2018年12月05日

南島サメ池入口、ライブカメラ設置要望

DSCN8675.JPG


12/5  旧10/28  曇り


先日、小笠原支庁主催、
南島自然環境モニタリング検討会が開催されました。

今回から検討委員として出席。


この会議の発言としては
場違いですが、最後だったので、発言。


安全確保のため、
サメ池入口にライブカメラの設置を提案しました。

電源はソーラーで、
電波は見通しのいいところなら届きます。

こういうことは言わなくては始まらないので、
まずは提案。笑

きっと、お役に立つと思いますよ。


posted by mulberry at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

南島サメ池西側の洞窟

DSCN8573.JPG


11/27  旧10/20  曇り


南島サメ池西側にある大きな洞窟の中からです。

ここは、作業で行った場所です。
観光ではいけません。

日陰なので、
涼しく休憩させてもらいました。

南島の地質は石灰岩です。

長年の浸食による穴ができやすい地質です。

沖縄にあるガンガラーの谷では
ケーブカフェになっています。
http://www.gangala.com/cave-cafe/

それよりは規模は小さいけど、
いい雰囲気でした。
posted by mulberry at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

ブタ海岸、小港見下ろせる中山峠

DSCN8436.JPG


11/18  旧10/11  晴れ


中山峠はわずか110Mほどの高さ。

尾根は岩場で、
周辺に視界を邪魔する高木もありません。

北側は小港やコペペ。
南側にはブタ海岸や南島。

眺めのいい、おすすめスポットです。


ここは小港から20分ほどで登れます。
階段が多いので、膝にきますけどね。苦笑


posted by mulberry at 09:45| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

尾根から見るとハートに見える?陰陽池

DSCN8230.JPG



11/1  旧9/24  曇り

南島の奥にある陰陽池です。

水位は変化があるので、
池の外側の形も変わります。

水位が下がるとき、
尾根から見ると、ハート型に見えるときがあります。

地上からだと
あまりよく分からないかもしれませんね。

ちなみに、
観光ルートで尾根から池が見えるのは東尾根の上です。

ちょっと離れていますけど・・・
posted by mulberry at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

宮之浜と兄島

DSCN7466.JPG



10/15  旧9/7  晴れ


宮之浜西側の尾根からの風景。

宮之浜西側には一般ルートはありません。

このエリアは
調査や作業でないと行けません。

宮之浜は
東側に釣浜の方へ行くルートがあります。

そのルートからも
宮之浜の展望があります。


調査や作業で
普段見られ景色を見るのは役得ですね。笑
posted by mulberry at 07:25| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

岩脈だらけの東島周辺

DSCN7335.JPG


孀婦岩の調査が
テレビのドキュメンタリーでやっています。

あの岩は
巨大な岩脈だそうです。

海上の岩脈は
父島でも見られます。

わかりやすいのは
父島の東島手前の岩礁帯です。


東島すぐ左手前(北側)の岩はろうそく岩。
さらに手前の岩礁帯は南バラバラ岩。

大元の噴火口は
これより右手(南側)海の中だそうです。
posted by mulberry at 08:24| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

南島作業場所から見える風景

DSCN7406.JPG



昨日9/26、
南島植生回復作業でした。

北部の方で作業しました。

天気もよく、とても暑かったです。

そこから見る風景も
とてもきれいでした。

でも、
それを楽しめるのは休憩時間だけ。

作業中は
目の前の外来種草本と格闘で、大汗です。



posted by mulberry at 08:58| 東京 ☔| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

千尋岩ルート・・草・シダが茂って道が見えないところも

DSCN7114.JPG


8/10  旧6/29  晴れ


この草がしげる写真、
実は真ん中に山道があるんです。


千尋岩ルートの沢筋の一部です。

草やシダが茂って
こんな風に道が見えないところがあります。


夏場になると、こうなる部分が出てきます。

よく足元を確かめながら歩いて下さい。

木の根や石ころで
でこぼこしている所もあります。

また、横にそれると、
がくんと下に落ち込むところもあります。

要注意です。
posted by mulberry at 06:54| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

枝サンゴ群生地の黄色ブイ

DSCN7046.JPG


二見湾の奥には
枝サンゴ(スギノキミドリイシ)の群生地があります。

ここは
海域公園に指定されています。

水深が浅いので、
注意を示す黄色のブイがあります。

この辺でも
下は3-4Mほど。

さらに中に入り込むと、
1m程度になります。

浜辺からここまで
おおむね500mほど。

枝サンゴを観察しながら泳げます。


流れもほぼありません。
posted by mulberry at 08:21| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

宮之浜西側「中通島」

DSCN6265.JPG



6/14  旧5/1  小雨


宮之浜西側少し沖に
小さな中通島があります。

中通島の
中には通り抜けられる穴があります。

これが
島名の由来かしら?

父島と中通島との間は
わずかしか離れていません。

ここは大潮などで
かなり潮が引くとつながります。

磯歩きにも最適です。

さて完全に陸続きになるのは
一年に何日くらいあるかしら?


posted by mulberry at 08:16| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

夏の南島、天国と地獄

DSCN6194.JPG


6/7  旧4/24  晴れ


天気のいい日、夏の南島です。


遊びなら天国、作業なら地獄です。

ちなみにこの日の僕は
山の上の外周部での作業でしたので地獄でした。

針地獄、暑さ地獄、
さてあなたは耐えられますか?

僕も限界近かったです。

この時期の南島
いい歳こいて、頑張る場所ではないですね。

ちなみに遊びできても、
かなり暑いのは間違いなしです。

途中、
扇池で海につかるのをお勧めします。
posted by mulberry at 07:08| 東京 ☔| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

ははじま丸と枝サンゴ(スギノキミドリイシ)

DSCN5542.JPG

5/22  旧4/8  雨

ここ数日、
昼過ぎ、潮がすごく引いていました。

二見湾内の枝サンゴ(スギノキミドリイシ)も露出。

そこから
ははじま丸を眺めた図です。

こういう絵が見られるのは
一年でも限られた日です。

希少価値ありですね。
posted by mulberry at 16:42| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

兄島・乾沢

DSCN5559(1).jpg


DSCN5613(1).jpg


兄島北部の乾沢です。

先日の視察会で上陸した地点です。

自然の岩場が
突堤のようになっています。

そこを上って、
奥の沢の周辺は緩やかな地形です。

浜の右側に人口的な洞窟のようなものと、
奥の沢筋に戦前のビン類がありました。


ここは
軍隊が駐屯してたのかと思います。

乾沢という地名の由来が気になります。


上陸時は水が流れていましたが
名付けられたときは乾いていたのかしら?

それとも、乾さんにまつわる?

乾(戌亥)つまり(兄島)北西の方角という指摘も
ありました。
(これが一番それらしいですね。父島には辰巳・巽もあるし)

さてどちら?
posted by mulberry at 09:29| 東京 ☀| Comment(2) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

5/19、村民向け兄島視察会

DSCN5568(1).jpg

DSCN5558(1).jpg

DSCN5583(1).jpg


5/19 旧4/5  曇り

5/19、
村主催村民向け兄島視察会が開催されました。

僕と妻と参加。

兄島北部の
アノール防御策Cライン付近を歩きました。


主に行政の方が
様々な取り組みついて説明しながらの視察でした。

歩くエリアは
大部分が乾性低木林です。


昼食は眺めのいい尾根の上で。
風があったし、雲りっぽかったので、暑さは大丈夫でした。

僕もこのエリアは初めて歩きました。
いい勉強になりました。

ありがとうございました。
posted by mulberry at 17:57| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

南島、サメ池入口

DSCN5307.JPG


単なる岩礁の絵ではありません。


南島サメ池入口です。

こういう狭いところを通って
右中に入っていきます。

左側は
方向で言うと南側。

南や東から波や風があると、かなり波立ちます。


船の業者さんは
父島の眺めのいいところからチェックします。


そこで
おおむね通れるかどうか判断できます。


でも、
やはり来てみないとわからない時もあるようです。

波のタイミングもあります。
posted by mulberry at 07:57| 東京 🌁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

屏風谷から望む二見湾

DSCN5400.JPG


屏風谷のあたりから
大村地区を望む風景です。

夏の晴れた日に見下ろすと、
ほれぼれする景色です。

色の薄いところは浅いところで、
サンゴが広がっているところもあります。

青い部分は、
浅いところから急斜面で落ちています。

水底は30mぐらいかな?
posted by mulberry at 07:57| 東京 ☔| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

南島内部のウバーレ

DSCN5345.JPG


5/2   旧3/17  曇り


南島西尾根から見下ろした
内陸部です。


こういう地形は
ドリーネ(1つのくぼみ)が複数でできていてウバーレとよぶようです。

島のまわりは崖地になっていて、
中央部がくぼんだこの地形です。

一番北部には
陰陽池があり、常時水がたまっています。

海水よりは薄い塩分が入っています。

また
浸食崖で外洋と通じている扇池もこのエリアにあります。


この南側にも同様なものがあって、
そこはサメ池とよばれています。

サメ池は底が海面下です。

近年、
尾根筋はクサトベラでかなりおおわれています。
posted by mulberry at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

アオウミガメの足跡

DSCN5226.JPG


4/22  旧3/7  曇り


昨日4/21午前、
とある海岸でアオウミガメの足跡がありました。


産卵上陸が始まりましたね。

この足跡の個体が
産卵したかどうかまでは確かめていません。


これから各海岸で
少しずつ足跡が見られるようになってきます。

上陸してくるのは夜間です。


足跡ではなく、
実際に実物に出会えるのはいつになるかな?
posted by mulberry at 06:45| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

ジョービーチのビーチロック

DSCN4973.JPG

3/21  旧2/5  曇り

ジョンビーチは波打ち際に
ビーチロックすなわち石灰砂岩(板状の石灰質砂礫岩)が堆積しています。

南島の扇池でも見られます。

たぶん、
父島では一番規模の大きい場所です。

この付近は沈水カルスト地形で、
地質が石灰岩です。

それゆえ、できやすいのでしょうね。

地質が火山岩のところでは
ビーチロックの発達がほとんどありません。

沖永良部のビーチロック
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/455499054.html
posted by mulberry at 07:58| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

3/15、小港-ジョンビーチ往復

DSCN4935.JPG

小港-ジョンビーチルート、
昨日に続き小笠原支庁管理の歩道を歩きました。

ここも階段スクワットです。

往路は高山経由で
高低差は上下それぞれ合計300Mほど。
2時間でつきました。

帰路は
高低差上下それぞれ200Mほど
1.5時間ほどでした。

ジョンビーチでの休憩は
おにぎり食べて、30分ほど。

歩くだけなら
4時間ほどで往復できます。

天気がいいと、展望が抜群のルートです。
posted by mulberry at 14:31| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする