2017年12月18日

シマカコソウ(島夏枯草)の花

12/18  旧11/1  曇り DSCN3895.JPG 清瀬の苗畑で咲いていました。 シマカコソウ(シソ科・固有集)です。 父島・兄島・母島などに分布していますが、 父・兄はごくわずかです。 白の唇形花。 花冠は5裂、 上唇は短めで2裂、下唇は長めで3裂。 下唇3裂のうち 中央裂片が大きいです。 おしべ4,めしべ1です。 僕も 最近は自生地で見ていないです。
posted by mulberry at 07:32

2014年01月08日

シマカコソウ花盛り(種の保存法指定植物)

P1075719.JPG 清瀬樹木園の道端に シマカコソウ(シソ科・固有種)が花盛りとなっています。 この植物は 種の保存法にも指定されています。 だから本来 こんな場所に出るものではありません。 父島では 野生株があるところはわずかしかありません。 ここのは 野生研苗畑での保護増殖株を植えたものです。 ここならヤギの食害もないし安心です。 シマカコソウは島夏枯草と書くようです。 ちなみに 夏枯草はウツボグサのことをさすようですね。..
posted by mulberry at 14:49

2013年01月08日

シマカコソウの花

P1062138.JPG 1/8 旧1/27 晴れ 父島では 野生株のシマカコソウ(シソ科・固有種・・絶滅危惧TA類)は ごくわずかしかないようです。 もともと個体数が少なかった上に、 ノヤギの食害によって、壊滅的になってしまったようです。 以前は躑躅山山頂付近に自生株があったので、 それを見ることが可能でした。 そこも今は全滅。 今回花を見つけたのは保護増殖株で、 清瀬にある野生研苗畑です。 小さなポットに入った株がいくつか花をつけていま..
posted by mulberry at 07:44

2009年02月03日

毎日新聞:小笠原諸島:昆虫や植物9種保護へ

記事によると 「環境省は2日、 絶滅が心配される小笠原諸島(東京都)の 昆虫、植物計9種の保護増殖事業計画を策定すること を決めた。 「種の保存法」に基づくもので、 小笠原諸島の世界自然遺産登録を目指す施策の一環。  計画を作るのは、 昆虫で▽オガサワラハンミョウ▽オガサワラシジミ▽ オガサワラトンボ▽オガサワラアオイトトンボ ▽ハナダカトンボ。 植物では▽ヒメタニワタリ▽コヘラナレン▽ シマカコソウ▽ウチダシクロキ。」 http://maini..
posted by mulberry at 10:20

2008年02月23日

ムニンタツナミソウ


P2201975.JPG2/23 旧1/17 曇り 荒れ模様の天候・海況になりそう 先日行った躑躅山山頂付近で、 ムニンタツナミソウが咲き始めていました。 といっても、 まだ花の先が開いていない状態でした。 全体的には花期はまだまだという感じです。 3月中旬ころが見ごろでしょうか。 小笠原自生種のシソ科は シマカコソウと、ムニンタツナミソウです。 父島のシマカコソウがヤギの食害で壊滅状態です。 このムニンタツナミソウは 今のところそれなりに個体数もあ..
posted by mulberry at 08:43