今シーズンも、子ガメ放流会

DSCN2150.JPG

7/24  旧6/2  曇り

今シーズンも、
子ガメの放流会が実施されています。

小笠原海洋センター主催です。

放流会は夜間実施されます。

当日の朝、
ラインで連絡が来るようになっています。

ナイトツアー中に、参加もしています。
追加費用はありません。

放流は暗いところでしますが、
放流前に明るい状態で見ることができます。
posted by mulberry at 06:40| Comment(0) | ナイトツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

7/22ウミガメナイト(2017年・7回目)

DSCN2152.JPG


7/23  旧6/1  曇り

7/22、7回目のウミガメナイト。

すぐに産卵が見れました。

下見で行った海岸で早速、上陸個体を発見。
小穴もかなり掘れていました。

お客様にツアー開始時間を早める連絡をし、
ピックアップしました。

すぐに向かうと、まさに産卵開始。

その後は、
じっくり埋め戻しを見ました。

埋め戻し最中に
すでに他の個体が産んだ、埋まっている卵が露出してきました。

これも自然の摂理とはいえ、
こういう光景を見ると、ちょっとむなしくなります。

通算成績は7戦5勝2分です。
あと2回です。
posted by mulberry at 07:12| Comment(0) | ナイトツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

7/23グッドエコツアー千尋岩

3名様と歩きました。
  • 20170722155941767.jpg
posted by mulberry at 16:00| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガジュマル

ガジュマルで休憩
  • 20170722104021112.jpg
posted by mulberry at 10:41| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオノリュウゼツランの花

DSCN2143.JPG

7/22  旧閏5/29  曇り

アオノリュウゼツラン(キジカクシ科・外来種)の花が
目立っています。

最近、
ナイトツアーではほとんどこの花のところで見つけています。

ほぼ確実に見れています。

近いときもあれば、遠いときもあります。苦笑。

ヒメツバキの花も盛りを過ぎて、
オオコウモリの餌場も変わってきたかもしれません。
posted by mulberry at 07:19| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

7/21ナイト

明るいグリーンペペと
小ガメの放流。

  • 20170721210736597.jpg
  • 20170721210900513.jpg
posted by mulberry at 21:09| Comment(0) | ナイトツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムニンノボタンの花

DSCN2148.JPG

7/21  旧閏5/28  曇り

父島のムニンノボタン(ノボタン科・固有種)が咲き始めました。

自然分布は父島だけで
自生個体はごくわずかしかありません。

現在、
ルート沿いで見られるものはほぼ保護増殖株です。

花は白4弁、
おしべ長短各4、葯は長い方が赤みで、短い方が黄色です。

めしべ1は
先端が赤みを帯びています。
posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

7/20午後、森歩き 東平

東平を歩きました。
  • 20170720152555064.jpg
posted by mulberry at 15:27| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死んでもきれいなオガサワラタマムシ

DSCN2144.JPG

7/20  旧閏5/27  晴れ

はじめ、気づいたとき、
誰かがペンダントでも落としたのかなと思いました。

近づくと、
オガサワラタマムシ(固有種)の死骸でした。

この時期は
クワノハエノキのあたりで、生きているのを見つけることができます。

生きているのより
青みが強くなっているような気がします。

気のせいでしょうか。

死んでもきれいなオガサワラタマムシでした。
posted by mulberry at 06:59| Comment(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

タカサゴユリ(タイワンユリ)の花

DSCN2137.JPG

7/19  旧閏5/26  晴れ

集落近い道ばたで、数株、咲いていました。

タカサゴユリ(ユリ科・外来種)です。

花被片の外側に
赤い線が明確にあるので、間違いないと思います。

タカサゴユリとテッポウユリの雑種シンテッポウユリはこれに似ますが、
赤い線がないようです。

なお花は
花被片6,おしべ6、めしべ1です。
posted by mulberry at 06:53| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

ヒメマツバボタンの花

DSCN2139.JPG

7/18  旧閏5/25 晴れ

小さいけど明るく目立つ
ヒメマツバボタン(スベリヒユ科・外来種)の花。

昨日、本種が生えている場所に
午前と午後と2回行来ました。

午前は咲いていたのですが、午後はもうしぼんでいました。

花は紅紫色5弁、
おしべ多数(5の倍数?)、めしべ1で柱頭5(変異あり)。

父島の山頂の岩場数カ所で
野生化したのが見られます。
posted by mulberry at 06:49| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

スコールがある日の雲

DSCN2134.JPG


7/17 旧閏5/24  晴れ

夏は時に、
天候不順でスコールが頻繁に来る日があります。

そんな日は
次々と雲がわき上がってきます。

さらに発達して、風が出てきて、暗くなってきたら要注意。

降り出すと、ザーッときます。

短い時間で終わることが多いので、
ちょっと待機・待避しましょう。

以前、お客様からスコールって何と聞かれました。
まあ、夕立みたいなものでしょうか。
posted by mulberry at 06:47| Comment(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

7/15ウミガメナイト(2017年6回目)

DSCN2133.JPG


7/16  旧閏5/23   曇り

昨夜6回目のウミガメナイト。

この日は
なかなかウミガメの上陸個体が見つかりません。

最初に見つけた個体は
その後、海に戻ってしまいました。

その時点で23:00近く。

次の浜辺で
もう1頭見つけました。

それも小穴掘りでやめて、場所替え。

幸い、順調に掘り進み、
23:30頃、産卵開始。

24:0前に産卵終了しました。

6戦4勝2分けです。
今年は順調ですね。

このツアーも
あと3−4回、残り全勝でいきたいですね。
posted by mulberry at 07:13| Comment(0) | ナイトツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

7/15グッドエコツアー千尋岩

暑い。
  • 20170715113003248.jpg
posted by mulberry at 11:31| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイワンソクズ(レンプクソウ科)の花

DSCN2116.JPG

7/15  旧閏5/22  曇り

タイワンソクズ(レンプクソウ科・広域分布種)の花が
咲いています。

花序に
白花と蜜がたまっている黄色の腺体が混じっています。

白花は5裂、おしべ5,めしべ1です。

父島での分布は1カ所しか知りません。
他にもあるのかしら?

小笠原でレンプクソウ科自生植物は
本種とトキワガマズミ(固有種)の2種です。

posted by mulberry at 06:39| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

7/14関東バス旅行さん

午前、夜明山を歩きました。
  • 20170714121036237.jpg
posted by mulberry at 12:11| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モクタチバナの花

DSCN2122.JPG

7/14  旧閏5/21  曇り

モクタチバナ(サクラソウ科・広域分布種)の花が
咲いています。

花冠は5裂、おしべ5,めしべ1です。

色も白く小ぶりで、
それほど目立つ花ではありません。

小笠原ではサクラソウ科自生植物は
草本、木本ともあります。

木本の中では
このモクタチバナが一番大きくなります。

といっても
大木になるようなタイプではありません。

父島では
土壌のいいヒメツバキの多い林内で混成して生えています。
posted by mulberry at 06:51| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

ヘクソカズラの花

DSCN2119.JPG


7/13  旧閏5/20  天候不順

ヘクソカズラ(アカネ科・外来種)の花を
見つけました。

名前の通り、近づくと臭いです。苦笑

ヘクソカズラはヤイトバナともいうようです。

また固有種とされていたハマサオトメカズラも
ヘクソカズラと同じだそうです。

花冠は4−5裂、
おしべ4-5,めしべは基部で分かれて花柱2。
posted by mulberry at 07:34| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする