2018年08月21日

レンプクソウ科タイワンソクズ花

DSCN7171.JPG 8/21  旧7/11 曇り タイワンソクズ(レンプクソウ科・広域分布種)が 花をつけています。 花序の先に 白花と黄色の腺体がついています。 腺体は杯状で、 中に蜜がたまっているようです。 花はごく小さな白花5裂、 おしべ5、めしべ1です。 父島では長谷に生えています。 長谷のあたりはかつては耕作地。 このあたりに分布がある自生種は 人為の影響があるような気がしてしょうがないです。 本種やチチジマ..
posted by mulberry at 07:42

2018年04月04日

チチジマイチゴ(固有種)の花

DSCN5068.JPG 4/4  旧2/19  曇り チチジマイチゴ(バラ科・固有種)が咲いています。 父島のみ分布で、 父島の中の分布も限られています。 その限られた分布が、私有地の多いところで、 戦前耕作地だったようなところです。 そこが不思議な点です。 ハチジョウクサイチゴとは 葉の形が明らかに違っていて見分けは簡単です。 花は白で、花弁は基本5弁のようですが、 たいてい重弁となっていて、弁数がわかりにくいです。 5の倍数でしょうか? ..
posted by mulberry at 07:18

2016年04月07日

チチジマイチゴの花

P4050851.JPG チチジマイチゴ(バラ科・固有種)が咲いていました。 毎年、同じ場所で見ています。 花は5弁花ということですが、 撮影したのは重弁になっています。 花弁も何枚かよくわかりません。 本種の分布は父島だけで、しかも人家・耕作地周辺にしかないので、 どうも固有種というのが解せません。 撮影した場所も 耕作地(私有地)のすぐそばです。苦笑 なおチチジマイチゴは 以前はチチジマキイチゴとされていました。
posted by mulberry at 07:16

2014年04月01日

チチジマイチゴの花

P3306440.JPG チチジマキイチゴ(バラ科・固有種)、 和名にチチジマがつく数少ない植物です。 花が咲いているのを見つけました。 この花は一重の5弁ではなく、 もっと枚数が多いですね。 生えている場所は 長谷や小曲など人家・耕作地に近い場所ばかり。 本当に固有種なのだろうかと 疑うような場所にしかありません。 不思議です。笑 本種は「小笠原国立公園の特別地域内において 許可を受けなければ採取し、又は損傷してはならない 高山植物その他これに..
posted by mulberry at 10:45