2018年11月24日

ヘラナレン花(父島・植栽)

DSCN8482.JPG


11/24  旧10/17  小雨


ヘラナレン(キク科・固有種)、
キク科植物には珍しい樹木(小低木)です。

父島は
野生絶滅したようです。

そのため、
父島では植栽展示のものがあるだけです。

花はよくつけています。

一般的な花期ではないよ時期でも、花をつけています。

普通は今頃、11月頃のようです。

花は白、
1つの頭花に5つの舌状花です。

舌状の部分と対になって
1つのおしべ・めしべがのびています

先端にめしべ、
軸のところにおしべがついています。
posted by mulberry at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

11/22、見事な夕日

DSCN8512.JPG


11/23  旧10/16  曇り


昨夕、
サンセットナイトツアーがありました。

参加者とともに
海岸で見た夕日です。

少し雲があるかなという感じでしたが、
見事に最後までしっかり見ることができました。


昨日は入港日でした。

今日と明日は曇の予報です。

今便の来島者で昨日の夕日見た方は
ナイスタイミングだったと思います。
posted by mulberry at 07:11| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

11/22サンセットナイト

20181122195911030.jpg

20181122195919501.jpg

11/22
阪急交通社さんのサンセットナイト。

夕日はバッチリ最後まで。

オオコウモリは
飛翔と樹上ともに。

天文台のライトアップも
素敵でした。
posted by mulberry at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

ホウガンノキの花

DSCN8503.JPG

DSCN8496.JPG

11/22  旧10/15  曇り

ホウガンノキ(サガリバナ科・外来種)、
大柄な目立つ花です。

とある場所で咲いていました。

高木性の樹木で
直径15cmくらいの丸い果実が特徴的。

ホウガンとは砲丸のこと。
英語でも、キャノンボール・ツリーというようです。

オレンジ色の花は6弁。

おしべ多数で、中心部にめしべ1。

おしべが特徴的です。
横から見ると、U字になっています。

赤っぽい部分とと白っぽい部分と
2つに分かれています。

きちんと花粉があるのは
白っぽい方です。

赤っぽい方は
色で昆虫を誘因するんだそうです。
posted by mulberry at 08:06| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

「小笠原が救った鳥」(有川美紀子)

小笠原が救った鳥 アカガシラカラスバトと777匹のネコ [ 有川美紀子 ] - 楽天ブックス
小笠原が救った鳥 アカガシラカラスバトと777匹のネコ [ 有川美紀子 ] - 楽天ブックス


2018年発行、
「小笠原が救った鳥」( 有川美紀子)
http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1806-8n.html


鳥とは
アカガシラカラスバトのこと(一部カツオドリも)。

2000年代はじめ頃は
50羽以下と言われていました。

僕は
その頃の調査でハトのヒナを見つけています。
それ自体が超レアでした。

現在は400頭以上はいるといわれています。

その復活物語です。
ネコの捕獲物語でもあるかと思います。

主役は
はじめから活動を続けた自然文化研究所の人たち。
脇役は協力した人たちでしょうか。

ハトにかかわっていた人たちは
懐かしい思いで読めると思います。


でも山のネコは
まだいなくなってはいません。

だからハトの数が増えていても、
手放しで喜ぶこともできません。

母島ではネコの捕獲は部分的です。
これも課題の1つです。

蛇口を締めるという意味で、
飼い猫からノラネコ・ノネコへのリスクはかなり下がっています。
posted by mulberry at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

小笠原小学校・小笠原中学校開校50周年記念誌と記念ボトル

DSCN8487.JPG

11/17
小笠原小・中学校開校50周年記念式典が開催されました。

前PTA会長ということで
小・中それぞれの50周年記念誌と記念ボトルをいただきました。

児童・生徒は
ボトルと所属する学校の記念誌をもらっています。


ボトルは
普段に使わせていただきます。

記念誌には
過去のことや在校生の活動やコメントなどが盛り込まれています。

PTA役員の記述もあって、
僕の名前もしっかり書かれています。笑

posted by mulberry at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | PTA | 更新情報をチェックする

ひたちなか市「鹿島丸」

DSCN8486(1).jpg

DSCN8484(1).jpg

DSCN8485(1).jpg


11/21 旧10/14  曇り

昨日から
岸壁に「鹿島丸」が停泊中。


茨城県立水産高等学校の実習船です。
http://www.kaiyo-h.ibk.ed.jp/?page_id=13

船体には
茨城県のマークが描かれています。

懐かしいですね。

さてここで何の実習かしらね?

予定表見ると、
技術科2年航海実習ですね。

頑張って下さい。
posted by mulberry at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

伊豆大島、その2(観光)

DSCN7968(1).jpg
大島遠望


DSCN7970(1).jpg
岡田港屋台 焼きさざえと日本酒

DSCN7616(1).jpg
筆島  一番古い地質の残り


DSCN7655(1).jpg
地層大切断面  噴火の積み重ね

DSCN7618(1).jpg
ボムサッグ 噴火で飛んできた岩の塊


DSCN7651(1).jpg
砂の浜


DSCN7605(1).jpg
朝の波浮港

DSCN7610(1).jpg
波浮の街並み

DSCN7613(1).jpg
旧甚之丸邸

DSCN7644(1).jpg
踊り子の里資料館 旧港屋旅館


DSCN7661(1).jpg
火山博物館

DSCN7672(1).jpg
三原温泉旅館 立ち寄り温泉可 露天風呂あり

DSCN7596(1).jpg
切通し


2018年10月、大島訪問。

2日目は主に島内観光。


この日も
シーサウンド小川さんにガイドしてもらいました。

あちこちに
火山活動による地質の見どころがありました。

波浮は古い港町で、
繁栄していた時期の名残の建物が残っています。

温泉は2か所入りました。

僕のお気に入りは三原温泉ホテルです。

露天からは三原山内輪山が遠望できる
素敵なロケーションでした。

大島岡田港は船の出入りも多く、
待合所はにぎわっていました。

外の屋台で、
売り子のおばさんとおしゃべりしながら、
焼きさざえと日本酒で船を待ちました。

その1三原山
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462838511.html

龍王崎陸軍監視所
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462442902.html
posted by mulberry at 15:58| 東京 ☁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

伊豆大島、その1(三原山)

DSCN7535(1).jpg
外輪山 三原山展望所 車はここまで

DSCN7541(1).jpg
シェルター ところどころにあります

DSCN7546(1).jpg
1986年溶岩流先端部

DSCN7548(1).jpg
内輪山から外輪山側

DSCN7553(1).jpg
内輪山にある三原神社

DSCN7561(1).jpg
内輪山、湯気の出る場所

DSCN7567(1).jpg
噴火口

DSCN7575(1).jpg
表砂漠を見下ろす

DSCN7577(1).jpg
表砂漠


DSCN7585(1).jpg
三原温泉ホテル側からの内輪山

DSCN7663(1).jpg
内輪山に向かう道


DSCN7667(1).jpg
裏砂漠遠望

DSCN7662(1).jpg
838年神津島の噴火の層が1cmホソの白い層で残る


2018年10月、大島訪問。

おがさわら丸の大島寄港便で
昼ごろ、岡田港で下船。

翌々日の朝の船まで2泊しました。

到着後、すぐに三原山に向かいました。

シーサウンド・小川さんに
ガイドしてもらいました。

三原山に向かうときは
台風被害の土石流の跡がまだ残っていました。

噴火も35年周期ということで、
そろそろ気になる時期になってきたようです。

三原山は
玄武岩質で真っ黒な岩でした。

新島や神津島の白い岩とは
対照的でした。

三原山(758m)は
外輪山と内輪山がはっきりしていて、
外輪山のきわからは歩きとなります。

内輪山のお鉢巡りでは
湯気が出ているところや火口を見ることができます。

内輪山の外側では
裏砂漠や表砂漠など黒い砂利質の所も広がります。

三原山エリアには大島観光ホテルがあるので、
歩き疲れたらそこの露天風呂がいいですよ。
眺めも最高です。


その2観光編に続く
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462838845.html

龍王崎陸軍監視所
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462442902.html

posted by mulberry at 15:23| 東京 ☁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

「小笠原凧」作り方教室(4回目)

DSCN8478.JPG


4回目の教室。

作業がはかどらず、
完成まではいきませんでした。

まず
調整した張糸をきちんと結びました。

そのあと、糸目調整。

バランスのいい調整が
なかなかむずかしい。

ここは
指導の方に調整してもらいました。

このあとは糸目の仕上げ。
次回で間違いなく完成ですね。




posted by mulberry at 08:13| 東京 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

ハスノハギリ果期、総苞葉4変化

DSCN8453.JPG


11/20  旧10/13  曇り

ハスノハギリ(ハスノハギリ科・広域分布種)が
果期となっています。


果実は総苞葉にくるまれています。


写真、左から順に、
色が変わっていきます。

一番左は
まだ果実が熟れきってないくらいのもの。
濃い黄緑。

2番目は
果実が熟れた状態。
薄い黄。

3番目は
熟れて、しばらくたったころの状態。
赤。

4番目は
果実が地上に落ちてしばらくした状態
黒。

黄緑、薄い黄、赤、黒、
まさに4変化。



posted by mulberry at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

神津島、その2(観光編)

DSCN7897(1).jpg
神津島港と天上山

DSCN7898(1).jpg
前浜と集落

DSCN7884(1).jpg
港から富士山


DSCN7843(1).jpg
多幸湾展望台

DSCN7854(1).jpg
三浦湾展望台


DSCN7856(1).jpg
ありま展望台


DSCN7857(1).jpg
横道展望地  集落を見下ろす

DSCN7862(1).jpg
うずまき岩

DSCN7864(1).jpg
赤崎遊歩道  台風で壊れた区間は通行止めに

DSCN7882(1).jpg
天皇皇后行幸啓碑

DSCN7888(1).jpg
郷土資料館

DSCN7887(1).jpg
物忌奈命神社


DSCN7878(1).jpg
前浜


2018年10月、神津島訪問。

神津島の目的は天上山。

観光は、余った時間で。

天上山下山後、
フルアースの古谷さんとドライブ。

夕方には神津島温泉保養センターへ。
露天風呂は水着。

僕が行ったときは
露天は女性しかいなくて、なんとなく気まずい感じでした。苦笑

翌朝は
船の時間まで集落散策しました。

その1天上山編
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462802733.html


posted by mulberry at 15:16| 東京 ☁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

神津島、その1(天上山)

DSCN7832(1).jpg
天上山山頂572m 集落側展望

DSCN7833(1).jpg
山頂 天上山エリア展望

DSCN7776(1).jpg
白鳥山6合目登り口 30分ほどで10合目まで

DSCN7779(1).jpg
登山中、10合目方面を見上げる


DSCN7785(1).jpg
10合目(白鳥山下山口)から山頂と不入ガ沢


DSCN7794(1).jpg
天上山の樹林 主に小低木


DSCN7804(1).jpg
天空の丘 

DSCN7808(1).jpg
不動池 池の形がハート状に見える

DSCN7813(1).jpg
不動池のバイオトイレ

DSCN7817(1).jpg
新東京百景展望地

DSCN7821(1).jpg
裏砂漠展望地

DSCN7827(1).jpg
裏砂漠

DSCN7830(1).jpg
表砂漠



2018年10月、
神津島を1泊で訪問。

フルアースの古谷氏にガイドしてもらい、
天上山へ。

白鳥山6合目まで車で行き、
そこから30分ほどで頂上エリアへ。

上り道は低木ですが、
眺めはほぼありません。

10合目に着き、
2時間ほどかけて頂上台地を巡りました。

頂上台地はなだらかな地形です。

樹林はほとんどが小低木で
ずっと展望がきく状態で歩けます。

所々、展望地があり、楽しめます。

地質は流紋岩で白い岩です。

登り口まで車で行けば、
3時間ほどで頂上台地もほぼまわれます。


手頃なハイキングです。

頂上台地は
不動池にバイオトイレがあります。


神津島、その2(観光編)に続きます。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462807008.html
posted by mulberry at 14:35| 東京 ☁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

「小笠原凧」作り方教室(3回目)

DSCN8468(1).jpg
糸目つけ


DSCN8469(1).jpg
張系つけ


11/19  旧10/12  晴れ

11/18夜、
3回目の作り方教室。

この夜は
たこ糸を使って、糸目付けや張糸付け作業。

細かい作業で
老眼にはつらい作業です。苦笑

糸のしばり方が
いまいちわかりにくいですが、まあなんとか・・・。

今夜は張り糸や糸目を調整します。

いよいよ完成までいくでしょうか?


posted by mulberry at 08:08| 東京 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

オオハマボウとハスノハギリの葉

DSCN8417.JPG


オオハマボウ(フヨウ科)とハスノハギリ(ハスノハギリ科)、
どちらも広域分布種で海岸性の植物。

樹形は
ハスノハギリがより大木になります。

花や果実の形も明らかな違いがあります。

しかし、葉は意外と形が似ています。

画像で単独で見せられると、
迷ったりします。

実際に比べてみました。

色は
オオハマボウの方が濃い目。

形は
オオハマボウがハート型(円心形)で
柄の付け根が中央の切れ込みの所にあります。

ハスノハギリは
卵形で柄の付け根は少し中にあります。

これでばっちり。



posted by mulberry at 07:17| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

新島、その2(施設・食編)

DSCN7907(1).jpg
栄寿司の島寿司(ネタ3種、からし外付け)

DSCN7959(1).jpg
船客待合所で買った焼くさや(そのまま食べられる)


DSCN7942(1).jpg
湯の浜露天温泉(無料・水着着用・更衣室シャワーあり)

DSCN7936(1).jpg
新島村博物館(内部展示)

DSCN7939(1).jpg
博物館屋外展示 コーガ石造り石倉

DSCN7956(1).jpg
新島現代アートミュージアム


2018年10月、新島訪問。

その2は施設・食編。

博物館、ガラスアートミュージアムなど
見学しました。

温泉は2カ所入りましたが、
写真は湯の浜露天温泉のみです。

食はついてすぐに島寿司を。
ここのはネタが3種でした。
そしてからしは外付け。

帰りの船待ちの間に
外で焼きくさやも食べました。

外で、匂いも気にせず、
おいしくいただけました。

その1(風景編)
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462779458.html
posted by mulberry at 16:27| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

新島、その1(風景編)

DSCN7899(1).jpg
新島遠望


DSCN7961(1).jpg
新島港

DSCN7916(1).jpg
若郷港(北部)

DSCN7908(1).jpg
羽伏浦

DSCN7915(1).jpg
羽伏浦展望台

DSCN7950(1).jpg
富士見峠から本村

DSCN7926(1).jpg
宮塚山のアンテナ群

DSCN7927(1).jpg
アンテナ群から北部展望

DSCN7929(1).jpg
大峰展望台から本村

DSCN7928(1).jpg
早島をのぞむ

DSCN7947(1).jpg
青峰展望台から本村


2018年10月、1泊で新島訪問。

池村製菓の池村氏には
いろいろお世話になりました。

1泊滞在すれば、施設も含めて、
主要なところは観光できるかなという感じでした。

サーフィンで有名な羽伏浦、
長い海岸線が圧巻でした。

地質は
コーガ石が印象的でした。

小さな離島なのに、3kmほどもあるトンネル、
新島平成トンネルも驚きでした。


その2、施設・食編に続きます。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462779670.html

posted by mulberry at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

ハスノハギリ雄花

DSCN8420.JPG


少し前に紹介した
ハスノハギリ(ハスノハギリ科・広域分布種)雌花。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462680549.html

タイミングがずれて、
雄花が咲いていました。

基本の大きさ・形は同じですが、
雌花と雄花では萼片と花弁の数が違います。

雌花は萼片(大)花弁(小)とも4です。

雄花は3です。おしべも3です。

雌花・雄花のタイミングがずれることで、
自家受粉を防いでいるのでしょうか?
posted by mulberry at 12:12| 東京 ☁| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

ハスノハギリ雌花

DSCN8420.JPG


少し前に紹介した
ハスノハギリ(ハスノハギリ科・広域分布種)雌花。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462680549.html

タイミングがずれて、
雄花が咲いていました。

基本の大きさ・形は同じですが、
雌花と雄花では萼片と花弁の数が違います。

雌花は萼片(大)花弁(小)とも4です。

雄花は3です。
おしべも3です。

雌花・雄花のタイミングがずれることで、
自家受粉を防いでいるのでしょうか?
posted by mulberry at 11:35| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ブタ海岸、小港見下ろせる中山峠

DSCN8436.JPG


11/18  旧10/11  晴れ


中山峠はわずか110Mほどの高さ。

尾根は岩場で、
周辺に視界を邪魔する高木もありません。

北側は小港やコペペ。
南側にはブタ海岸や南島。

眺めのいい、おすすめスポットです。


ここは小港から20分ほどで登れます。
階段が多いので、膝にきますけどね。苦笑


posted by mulberry at 09:45| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

小笠原小学校4年総合「小笠原の植物」(2018)

DSCN8428.JPG


例年は1学期に実施する
4年総合「小笠原の植物」の授業。

今年は2学期からです。.

前回、学校で座学授業して、
この日11/13から2回、大神山公園で実習。

実習1回目は
お祭り広場で海岸植物の紹介をしました。

27人いるので、妻にも助っ人してもらい、
2グループに分けて実施しました。

次回は
大神山神社のほうで、山地の植物を紹介します。
posted by mulberry at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | 環境教育 | 更新情報をチェックする

小笠原小・中学校開校50周年記念式典

DSCN8441(1).jpg


DSCN8444(1).jpg


DSCN8445(1).jpg


11/17午前、
小笠原小・中学校開校50周年記念式典が開催されました。

2部構成で、
前半は式で、後半は児童の合唱・生徒の吹奏楽でした。

小・中学校の開校は
1968-6-26です。

返還日の夕方、開校式が行われました。


うちの長男は中3で、
記念すべき50周年の年に在校生です。

在校生は
記念のボトル水筒と記念誌をもらっていました。

長男は
100周年の時、65才。

僕はとっくの昔にあの世。
何十周年まで見られるかな?爆笑
posted by mulberry at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

黄色く広がるスナヅル

DSCN8439.JPG


11/17  旧10/10  曇り

中山峠から小港を見下ろすと、
数カ所、黄色く広がる部分があります。

近くで見たのがこれです。

正体はスナヅルの茎ですね。

色は
黄緑色から黄色の範囲で幅があります。

この時期・11月は、全体に黄色です。

花も、果実も、
茎の所々についています。

スナヅル(クスノキ科・広域分布種)です。
クスノキ科というのが意外ですね。

posted by mulberry at 07:35| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

11/16森歩き 中山峠

20181116175434693.jpg

11/16森歩き。

2名様と歩きました。

天気もいいので、
まずは中山峠に。

素敵な展望を楽しみました。
posted by mulberry at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

サクラビール

DSCN8432(1).jpg

DSCN8433(1).jpg

DSCN8431(1).jpg


サクラビールの瓶です。
http://www.suzukishoten-museum.com/profile/cooperative_firm/sapporobeer/

戦跡のあるところには
たいがいビール瓶も残っています。

ほとんどはキリンか大日本です。

サクラビールはかなりレアです。

僕はまだ1本しか見たことがありません。

ちなみにこの瓶は
小笠原海洋センターで展示のものです。


今、うちの長女は北九州市にいます。
サクラビールも門司が発祥。

ご縁がありますね。笑
posted by mulberry at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

黒っぽい雲の隙間から夕日

DSCN8435.JPG


11/16  旧10/9  晴れ


昨日11/15
サンセットナイトの一コマ。

ツアー開始少し前から、
西に黒っぽい雲が広がってきました。

夕日はやや期待が持ちにくい状況に。

でも、
わずかな望みを託して見ていたら・・・

最後の5分のところで出てきました。

水平線の最後の最後はダメでしたが。


教訓、
何事もあきらめてはいけません。笑
posted by mulberry at 07:15| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

11/15サンセットナイト

20181115202900568.jpg

20181115202909077.jpg

11/15サンセットナイト。

関西からのクラブツーリズムの
お客さま3名様でした。

予想外に
よかった夕日でした。

グリーンペペも見られました。
posted by mulberry at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

パパイヤ雌株の花

DSCN8329.JPG


11/15  旧10/8  晴れ


パパイヤ(パパイヤ科・外来種)、雌株の花です。

集落の庭先で見られました。

花は乳白色で5裂、
めしべ1(柱頭が5裂)、おしべなし。

パパイヤには
両性株、雄株、雌株があるようです。

この個体には
雌花だけで、雌株のようです。

雌株の花は
はじめから小さな果実がついているような形です。

ここが
段々大きくなっていきます。

おいしい果実になるといいですね。
posted by mulberry at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

葉のカールが特徴的なウチダシクロキ

DSCN8368.JPG


ウチダシクロキは
せいぜい人の背丈くらいの低木です。

葉は肉厚で、
カールしているのが特徴的です。

葉の表面の縁が
裏側に巻き込んでいます。

この形状は
個体差ではなくて、種としての特徴です。

種名のウチダシ(打ち出し)は
この葉の形状からきているのでしょうね。
posted by mulberry at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ウチダシクロキ開花

DSCN8380.JPG


11/14  旧10/7  曇り

ウチダシクロキ(ハイノキ科・固有種)が
開花しています。

最近2か所の自生地に行き、
それぞれで開花個体を見つけました。

花のサイズはやや小ぶりで、
シャリンバイよりやや小さいくらいです。

花は乳白色、5深裂(5弁ではありません)。

おしべは多数、5束生(五体雄蕊)とのことです。

めしべは1(柱頭は3裂)。


残念ですが、
本種は観光ルート上にはないので、ご紹介できません。
posted by mulberry at 07:01| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする