2018年07月09日

ムニンノボタン開花

DSCN6511.JPG 父島のノボタンは ムニンノボタン(ノボタン科・固有種)です。 普通、 7月中〜下旬ごろから花期を迎えます。 早いものは 7月初旬に咲き始めます。 とある場所で 早くから咲いているのを見つけました。 この場所は 全体に早いようです。 花は白4弁、 おしべ(長・葯は赤、短・葯は黄で、4ずつ)、めしべ1です。 普通、ノボタンは5弁(まれに4弁)です。 ムニンノボタンは、個体数を減らす過程で、 4弁のものが残ったのか..
posted by mulberry at 08:05

2017年07月21日

ムニンノボタンの花

DSCN2148.JPG 7/21  旧閏5/28  曇り 父島のムニンノボタン(ノボタン科・固有種)が咲き始めました。 自然分布は父島だけで 自生個体はごくわずかしかありません。 現在、 ルート沿いで見られるものはほぼ保護増殖株です。 花は白4弁、 おしべ長短各4、葯は長い方が赤みで、短い方が黄色です。 めしべ1は 先端が赤みを帯びています。
posted by mulberry at 07:27

2016年08月15日

8/15午前、森歩き・・東平

8/15午前、森歩き
#小笠原 #ツアー #世界遺産
#worldheritage
8/15午前 ご夫婦1組と森歩き。 東平を歩きました。 台風7号の影響もあり、 時折、ザーッと雨が降りました。 まだ ムニンノボタンが咲いていました。、 また アサヒエビネが咲き始めました。
posted by mulberry at 16:30

2016年07月05日

ムニンノボタン開花

P7040436.JPG 7/5  旧6/2  曇り ムニンノボタン(ノボタン科・固有種)のつぼみが だいぶ膨らんできています。 花はもう少し先になりそうです。 1輪だけ開花しているのを見つけました。 花は白い4弁。 まれに5弁もあります。 おしべ長短4ずつ計8、めしべ1です 短いおしべは先が黄色、 長いおしべは先が赤みを帯びています。 めしべの先端も赤みを帯びていますが、 長いおしべよりやや短めです。
posted by mulberry at 08:29

2016年07月05日

7/4森歩き・・花めぐり

P7040417.JPG 7/4森歩き 昨日に続き花めぐり。 といっても 森の中はそれほど花が多くはありません。 ヒメツバキの落花が そこいらじゅうですが・・苦笑 この中央山の上も、 ほとんど花がありませんでした。 下の道で シュクシャの花が咲いていました。 東平では ムニンノボタンが花が一輪見れました。 夏場は 山地の自生種の花が少なくなる時期です。
posted by mulberry at 07:56

2015年11月23日

小笠原に来なくてはいけない理由、その4「ムニン・ボニンが多すぎて癖になる」

P5280032.JPG 小笠原に来ると、 そこいらじゅうにムニン・ボニンがあふれています。 小笠原と呼ばれる以前は 巽無人島(たつみむにんじま)だったようです。 世界でも珍しい無人岩(むにんがん)。 植物の固有種には ムニンツツジ(写真)、ムニンアオガンピ、ムニンノボタン、 ムニンシャシャンボ、ムニンネズミモチなどなど。 焼き物も、無人焼(むにんやき)です。 でも英語ではボニン(bonin)なのです。 小笠原の海の色をボニン・ブルーといいます。 ..
posted by mulberry at 14:22

2014年08月19日

アサヒエビネの花

P8188406.JPG 8/19  旧7/24  曇り アサヒエビネ(ラン科・固有種)の花が 咲いていいます。 8月は 自生種で花期のものがかなり少ない時期です。 父島では ムニンノボタン・アサヒエビネくらいしか思い当りません。 ムニンノボタンは 8月後半には花も終わってきます。 アサヒエビネは 8月後半から9月いっぱいが見ごろでしょうか。 ガイドツアーでは数ヵ所で見ることができます。 リクエストください。
posted by mulberry at 08:14

2014年07月31日

ムニンノボタンの花

P7308195.JPG 7/31  旧7/5  はれ  自然遺産も丸3年過ぎて落ち着いた感があります。 山の入り込みにもそれを感じます。 今年、 夏の山の中は比較的すいている感があります。 もともと夏は 暑いので山歩きには適していません。 そんな状態ですので、 ツアー参加者はわりとゆったりとできているように思います。 さて ムニンノボタン(ノボタン科・固有種)が咲いています。 この夏の暑さのピークに 花期を迎える稀有な植物です。(大げさかな..
posted by mulberry at 07:13

2013年07月26日

ムニンノボタンの花

P7253105.JPG 7/26  旧6/19  曇り ムニンノボタン(ノボタン科・固有種・絶滅危惧TA類)の花が 咲いています。 実際に僕が見た場所は保護増殖株のものです。 野生株の場所は ルートから外れるため見に行くことができません。 保護増殖株といっても、 山の中に植栽されたものです。 東平サンクチュアリーを歩くときには、 ガイドさんが紹介してくれるでしょう。 ムニンノボタンは ほぼ真っ白な花びらで花弁は普通4弁です。 まれに..
posted by mulberry at 07:22

2012年07月28日

ムニンノボタンも咲き始めて

P7270592.JPG 7/28 旧6/10 晴れ ムニンノボタン(ノボタン科・固有種・絶滅危惧TA類)が 咲き始めています。 といっても、 ルート沿いにある保護増殖株です。 野生株は観光ルート沿いにはないので、 見ることはできません。 この保護増殖株は それなりにまとまった株数があります、 花期には 白い4弁の花が楽しめます。 8月中旬くらいまでは見られることでしょう。 普通、 ノボタンの仲間はピンクがかった花の色でしょうけれど、 ム..
posted by mulberry at 08:24

2011年08月04日

ムニンノボタンの花の季節

8/4 旧7/5 はれ ムニンノボタン(ノボタン科・固有種・絶滅危惧TA類)の花が 咲いています。 山地の自生植物で 8月に花が咲くような種類はすごく少ないです。 テリハハマボウのように、一年中咲くようなものは 8月でも咲いています。 しかし、花の時期が限られているものでは、 ムニンノボタンほかほんのわずかですね。 本種は保護増殖株が 東平のルート沿いにあります。 このルートは森のツアーで定番の場所です。 8月中旬くらいまでは花..
posted by mulberry at 07:43

2010年07月28日

ムニンノボタンの花(東平)


P7260679.JPG 7/28 旧6/17 はれ 7/5の記事では、集落付近の植栽場所で ムニンノボタンの花が咲いていることを書きました。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9541365.html 東平(アカガシラカラスバトサンクチュアリー)の 自生地近くの保護増殖株も咲いています。 この場所は例年7月中旬ころから咲き始めます。 8月下旬くらいまでは花が見られると思います。 ここは森のコースで通る道沿いにあるた..
posted by mulberry at 06:16

2010年07月05日

ムニンノボタンの花


P7050494.JPG 大神山公園で、 植栽のムニンノボタン(ノボタン科・固有種)の花が 咲いています。 ムニンノボタンは 父島特産でもうわずかにしか自生していません。 自生株はもう数十というレベルです。 ただ、現在は、 種からの保護増殖株がかなりあります。 この大神山公園のもそうですね。 ムニンノボタンは本来、 雲霧が発生しやすい場所を好むようです。 大神山公園はふもとですから、 本来の自生地の自然環境とはかなり違います。 保護増殖株は 幅広..
posted by mulberry at 08:12

2009年08月24日

自由研究の手伝い

P8230184.JPG 8/24 旧7/5 はれ 親バカねたです。 小笠原小学校も夏休みの宿題に、 自由研究があります。 千尋はいくつか候補があり、手をつけていますが、 どれもきちんと片付いていないようです。 4年生は総合で身近な植物調べをやっているので、 絶滅危惧種を調べるのはどうかと提案しました。 アサヒエビネ、ムニンノボタン、ムニンツツジ、 オオハマギキョウ、チクリンカなどに 今、花が見られます。 千尋がその気なので、 それぞれの場所に案..
posted by mulberry at 07:50

2009年08月01日

ムニンノボタンの花


P7300025.JPGムニンノボタン(ノボタン科・固有種・絶滅危惧種)が 咲き始めています。 ムニンノボタンは4弁の白い花が普通ですが、 なかにはたまに5弁の花もあります。 中央山付近の東平では、数ヶ所保護増殖地があり、 森歩きツアーのときに紹介しています。 8月中旬くらいまでは花が見れると思います。 暑い最中ですが、 ムニンノボタンの花も楽しんで下さい。 ちなみにムニンノボタンはノボタン科ですから、 強いて切るとすれば、ムニン・ノボタンです。 ムニンノ・..
posted by mulberry at 16:18

2008年08月01日

ムニンノボタンとハハジマノボタン

P7272923.JPG 8/1 旧7/1 はれ ムニンノボタンとハハジマノボタン。 父島でムニンノボタン、母島ではハハジマノボタン がそれぞれ自生しています。 ハハジマノボタンは ムニンノボタンの変種とされています。 ちょうど今なら、両島を訪れれば、 両方の花を見ることが可能です。 ハハジマノボタンは花期があとわずかです。 お急ぎください。 ムニンノボタンは今が花の盛りの時期です。 今月は十分見ることができるでしょう。 森のツアーでは、保護..
posted by mulberry at 07:47

2007年08月03日

ムニンノボタン開花中


P8030429.JPG父島の中央部では、 絶滅危惧種のムニンノボタンが開花中。 写真は保護増殖の現地植戻し場所のもの。 それほど盛りではない様子で、 まだ当分花が見れそうだ。 森のツアーでは、たいてい寄るので、 見れるでしょう。 なお、南部のトレッキングコース沿いにはない。 幅広く、いろんな固有種や植生を味わいたければ、 森のコースがおすすめ。 ちなみに、明日は森のコース。 新聞社の方が取材を兼ねて参加されるので、 外来種の話題も多くなりそう。 ..
posted by mulberry at 17:11

2006年07月21日

ムニンノボタン(固有種)開花


CIMG08437.JPG7/21 旧6/26 自然公園の日 はれ ここ一ヶ月くらい雨らしい雨が降っていないので、 山のなかの沢も、みな涸れかかっている。 ほとんど水の流れがなくなっている。 もうしばらく晴れが続くと、 ほんとに干上がってしまいそうな感じである。 ちょっとは雨が欲しい状態となっている。 そんな中、 絶滅危惧種のムニンノボタンが開花している。 花の見ごろはもう少し後、今月末頃か。 この木も水不足か、 葉っぱが元気なく、葉が枯れているのも目立った。 ..
posted by mulberry at 07:58

2006年07月19日

テリハボク(タマナ)の花


CIMG08414.JPG7/19 旧6/25 土用 定期船東京発 はれ 海岸林の主要樹木の1つ テリハボク(タマナ) がちょっと前から花をつけている。   白い花で、島の花で言えば、 ムニンヒメツバキをやや小さくした感じ。 大きな木になるので、 花を見るには、 小ぶりな木を探さないと近くでは見れない。 島の人は テリハボクといっても分からない人もいるが、 タマナといえばまずわかる。 島かるたでは 植物はタコノキ・ムニンヒメツバキ・ワダンノキ・ デイコ・ム..
posted by mulberry at 07:30

2005年07月30日

家族でムニンノボタン花見


2005073012b8d970.JPG午前中、家族でムニンノボタンの花見。 大分、花が増えてきた。 もうしばらく見ごろが続きそう。 チャンスは短いので、お早めに。
posted by mulberry at 12:36

2005年07月26日

ムニンノボタン


20050726b3742fb9.JPG7/26 1945ポツダム宣言発表 晴れたり曇ったりで、天候は回復傾向。 まだまだ強風。西側はシケ。 山では ムニンノボタンが咲き出している。
posted by mulberry at 13:05