2017年12月03日

小笠原小・中学校「開校20周年記念」プレートの謎?

DSCN3816.JPG 小笠原小・中学校の校庭の片隅には 開校20周年記念のプレートが壁に埋め込まれています。 実はこの下にタイムカプセルが入っていて、 30年後、つまり開校50周年に取り出すことになっているそうです。 島にいる当時の在校生が教えてくれました。 しかし、 その事情を知っている人は学校にいませんでした。 昨年 その場所にオガサワラグワガ記念植樹されています。 DSCN3815.JPG 僕もタイムカプセルの話を聞いたのは つい最近でした。 すぐ学校・植..
posted by mulberry at 16:58

2015年03月06日

オガサワラグワのアクセサリー

P3050144.JPG 知り合いから オガサワラグワでできたアクセサリーをいただきました。 オガサワラグワ(クワ科・固有種)は 父島・母島・弟島などに生育していますが、個体数は限られます。 戦前、高級材として、かなり切り出されたのが、 少ない理由です。 これをくれた方は うちの屋号マルベリーがクワのことと知っていたのです。 それゆえ、 このアクセサリーがいただけたのです。 大事にしなくちゃね。
posted by mulberry at 16:39

2015年01月19日

大きなオガサワラグワの切り株

P1170191.JPG 1/19  旧11/29  曇り とある調査の関係で 久しぶりにこの大きなオガサワラグワ(クワ科・固有種)の切り株を訪れました。 人が写っているので 大きさがよくわかると思います。 かなりでかいです。 調査などで山に入ると、 オガサワラグワの切り株はたまに見かけます。 でも このサイズのは父島にはそうないはずです。 これだって掘り起こして使えば かなりの価値になるのではないかと思います。
posted by mulberry at 07:28

2013年10月26日

熟した桑の実がおいしそう・・

PA254475.JPG 写真は 熟れた桑の実が地面に落ちている撮りました。 この台風で風が強いので、 どんどん落ちています。 島の子供たちは喜んで食べています。 僕も好きです。 個人的には熟れきる前のやや酸っぱい系が好きですね。 ちなみに このクワはオガサワラグワではありません。 島内各所に野生化して広がっていて 普通シマグワ(クワ科・外来種)と呼ばれています。 僕ははっきりわからないのですが、 外来種のクワは複数種あるという話も聞..
posted by mulberry at 08:26

2013年05月20日

オガサワラグワ

P4140191.JPG 5/20 旧4/11 曇り オガサワラグワ(クワ科・固有種・絶滅危惧TA類)の葉です。 父島ではシマグワとの交雑した個体が多く、 純粋なオガサワラグワはわずかしかありません。 確か 20本くらいと聞いたことがあります。 この写真のものは 植栽木ですが、純粋な個体だそうです。 シマグワに比べて、 葉がごわごわした感じで、鋸歯の尖りが少ない感じです。 うちの屋号は「マルベリー」は、 英語でMULBERRY、すなわち..
posted by mulberry at 07:32

2012年10月29日

弟島のオガサワラグワ

PA281087.JPG 10/29 旧9/15 曇り 昨日は オガサワラグワの調査補助で弟島へ。 オガサワラグワ(クワ科・固有種・絶滅危惧TA類)は 個体数の少ない樹木です。 かつて有用材として伐られました。 さらに 戦前に持ち込まれた他のクワと自然交雑してしまっています。 純粋のオガサワラグワは かなり少ないといわれています。 弟島にはオガサワラグワしかないので、 交雑がおこっていないといわれています。 つまり純粋なオガサワラグワです。 ..
posted by mulberry at 07:18

2007年11月13日

ウチダシクロキの危機的状況

PB131246.JPG 11/13 旧10/4 はれ、涼しい 小笠原にはハイノキ科ハイノキ属の植物が3種あり、 ウチダシクロキは父島の乾性型小低木林に 生育します。 すでに絶滅危惧TA類(CR)となっています。 そろそろ花期と思い、とある自生地に行きました。 そこは10本程度しかなく、 花をつけているのは2本だけでした。 昨年の結実があるのは1本だけでした。 はじめその場所に行った時は10年ほど前で、 もっと本数もあり、 咲いている個体も多かった..
posted by mulberry at 13:34

2007年10月04日

シマグワの実


PA040971.JPG10/4 旧8/24  はれ、ややうねり 今朝、三日月山に海の状況を見に行きました。 道沿いのシマグワ見ると、 あちこちで、実がついているのに気がつきました。 これをちひろが知ったら きっと食べに行くと言い出すでしょう。 シマグワの実は甘くておいしいです。 子供には人気です。 ただ、汁がこぼれて、服が汚れやすいので、 食べるには注意が必要です。 シマグワは明治時代に持ち込まれた外来種で、 小笠原では年2回実をつけます。 在来種は..
posted by mulberry at 08:48

2007年08月04日

オガサワラグワ切株

P8040433.JPG 7/4 旧6/22 はれ MULBERRYは桑の木のことであるが、 今、父島に純粋なオガサワラグワは 20本ほどしかないといわれている。 この写真は かつての切り株で、60年以上たっている。 コケがびっしり生えて、内部はうろになっているが、 材はいまだに硬い。 近くには、現存のオガサワラグワが2本ある。 いつになったら、 このくらい大きくなれるかしら。 ところで 明日、我が家の台風1・2号が竹芝付近を通過し、 おが丸に乗船して..
posted by mulberry at 17:08

2007年07月31日

マルベリーってどういう意味?

うちの屋号はマルベリーである。 マルベリーってどういう意味か、ときどき聞かれる。 マルベリー(MULBERRY)は 愛する小笠原・父島にちなんだ屋号である。 簡単に言うと、 島の南部のMULBERRY BAY(丸縁湾)という地名と 島に自生する樹木(オガサワラグワ)に ちなんでいる。 http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-28.htm どうぞ、ごひいきに。
posted by mulberry at 10:35

2007年04月26日

小笠原生態系管理マニュアル


IMG0072.JPG森林総合研究所から、 「小笠原の生態系の再生を図るための 小笠原生態系管理マニュアル」が 2006年3月に発行されていた。 とある場所の配付物のコーナーの置いてあり、 はじめて気がついた。 中身は 基本的な枠組み、アカギの管理、在来樹種の植栽、 オガサワラグワの保全、グリーンアノールの管理、 昆虫類の保全、アカガシラカラスバトの保全、 メグロの保全、固有陸産貝類の保全などが 各2ページ程度にわかりやすくまとめられている。
posted by mulberry at 11:44

2006年02月09日

弟島オガサワラグワ状況

2/9 旧1/12 服の日 (ふく)ふぐの日 北東よりの風やや強く、肌寒い。 1月に弟島にオガサワラグワの実を採取に行きました。 そのときの観察記録をまとめました。 ご覧ください。 弟島は シマグワがありませんので、 基本的にオガサワラグワから取れる実は 交雑していません。要するに純粋です。 父島・母島はシマグワがたくさんあるので、 オガサワラグワの実は交雑しやすいのです。 現在、34本で、数本は数年で枯れそうです。 みんなで守りたい、..
posted by mulberry at 15:52

2006年01月10日

弟島から孫島を望む


CIMG60870.JPG 1/10 旧12/11 十日えびす 110番の日 おおむね晴れ、海況もまずまずだった。 そんな中、とある作業で弟島にいってきました。 弟島のオガサワラグワの実の採取です。 いくつかの樹からは実が採取できましたが、 今年は例年より熟すのが遅いようでした。 お昼休憩には広根山に登りました。 そこから孫島も一望でした。 ちなみに弟島は、 今のところ観光利用は難しいです。 また、船での接岸は磯渡しで、結構危険です。
posted by mulberry at 22:26