2018年12月09日

4羽いっぺんに、アカガシラカラスバト

posted by mulberry at 08:15| 東京 ☀| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

12/7千尋岩、12/8午前戦跡ツアー

20181209080034223.jpg
12/7
グッドエコツアー千尋岩
妻担当で御夫婦と歩きました。

アカガシラカラスバトも
見たそうです。



20181209080043621.jpg

12/8午前、戦跡ツアー
こちらも御夫婦と歩きました。

小港岬です!
posted by mulberry at 08:03| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

島でのコース料理(イタリアン)

DSCN8729(1).jpg

DSCN8730(1).jpg

DSCN8731(1).jpg

DSCN8732(1).jpg

DSCN8733(1).jpg

DSCN8734(1).jpg

DSCN8735(1).jpg


昨夜12/8は結婚記念日で
イタリアンのコース料理を食べました。

前菜・スープ・魚・肉・パスタ・デザートと
1品ずつ、味わいながらいただきました。

パンも食べたので、みな満腹になりました。

とてもおいしかったです。


次にコース料理を食べるのは
いつになるかしら?




posted by mulberry at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

山道をふさぐ大木のリュウキュウマツ

DSCN8725.JPG


12/9  旧11/3  曇り

大きなリュウキュウマツが
倒木となって、山道を完全にふさいでいます。

乗り越えるのは大変なので、
倒木を回り込みました。

リュウキュウマツ(マツ科・外来種)の立ち枯れが
山にはかなりあります。

原因は
松食い虫によるものです。

山道や道路に近いものは
注意喚起でテープが巻いてあります。

でも、本当に倒れてきたら、
どうしようもないですけどね。

こんなのが直撃したら、
どうなることやら???

posted by mulberry at 07:05| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

小笠原始末記(新田次郎)

65_.jpg

1977年発行(文庫本は1981年)、
小笠原始末記(新田次郎)

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167112240

江戸時代の人物が主人公で
9編に分かれています。

タイトルの小笠原始末記は
小笠原宮内貞任が主人公。

貞任は
小笠原貞頼による小笠原発見を
幕府に申し出ていました。

奉行所の調べで、
人物詐称で江戸から重追放となったということでした。

しかしこの小説では
大岡越前守により暗殺されます。

さて、
この小説の内容は創作なのでしょうか?



その他の編では
佐久間象山、徳川家重、幡随院 長兵衛などなど。




posted by mulberry at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

花弁のない花、オガサワラグミ

DSCN8713.JPG


12/8  旧11/2  曇り

甘い香りを漂わせる
オガサワラグミ(グミ科・固有種)の花。

小ぶりな花をたくさんつけています。
花弁のない花です。

萼片が4裂し、花冠状になっています。

外側は黄褐色の点状の模様がついています。
内側は黄白色です。

おしべ4、めしべ1です。

果実は
やや渋みがありますが、食用になります。

枝は蔓状にかなりのびています。

posted by mulberry at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

12/7森歩き

12/7森歩き。

3名様と歩きました。

天気も上々。

初寝山やガジュマルを
楽しみました。
  • 20181207153130322.jpg
  • 20181207153135427.jpg
posted by mulberry at 15:33| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

夕日の新名所?

DSCN8716.JPG


12/7  旧11/1  晴れ


時期限定、夕日の新名所?。


ちょうど皿のような形になった岩の上に
夕日が入ります。


人気が出るのが間違いなし?!

この写真撮りたい方、
マルベリーのサンセット・ナイトツアーお申し込みを。


さあ、急げ!!

いつまでこの状態見られるか不明です。
年末年始は大丈夫かな?
posted by mulberry at 07:08| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

12/6サンセットナイト

20181206194922723.jpg

12/6サンセットナイト。

朝日旅行さんの
希望者で出かけました。

見事なサンセットでした。

オオコウモリ、星空も
バッチリでした。
posted by mulberry at 19:50| 東京 🌁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

12/6グッドエコツアー千尋岩

20181206194718782.jpg

12/6
朝日旅行さんのツアーで、
千尋岩コース。

ガイド二人で、歩きました。

天気に恵まれ、
暑いくらいでした。

posted by mulberry at 19:48| 東京 🌁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

12/5午後、朝日旅行さん

20181205170619261.jpg

12/5午後、
朝日旅行さんのツアーでした。

ガイド2人で案内しました。

写真は中央山。

明日は千尋岩です!
頑張りましょう!

posted by mulberry at 17:08| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

のびるのびるグンバイヒルガオ

DSCN8459.JPG


砂浜で、海の方に向かってのびるツルは
グンバイヒルガオ(ヒルガオ科・広域分布種)です。

さて、どこを目指しているのか?

この浜では
もともと奥の方に群落があります。

そこから
海の方にどんどんのびています。

求めているのは、水分、空き場所?

こういうのは
ひとたび大風が吹くと、砂に埋まってしまいます。

がんばれーーー。笑
posted by mulberry at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

南島サメ池入口、ライブカメラ設置要望

DSCN8675.JPG


12/5  旧10/28  曇り


先日、小笠原支庁主催、
南島自然環境モニタリング検討会が開催されました。

今回から検討委員として出席。


この会議の発言としては
場違いですが、最後だったので、発言。


安全確保のため、
サメ池入口にライブカメラの設置を提案しました。

電源はソーラーで、
電波は見通しのいいところなら届きます。

こういうことは言わなくては始まらないので、
まずは提案。笑

きっと、お役に立つと思いますよ。


posted by mulberry at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

電気柵で感電死(?)のグリーンアノール(兄島)

DSCN8660.JPG


12/4  旧10/27  晴れ

兄島でのこと。

兄島にグリーンアノール(外来種)が侵入して
もう5年以上はたっています。

捕獲をし続けていますが、
全滅することはありません。

でも、
実際に行ってみると、意外と見ないものです。

それほど個体数が多くないことが
あるのかもしれません。

たまたま、
電気柵で感電死している個体を見つけました。

やはりいるにはいますね。
posted by mulberry at 15:29| 東京 ☀| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

兄島・見返山陣地跡

DSCN8661(1).jpg
右のピークが見返山254m

DSCN8644(1).jpg
北陣地

DSCN8641(1).jpg
南陣地

DSCN8648(1).jpg
東陣地

DSCN8646(1).jpg
西陣地

DSCN8640(1).jpg
階段

DSCN8642(1).jpg
階段

DSCN8643(1).jpg
階段


2018年12月
兄島見返山へ。

ここは岩山で兄島最高峰。
三等三角点あり。

山頂付近には
4方向に向けて陣地跡があります。

監視所ではないでしょうか。
1-2人くらいしか入れません。

奥は少し削ってありますが、
壕のようにはなっていません。

陣地は西・北・南は山頂直下ですが、
東だけやや下にあります。

陣地に至る階段もあり、
南側の方にはふもとに降りる道らしき跡がありました。

posted by mulberry at 08:49| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

12/2、島一周ウォーキング

DSCN8666.JPG



12/3  旧10/26  晴れ

昨日12/2午後、
月一のノルマの島一周ウォーキング。

さすがに12月ともなると、
涼しく歩けました。

飲料も1L足らずですみました。

これからしばらくは
涼しく歩けそうです。


涼しい持期は
月のノルマを2回にしようかな?

posted by mulberry at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

小笠原小学校学芸会(2018)

DSCN8663.JPG


12/2
小笠原小学校学芸会でした。

学芸会は
1年おきに開催されます。

もう小学校に子供はいませんが、
見学してきました。

用事があったので、
前半の3学年分だけですが・・


各学年、
しっかりまとめていました。

準備は
児童も先生も大変だったと思います。

劇に出たみなが
ヒーロー・ヒロインでした。


posted by mulberry at 19:23| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

ムニンタイトゴメ花(2018)

DSCN8630.JPG


12/2  旧10/25  晴れ

ムニンタイトゴメ(ベンケイソウ科・固有種)、
花が咲き始めています。

最近、
父島、兄島、それぞれの島で開花個体を見ました。

草丈も花もごくこぶり。

岩場にぽつぽつ生えています。


花は黄色、5弁。

おしべ10,めしべは5心皮です。

この写真ではめしべが5つに分かれていて、
5心皮がわかりやすいと思います。
posted by mulberry at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

兄島見返山三等三角点

DSCN8633.JPG


本日12/1
小笠原野生生物研究会のボランティア活動で兄島へ。


外来種駆除作業でした。

見返山も実踏してきました。

標高254M、兄島最高地点です。

そこには
三等三角点がありました。

めったに行けない場所の
三角点です。


兄島が一望です。
posted by mulberry at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

新デザイン 動物注意(ヤギ)

DSCN8592.JPG



12/1  旧10/24  晴れ

新デザインの動物注意看板です。

動物はもちろんヤギです。

ヤギが石ころを蹴っ飛ばす図案です。

実は、
そんなことあるんですよ。

僕も何度か体験しています。

斜面の上から石が転がってきたときに、
ヤギがいたことが何度かあります。

ですから、正しい図案です。笑


以前はヤギ注意の図案3つありましたが、
今度の新デザインはどうでしょうかね?


posted by mulberry at 07:08| 東京 ☁| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

ムニンクロガヤ(広域分布種)の痩果

DSCN8521.JPG


11/30  旧10/23  晴れ

山中のやや開けた道端に多い、
ムニンクロガヤ(カヤツリグサ科・広域分布種)。

小穂は黒っぽい色です。

クロガヤの黒は
この小穂から来ているのでしょうね。

しかし、
中の痩果はつやつやした黒赤褐色です。


南西諸島などのクロガヤとは別種で、
痩果の色などに違いがあるようです。


ただし、
ムニンクロガヤは東南アジアにも分布があるようです。



posted by mulberry at 08:09| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

アコウザンショウ果実とアカガシラカラスバト

DSCN8588.JPG


午後、
アカガシラカラスバトを見つけました。

見つけたときは地上部にいて、
すぐに樹上に行きました。

僕らの気配を感じたようです。

そこは、
アコウザンショウの果実がある場所でした。

アコウザンショウの果実は
アカガシラカラスバトにとって冬場の重要な餌資源です。

果実の落ちているところは
独特の香りがするので、すぐ分かります。

アコウザンショウ果実があると、
アカガシラカラスバトが居るというわけではないですが・・・

遭遇確率はやや高いですね。





posted by mulberry at 16:28| 東京 ☁| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

シマオオタニワタリ、山中も増えてきました

DSCN8538.JPG


11/29  旧10/22  曇り


ヤギの食害を受けやすいシダ、
シマオオタニワタリ(チャセンシダ科・広域分布種)。

小笠原では人が食べる風習はないようですが、
新芽は食用にもなります。

僕は西表で食べました。


ヤギ駆除の成果で
ヤギの個体数が減っています。

そのため、
ヤギの食害が減っています。

山中には
よくしげるところも出てきました。

本来はこれが普通なのでしょう。
posted by mulberry at 07:14| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

ビワの花

DSCN8492.JPG


近所の庭先で
ビワ(バラ科・外来種)が咲いていました。

ビワすなわち枇杷、
科を意識していませんでした。
 
花を見て、
バラ科だったんだと、妙に納得しました。

白い5弁花、おしべ多数、めしべ1です。

2月頃、おいしい果実が食べ頃になります。

楽しみです。
また持ち主から取らせてもらいましょう。
posted by mulberry at 08:26| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

小笠原のオニホラゴケ(シダ)は新種かも?

DSCN8529(1).jpg
表面

DSCN8534(1).jpg
裏面、胞子嚢群が突起になっています


11/28  旧10/21  曇り


父島の湿っぽい谷間に生えている
オニホラゴケ(シダ・コケシノブ科・広域分布種)。

小笠原での分布は父島だけのよう。

最近、シダの研究者が来て、
本種の生息場所を紹介しました。

その方によると、
他のオニホラゴケとは違っているようで、新種かもということです。

今後、分析が進み、はっきりしてくることでしょう。

さて、新種、固有種となると、
和名はどうなるのかしら?

オガサワラホラゴケ、ハハジマホラゴケは
すでにもうあります。

では、ヨシイホラゴケ。爆笑

posted by mulberry at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

南島サメ池西側の洞窟

DSCN8573.JPG


11/27  旧10/20  曇り


南島サメ池西側にある大きな洞窟の中からです。

ここは、作業で行った場所です。
観光ではいけません。

日陰なので、
涼しく休憩させてもらいました。

南島の地質は石灰岩です。

長年の浸食による穴ができやすい地質です。

沖縄にあるガンガラーの谷では
ケーブカフェになっています。
http://www.gangala.com/cave-cafe/

それよりは規模は小さいけど、
いい雰囲気でした。
posted by mulberry at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

小笠原諸島をめぐる世界史( 松尾竜之介)

小笠原諸島をめぐる世界史 [ 松尾竜之介 ] - 楽天ブックス
小笠原諸島をめぐる世界史 [ 松尾竜之介 ] - 楽天ブックス

2014年発行、
小笠原諸島をめぐる世界史( 松尾竜之介)
http://genshobo.com/?p=5942


時代としては
タスマンの発見(1639)から
明治政府の日本領土確定(1876)まで。


小笠原貞頼発見(1593)はあくまで伝承です。
このあたりのことは貞任のところで出てきます。


小笠原のことについては
既知の本・資料以上の情報はありません。


しかし、
本書の主題は世界史とのかかわりです。

小笠原での出来事にからむ
世界史・日本史が盛り込まれています。

小笠原と日本・世界とのつながりを感じることができる
構成となっています。

posted by mulberry at 16:27| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

やんすけ三兄弟・・・小笠原凧

DSCN8554.JPG


11/26  旧10/19  晴れ

昨日夜、
小笠原凧作りも、無事終了、完成しました。

以前に作ったものも
手直しして、リニューアル。

最後に3つ並べました。

デザインはやんすけ。
http://ehon-house.net/3rd/88/

中が
今回、僕が描いたもの。
のぶと入っています。

両サイドは
以前、千尋が描いたもの。
ちひろとあきらの名が入っています。

3兄弟、
並んで飛ばせたら面白いですね。


posted by mulberry at 06:59| 東京 ☀| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

奥村・都道沿い法面の自生植物植栽(10ヶ月後)

DSCN8540.JPG

この場所は
2018/1/17に当時の4年生が総合の仕上げとして植栽しました。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/456262006.html

それから10ヶ月が経ちました。

途中で
ヤギ・ネズミの食害を受けたものもあります。

植えた植物種は10種以上あります。

そのうち、
テリハハマボウ、アカテツが育ちがいいようです。

枯れたものはごく一部です。
ホッとしています。

地面は、マットや枯れ草でカバーしているので、
雑草はあまりは生えていません。
乾燥も防げているかと思います。


次の1年で、
またどのくらい成長するでしょうか。



posted by mulberry at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | 環境教育 | 更新情報をチェックする

スナヅル花

DSCN8457.JPG


11/25  旧10/18  晴れ

スナヅル(クスノキ科・広域分布種)、
海岸で自生する寄生植物。

ヤドリギは寄生している部分(木の枝)が見えますが、
本種は地面下(根)なので、見えません。

花の数は多いのですが、
かなり小さめ。

写真に写る
親指のつめがサイズの参考になりますね。

寄生で、つる性なので、クスノキ科には見えませんが、
花はたしかにクスノキ科っぽいです。

花のつくりは
花被片6、おしべ9、めしべ1となっているようです。

花被片は
大3(萼片)、小3(花弁)のように見えます。



posted by mulberry at 07:55| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする