2017年04月10日

東平林内歩道もルート解禁

DSCN0946.JPG

11-3月、閉鎖されていた東平林内歩道。

4月から解禁です。

5カ月閉鎖されていましたが、特別変わったところはありません。

階段状のところの土嚢は修復されていました。

渇水のため、
沢の水が切れ切れになっている悲しい現状です。

水中の生物(エビや魚)は
どうやって生き延びているか、心配です。

彼らがこの危機を
どういう風に対応しているのかしら?
posted by mulberry at 08:52| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

2017近自然工法山道補修・・階段施工

DSCN0449.JPG

1/26  旧12/29  曇り

近自然工法山道補修、
僕の作業登板日2日目。

午前の作業箇所は小段差で、
樹木の根が浮いていて、その根に乗って通行する場所。

3段ほど階段を入れました。

そのことで、浮いている根がうまり、
しかもその根を踏まずに通行できるようになりました。

露出していた根の負担が減ることでしょう。
posted by mulberry at 07:48| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

2017近自然工法山道補修・・石組施工

DSCN0448.JPG

1/24  旧12/27  曇り

父島では
昨日1/23から近自然工法による山道補修が始まりました。

指導は
北海道山岳整備・岡崎氏です。
http://www.potato.ne.jp/sangakuseibi/index.html

この日は僕の作業登板日でした。

作業は
川沿いの浸食された路肩補修です。

路肩を石組みで固定するものです。

周辺からの大きな石の運搬もあるので、
チェーンブロックを使っての作業です。

その石を
補修箇所にあてがって試行錯誤。

四苦八苦してなかなか作業は進みませんでした。苦笑

僕の当番日はとびとびです。
posted by mulberry at 07:36| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

南島外来植物除去ボランティア作業(村主催)

P5280707.JPG

5/28、村主催、
南島外来植物除去ボランティア作業がありました。

僕は野生研からの指導員として参加。

写真は
作業前の説明中のところです。

出発前は天気も心配でしたが
のちどんどんよくなりすっかり青空に。

暑い中での作業となりました。

作業時間は1.5時間ほど、
ボランティア・スタッフ合わせて20数名で作業。

参加者には
副村長や総合事務所長など(島内では)えらい人の姿も。笑

コマツヨイグサやメヒシバなど主体に、
合計130kgほど外来種を除去できました。

作業後は、東尾根に行ったり、扇池で泳いだりで、
リゾーター気分も味わいました。
posted by mulberry at 16:50| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

「小笠原陸域ガイド登録証」(吉井信秋・吉井嘉子)

P5260677.JPG


年度が変わり、更新登録され、
「小笠原陸域ガイド登録証・標章が届いていました。

マルベリーでは
僕と妻と2名とも登録されています。

今までに2回更新しているので、
登録ガイドとしては5年目となります。

この制度も、今のところ、
次の認定レベルには話が進みそうもないようです。
posted by mulberry at 16:49| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

自然公園指導員 依嘱通知書

P4050857.JPG

環境省から
自然公園指導員の依嘱通知書が送られてきました。

期間はこれから2年間、2018年3月31日までです。

2年前も書いたのですが、
小笠原では指導員という形ではほとんど機能していません。

環境省の事務所から
何か呼びかけがあったこともありません。

全国的に形骸化した制度なのでしょうか?

もしそうなら、やめるべきだし、
そうでないなら、小笠原でも何らかの動きをしなくてはいけませんね。


今回は
指導員向けのパンフレットがつくられていました。

また身分証が
紙からプラスチックカードに変わりました。

posted by mulberry at 08:11| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

オオコウモリの会、オガサワラオオコウモリのねぐらについての意見交換

昨夕
観光協会ガイド部オオコウモリの会の意見交換会がありました。

議題は
昨年末からの道路沿いのオオコウモリねぐらについてです。

この時期は繁殖期なので、
できるだけそっとしておこうということで、観察の自粛を決めていました。

道路沿いのねぐらは、長続きしないだろうという見込みがずれて、
2月末の時点でもまだいます。

そこで、引き続き、ガイド部では、
日中、そこでの観察の自粛が決まりました。

さらに宿泊部などにもこの取り決めを広報して
観光客を含めて観察の自粛を周知していこうということになりました。

島民向けには、村役場や環境省の方で広報してもらえるよう
同席した研究者に要望しました。

posted by mulberry at 08:06| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

2016近自然工法山道補修・・路肩の崩落防止と階段施工

P2030164.JPG

2/4  旧12/26  曇り

昨日、僕は4回目の作業当番日。

午前は
路肩の崩落防止と階段施工です。

このあたりは、道が大きくターンすることです。

端の方を歩くようになっていて、
路肩の崩落が心配な場所です。

さらに赤土の露出する斜面で
滑りやすいのもありました。

そこで材をあてがって、路肩を固めて、
斜面はは階段施工しました。

これでここもしばらく安心です。
posted by mulberry at 07:40| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

2016近自然工法山道補修・・ぬかるみ箇所

P1310132.JPG

昨日の作業では
ぬかるみ箇所の施工もしました。

この場所は、山側から水がしみ出してくるのか、
年中、ぬかるんでいました。

まずは材で路肩を固定し、路面は石を敷き詰めました。

これで染み出す水は
敷いた石の下を通るはずです。
posted by mulberry at 10:27| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

近自然工法山道補修2016・・路肩の崩落個所その2

P1280114.JPG

1/30  旧12/21  曇り

近自然工法山道補修、1/28作業の続きです。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/433140162.html

午後は路肩の崩落地の補修です。

ここも
路肩の崩落によりかなり道幅が狭まっています。

路肩に材をあてがって、しっかりと固定しました。

そして石材を敷き詰め、路面も安定させました。

ここもしばらく安心して歩けるでしょう。
posted by mulberry at 07:36| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

2016近自然工法山道補修・・石組・階段施工

P1280111.JPG


近自然工法山道補修、
昨日、僕は2回目の作業担当日でした。

この日午前、
石組・階段施工の仕上げでした。

この場所は
足場板があって、大雨でそれが流された場所です。

応急処置として、有志が石組をしていました。

でも
強度はやはり出ていなかったようです。

そこで
きちんと石組と階段施工にしました。

沢のところや崩れそうな路肩を石組で固めました。

上り下りは階段施工になっています。

これでばっちりでしょう。

このあと午後はまた別ことをやりました。
posted by mulberry at 10:43| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

「小笠原エコツーリズム推進全体構想」認定

昨日、
「小笠原エコツーリズム推進全体構想」認定のニュースが流れました。

認定日は1/28です。
http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics05_000168.html

小笠原エコツーリズム協議会の部会で
数年かけて議論・検討していました。

まとまったものは
昨年10/7の協議会で承認されていました。
http://www.env.go.jp/press/101946.html
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/427437795.html

この認定により、
すぐに何かが変わるというわけではありません。

今後、必要に応じ、
小笠原エリア独自のこともできるかもしれません。

協議会の役割として、連絡調整にとどまらず、
協議や合意形成を計るものとしています。

そこにも期待したいものです。
posted by mulberry at 07:16| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

2016近自然工法山道補修・・路肩の崩落個所

P1250077.JPG

今年も
近自然工法の山道補修が実施されています。

例年通り、
指導員は北海道山岳整備の岡崎氏。
http://www.potato.ne.jp/sangakuseibi/sangakuseibi002.html

昨日1/25、
僕の作業当番日で、妻も一緒に現場に出かけました。

出発地点から作業現場までは
いつも通り、荷をかついでです。

この日の作業は、
路肩の崩落地で、道幅がかなり狭くなっていたところです。

そこに材をあてがって、路肩をしっかりとさせ、
歩きやすくしました。

出来上がって見ると、
ごく普通の路面に見えるくらいまで改善しました。

次の当番日は1/28です。
posted by mulberry at 07:53| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

小笠原村エコツーリズム推進全体構想の認定申請

PA070006.JPG

10/8 旧8/26  晴れ

昨日午後
小笠原エコツーリズム協議会が開催されました。

主たる議題は
小笠原エコツーリズム推進全体構想の認定申請についてです。

長くかかりましたが、ようやくまとまりました。

協議会で認定申請について承認されました。

小笠原の全体構想の肝は
協議会の役割です。

協議会は、連絡調整にとどまらず、
協議や合意形成を図るものとしています。

今後、
環境省に認定申請し、その認定を待つこととなります。

 
posted by mulberry at 08:15| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

旭山の先端に新設された階段

PA030409.JPG

旭山山頂に至る遊歩道の工事もそろそろ終わるようです。

大きな石段のところに、段を増やしたりして、
以前より、歩きやすくなっています。

欲を言えば、
もう少し、段差を低くしてほしいところもありました。

まだ雨が降ったときに、
赤土で滑りそうなところも、もっと改善してほしかったです。

山頂の先端部への上りも階段が新設されました。

ここは
とても歩きやすくなりました。
posted by mulberry at 07:17| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

大雨にも強かった近自然工法

P9240268.JPG

9/26  旧8/14  晴れ

先日の台風では
合計で200oを超え、1時間で80o近い雨が降った時間帯もありました。

その後、山道を歩いていて、
近自然工法の補修のところも通りました。

全部を見たわけではないですが、
ほとんど元のまま問題ない状態でした。

木の階段、沢筋の石積みなど、
みなしっかりとしたままです。

近自然工法、
小笠原では再評価されるのではないでしょうか。
posted by mulberry at 07:40| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

近自然工法山道補修の効果

P8110400.JPG

冬場の近自然工法山道補修では
雨で浸食されやすい場所の補修もしていました。

ここは雨で流路が変わっていた場所です。

それをもとに戻すように補修しました。

先日の台風、200oの雨でも、問題なし。

効果ありでした。

近自然工法での山道補修、今後ももっと広げたいですね。
posted by mulberry at 11:02| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

平成27年度第1回小笠原エコツーリズム協議会

4/28午後
平成27年度第1回小笠原エコツーリズム協議会が開催されました。

僕も団体の代表として出席しました。

議題は
平成26年度事業・会計報告
平成27年度事業計画・予算案
要綱の一部改正
エコツーリズム推進全体構想について です。

いくつかの質疑・意見のあと承認されました。

要綱の改正については
新たな委員尾を加える時の規定が追加されました。

全体構想については、
夏ごろに最終案決定したのち、臨時協議会を開くことになりました。
認定は秋ごろの予定です。
posted by mulberry at 16:25| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

日本沿岸域学会誌「世界自然遺産の島 小笠原諸島におけるエコツーリズムの展開」

P4180776.JPG

日本沿岸域学会誌 Vol.27 No.4 (第27巻 第4号)
特集「沿岸域の新たな利用と海洋観光」でした。

記事の依頼を受け僕が書いたのが、
「世界自然遺産の島 小笠原諸島におけるエコツーリズムの展開」 です。
http://www.jaczs.com/03-journal/gakkaishi/index.html
http://www.jaczs.com/03-journal/gakkaishi/gakkaishi/ga27_4.pdf

内容は
小笠原諸島、特に父島の遺産前後の様子について書いています。

なおこの学会誌はPDFで内容をアップはしないようですので、
類似記事はうちの㏋をご覧下さい。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-94.html
posted by mulberry at 13:35| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

2015近自然工法・・番外・土留め施工

P2220036.JPG

2/23  旧1/5  晴れ

これまで何度か
近自然工法の山道補修の記事を書いていきました。

その後、何度か歩いてみて、
歩きやすくなり、危険度も下がっていることを感じています。

今回は番外編。

歩くところではなく、
土壌崩壊がおきている場所の土留め施工です。

歩道の脇が斜面になっていて、赤土が露出して状態です。

これ以上の崩落や浸食を防ぐのに施工しました。

これも効果が出るといいですね。
posted by mulberry at 08:38| Comment(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする