2017年05月29日

5/29森歩き・・旭山

DSCN1765.JPG

5/29森歩き、
長岡からのご夫婦をガイドしました。

午前はじめに旭山へ。

眺めもまずまずでした。

ツアー終了後には雨が降ってきました。
ジャスト・タイミングで終われました。
posted by mulberry at 16:00| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒメツバキの花

DSCN1762.JPG

人家周辺で
ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)が開花しています。

父島では
山地の代表的な樹木です。

でも
人家周辺の斜面でも普通に見られます。

やはり花期は
ふもとのほうがやや早めですね。

5弁花、1弁は小さめのお椀型、
おしべ多数、めしべ1です。

本種はツバキ科植物なのですが、
葉にまったく鋸歯がありません。

そのあたりも
ツバキ科のイメージと違うかも・・。
posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「okeiとSOLZICK」の歓迎会

ソルジック即興ライブ
歓迎会で
#小笠原マルベリー  #父島


DSCN1760.JPG


5/29  旧5/4  曇り

昨夕、
「okeiとSOLZICK」の歓迎会を開催しました。

5/30午前、
両グループが小笠原小中学校でライブ・ワークショップを開催します。

学校やセッティング関係者が集まり、懇親しました。

ライブ・ワークショップは授業として実施されるので、
保護者の参観はできます。

島民は・・・・

この歓迎会の中の話で
学校側から了解の返事があったように聞きました。

防災無線で告知できるといいのですが・・

午前中、
学校側と教育委員会とで相談されるようです。

ひょっとしたら、今夕放送されるかもですね・・・。
もし放送する時はサプライズ企画もあるようですが・・
さてさて・・・・・・
posted by mulberry at 07:10| Comment(0) | PTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

5月・雨季になってようやくこの光景が・・

DSCN1755.JPG

長らく続いていた渇水。

その間、この滝があらわれることも
ほぼありませんでした。

屏風谷の滝です。

かつてはこの滝下の水源地が、
製氷工場の水源だったようです。

山地に降った雨が沢に流れだし滝になります。

もう山も十分吸水した証拠です。

これで、水も半年はもちますね。

次はどこかで来る台風での大雨です。笑
posted by mulberry at 08:42| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマゴウの花

DSCN1758.JPG

5/28  旧5/3  曇り

海岸では
ハマゴウ(シソ科・広域分布種)の花が見れるようになっています。

花期はかなり長いので、
これからは11月ごろまで花が見れます。

普通は砂地に、這いつくばるように生えていますが、
先端はやや立ち上がる傾向にある小低木です。

花は5裂、下側の1裂は唇形です。
おしべ4、めしべ1です。

小さい花ですが、
近くでよく見ると、面白い形しています。
posted by mulberry at 08:28| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/27ナイトツアー

5/27グリーンペペ
#小笠原マルベリー  #父島  #nationalpark  #worldheritage


5/27ナイトツアー、阪急さんのガイド。

グリーンペペ:
最近の雨のおかげで、明るくいいのが複数見れました。

オオコウモリ:
ヤシの花は不調、いつものリュウゼツランでは複数頭。

海岸:
オカヤドカリ、多数、ミナミスナガニ多数、ツノメガニなど。

予想外に星空もきれいに見えました。
posted by mulberry at 07:57| Comment(0) | ナイトツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

5/26、長女の誕生日

DSCN1754.JPG

5/27  旧5/2  雨

昨日5/26、
長女・千尋、18歳の誕生日でした。

お祝いで
外食をするつもりでした。

妻は内地で不在、
僕は小笠原ホエールウォッチング協会総会の打ち上げがありました。

打ち上げに
千尋と旭も混ぜてもらいました。

最後に事務局スタッフの配慮で
デザートのサプライズ。

ちょっとはお祝いらしくなりました。
posted by mulberry at 08:58| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」(川上和人)

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。 [ 川上 和人 ] - 楽天ブックス
鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。 [ 川上 和人 ] - 楽天ブックス

「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」(川上和人)
http://www.shinchosha.co.jp/book/350911/

こんなタイトルですが、
著者は絶対鳥好きだと思いますよ。


ある書評で「無駄に面白い」というのがありました。
確かにその通り。

この無駄がなければ、
文章はきっと半分の分量ですんでいるでしょう。

でも、「無駄に面白く」なくなります。

著者のカミングアウトもちょこちょこ見られますので、
それをネタに突っ込める人もいるかもしれません。

この鳥類学者のメインフィールドは
小笠原諸島。

そのため、
小笠原ネタが多くなっています。主といってもいいかしら。

鳥類の雑学的知識や小笠原の鳥類の生態について
学ぶこともありますよ。


2017年5月末、突然、
カールの中京以東での販売終了のお知らせ。

テンション下がっている1人がこの著者であろうことは
本書を読めば一目瞭然。


さて本書のタイトルは
著者の名刺の肩書とともに長すぎる。

略はなんでしょうか。
鳥本、鳥好き本・・・???

posted by mulberry at 14:45| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮之浜で見つけた変なもの・・ツヤオオズアリ対策

DSCN1736.JPG


5/26  旧5/1  曇り

宮之浜には
変なものがあちこち設置されています。

直径20pほどの金属ざるをくっつけて、
中にプラスチックのものが入っています。

おかしなもの設置しているなあと思いました。

看板ところに説明がありました。

ツヤオオズアリ対策のトラップのようです。

本種は外来種で
陸産貝類を捕食し悪影響を及ぼしています。


DSCN1737.JPG

posted by mulberry at 07:57| Comment(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

ヒメツバキの新緑(新芽)は水をよくはじく

DSCN1734.JPG

5/25  旧4/30  晴れ

雨の日に森を歩くと、
水に関係したことで発見があります。

例えば、
ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)の新芽(新緑)。

丸い水滴になっていて
水をはじいているのがよくわかります。

古い葉だと、全体に濡れたようになっていて、
全くはじいていません。

ヒメツバキの新芽は
うっすらとした毛があります。

それが水をはじいて、
丸い水滴になるんでしょうね。

雨の日の観察日記でした。笑
posted by mulberry at 14:10| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

映画「麗しのサブリナ(SABRINA)」

麗しのサブリナ [ オードリー・ヘプバーン ] - 楽天ブックス
麗しのサブリナ [ オードリー・ヘプバーン ] - 楽天ブックス

1954年公開映画「麗しのサブリナ」
https://video.rakuten.co.jp/content/170263/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%97%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%8A

ヘプバーンが25歳ころの作品。
前年の「ローマの休日」とともに、
若々しさがとてもよく出ています。

この映画では
主演女優としてサブリナを演じています。

相手役は
ハンフリー・ボガート(長男)とウィリアム・ホールデン(次男)。


大富豪ララビー家の運転手娘・サブリナ。

サブリナは
ララビーケの次男・デイビッドにひかれています。

その後、
サブリナはパリに留学し、2年が過ぎます。

見違えるようになって戻ってきたサブリナ。

そこから
次男・デイビッドと長男・ライナスとの駆け引きが・・
二転三転?

古い映画なので、結末は書いても大丈夫でしょう。
最後はサブリナとライナスはパリに行く船上の人に・・・
posted by mulberry at 15:10| Comment(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/24午前、森歩き・・東平

DSCN1730.JPG

5/24午前、2名様と森歩き。

東平を歩きました。

雨もあがって出発しましたが、
最後の方はまた少し雨にあたりました。

こんな天候のせいか、
誰にも出会いませんでした。

地面はまだそれほどぬかるみがなく
助かりました。
思ってたよりは歩きやすかったです。

沢の水量が増えていて、
沢をこえるところは大股で渡るようでした。
posted by mulberry at 14:07| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/23午後、戦跡・・高角砲

DSCN1729.JPG

5/23午後
雨が小降りになってから戦跡ツアー。

しかし、
この時、大雨警報が出ていたのをつゆ知らずでした。

小笠原諸島は、父島・母島の区別なく警報が出ます。

父島はそれほどたいそうな雨ではなかったです。

ツアーは夜明山へ。

この海軍十二糎高角砲の入口は
雨で赤土がずるずる状態でした。苦笑
posted by mulberry at 07:13| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時雨ダムに流入する沢の水量も増して・・

DSCN1721.JPG

5/24  旧4/29  雨

昨日午後、
(こっそり)時雨ダムの水位見てきました。

まだ放水するレベルまでは
1.5-2mほど低いように見えました。

時雨ダムに流入する沢は2つありますが、
写真はそのうちの1つです。

かなりの水量となっています。

午後以降も雨が降っていますので、
本日5/24の貯水率は期待がもてそうです。
posted by mulberry at 07:00| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

山中に残るレールや車輪

DSCN1705.JPG

父島の山中には
何カ所かトロッコのレールや車輪が残るところがあります。

父島に多く残る洞窟の中には
レールが敷かれたままのところがいくつかあります。

レールの奥は行き止まりになっています。

これは
掘削中だったことが推定されます。

日本各所の鉱山跡を見学しても、
中にトロッコを引き込んでいるところがよくあります。

掘削した岩石などを
外に運び出すのに使われたものと考えます。
posted by mulberry at 09:42| Comment(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍隊の洞窟の形の違い(父島と人吉海軍航空基地)

DSCN1370.JPG

DSCN1707.JPG

5/23  旧4/28  雨

戦時中の洞窟の形にもいろいろあるということを
意識したのが人吉海軍航空基地跡を訪ねたときでした。

それまでは
形を意識したことがなかったです。

まず人吉で見たものは
全体に丸みを帯びたものが主体でした。

父島も
確かに天井のほうはやや丸みを帯びてはいます。

でも、全体としても見ると、
角がある感じで掘られているのが多いようです。

地質の違いもあるのでしょう。

人吉は火山灰が積み重なった地質で、
やわらかそうでした。

父島は溶岩で、安山岩やデイサイト、
硬い岩盤です。

そんな違いが掘り方にも出ているのではと
考えた次第です。

posted by mulberry at 08:37| Comment(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

5/22戦跡ツアー・・探照灯(照空灯)

DSCN1700.JPG

5/22、
僕のガイドは3名様と戦跡ツアー。

まずは探照灯を訪れました。

長崎は
当時は陸軍父島要塞防空隊の乳頭山照空分隊陣地でした。

百五十糎照空灯です。

一般的には
海軍が探照灯、陸軍が照空灯としていたようです。

とすると、
この場所は陸軍だから照空灯という方がよさそうです。
posted by mulberry at 15:47| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムニンビャクダンの花

DSCN1668.JPG

5/22  旧4/27  曇り

ムニンビャクダン(ビャクダン科・固有種)が
咲いています。

あまり見栄えのしない花ですが・・苦笑
芳香もごくわずか・・・

ビャクダンというと
香木のイメージが強いものです。

本種はそうでもないようです。

小さな花は
4弁、おしべ4、めしべ1です。
posted by mulberry at 07:17| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/21ナイトツアー

5/20、
ごく小さいグリーンペペ
#小笠原マルベリー  #父島  #nationalpark


5/21ナイトツアー

オオコウモリ:
リュウゼツラン、ヤシ科植物、2か所で樹上・飛翔観察

海岸:オカヤドカリ多数、ツノメガニ小
   星空も少し

グリーンペペ:ごく小さいのが2つ。

グリーンペペあってよかった。
posted by mulberry at 07:06| Comment(0) | ナイトツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする