2015年10月10日

南島のシダ・・マツバラン

PA090061.JPG 南島は全島、小低木あるいは草地です。 乾燥して、潮気の強い、石灰岩地です。 シダ植物はわずか5種類ほどしかありません。 そのうちの1つ、マツバラン(マツバラン科・広域分布種)です。 近い場所に複数生えていました。 といっても個体数はごくわずかです。 南島の貴重なシダです。笑
posted by mulberry at 08:52

2014年07月17日

ムニンボウランの花

P7168107.JPG 父島でムニンボウラン(ラン科・固有種)の生えているところは わずかしか知りません。 通常のルート沿いでは 僕の知っているのは1ヵ所でけです。 ちょうどそこの株が 花をつけていました。 地味ですね・・ 笑 アリが来ていたから、ちゃんと蜜はあるのでしょうね。 樹木に着生や寄生して形が似ているものとしては ヒノキバヤドリギ(寄生)、マツバラン(着生)があります。 ヤドリギは種子植物、マツバランはシダ植物です。 
posted by mulberry at 07:56

2013年01月17日

南島のシダ・・マツバラン

P1162170.JPG 1/17 旧12/6 晴れ 南島の岩場のくぼみで マツバラン(シダ・マツバラン科・広域種)を見つけました。 父島では 樹木の幹や枝に着生しているのをよく見かけます。 またコンクリートの割れ目や岩場にも 生えているのも見かけます。 なので 父島ではさほど珍しいシダではありません。 しかし、 南島でマツバランに気がついたのはこの場所が初めてです。 日陰の少ない低木性の南島では シダ植物はとても少ないです。
posted by mulberry at 07:37

2012年06月29日

ムニンボウランの花

P6280493.JPG 6/29 旧5/10 曇り 2日続けて、固有のラン科植物を紹介します。 本日は ムニンボウラン(ラン科・固有種・絶滅危惧TB)の花です。 小さな花で、僕のカメラと腕ではあまりうまく撮れません。 何せうまくピントがきません。 これが一番まともです。 ムニンボウランは樹木に着生するランで、 ルート沿いでも数ヶ所あるのを知っています。 この写真の個体は 背丈ほどの低い場所のものです。 知る人ぞ知るという感じでしょうか。 実..
posted by mulberry at 07:50