2018年05月06日

花期を迎えつつあるシマカナメモチ

DSCN5377.JPG シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)が 花期を迎えつつあります。 例年5月頃からが花期です。 http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%81 小花がまとまって半球状に広がっていて、 咲き始めるわりと目立ちます。 1つの花は白花5弁。 おしべ20くらい、めしべ..
posted by mulberry at 11:30

2018年01月03日

赤熟したシマカナメモチの果実

DSCN4107.JPG 1/3  旧11/17  晴れ シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)の果実が 赤熟しています。 派手な色とともに、果実の数も多いので、 遠目でも目立ちます。 残念ながら、食用にはなりません。 果実のサイズはこぶりで 直径5−6mmといったところでしょうか。 本種は 父島では比較的よく見られます。 しかし 小笠原の分布は父島と兄島だけのようです。 小笠原の自生種 分布が偏っているものもそれなりにあります。
posted by mulberry at 08:11

2017年06月04日

シマカナメモチの花

DSCN1768 (640x403).jpg 6/4  旧5/10  雨 シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)の花が 咲き始めています。 小花がたくさんまとまって、 全体としては半球状になっています。 1つの花は5弁花です。 おしべ20ほど、 めしべは花柱・柱頭とも2です。 花のつくりは かなり近くでじっくり見ないとわかりませんね。
posted by mulberry at 07:45

2016年12月13日

シマカナメモチの花、より近くで再確認

PC120051.JPG 12/13  旧11/15  晴れのち曇り シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)の花の記事は昨日書きました。 http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444814065.html 花のつくりの情報は 近縁種のカナメモチと僕の写真を照らして書いたものです。 気になるので、 花のつくりの再確認でもう一度見てきました。 花もより近くで撮影しました。 めしべは花柱・柱頭が2です。 柱頭..
posted by mulberry at 14:11

2016年12月12日

季節外れのシマカナメモチの花

PC100038.JPG 12/12  旧11/14  曇り 季節外れの シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)の花です。 普通、5月ごろ花をつけています。 http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83V%83%7D%83J%83i%83%81%83%82%83%60 小花がまとまって咲いています。 花は5弁、 おしべ多数(20ほど)、めしべの花柱2です。
posted by mulberry at 07:54

2014年05月26日

シマカナメモチの花

P5247146.JPG 5/26  旧4/28  晴れ シマカナメモチ(バラ科・広域分分布種)の花が 咲いています。 1つ1つの花は小さいですが、 まとまって半球状に咲いているので、よく目立ちます。 バラ科なので、 小さな花をよく見ると、5弁の花です。 本種の分布は 小笠原では父島列島だけのようですね。 広域分布種で 小笠原での分布が偏りがあるものはちょっと変な感じがします。 そこには何か人為があるのか、 あるいはそれも自然なのか、考え出す..
posted by mulberry at 08:00

2014年01月10日

シマカナメモチの真っ赤な果実

P1015642.JPG 1/10 旧12/10  晴れ シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)の果実が 真っ赤に熟しています。 シマカナメモチは 小笠原や沖縄に自生する小高木です。 写真は 中央山山頂で撮影しました。 ここのは低木状です。 果実は見た目も鮮やかで、食べてみたくなりますが、 食用にはなりません。 観て、楽しんでください。笑 5−6月ごろには次の花期を迎えます。
posted by mulberry at 07:26

2013年05月18日

シマカナメモチの花

P5162621.JPG 5/18 旧4/9 曇り シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)の花が咲き始めました。 過去の記事見ても、だいたい5月中に書かれています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%AB%A5%CA%A5%E1%A5%E2%A5%C1 父島では 展望台のある観光ポイントはおおむね低木植生です。 そういった場所にはたいてい生えています。 まだつぼみのと..
posted by mulberry at 07:27

2012年05月12日

シマカナメモチの花

P5110090.JPG 5/12 旧閏3/22 晴れ 最近、毎日のように、 新たに咲き始めた種の花を見つけているような気がします。 昨日は、 シマカナメモチ(バラ科・広域種)の花を見つけました。 五弁の花の1つ1つはとても小さいですが、 まとまってたくさんつける、大きな半球状に見えます。 そのため遠目からでも、咲いている場所は目立ちます。 香りはよくないので、かがないほうがいいでしょう。 果期には赤い実をたくさんつけます。 これもまた目立ちます。 ..
posted by mulberry at 11:02

2010年05月13日

シマカナメモチの花


bCIMG3914.JPG シマカナメモチ(バラ科・広域種)の花が 咲いていました。 父島では山頂付近の低木性のところで よく目にします。 涼しくなるころには赤い実がまた目立ちます。 シマカナメモチはカナメモチより南方に分布し、 小笠原や沖縄方面で自生します。 ではカナメモチはどういう意味なのでしょう。 広辞苑によると、 要(カナメ)は扇の骨を綴じる釘のことで、 この材を要の骨にしたことからのようです。 モチはモチノキに似ているところからでしょうか。 ..
posted by mulberry at 15:44

2009年05月08日

シマカナメモチの花


P5070185.JPG5/8 旧4/14 はれ 今日はさわやかな晴天となりました。 さて、 シマカナメモチ(広域分布種)の花が咲いています。 バラ科の植物なので、小さな花をよく見ると、 それぞれ5弁の花びらがついています。 本種は山地の低木性の場所で自生しています。 父島では山地の展望台にはたいてい生えています。 葉は枝先で互生し、鋸葉があるので、 花がないときはそれで探して見てください。 果期には赤い実が熟して目立ちます。 また古い葉は紅葉して落葉す..
posted by mulberry at 07:50

2008年06月02日

シマカナメモチの花


P5312510.JPG6/2 旧4/29 はれ 山の尾根筋の低木性の樹林では、 このシマカナメモチが花をつけています。 遠めで見ると、かなり花の白が目立ちます。 シマカナメモチは広域分布種で、 小笠原以外でも、沖縄などで見られるようです。 花は白ですが、 果実は秋以降に赤く熟し、それもまた目立ちます。 ところで、この時期、ムニンヒメツバキは、 日々、花が咲き始めています。 ふもとから山の上のほうは向かっている感じです。
posted by mulberry at 08:07

2005年05月30日

シマカナメモチ


2005053065b3c75b.JPG5/30くもり 南よりの風強い。 山のほうでは、 バラ科のシマカナメモチが咲いている。
posted by mulberry at 09:06