2017年02月20日

大村第三砲台跡

DSCN0640.JPG 大村第三砲台跡は 大根山公園を過ぎた先の道沿いに残っています。 砲台からすぐ外側は崖地で外洋に面しています。 今はギンネムなどのやぶになっています。 大砲は撤去されていて残っていません。 かつては 十一年式七糎加農砲が4門設置されていました。 戦争末期に洞窟の中に移設されました。
posted by mulberry at 08:51

2015年09月09日

現地視察で媒島に続き聟島へ

P9030165.JPG 9/9  旧7/27  曇り 先日の媒島現地視察のあと、 続いて、聟島にもわたりました。 聟島でも ギンネムなどの外来種駆除が実施されています。 なお媒島と違い、ネズミはすでに駆除されています。 聟島は赤土の目立つところはありません。 内陸部は、穏やかな丘陵地ですが、 大部分は岩場と草地です。 海岸付近や谷地形のところに森林があります。 今後、 この森林をうまくつなげていければという意見が出ていました。 媒島と聟..
posted by mulberry at 07:37

2015年09月07日

媒島の残存林・・現地視察より

P9030090.JPG 9/7  旧7/25  曇り 媒島現地視察のポイントの1つが残存林の保全です。 媒島にわずかに残る残存林。 かつて媒島に存在していた樹林のごくわずかな残りです。 でも貴重な樹林です。 ここも ギンネム・タケなどの外来種が迫りつつあります。 すでに境界を接しているような状態です。 このわずかな残存林を残すことは 他の生物にとっても大事なことです。
posted by mulberry at 08:02

2015年09月06日

中山峠からの小港・コペペ

P9040192.JPG 9/6  旧7/24  晴れ 9/4午後、 支庁のギンネム駆除現場の視察で、中山峠に。 この場所は 眼下に小港・コペペが一望できます。 すこし先に進むと、 ブタ海岸や南島も見下ろせます。 小港から中山峠までは 片道遊歩道で20-25分ほどです。 夏は上りでかなり汗ばむと思いますが、 なかなかの景観です。 頑張って上ってみてください。
posted by mulberry at 07:02

2015年09月04日

赤土ひろがる媒島(なこうどじま)・・現地視察より

P9030050.JPG 9/4  旧7/22  晴れ 昨日、 早朝より聟島列島(聟島、媒島)へ。 これは 聟島列島植生回復調査検討委員会現地視察でした。 僕も地元の団体とし同行しました。 媒島の問題点は大きく3つ。 この赤土流出防止対策とギンネム林の駆除、残存林の保全です。 その中で、赤土について。 上陸したら、かなりの面積で赤土が広がっています。 赤土の表面は、サラサラの砂のようでした。 これが毎年、一定量で流出しています。 これを食..
posted by mulberry at 07:51

2014年02月14日

事務所のそばにアカガシラカラスバト(あかぽっぽ)

P2136029.JPG 2/14  旧1/15  晴れ うちの事務所は 西町、のトマトン(手作りお菓子・土産)の奥にあります。 事務所のわきには トマトンさんの裏庭があります。 昨日4時過ぎ トマトンのスタッフがハトがいるようって声をかけてくれました。 出て見ると、 すぐそばの雑草が茂る中にアカガシラカラスバトがいました。 見た目は赤みが少なく若鳥のようですね。 このあたりで餌になるものといえば トウガラシ・ジュズサンゴ・ギンネムの種くらいで..
posted by mulberry at 07:37

2013年11月01日

ギンネム(左)とヒメギンネム(右)

PA304605.JPG 左がギンネムで、右がヒメギンネムです。 どちらもマメ科の外来種です。 父島ではあちこちで見られますが、 小低木ゆえそれほど目立ちません。 またギンネムと混成していると なおさら目立ちません。 一緒くたに ギンネムと認識されるでしょうから。 ヒメは小低木程度です。 人の背丈くらいの草のようにも見えます。 葉は ヒメの方が小さくて、色も薄い感じです。
posted by mulberry at 14:29

2013年04月17日

「踏切あり」

P3260132.JPG 4/17 旧3/8 晴れ 最近では 知る人ぞ知るという感もあるこの電車のマーク。 洲崎の自動車教習コースの跡地に残るものです。 コースそのものはそのまま放置で、 周辺が徐々にギンネム(マメ科・外来種)林になりつつあります。 もうここでの講習をやらなくなって、 5年以上はたつでしょうか・・ ギンネムの高さも4-5mくらいになっています。 このマークのあるところは 坂道になっており、そこに踏み切りがあります。 小笠原珍..
posted by mulberry at 07:25

2012年05月15日

ハマナタマメの花

P5070053.JPG 5/15 旧閏3/25 曇り 南島外周部尾根筋では ハマナタマメ(マメ科・広域種)の花が咲いています。 ピンク色でよく目立ちます。 南島でも 観光ルート沿いではほとんど見られないように思います。 父島でもあまり見られません。 三日月山展望台下の岩場によく花が出るのですが、 今年はまだ出ていません。 (その場所はギンネムがどんどん茂っています。) ちなみに ハマナタマメの花はナタマメに似ているのだそうです。 http://..
posted by mulberry at 06:25

2012年02月14日

小笠原高等学校の「環境ボランティア学習」

P2133813.JPG 2/14 旧1/23 はれ 昨日午前、 小笠原高校(おが高)の「環境ボランティア学習」の指導をしました。 これはNPO小笠原野生生物研究会に依頼がきたもので、 僕も含めて3人が指導員として参加しました。 場所は長崎展望台付近です。 高1の生徒20人ほどが集まりました。 団体の活動の説明のあと、男・女別グループで、 1時間ほど外来種駆除体験をしました。 男性は主に鋸でモクマオウ・ギンネムを伐りました。 女性はホナガソウ・オ..
posted by mulberry at 08:01

2011年04月14日

三日月山園地展望台にて

P4131053.JPG 4/14 旧3/12 はれ 昨日午後、テレビ番組の風景撮りで、三日月山園地展望台へ。 三日月山は車で上って直ぐの所に 三日月山展望台(ウェザーステーション)があります。 そのから遊歩道を15分ほど歩くと、 この園地展望台です。 途中には北西方面が望める場所もあります。 歩道沿いの植生は 残念ながらギンネムやモクマオウの外来種が多く、 それほど見るべきものも多くないです。 この時期、展望台付近は タチテンノウメ(バラ科・固有種)..
posted by mulberry at 08:48

2011年03月02日

福田篤泰先生之像


P2280731.JPG 3/2 旧1/28 曇り 集落の裏手の高台に、 この「福田篤泰先生之像」があります。 胸像です。 福田氏は大臣経験のある政治家で、 小笠原返還に尽力してくれた方です。 小笠原協会がこの像を建立しました。 設置場所は 高台から集落を見下ろす眺めのいい場所にあります。 道路沿いです。 ただ、それほど観光客が通る場所でなありませんし、 通っていても気づかない人も多いでしょう。 周りはギンネムのヤブになっていて、 見通しが悪くなっ..
posted by mulberry at 08:16

2011年01月29日

父島にも踏切があります

P1270607.JPG 今はやぶの中ですが、踏み切りの標識です。 かつて父島には鉄道が走っていたのです。 ウソです。 戦時中には、 部分的にトロッコは使ったでしょうけど。 正解は洲崎にある教習場コースの 坂道発進の場所で踏切があります。 実際、 ここで免許取得のための講習が行われていました。 試験教官は内地から来ました。 理由が知りませんが 5年くらい前からはやってないように思います。 今、道路以外の場所は、 どんどんギンネムのやぶになってい..
posted by mulberry at 14:33

2010年09月25日

台風一過の朝(台風12号・100925)


P9251070.JPG 9/25 旧8/18 台風一過 昨日午後の書き込みのあと、自宅にこもりました。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9717236.html 午後から夕方にかけて、 何度か断続的な停電がありました。 午後4時から6時ごろの間が一番風が強く感じました。 この時間帯に暴風圏に入っていたようです。 それ以降は風もややましになったように感じました。 停電が何度かあったので、ご飯を炊くのをあきらめ、..
posted by mulberry at 06:27

2006年09月25日

快晴の父島(060925午前)

9/25 旧8/4  低気圧の影響で風が強いが、昼ごろまでは快晴。 午前中あきらを連れて宮之浜へ。 今はもう秋、誰もいない海って感じで、 人気がなかった。 わずか数人がいただけであった。 でも、小笠原はまだ夏の海なんだけど。 宮之浜は水は澄んでとてもきれいだった。 ちょっぴり海水がひんやりしていた。 台風のあと、何事もなかったかのように、 鳥やセミが鳴いている。 野生生物はどうやって避難していたんだろう。 とってもたくましさを感じる。 ..
posted by mulberry at 13:47