2017年09月27日

イソマツの花

DSCN2598.JPG 8/27  旧8/8  曇り 南島では イソマツ(イソマツ科・広域分布種)が咲き始めています。 本種の分布は父島だけ(南島含む)になっています。 父島の南西部・ジョービーチ周辺も石灰岩なので、 そのあたりにも生育しているはずです。 花は赤みを帯びて5裂、 おしべ5、めしべは花柱が5裂です。 低木状の茎が枝分かれし、 花期には花茎をのばし多数の花をつけます。 花のサイズはごく小ぶりで、 開花状態でも5mmぐらいです。
posted by mulberry at 07:22

2015年11月21日

プルンバゴ(アオマツリ)の花

PA050492.JPG 11/21  旧10/10  晴れ 近所の庭に植わっています。 ブルンバゴ(アオマツリ・イソマツ科・外来種)の花です。 やや薄い青色、水色に近い感じです。 花は高坏状で5裂しています。 おしべ、めしべのつくりをみると、 めしべだけが目立っています。 おしべは5本ですが、 短くて花の筒状部に隠れています。 長いめしべは 柱頭は5つにわかれていて、おしべのように見えます。 ブルンバゴ、ルリマツリ、アオマツリなどというよ..
posted by mulberry at 08:57

2014年09月21日

紅・白の花のイソマツ

P9188662.JPG 今年も南島では 紅・白の花のイソマツ(イソマツ科・広域分布種)が咲ています。 花以外の他の部分の違いはほぼないです。 イソマツの花は普通赤みを帯びています。 白花は 昨年度の外来種排除作業の時に気づきました。 http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/386999438.html 南島で イソマツは広範囲に生えています。 しかし、今のところ、 東尾根南部のエリアでしか白花は見ていま..
posted by mulberry at 09:12

2014年01月07日

紅白の花が咲くイソマツ

P1065707.JPG 南島の海面に近い岩場では 広範囲に生えているイソマツ(イソマツ科・広域分布種) 花を赤みを帯びたものが普通です。 ところが、 東尾根南部のエリアでは白花のものが見られます。 場所によっては、 白花、赤花が隣接して生えています。 白花のは 小笠原には生えていないハマサジのような感じです。 でも、 白も赤も、葉の感じはほとんど変わらないように思います。 さて、この白花と赤花の違い、 単に色の変異なのでしょうか? 誰か教..
posted by mulberry at 08:28

2013年11月07日

籠の中の私・・コヘラナレン

PB064751.JPG 11/7   旧10/5  晴れ 写真の植物は 手前にヤギの食害防ぐネットがあり、わかりにくいですね。 コヘラナレン(キク科・固有種)の花です。 花は 毎年この時期くらいですね。 生息地は父島と兄島。 父島では 2ヵ所くらいしか自生地を知りません。 多年生草本の植物ですが、 よく見ると、太くて短い木質化した茎があります。 イソマツのような小低木にも見えますが・・。
posted by mulberry at 07:19

2013年10月16日

大東島の植物・・ウスジロイソマツ

PA054050.JPG 小笠原には 南島周辺でイソマツ(イソマツ科)が見れれます。 海が荒れると波が打ち寄せるようなところに よく生えています。 ウスジロイソマツは、 大東島のの海沿いの岩場にびっしり生えています。 ウスジロイソマツは ウコンイソマツの変種で、大東島固有植物だそうです。 パッと見はイソマツとそっくりな感じです。 ただし 花の色は白色で中心基部が黄色です。
posted by mulberry at 15:01

2013年09月28日

イソマツの花

P9173651.JPG 9/28  旧8/24  晴れ 南島では イソマツ(イソマツ科・広域分布種・絶滅危惧U類)が咲き始めています。 背丈はわずかに20pほどです。 黒っぽい幹があります。 父島周辺では 主に石灰岩のところに生えています。 南島は全島石灰岩で このイソマツは特に外側の波打ち際に近いところにまとまって生えています。 上陸地点にも生えていますので、 観光での上陸でも観察できます。 南島のガイドさんがちゃんと知っているかどうか..
posted by mulberry at 07:35

2012年09月21日

イソマツの花

P9190907.JPG 9/21 旧8/6 晴れ 南島ではイソマツの花が咲いています。 イソマツ(イソマツ科・広域種・絶滅危惧U類)は 南島の外周部斜面に多く分布しています。 またサメ池に面した内側斜面にも分布しています。 船で上陸する場所の岩場にまさに生えています。 あそこでは上陸をせかされるので あまりゆっくり見る機会はないかもしれません。 帰りがけに時間があったら見るといいですね。 父島では ジョンビーチ付近に分布しています。 本種..
posted by mulberry at 08:27

2011年10月19日

イソマツの踏みつけ注意!

PA182786.JPG 南島へ船で行って上陸する岩場には このイソマツがあちこちに生えています。 イソマツ(イソマツ科・広域種・絶滅危惧U類)は 南島や父島ジョンビーチ付近など、石灰岩のところに生えています。 ですから、 これが見られる場所はとても限定されています。 本種は小さいので草のようですが、れっきとした樹木です。 よく見ると黒い固い幹が見えますよ。 このごろは花もつけだしています。 南島上陸の際は 足元をよく見て踏み潰さないようお願いします。 ..
posted by mulberry at 08:11

2011年10月18日

イソマツ

2011101809070001.jpg波打ち際の小さな植物。木です。

posted by mulberry at 09:16

2009年11月08日

アツバクコの花

PB070549.JPG 11/08 旧9/22 はれ 昨日、南島に行きました。 アツバクコ(広域種・ナス科)の花が咲いていました。 僕は父島では生えている場所を知りません。 この南島でも、それほど多くはないですが、 船が着く場所に1株あるのと、 陰陽池の周りにまとまった群落があります。 葉が多肉植物のように、もっちりしています 今、花をたくさんつけていますが、 本来、花期は夏です。 先月の台風が影響しているのかもしれません。 他にも、自生..
posted by mulberry at 08:22

2007年11月19日

イソマツの花


PB181306.JPG11/19 旧10/10  晴れ・やや風 昨日行った南島では、石灰岩のラピエのところに、 ポツリポツリとこのイソマツが生えています。 歩行ルート上では 上陸地点や東尾根の上などで観察できます。 小笠原では 父島南部と南島の石灰岩のところしか 生えていないないようです。 近くで見てみると、 小さな花を咲かせつつありました。 残念ながらしばらくは植生回復で 観光上陸ができません。 昨日は外来種駆除作業だから上陸できたのです。 父島..
posted by mulberry at 08:20

2005年10月30日

イソマツ


2005103070230dfc.JPG南島の海岸に近い岩場には イソマツ・広域分布があり、花をつけていた。
posted by mulberry at 16:22