2018年06月14日

ナンヨウサクラ(ヤトロファ・インテゲリマ)の雄花と雌花

DSCN6249.JPG ナンヨウサクラ(ヤトロファ・インテゲリマ・トウダイグサ科・外来種)の花が 集落周辺で見られています。 花は花序によって 雄花・雌花が分かれています。 花は赤、5弁。 左が雌花で 柱頭は5−6裂しています。 おしべは見られません。 右は雄花でおしべが10です。 めしべは見られません。 雌雄がわかりやすいですね。
posted by mulberry at 15:43

2018年01月28日

サンゴアブラギリ(ヤトロファ・ポダグリカ)の花

DSCN4523.JPG サンゴアブラギリ(トウダイグサ科・外来種)の花です。 ヤトロファ・ポダグリカともいうようです。 低木性で幹はとっくり状です。 葉の形が桐のようですかね? サンゴは花や花序の形からでしょうね。 花は赤く5弁花。 雌雄同株ですが、 花序の中で雄花・雌花が分かれています この写真では 右・左が雄花(おしべ8)中が雌花(めしべの花柱3で、それぞれ2裂)。 雄花・雌花のみ分けは簡単です。 雌花はのち、果実がつきます。
posted by mulberry at 11:18

2017年05月31日

ナンヨウサクラは花序で雌雄別

DSCN1777.JPG DSCN1772.JPG 5/31  旧5/6  曇り ナンヨウサクラ(ヤトロファ・インテゲリマ、トウダイグサ科・外来種)、 花が咲いています。 本種は同株の中で 花序によって雌雄が異なっています。 雌花はめしべだけで、 めしべの先端は複数に分かれています。 雄花はおしべだけで、おしべ10です。 雌雄とも花弁5は同じです。 雌雄異株でなく、 雌雄同体で、雌雄は花序ごとに違ったのですね。 雌雄比率でいうと、 雄花のほうがかなり多いで..
posted by mulberry at 09:22

2015年06月14日

ヤトロファ・インテゲリマ(ナンヨウサクラ)の花

P6030120.JPG 4/14  旧4/28  晴れ 集落エリア数ヵ所で見Tられる ナンヨウサクラ(トウダイグサ科・外来種)。 海岸付近で花を見ました。 学名から ヤトロファ・インテゲリマとも呼ばれています。 濃いピンクの5弁花、おしべ10です。 まだ十分調べられていないのですが、 本種は雌雄異株かもしれません。(要調査)
posted by mulberry at 07:31

2013年05月06日

ヤトロファ・インテゲリマ(ナンヨウサクラ)の花

P5052504.JPG 5/6 旧3/27 晴れ とある海岸沿いで咲いていました。 よく知らなかったので、図鑑で調べると、 ヤトロファ・インテゲリマ(ナンヨウサクラ・トウダイグサ科・外来種)のようです。 栽培種・園芸種が 海岸沿いで野生化したものと思われます。 本種は常緑小低木です。 原産地はカリブ海方面(キューバなど)ようですね。
posted by mulberry at 07:24