2020年01月23日

海軍標石一~十二

DSCN4231(1).jpg


DSCN4246(1).jpg


DSCN4245(1).jpg


DSCN4243(1).jpg



DSCN4233(1).jpg



DSCN4239(1).jpg


DSCN4240(1).jpg


DSCN4242(1).jpg
十一
DSCN4241(1).jpg
十二


DSCN4247(1).jpg
サイズ


夜明山周辺に点在する海軍標石。

一から十二までは確認していますが、
六から八がまだ未確認。

どこかにあるとは思うのですが、
今後調査します。


大型の標石で
30cm角で、高さは約120cmほどです。

この標石は
海軍通信隊送信所や海軍航空隊送信所の近くにあります。

いわゆる境界標ようなものなのでしょうか?




posted by mulberry at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

平らな飯盛山(めしもりやま)・・今昔

DSCN4161.JPG
遠望

DSCN4165.JPG
採石場跡

DSCN4171.JPG
地質

DSCN4162.JPG
当時の道

DSCN4175.JPG
絵図

DSCN4174.JPG
絵図


父島には
飯盛山というなの山があります。

文久時代の絵図では
しっかり盛り上がっています。

まさに飯盛(めしもり)山。

現在は、平らです。

僕が島に移住した頃、ここは採石場でした。

当時は
ダンプカーも上に上がっていました。

採石場跡は真っ平ら。

洲崎周辺は
文久時代から見ると、かなり地形が変わっていますね。


posted by mulberry at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

デイコ花、色づきだして・・

DSCN4155.JPG


1/23  旧12/29  晴れ

デイコ(マメ科・広域分布種)の花が
色づきだしてきました。

デイコは
デイゴ、ビーデビーデとも言われます。

開花は
例年より、やや遅めに感じます。

花序の付け根のほうから
順次、赤くなってきます。

赤くなったところには
さっそく、メジロが来ていました。

これからしばらくすると、
もっと目立ってくるでしょう。
posted by mulberry at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

1/22、兄島視察会の下見

DSCN4215(1).jpg


DSCN4208(1).jpg


1/22  旧12/28  晴れ

ドック期間の自主トレ4日目。

村役場主催兄島視察会の下見。

主に行政関係者が集まりました。

うちのガイド2名(僕と妻)は
視察会当日、ガイドとして参加します。  

タマナビーチから上陸し、乾性低木林を歩き、
最後は滝之浦へ。

当日のネタのポイントや解説内容の確認など、
現地で行いました。

本日もたっぷり歩き、
いい自主トレになりました。





posted by mulberry at 16:03| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

「知識ゼロからの植物の不思議」( 稲垣栄洋)

知識ゼロからの植物の不思議 [ 稲垣栄洋 ] - 楽天ブックス
知識ゼロからの植物の不思議 [ 稲垣栄洋 ] - 楽天ブックス

2019年8月発行、
「知識ゼロからの植物の不思議」( 稲垣栄洋)
https://www.gentosha.co.jp/book/b12608.html


タイトルにある通りで、
初心者向き。

そこそこ知識のある人には
物足りなかったり、知っていることも多いかな?

取り上げたテーマを焦点を当てると、
ガイドの身からすると、
参加者が喜ぶそうなネタの参考にもなります。

テーマ別の3章立てですが、
巻頭が1章となるくらい長いです。




posted by mulberry at 11:06| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

陸軍高山観測所

DSCN4117(1).jpg

DSCN4115(1).jpg


DSCN4119(1).jpg

DSCN4114(1).jpg

DSCN4113(1).jpg


陸軍高山観測所。

高山山頂直下にあります。

対戦前、1935年(s10)、
大村第一砲台の観測所として移設されたもの。

今でも、しっかりとしています。

父島の西側が一望です。

現状、高山山頂まではルートになっていますが、
ここは見学できるよう配慮・整備されていません。




posted by mulberry at 09:52| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

陸軍南崎陣地

DSCN4143(1).jpg

DSCN4148(1).jpg

DSCN4144(1).jpg

DSCN4145(1).jpg

DSCN4147(1).jpg

DSCN4146(1).jpg


陸軍の南崎陣地あと。

ジョンビーチとジニービーチの間、
丘の上にあります。

資料によると、
砲台や照空分隊陣地があったようです。

地質は石灰岩です。

なお、現在、
このエリアは観光ルートではありません。
posted by mulberry at 08:08| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

直角オガサワラビロウ

DSCN4105.JPG


1/21  旧12/27  曇り

昨日、ジョービーチルートを歩きました。

高山に至るルート沿いに
直角オガサワラビロウ(ヤシ科・固有種)があります。

昔から見ていて、気になっていました。

今も健在です。

幹が横に倒れても、
根が張っていて、枯れなかったのでしょう。

そこから先は、
直角に曲がり、まっすぐ立っています。

昨年の台風でもやられなかったですね。
posted by mulberry at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

1/20自主トレ2日目・・・ジョンビーチルート

DSCN4150(1).jpg
ジョンビーチ

DSCN4076(1).jpg
象鼻﨑


1/19自主トレ初日は
象鼻﨑調査と戦跡ポイントの階段補修。

スコップでの力仕事でした。


本日1/20、自主トレ2日目。

ジョンビーチルート、
高山経由ウォーキングです。

高低差合計600ⅿ、往復で9㎞ほど。

このルート歩くのは、
実は年に5回以下程度。

体力的には
千尋岩ルートよりきついです。

でも、
歩きながらの景観はこちらの方がいいですよ。


さて明日は何しょうかな?
posted by mulberry at 14:37| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

象鼻﨑、今・昔

DSCN4076.JPG


DSCN4068.JPG


DSCN4070.JPG


DSCN4069.JPG


DSCN4065.JPG


DSCN4066.JPG


1/20  旧12/26  晴れ

洲崎にある象鼻﨑は
過去と現在では大きく形を変えています。

絵図は
幕末、文久の探検隊(1862年)のころ。

今は削られて、
平らな磯になっています。

自然崩落とは思えません。

昭和10年代、
洲崎に飛行場がつくられました。

その時に削られたものでしょうか?

posted by mulberry at 07:25| 東京 ☀| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

小笠原で食べるお好み焼きと串カツ

DSCN4064.JPG


たまにお好み焼きやたこ焼きが
無性に食べたくなる時があります。

大阪生まれの血が騒ぐのかしら?

昨夜は
息子とLUNAという店に。

お好み焼き・ミックスと串カツ10本ほど頼みました。

お好み焼きは
好みがはっきりあります。

生地がだんごのようなのは
全くダメです。

以前、
関西空港の「ぼて・・・」でそんなの出てきたことあります。
大阪でもダメな店はダメなんですね。

ここのは中もとろっとしていて、
とても美味しです。

大好きです。
たまにしか行きませんけどね。笑
posted by mulberry at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

「村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール」(ナカムラクニオ)

村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール (ちくま文庫 なー55-1) [ ナカムラクニオ ] - 楽天ブックス
村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール (ちくま文庫 なー55-1) [ ナカムラクニオ ] - 楽天ブックス


2019年11月発行、
「村上春樹にならう「おいしい文章」のための47のルール」
(ナカムラクニオ)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480436436/

村上ワールド、
作法・文体のテクニックが47紹介。

村上ワールドを解釈するには
いい参考書です。

読んではみたものの、
それぞれのテクニック真似するのは難しいですね。

僕も毎日、ブログ・SNSで書いているので、
参考にしようと思ったのですが・・・

そうはイカの金玉です。

役に立つなと思ったのは、
「はじめに」での文章術「あいうえお」

「あっ!(タイトル)、いい!(書き出し)、
 うん!(納得)、えー!(展開)、おー!(最後)」
です。
posted by mulberry at 11:40| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

西川倍太郎墓

DSCN4043(1).jpg
正面

DSCN4044(1).jpg


DSCN4046(1).jpg



1/19  旧12/25  曇り

奥村にある咸臨丸墓地。

咸臨丸は無事航海を終えています。

乗組員が島で1人だけ亡くなっていて、
その方の墓がここにあります。

他にも墓や史跡があります。

亡くなったのは「西川倍太郎」
(読みはますたろう・出典不明)

墓の側面には
右:大日本官艦咸臨丸乗組  越前國大野藩
左:文久二年戌正月二十七日没享年三十一
  江戸弟西川昌規寸四假(仮)建立
とあります。

西川氏は
咸臨丸の乗組員で父島に滞在中、亡くなったのです。
(自殺とされています。)

この墓は
弟が江戸から運んできたものと思われます。

福井県大野市願了寺には
西川七兄弟の墓があります。
posted by mulberry at 08:21| 東京 ☀| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

1/18、大しけの父島出港日

DSCN4062.JPG

1/18午後、
大しけの中、父島を出港しました。

まだ湾内はましですが、
湾を出たとたん、船体全体に波しぶきがかかっていました。


スピードもかなり落としたように見えました。

前後の縦揺れもかなりかと思います。

さて、明日は何時に着くかしら?

遅延必至でしょうね。

うちの妻は
18:30頃の飛行機乗るんですが間に合うかな?


posted by mulberry at 16:35| 東京 🌁| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

海域公園地区・・釣浜・キャベツビーチ・タマナビーチ

DSCN3676.JPG


1/18  旧12/24  晴れ

電信山歩道からの眺めです。

父島側は釣浜。

兄島側は
左奥がキャベツビーチ、右側がタマナビーチ。

この辺り一帯は
海域公園となっています。

釣浜という名がついていても、
現在は原則釣りができません。

海域公園そのものが
原則、釣りはできません。
(魚種による例外はあり)

泳いだりの観光利用はできます。

根魚多く、楽しめる場所です。

釣浜は父島側なので、陸路で行けます。
我が家からも歩いて20分ほど。
posted by mulberry at 08:12| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

オニタビラコ花

DSCN4006(1).jpg


DSCN4004(1).jpg



1/17 旧12/23  晴れ

集落エリアの道端では
オニタビラコ(キク科・外来種)の花が咲いています。

頭花は黄色、
舌状花のみ多数です。

舌状花は20以上ありそうですね。

中央部に棒状にのびている部分に
おしべ・めしべがついています。

先端部がめしべ柱頭です。

頭花のサイズはごくこぶりで、
指のサイズくらいです。

posted by mulberry at 08:29| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

1/16クラブツーリズム関西ひとり旅

20200117073432079.jpg

1/16
クラブツーリズム関西ひとり旅。
3名様で催行でした。

妻がガイド担当。

途中で
戦跡も見に行きました!

posted by mulberry at 07:35| 東京 ☀| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

種子散布者としてのオガサワラオオコウモリ

DSCN4039.JPG


1/16  旧12/22   晴れ


オガサワラオオコウモリが
黄色のものを抱えています。

熟れたタコノキの果実です。

この日は
ここでむしゃむしゃ食べていました。

食べているのは果肉の部分だけです。

最後は
下に落としてしまいます。

種まで食べられていないので、
発芽することも可能です。

果実を持ったまま
飛んでいくこともあります。

そうすると、
種子散布役を担うことになります。

普通
大きな果実は母樹から遠くには動きにくいです。

オオコウモリに運ばれることで、
遠くまで運ばれることができます。
posted by mulberry at 06:59| 東京 ☀| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

1/15ナイトツアー

20200115204416442.jpg

1/15ナイトツアー

小笠原海運主催旅初めセットの
皆さまです。

オオコウモリが3頭、
近くで見られました。

予想外の場所でした。

見つかってよかった!
posted by mulberry at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

西島・瓢箪島・人丸島

DSCN4009.JPG


1/15  旧12/21  曇り


父島北西部のある小島。

写真の左から
西島・瓢箪島・人丸島。

上陸したことがあるのは西島だけ。

西島だけは
内陸部に一部私有地があります。

瓢箪島は
形が島名の由来と思われます。

人丸島は
柿本人麻呂に似ている部分があるからの由来です。

posted by mulberry at 07:53| 東京 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

三日月山のいまにも崩れそうな崖

DSCN4008.JPG


1/14  旧12/20  雨


三日月山展望台にいたる歩道から見える
三日月山北西側の崖です。

いまにも崩れそうな崖です。

過去にも相当崩れているようで、
眼下には大きな岩だらけです。

このあたりの地質は
父島本体の火山活動とは別な所からのもの。

別なところの火山活動の海底堆積物が
移動して父島にくっついたもの。

凝灰角礫岩です。

もともともろいのでしょう。

さらに戦時中、
壕をたくさん掘ったので、その影響があるという説も。

posted by mulberry at 16:07| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

三日月山展望台崖下の壕

DSCN4012(1).jpg
防火用水

DSCN4017(1).jpg
かまど

DSCN4015(1).jpg
監視所・貯水槽


DSCN4013(1).jpg
展望



三日月山展望台は
二見湾を見下ろす崖の上にあります。

その崖下で
岩をくりぬいて作った壕があります。

10年ぶりくらいに訪れました。

出入口は上中下3か所で、
傾斜のある通路でつながっています。

監視所も1つあります。

全長は150ⅿ以上はありそうです。

一番下の入口付近には
防火用水と書いた丸い水槽。

上の入口付近には4連式のかまど。

監視所の脇には貯水槽。

監視所からは
二見湾が一望です。

posted by mulberry at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

1/13、小笠原村消防団出初式

DSCN4021(1).jpg

DSCN4022(1).jpg

DSCN4018(1).jpg



1/13午前、
青灯台で小笠原村消防団出初式。

僕も出席しました。


式典と放水演習、
子供達への消防車体験乗車が実施されました。

放水演習も
きちんと決まりました。

子供たちは
楽しそうに消防車へ。


大きくなって、
島に残る子にはぜひ消防団へ入団してほしいものです。

ちなみに
僕は団員ではありません。

幸い(苦笑)、
誘われる機会がなかったです。

posted by mulberry at 10:56| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

1/12、水着での初泳ぎ(2020)

DSCN4011.JPG


1/13  旧12/19  曇り

昨日1/12は
快晴の気持ちのいい天気でした。

気温は22-23度。

泳ぐかどうか迷いながら、製氷海岸で足をつけてみました。

体感としては23度。

思い切って泳ぎました。
水着のみでです。

晴れていて、水温も高いので、
さほど苦になりませんでした。

大丈夫でした。

例年よりずいぶん早い、
水着での初泳ぎでした。
posted by mulberry at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

大村第二砲台地下洞窟(立入不可)

DSCN4001(1).jpg
観測所

DSCN3997(1).jpg
砲座 その1

DSCN4000(1).jpg


DSCN3998(1).jpg
展望


DSCN3996(1).jpg
砲座 その2

DSCN3994(1).jpg
展望

DSCN4003(1).jpg
説明板



大村第二砲台地下洞窟は
現在、金網が張られ、立入不可です。

内部には
砲座2と観測所1があります。

ここには
戦争末期、四五式十五糎加農砲がすえられました。

砲はまったく残っていません。

ここからの展望は素晴らしいです。

崩落防止対策取って、見学できるようにしたら、
人気のスポット間違いなしです。

もったいない。残念。


posted by mulberry at 09:09| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

三日月山展望台からの風景

DSCN4010.JPG

1/12  旧12/18  晴れ

とある冬の晴れた日の午後、
三日月山展望台に行きました。

崖の上にある展望台で、
二見湾が一望。

気持ちのいい風景が広がります。

二見湾を一望できる場所は複数あります。
傘山・旭山・夜明山・大神山など。


どれがいいかは好みがあるでしょうね。

ここは
北から南を見る風景です。

posted by mulberry at 08:01| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

ガーベラの花

DSCN3716(1).jpg


DSCN3717(1).jpg


1/11  旧12/17  曇り


墓地の一角、
直植えのガーベラ(キク科・外来種)が咲いていました。

ガーベラは様々な品種があるようで、
品種名までは分かりません。

頭花は
外側に舌状花多数、内側に筒状花多数です。


人家や墓地は
まだいろいろな園芸種がありそうです。

たまに調べないといけませんね。
posted by mulberry at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

有効活用の大村第二砲台砲側弾薬庫

DSCN3988(1).jpg


DSCN3989(1).jpg


大村第二砲台あとには
砲側弾薬庫4つが残っています。

うち3つは放置状態で、
1つだけ道沿いにあり、見学が可能。

かなりしっかりしていて、
危険性もほぼありません。

3つのつくりは
いずれも外扉と内扉の二重構造です。

内扉の内部のサイズはほぼ同じと思います。
内部は白く塗られています。


そして残る1つは
気象庁津波地震早期検知網観測局となっています。

さすがに
中は見たことがありません。

たぶん
内部のつくりは同じかと思います。


posted by mulberry at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

オオコウモリのペリット(モモタマナ果実)

DSCN3991.JPG


1/10  旧12/16  晴れ

モモタマナ(シクンシ科・広域分布種)の樹下、
果実とオオコウモリのペリットが落ちています。

オオコオウモリは果実の果肉をかじって、
はき出した部分がペリットです。

ペリットは
せんべいのように平べったい円形です。

きっと夜には
オガサワラオオコウモリは来ているのでしょう。

posted by mulberry at 07:34| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

1/9小笠原海運主催旅初セット

20200109155242069.jpg

1/9 旧12/15 晴れ


今便の前半二日間は
小笠原海運主催旅初セットツアー。

本日は
戦跡と歴史ツアーでした。

写真は
無人島発見之碑です。
posted by mulberry at 15:57| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする