2018年04月14日

アリアケカズラ(アラマンダ)の花

DSCN5161.JPG アリアケカズラ(アラマンダ・キョウチクトウ科・外来種) の花です。 品種名まではキチンとはわかりませんが カタルティカであろうかと思います。 集落内で、生け垣にして、 この花がいつも見られる場所があります。 大柄な黄花で 漏斗状で先端は5裂。 おしべ5,めしべ1は 花冠の付け根のところについています。 ヤハズカズラやツンベルギアはキツネノマゴ科ですが、 本種はキョウチクトウ科です。
posted by mulberry at 08:20

2018年03月28日

ツンベルギア・エレクタの花

DSCN5010(1).jpg DSCN5011(1).jpg ツンベルギア・エレクタ(キツネノマゴ科・外来種)の花です。 単にツンベルギア、コダチヤハズカズラとも言うようです。 花は紫、5裂。 筒部が長く、外は白、中は黄です。 おしべ4,めしべ1。
posted by mulberry at 08:17

2016年01月21日

ヤハズカズラの花のつくり

P1200024.JPG 昨日、 ヤハズカズラ(キツネノマゴ科・外来種)の花の紹介をしました。 http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/432789894.html 明治時代、 セイヨウミツバチの蜜源植物として導入されたようなことが書かれています。 しかし、花を見ても、 おしべ・めしべが全く見えません。 そこで花を分解してみました。 筒部を裂いててみると、 おしべ4、それより長いめしべ1がありました。 キ..
posted by mulberry at 07:59

2016年01月20日

ヤハズカズラの花

P1200020.JPG ヤハズカズラ(キツネノマゴ科・外来種)、 北袋沢方面では広範囲に野生化しています。 つる性で、 周辺の樹木や草本に絡みついています。 和名のヤハズは葉の形からきているようです。 花は通年で咲いています。 花の付け根には苞が2枚ついています。 花は漏斗状で、5裂し、 橙色で、中心部は黒っぽい色をしています。 漏斗状の筒の中に おしべ4、めしべ1があります。 色々品種はありますが、 ツンベルギア(属名でもある)ともいうよ..
posted by mulberry at 14:46

2013年04月25日

「日本で見られる熱帯の花ハンドブック」

8113-9.jpg 文一総合出版から 2013年4月10日発売の 「日本で見られる熱帯の花ハンドブック」です。 http://www.bun-ichi.co.jp//tabid/57/pdid/978-4-8299-8113-9/Default.aspx 約600種類の植物が紹介されています。 小笠原は亜熱帯地域です。 ここに住んでいると 人家のまわりには熱帯性の園芸種や栽培種がよく見られます。 中には野生化しているものもあります。 本書記載で父島..
posted by mulberry at 17:18