2017年05月05日

オガサワラクチナシの落花

DSCN1249.JPG 5/5  旧4/10  曇り オガサワラクチナシ(アカネ科・固有種)が 咲いています。 紹介するのは落花です。 背の高い樹で 花の咲いているところは撮れませんでした。 周辺に芳香が漂っています。 花は薄い乳白色、5-7裂(6裂が主)。 おしべは花の裂数、めしべ1で柱頭は2裂。
posted by mulberry at 07:01

2016年04月20日

オガサワラクチナシの花

P4200981.JPG オガサワラクチナシ(アカネ科・固有種)の花です。 芳香もあります。 父島の方が、最近、記事にしていたので、 僕も見てきました。 僕が知っている個体のいくつかは 枯れたりしてなくなっています。 父島では本種は減少傾向にあるのでしょうか? 花は白、普通、5-6裂ですが、 7裂などもあるようですね。 おしべは花の裂数で、 めしべはやや太く柱頭が2裂しています。
posted by mulberry at 10:32

2016年04月16日

ティアレ・タヒチの花

P4150938.JPG 4/16  旧3/10  曇り ティアレ・タヒチ、 近所の庭先にある低木です。 最近、よく花が咲いています。 クチナシに似ていると思って調べてみたら、 やはりアカネ科クチナシ属でした。 タヒチクチナシともいうようですね。 白い花は芳香があります。 花弁はばらつきがあって6-8、 おしべも花弁と同数、めしべ1です。 本種はタヒチの国花だそうです。
posted by mulberry at 07:58

2015年05月05日

オガサワラクチナシの花

P5040061.JPG オガサワラクチナシ(アカネ科・固有種)の花が咲いています。 花の写真を撮りやすい個体が あまりありません。 花は5-6裂です。 この写真は6裂ですね。 過去のブログ写真は5裂のものもあります。 めしべ1で、おしべは花の裂数と同じです。 芳香の花なので、近づきたいものです。
posted by mulberry at 08:48

2010年04月27日

オガサワラクチナシと「くちなしの花」

P4262234.JPG オガサワラクチナシ(アカネ科・固有種)の花が 咲いています。 父島では低木性の樹林でぽつりぽつり生えています。 道路沿いでも生えている場所はあります。 オガサワラクチナシは 普段はどこに生えているかわかりにくいですが、 花の時期だけは白い花を咲かせて目立っています。 花がたくさんついていると、 離れていても芳香がしてきます。 さてまた歌の話しです。 1つ前の記事で、ユーミンの歌のことを書きました。 でも、僕より年配の人..
posted by mulberry at 16:12

2010年04月27日

オガサワラクチナシとユーミンの歌

昨日、TOKYO FMでユーミンの歌が流れていました。 曲名は「やさしさに包まれたなら」 ジブリの『魔女の宅急便」でも流れてますね。 何げなく聞いていると、 歌詞の中に「クチナシ」が出てきたのです。 松任谷由実(荒井由実)さん『やさしさに包まれたなら』の歌詞 父島では今、オガサワラクチナシが咲いています。 なので、とてもタイムリーだなと思ったのです。 ユーミンの歌は 20代のころすごくお世話になりましたね。 あのころはカセットに録音..
posted by mulberry at 09:24

2010年04月26日

父島では花期のものが多くなっています

4/26 旧3/13 はれ 4月に入って、 父島では自生種の花期のものが多くなっています。 (外来種・栽培種も含めるとさらに多いです。) 最近は森林に入るたびに、 新たな種類の花を見つけています。 今日の朝も、 ムニンビャクダンとオガサワラクチナシの花を 見ました。 ただ、数が少なかったり、花が小さかったりで、 それほど花が多いようには見えないと思います。 目立つのは低木性のムニンネズミモチくらい でしょうか。 あと半月もする..
posted by mulberry at 08:32

2009年04月29日

オガサワラクチナシの花

P4290103.JPG 4/29 旧4/5 はれ この時期おすすめの花の1つが、 このオガサワラクチナシ(固有種)です。 父島では低木性の樹林に生えています。 樹高も2mくらいまでが多いですが、 なかにはもっと高いのもあります。 普段はあまり特徴もなく目立ちませんが、 花の時期は離れていてもいい香りが漂ってきて、 かつ白い花も目立ちます。 遊歩道沿いでは長崎付近がわかりやすいです。 この連休中の参加者には 森のどこかで紹介したいと思います。 今..
posted by mulberry at 07:55

2008年05月02日

オガサワラクチナシの花

P4302376.JPG 5/2 旧3/27  くもり・天候不順 山のほうでは、 オガサワラクチナシ(固有種)の花が見れています。 やや眺めのいい所から見ていると、 白い花がはっきりしていてよく分かります。 でも、林内にポツリポツリと生えている程度で、 樹高3−4mのものは、樹の下に行っても、 花をよく見えません。 写真は 道端の小さな樹で咲いていたのを撮影しました。 近づければ、甘い香りも楽しむことできます。
posted by mulberry at 07:38

2007年05月03日

躑躅山にて


IMG0126.JPG5/3 旧3/17 憲法記念日 早朝は、音を立てて降っていた雨も、 ツアーを開始するころにはやんで、曇り空となった。 そこで予定通り、参加者6人で、躑躅山へ。 いったん、乾きだしていた道も、 またぬかるんで、歩きににくいところが出ていた。 尾根道は、すぐ乾いて、さほど影響はなかった。 オガサワラクチナシや、シマギョクシンカ、 シロトベラなどの固有種の花のいい香りが楽しめた。 もちろん、ムニンツツジも、花盛りだった。 ムニンツツジは絶..
posted by mulberry at 17:32

2007年04月26日

香りのいいシロトベラ(固有種)の花

4/26 旧3/10 今日も山はガスっている 山のほうでは、 シロトベラ(固有種)が花をたくさんつけている。 多くの白い花をつけるので、花の時期はやや目立つ。 また、道沿いにもあって、 さわやかな香りがしてくるので、見つけやすい。 ぜひ香りを楽しんでいただきたい。 そろそろオガサワラクチナシも花の時期で、 これの香りも楽しめる。 自然の中では、 五感をフルに使うと、楽しさがさらに増す。 見る、触る、食べる、嗅ぐ、聞く。
IMG0070.JPG
posted by mulberry at 08:16

2006年04月23日

シマギョクシンカ(固有種)の花


CIMG74830.JPG4/23 旧3/26  みどりの週間 定期船11:30着。乗船233人。   朝のうちくもり、のち雨も予想される。 シマギョクシンカ(固有種)が ひっそり花をつけている。 林内の低木なので、ぜんぜん目立たない。 しかし花の時期は甘い香りが漂うので、 臭覚が敏感な人はその香りで気づくだろう。 ここのところ、山を歩いて香りで気づくのは オガサワラクチナシとこのシマギョクシンカが このどちらかだ。 しかし、両者は生えている場所にやや違いがある。 ..
posted by mulberry at 08:13

2006年04月19日

オガサワラクチナシの白い花も咲き出した


CIMG74310.JPGオガサワラクチナシ(固有)の 白い花が咲き出している。 近くに行くと、甘いいい香りがする。 たくさん咲き出すと、 遠くからでも香りが漂ってくる。 この樹も普段は本当に目立たない。
posted by mulberry at 13:49

2005年05月01日

千尋岩

5/1くもり。やや蒸す。 千尋岩へ。 山は時々ガスがかかっていたが、 千尋岩は幸い視界がひらけていた。 途中の道はかなりのぬかるみがあった。 オガサワラクチナシが咲いていた。
posted by mulberry at 16:50

2005年04月08日

オガサワラクチナシ


200504088e710859.JPG4/8はれ。あったかい。凪。 長崎付近でオガサワラクチナシが咲いている。 とてもいい香りがする。 もうすぐ、シロトベラも咲きそう。
posted by mulberry at 16:04