原では クサトベラ科の自生種は本種だけです。 かつて葉をタバコの代用としたようで、 カイガンタバコともいわれたそうです。 和名はト..
posted by mulberry at 08:08