2018年12月18日

オガサワラグワの葉は欠刻ができない

DSCN8792.JPG


12/18  旧11/12  曇り

父島の集落に、数本、
オガサワラグワ(クワ科・固有種)の苗が植えられています。

小笠原には
シマグワ(外来種)が持ち込まれています。

現在、小笠原に存在するクワには、
オガサワラグワ、シマグワ、
オガサワラグワとシマグワとの雑種があります。


実生苗では
葉の欠刻に差があります。

写真のように、
オガサワラグワの葉には欠刻ができません。

他の2種はできます。
https://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/raretree/8_MBindex.html#41

簡易的な形態での見分けとして使えるようです。







posted by mulberry at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

すっきり見晴らしのよくなった大根山墓地公園

DSCN8758.JPG


12/17  旧11/11  晴れ

港を見下ろす場所にある
大根山墓地公園。

以前は、
下の方にトクサバモクマオウが生えていて、
少し視界を邪魔していました。

最近、それが伐採されたようで、
見晴らしばっちりです。

墓地公園ではありますが、
眺めもいいので、展望地としてもお勧めです。

小笠原の墓をみることで、
少し歴史も学べます。

posted by mulberry at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

リュウキュウマツの倒木注意

DSCN8788.JPG


山の中、
リュウキュウマツ(マツ科・外来種)の立ち枯れがかなりあります。

そして、その倒木もあります。

こんな風に
道をふさぐところも出ています

これはまだ下を通り抜けられるので、
倒木の処理は遅くなりそうです。

立ち枯れの木も
黄色のテープが巻いてあります。

近くを通るときは要注意。

きっと、
倒れるときは予兆があるはずです。

耳を澄ましましょう。

posted by mulberry at 15:28| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ホナガソウ(ナガボソウ)花

DSCN8763(1).jpg

DSCN8762(1).jpg


12/16  旧11/10  曇り


ホナガソウ(ナガボソウ・クマツヅラ科・外来種)、
父島で道端に繁茂している植物の代表的な種です。

山中でも
ひらけた岩場などでは生えているところもあります。

父島には
ホナガソウの仲間は他もあるようです。


おおむね一年中、
穂に少しずつ花をつけています。

花は先端に向かって、
位置を変えていきます。

小ぶりな紫の花で、
花冠は5裂(上2裂・下3裂)、おしべ2、めしべ1です。
posted by mulberry at 07:52| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

「長崎海軍伝習所」(藤井哲博)

【ポイント 10倍】【中古】長崎海軍伝習所 十九世紀東西文化の接点 /中央公論新社/藤井哲博 (新書)【年末 セール SALE 対象商品】 - VALUE BOOKS
【ポイント 10倍】【中古】長崎海軍伝習所 十九世紀東西文化の接点 /中央公論新社/藤井哲博 (新書)【年末 セール SALE 対象商品】 - VALUE BOOKS

1991年発行
長崎海軍伝習所(藤井哲博)。
https://www.amazon.co.jp/長崎海軍伝習所―十九世紀東西文化の接点-中公新書-藤井-哲博/dp/4121010248


江戸幕府が設立した長崎海軍伝習所の経緯が
まとめられています。

国交があり出島を拠点としていたオランダ人が
講師になっていました。

日本との風習の違いなども
浮き彫りにされています。

オランダ教師団長2人の性格の違いが
それぞれの教育にも影響が出ていた様子も分かります。

勝麟太郎(勝海舟)は
落ちこぼれのようでした。

咸臨丸でアメリカや小笠原に公開した小野友五郎は
かなり優秀だったようです。

このころの幕府軍艦
観光丸、咸臨丸、朝暘丸など、みなオランダからの船でした。
posted by mulberry at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

野羊山の溶岩チューブ

DSCN8694.JPG


12/15 旧11/9 曇り

小笠原は5000万年程前の海底火山の噴火と
その後の隆起でできた島。

父島の噴火が分かる場所の1つがここ。

湾口南側の野羊山西側です。

中央下側の黒いところが溶岩チューブで、
周辺はデイサイト枕状溶岩。

陸からは見えませんので、
海のツアーで観察して下さい。


さて、
ちゃんと説明してくれるガイドさんいるかしら?



posted by mulberry at 08:51| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

12/14グッドエコツアー千尋岩

20181214161424894.jpg

12/14
グッドエコツアー千尋岩。

御夫婦2名様と歩きました。

出港日ですが、
ロングの方なのでのんびりです。

天気もよく
楽しく歩けました。

千尋岩、貸切でした。
posted by mulberry at 16:16| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

12/13サンセットナイト

20181213184904270.jpg

12/13サンセットナイト

サンセットは
最後に雲がありました。
残念

オオコウモリは
飛翔、樹上ともに見られました。


日没後、
雲が出て、星は見えませんでした。
posted by mulberry at 18:50| 東京 ☁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

日本国紀(百田尚樹)

日本国紀 [ 百田尚樹 ] - 楽天ブックス
日本国紀 [ 百田尚樹 ] - 楽天ブックス

2018年11月発行
日本国紀(百田尚樹)
https://www.gentosha.co.jp/book/b12056.html

帯には
「日本通史の決定版!」とあります。

本文は500ページの及びますが、
古代から江戸時代と、幕末から平成までが同じくらいの分量です。

幕末から平成にかけて
より力が入っているといえるのでしょう。

いくつかのできごとや人物に関して
かなり厳しい表現も見られます。

韓国併合、幣原喜重郎、言霊主義、
GHQによるWGIP、朝日新聞などなど。

そのあたりで
眉をひそめる人もきっといるんだろうなと感じました。

異論を唱える人もあることでしょう。


小説家である百田氏が書いた日本の通史、
500ページでもスラスラ読めました。


小笠原に住む僕にとって、
特筆すべきは260-261ページ水野忠徳です。

小笠原諸島の領有のことが
きちんと書かれています。



posted by mulberry at 14:47| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「猫と海賊」(なだいなだ)

【中古】 猫と海賊 /なだいなだ(著者),小幡堅(その他) 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 猫と海賊 /なだいなだ(著者),小幡堅(その他) 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

1995年5月発行
「猫と海賊」(なだいなだ)。
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784036430307

小笠原にはなじみの深い
嶋谷市左衛門(島谷市左衛門)の物語です。

嶋谷が長崎で船を作り、
小笠原探検を成功させるまでが描かれています。

嶋谷という名字は
江戸で将軍に船を見せたときに許されたようです。

ヒラウトという猫が
語り部となっています。


こんな本もあったんですね。
知らなかった。

小笠原の小中学校にあるのかな?
posted by mulberry at 08:06| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

フシザキソウ花

DSCN8543.JPG


12/14  旧11/8  曇り

フシザキソウ(キク科・外来種)、
人家まわりでも生えていました。


他の外来種と混生して生えていることが
多いようです。

草丈50-60cm程度で、花もごく小ぶりですので、
あまり目立ちません。

かなり小ぶりな花、

黄花で
舌状花は4-7枚、筒状花は多数あります。

花柱の先は2又に分かれ、
それぞれの内側に柱頭がついています。
posted by mulberry at 07:51| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

ドラセナ・フラグランス・マッセンゲアナの花

DSCN8753.JPG


ドラセナ・フラグランス・マッセンゲアナ(キジカクシ科・外来種)、
人家エリアで植栽されています。

一部、野生化しています。

幸福の木ともいわれています。

人家まわりで
ドラセナ・フラグランス・マッセンゲアナの花を
見つけました。

品種として
これで本当にあっているかは自信が持てませんが・・

花はきれいに開いてないので、
つくりがよくわかりません。

キジカクシ科から推定すると、
たぶん、花被片6、おしべ6、めしべ1です。

posted by mulberry at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

小笠原小学校4年総合「小笠原の植物」(2018)山地

DSCN8749.JPG


12/12  旧11/6  晴れ

昨日12/11午後、
小4年総合「小笠原の植物」の授業。

大神山公園の山側で
山地の植物を妻と2人で紹介しました。

ひとまず僕が担当する授業は
学校での授業、海岸植物実地、産地植物実地と
3回終わりました。

今後は、
学校で児童が調べたりしていきます。

まとめの時に
またかかわるかもしれません。

大神山公園で、
植栽もできるといいなと思っています。

posted by mulberry at 08:21| 東京 ☔| Comment(0) | 環境教育 | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

エアクッション艇と輸送艦(海上自衛隊)

DSCN8741.JPG


12/11 旧11/5  曇り


昨日、洲崎から見た光景です。

海上自衛隊輸送艦「くにさき」と
エアクッション艇LCACです。

ここから見ていると、
輸送艦からLCACが出入りするのがよく見えました。

輸送艦はアンカーを取っています。

風があって、
輸送艦の後部は位置がずれます。

輸送艦に入れるときのLCACの操船は
神経使いそうでした。
posted by mulberry at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

三井化学協賛海岸清掃

20181210143725588.jpg

20181210143731369.jpg

午前、
三井化学協賛の海岸清掃。

ガイドたちが集まり、
洲崎で実施しました。

たくさんの海岸ごみが
集まりました。

三井化学様、
ありがとうございました!
posted by mulberry at 14:40| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

シロツブ広がりつつある南島

DSCN8679.JPG


12/10  旧11/4  曇り

南島では
シロツブ(マメ科・広域分布種)が広がりつつあります。

外来種ではありませんが、
広がりすぎると海鳥の営巣に影響があるかもしれません。

写真のように、岩場を覆いつくします。

密に生え、とげもあるので、
海鳥がこの中に入ることは困難です。

岩場に営巣するカツオドリにも、
岩の中に営巣するオナガミズナギドリなどにも、
悪影響を与えます。

会議では懸念が出ていました。

今後の広がりにさらに注視が必要です。


posted by mulberry at 07:08| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

4羽いっぺんに、アカガシラカラスバト

DSCN8723.JPG


最近、
アカガシラカラスバトに出会っていませんでした。

12/7のツアーでは
一気に4羽も見られてしまいました。

始めに
2羽を樹上で見つけました。

その後、
そのすぐ近くの樹上でさらに2羽。

いっぺんに4羽も見られました。

さてこの4羽の関係は
いったいどうなのでしょうか?

長時間観察してませんので、
よく分かりませんでした。

それぞれオスとメスかな?


posted by mulberry at 08:15| 東京 ☀| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

12/7千尋岩、12/8午前戦跡ツアー

20181209080034223.jpg
12/7
グッドエコツアー千尋岩
妻担当で御夫婦と歩きました。

アカガシラカラスバトも
見たそうです。



20181209080043621.jpg

12/8午前、戦跡ツアー
こちらも御夫婦と歩きました。

小港岬です!
posted by mulberry at 08:03| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

島でのコース料理(イタリアン)

DSCN8729(1).jpg

DSCN8730(1).jpg

DSCN8731(1).jpg

DSCN8732(1).jpg

DSCN8733(1).jpg

DSCN8734(1).jpg

DSCN8735(1).jpg


昨夜12/8は結婚記念日で
イタリアンのコース料理を食べました。

前菜・スープ・魚・肉・パスタ・デザートと
1品ずつ、味わいながらいただきました。

パンも食べたので、みな満腹になりました。

とてもおいしかったです。


次にコース料理を食べるのは
いつになるかしら?




posted by mulberry at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

山道をふさぐ大木のリュウキュウマツ

DSCN8725.JPG


12/9  旧11/3  曇り

大きなリュウキュウマツが
倒木となって、山道を完全にふさいでいます。

乗り越えるのは大変なので、
倒木を回り込みました。

リュウキュウマツ(マツ科・外来種)の立ち枯れが
山にはかなりあります。

原因は
松食い虫によるものです。

山道や道路に近いものは
注意喚起でテープが巻いてあります。

でも、本当に倒れてきたら、
どうしようもないですけどね。

こんなのが直撃したら、
どうなることやら???

posted by mulberry at 07:05| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

小笠原始末記(新田次郎)

65_.jpg

1977年発行(文庫本は1981年)、
小笠原始末記(新田次郎)

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167112240

江戸時代の人物が主人公で
9編に分かれています。

タイトルの小笠原始末記は
小笠原宮内貞任が主人公。

貞任は
小笠原貞頼による小笠原発見を
幕府に申し出ていました。

奉行所の調べで、
人物詐称で江戸から重追放となったということでした。

しかしこの小説では
大岡越前守により暗殺されます。

さて、
この小説の内容は創作なのでしょうか?



その他の編では
佐久間象山、徳川家重、幡随院 長兵衛などなど。




posted by mulberry at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

花弁のない花、オガサワラグミ

DSCN8713.JPG


12/8  旧11/2  曇り

甘い香りを漂わせる
オガサワラグミ(グミ科・固有種)の花。

小ぶりな花をたくさんつけています。
花弁のない花です。

萼片が4裂し、花冠状になっています。

外側は黄褐色の点状の模様がついています。
内側は黄白色です。

おしべ4、めしべ1です。

果実は
やや渋みがありますが、食用になります。

枝は蔓状にかなりのびています。

posted by mulberry at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

12/7森歩き

12/7森歩き。

3名様と歩きました。

天気も上々。

初寝山やガジュマルを
楽しみました。
  • 20181207153130322.jpg
  • 20181207153135427.jpg
posted by mulberry at 15:33| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

夕日の新名所?

DSCN8716.JPG


12/7  旧11/1  晴れ


時期限定、夕日の新名所?。


ちょうど皿のような形になった岩の上に
夕日が入ります。


人気が出るのが間違いなし?!

この写真撮りたい方、
マルベリーのサンセット・ナイトツアーお申し込みを。


さあ、急げ!!

いつまでこの状態見られるか不明です。
年末年始は大丈夫かな?
posted by mulberry at 07:08| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

12/6サンセットナイト

20181206194922723.jpg

12/6サンセットナイト。

朝日旅行さんの
希望者で出かけました。

見事なサンセットでした。

オオコウモリ、星空も
バッチリでした。
posted by mulberry at 19:50| 東京 🌁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

12/6グッドエコツアー千尋岩

20181206194718782.jpg

12/6
朝日旅行さんのツアーで、
千尋岩コース。

ガイド二人で、歩きました。

天気に恵まれ、
暑いくらいでした。

posted by mulberry at 19:48| 東京 🌁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

12/5午後、朝日旅行さん

20181205170619261.jpg

12/5午後、
朝日旅行さんのツアーでした。

ガイド2人で案内しました。

写真は中央山。

明日は千尋岩です!
頑張りましょう!

posted by mulberry at 17:08| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

のびるのびるグンバイヒルガオ

DSCN8459.JPG


砂浜で、海の方に向かってのびるツルは
グンバイヒルガオ(ヒルガオ科・広域分布種)です。

さて、どこを目指しているのか?

この浜では
もともと奥の方に群落があります。

そこから
海の方にどんどんのびています。

求めているのは、水分、空き場所?

こういうのは
ひとたび大風が吹くと、砂に埋まってしまいます。

がんばれーーー。笑
posted by mulberry at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

南島サメ池入口、ライブカメラ設置要望

DSCN8675.JPG


12/5  旧10/28  曇り


先日、小笠原支庁主催、
南島自然環境モニタリング検討会が開催されました。

今回から検討委員として出席。


この会議の発言としては
場違いですが、最後だったので、発言。


安全確保のため、
サメ池入口にライブカメラの設置を提案しました。

電源はソーラーで、
電波は見通しのいいところなら届きます。

こういうことは言わなくては始まらないので、
まずは提案。笑

きっと、お役に立つと思いますよ。


posted by mulberry at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

電気柵で感電死(?)のグリーンアノール(兄島)

DSCN8660.JPG


12/4  旧10/27  晴れ

兄島でのこと。

兄島にグリーンアノール(外来種)が侵入して
もう5年以上はたっています。

捕獲をし続けていますが、
全滅することはありません。

でも、
実際に行ってみると、意外と見ないものです。

それほど個体数が多くないことが
あるのかもしれません。

たまたま、
電気柵で感電死している個体を見つけました。

やはりいるにはいますね。
posted by mulberry at 15:29| 東京 ☀| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする