2018年04月25日

キキョウラン開花

DSCN5271.JPG キキョウラン(ワスレグサ科・広域分布種)が開花しています。 ワスレグサ科になってからは 小笠原では同科の植物は本種のみです。 ごく小ぶりな花で、花被片6。 内花被(花弁3)の方が 外花被(萼片3)より色が薄いですね。 おしべ6,めしべ1。 和名は キキョウに花の色や形が似ているからでしょうかね? 和名の最後にランとついていても、 ラン科ではなく、ワスレグサ科です。
posted by mulberry at 10:15

2016年05月27日

キキョウラン(ワスレグサ科)の花

P5250672.JPG キキョウラン(ワスレグサ科・広域分布種)の花が 咲いています。 1つの花序に複数の花がつきますが、 花のタイミングがずれているので、しばらくは花が見れます。 以前の記事ではユリ科にしていましたが 現在、ワスレグサ科となっています。 ワスレグサ科植物は 小笠原の自生種では本種のみですね、 花は花被片6、内(花弁に相当)3、外(萼に相当)3です。 花の位置で写真でもわかると思います。 おしべ6、めしべ1です。
posted by mulberry at 07:14

2015年06月24日

キキョウラン(ユリ科)の花

P6200374.JPG 6/24  旧5/9  曇り キキョウラン(ユリ科・広域分布種)、 今までほとんど登場していない草本植物です。 花は、花被片6、おしべ6です。 キキョウランといってもユリ科、 和名は 花の色がキキョウに似ていて、ランのようなところからです。
posted by mulberry at 09:25

2014年07月28日

オオハマギキョウの花

P7198122.JPG 7/28  旧7/2  曇り オオハマギキョウ(キキョウ科・固有種)の花が 咲いています。 本種は初夏から夏場が花期です。 茎が木質化していて、 図鑑により、常緑草本性低木、常緑低木性草本など表現が違います。 一般的には キキョウ科植物で木本化した珍しい例だといわれています。 1株から多くの花をつけます。 写真はそのアップです。 おしべ・めしべが一体となっているようです。
posted by mulberry at 07:58

2012年05月05日

テッポウユリの花

P5040018.JPG 5/5 旧閏3/15 曇り テッポウユリ(外来種・ユリ科)の花を見かけるようになりました。 集落付近では 大神山公園の清瀬川の岩場のほうに多いですね。 小港園地もまとまって生えています。 花は大柄できれいですが、 近づくとさらに芳香もあります。 以前紹介した「植物知識」(牧野富太郎)には ユリの項目もあり、テッポユリも出ています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10733385..
posted by mulberry at 07:41

2011年07月26日

東島のオオハマギキョウ

P7252108.JPG
7/26 旧6/26 はれ 父島では オオハマギキョウ(固有種・絶滅危惧U類・キキョウ科)は ヤギの食害で壊滅的となり、野生株はほとんど見られません。 集落内では植栽株が花をつけています。 昨日、作業で行った東島では、 ところどころに群生地があり、50株くらいは見たように思います。 その1カットがこれです。 もう花期もそろそろ終わりですね。 実をつけているものが多かったですね。 オオハマギキョウは常緑低木性草本木と表..
posted by mulberry at 08:24

2011年04月13日

村役場のタコノキは実生がいっぱい

PB270200.JPG 4/13 旧3/11 曇り 以前から気になっていたことです。 村役場の都道側にはタコノキ(固有種・タコノキ科)が 植えられています。 その樹下にはかなりたくさん実が落ちています。 そして発芽しているのもそれなりにあります。 山で生えているタコノキは クマネズミの食害で実生がとても少ないように思います。 こうやって見ると、集落のあたりは、 山のほうよりクマネズミの影響が少ないようですね。 集落には人家にいっぱい食べるものがあるから..
posted by mulberry at 08:13

2011年04月06日

アマリリスが咲いています

P4021017.JPG 4/6 旧3/4 はれ 父島の集落の庭先などでは アマリリス(ヒガンンバナ科・外来種)があちこちで咲いています。 アマリリスは1株でも花は複数ですが、 ふつう何株かまとまって生えているので、 さらに朱色が生えますね。 実は アマリリスはさっきまでユリ科だと思っていました。 (苦笑) ヒガンバナ科なんですね。 小笠原の自生のヒガンバナ科は オオハマオモト(タイワンハマオモト)があります。 これから1ヶ月ほどすると テ..
posted by mulberry at 11:50

2009年08月24日

自由研究の手伝い

P8230184.JPG 8/24 旧7/5 はれ 親バカねたです。 小笠原小学校も夏休みの宿題に、 自由研究があります。 千尋はいくつか候補があり、手をつけていますが、 どれもきちんと片付いていないようです。 4年生は総合で身近な植物調べをやっているので、 絶滅危惧種を調べるのはどうかと提案しました。 アサヒエビネ、ムニンノボタン、ムニンツツジ、 オオハマギキョウ、チクリンカなどに 今、花が見られます。 千尋がその気なので、 それぞれの場所に案..
posted by mulberry at 07:50

2009年07月16日

オオハマギキョウ(固有種)の花

P7080195.JPG 7/16 旧閏5/24 はれ これも海岸付近の植物です。 オオハマギキョウ(固有種・キキョウ科)の花が 咲いています。 といっても、 父島では野生株はほとんど見れないので、 集落付近のものはみな、植栽株です。 集落付近にはヤギが出てこないので、 食害を受けません。 ビジターセンター付近や、奥村グランド付近などに、 植栽されています。 本種は、数年かけて成長し、花を咲かせ、 たくさん種をつけたあとに、枯れます
posted by mulberry at 07:45

2009年07月01日

シマクマタケラン(固有種)の花


P6240048.JPG7/1 旧閏5/9 はれ シマクマタケラン(固有種・ショウガ科)の花が 咲いています。 湿性環境の高木性の森林内に、 ところどころ自生しています。 遊歩道沿いでは中央山の入り口に見られます。 北硫黄島には イオウクマタケラン(固有種)がありますが、 まだツボミのものしか見つかりませんでした。 ところで、和名の最後にランとつくと、 ランの仲間(ラン科)と思う人がわりといます。 でも違うものもよくあります。 小笠原でもこれはショウガ..
posted by mulberry at 08:16

2005年08月25日

オオハマギキョウ2


200508255bac3337.JPG8/25  ラーメン記念日    1958日清チキンラーメン販売開始にちなんで はれ。台風一過という感じ。 内地の皆さん、お気をつけください。 村役場の花壇の オオハマギキョウ・固有種も花をつけている。
ここはヤギさんこないので、安心安心。
posted by mulberry at 17:22

2005年07月31日

オオハマギキョウ


2005073174860e06.JPG7/31 1951日航設立 晴れ。いい凪だった。 亜熱帯農業センターでは オオハマギキョウが咲いている。 父島ではほぼ野生絶滅してしまった。 ヤギのせいだ。
posted by mulberry at 22:04