2013年12月05日

タツノツメガヤの穂

PC044962.JPG 12/5  旧11/3  晴れ  南島の外来植物排除作業で 抜く草の1つがこのタツノツメガヤ(イネ科・外来種)です。 イネ科の植物は 大概、夏を過ぎてから草丈がのび、穂をつけます。 ですので、 最近の作業ではよく抜く草の1つです。 他にはムラサキヒゲシバもあります。 タツノツメガヤの穂は 写真のように放射状に広がる穂先となります。 ここが 龍の爪をイメージしたようですね。
posted by mulberry at 09:00

2011年11月09日

11/7、南島周辺外来種排除作業(2011年度8回目)

B072934.JPG 11/9 旧10/14 曇り 一昨日、南島外来種排除作業に出かけました。 8回目です。 この日は作業員4人と支庁の担当者の5人でした。 前回で島の東尾根部は終了したので、今回からは西尾根部です。 西尾根北部が作業場所です。 扇池から陰陽池あたりの位置になります。 このあたりは タツノツメガヤやムラサキヒゲシバが多く生えています。 作業量は他の種も含めて120kg以上集めました。 シマグワも1本生えていました。 今までにも伐..
posted by mulberry at 07:57

2007年09月25日

南島外来植物除去作業

午前、 村主催の南島外来植物除去ボランティア作業に、 指導員として参加しました。 今回はクリノイガ、コトブキギク、タツノツメガヤ な
P9250896.JPGどをたくさん抜いていきました。 途中で雨模様になり、早めに退散したのですが、 それでも多くの袋になりました。 こういう少しずつの行動が、 いずれ大きな成果に結びついていくでしょう。 実際、南島は着実に成果が出ていると思います。
posted by mulberry at 13:42