2018年06月19日

「提督伊藤整一の生涯」(吉田満)

「提督伊藤整一の生涯」(吉田満)

僕が読んだのは
文芸春秋の単行本で、昭和52年(1977)11月初版発行です。

伊藤整一は、開戦時、軍令部次長で、
最期は、戦艦大和と運命をともにした第二艦隊司令長官です。

没後、海軍大将に。

著者は大和に少尉として搭乗し、
生き延びた人物です。

「戦艦大和ノ最期」を書いています。

伊藤整一の生涯というタイトル通り、
しっかりと生涯が描かれています。

正論を通す人だったようです。

大和乗船時のことばかりに
ページをさいているわけではありませんが、
読者としてはとても気になるところです。

伊藤は、連合艦隊が決めた、
大和による特攻攻撃に、反対しました。

しかし、
死んでくれと言われて、納得したそうです。

攻撃が失敗し、敗色濃厚のときは、
独自の判断を可とするということに確認を取って。

大和出撃に対峙した
アメリカ軍の現場の司令長官はスプルーアンス大将。

伊藤とスプルーアンスは
伊藤が駐米中、親交ががあったそうです。


皮肉なものですね。

posted by mulberry at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

「戦艦大和ノ最期」(吉田満)

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫) [ 吉田満 ] - 楽天ブックス
戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫) [ 吉田満 ] - 楽天ブックス

「戦艦大和ノ最期」(吉田満)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000213166

初版あとがきは
昭和27年7月に書かれています。

初稿は終戦直後、
ほとんど一日もって書かれたそうです。

文語体で書いた意味について
おのずから文語体であったそうです。

著者は学生を繰り上げ卒業後、
海軍少尉・副電測士として大和に乗り込みました。

そして
生きて生還した数少ない生き証人。

本文を読むと、刻々と変化する状況が述べられ、
まさに生き地獄。

乗員の心情も交えています。
これがまたつらい。

重すぎる文章です。

著者は
生還のちも、特攻に志願します。

生き残りの後ろめたさに打ち勝たんとする
その心情も重いです。


戦場をまさに体験した人の文章、
重すぎます。

posted by mulberry at 13:18| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

ハンディ版日本の名城データブック200 (今泉慎一)

ハンディ版日本の名城データブック200 (ブルーガイドセレクト) [ 今泉慎一 ] - 楽天ブックス
ハンディ版日本の名城データブック200 (ブルーガイドセレクト) [ 今泉慎一 ] - 楽天ブックス


ハンディ版日本の名城データブック200(今泉慎一)
2018年3月発行。
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00909-4


タイトルの通り、
200の名城が1ページないし、半ページで紹介されています。

それぞれの城について
複数写真、史実、基本データ、必見ポイント、城データ、関連史跡施設などが
まとめられています。

現存・復興・模擬天守など天守のある城はある程度限られていますが、
国内にはたくさんの城跡があるんですね。
posted by mulberry at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」( 津川 友介)

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 [ 津川 友介 ] - 楽天ブックス
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 [ 津川 友介 ] - 楽天ブックス


「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」( 津川 友介)、
2018年4月発行。
https://store.toyokeizai.net/books/9784492046241/


本書の目的は
「どのような食事をすれば脳卒中、心筋梗塞、がんなどの病気を減らし
 健康を維持したまま長生きできる確率を上げることができるかを説明」

健康的な食事をするために必要なのは
「体によい「食品」を選ぶことで、「成分」が重要なのではない」

「ダイエットにも有効」

健康によい食品は5つ。
「魚、野菜と果物、茶色い炭水化物、オリーブオイル、ナッツ類」

健康に悪い食品は3つ
「赤い肉(鶏肉は含まない)、白い炭水化物、バターなど飽和脂肪酸」

地中海食はかなりいいようです。

なおこういったもの以外を食べてはいけないとは
言ってません。

オーガニック食材については
健康という観点からはそうでなくても問題ないとのことです。
(妊婦や小さい子供はメリットもある)


本書ではこれらのことやその他の食品について
しっかりとしてエビデンスをもとに解説しています。



長生きに興味ない人は
好きなものを好きなだけお食べください。苦笑


posted by mulberry at 09:17| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

「父の作法」(辰巳渚)

192640.jpg

「父の作法」(辰巳渚)、2008年8月発行。
http://www.iwasakishoten.co.jp/book/b192640.html

女性作家の視点から見た父の作法。

サブタイトル「妻が望む10のこと」。

妻から見てこうあってほしいと思う父像が
10章に分けて述べられています。

「父は父であればいい」ということですが、
「父としてのあり方」を提示しています。

父の役目の1つとして
人間関係の作法を示すこと。

「父は倫理を子に教える」


さて、
自分に振り返って、今までできてたかしら?

妻に即座に否定されそうな気がします・・・苦笑

posted by mulberry at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

[遺言。」(養老孟司)

遺言。 (新潮新書) [ 養老 孟司 ] - 楽天ブックス
遺言。 (新潮新書) [ 養老 孟司 ] - 楽天ブックス

2017年11月発行、「遺言。」(養老孟司)
www.shinchosha.co.jp/book/610740/

著者いわく、
まだ元気なので、「遺言1.0」だそうです。

遺言というわりにはかなり難解です。

同じとは何か?
感覚と意識の違い。

わかるようで、わかりにくい話です。

そこを
わからないといけないのが意識。

同じあるいは同じにするというのはみな意識の表れです。
感覚では皆違うもの。

リンゴはリンゴなのが意識。
でも1つ1つ違うのが感覚でしょう。

意識がデジタルを作ったのは必然かもしれません。

2進法がコピー(記録)において
一番間違いが少ないからです。
posted by mulberry at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「知っておいしい保存食事典」(実業之日本社編)

知っておいしい保存食事典 [ 実業之日本社 ] - 楽天ブックス
知っておいしい保存食事典 [ 実業之日本社 ] - 楽天ブックス

ブルーガイド編集長から紹介してもらった本。

2017年8月発行、
「知っておいしい保存食事典」
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00903-2

オールカラーで
世界中の代表的保存食図鑑66種と、保存食レシピ55種です。


いろんな保存食があるんですね。

料理は妻と僕の母任せでほぼノータッチですが、
蘊蓄を知っておくのは悪くないことです。笑

どんな味か、
食べるのがこわそうな保存食もありますね。
posted by mulberry at 09:22| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

「陽をあびて歩く」(網谷厚子)

DSC_0517.JPG

知り合いで先生・詩人の網谷厚子さんの最新エッセイ。
2018年3月発行。
https://researchmap.jp/read0142196/

東京都の学校から沖縄の学校にうつってから、
沖縄暮らし。

居住場所は
何かと話題になる辺野古基地付近。

網谷氏とは
小笠原高校副校長で赴任時に小笠原かるた制作メンバーとして交流。

以後、著作を送っていただいたいます。

今は、
年賀状のやりとりくらいしかできていませんが・・

本エッセイ、
沖縄ぐらしで感じることや、詩人の世界のことなどが
主な話題となっています。

小笠原赴任のことも、頻繁に出てきます。

小笠原と沖縄の大きな違いの1つは
歴史・文化の深さでしょうか?
posted by mulberry at 10:20| 東京 ☔| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

「明治維新で変わらなかった日本の核心」(猪瀬直樹・磯田道史)

明治維新で変わらなかった日本の核心 (PHP新書) [ 猪瀬直樹 ] - 楽天ブックス
明治維新で変わらなかった日本の核心 (PHP新書) [ 猪瀬直樹 ] - 楽天ブックス

2017年11月発行、
明治維新で変わらなかった日本の核心 (猪瀬直樹・磯田道史)
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-83710-9

磯田氏は
テレビにもちょくちょく出ている歴史家、准教授(2018-2月時点)。
http://research.nichibun.ac.jp/ja/researcher/staff/s458/index.html

本書は2人の対談です。

磯田氏は
歴史で一番大切なのは「通史」だといいます。

そのため対談も、古代から近代に向けて、
日本の社会のなぜを歴史的経緯を論じています。

タイトルの通り、
明治維新で何もかも変わったわけでないのですね。

その核心の1つは、
権威と権力の使い分け

たとえば、
天皇と幕府などの政治的支配者による権力の二重構造。

この二重構造、現代でいうと、
本音と建て前とか、国家公務員などの官職などですね。

さあ、
歴史を通史で読んでみましょう

posted by mulberry at 10:11| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

「戦国の地政学」(乃至政彦)

戦国の地政学 地理がわかれば陣形と合戦がわかる (じっぴコンパクト新書) [ 乃至政彦 ] - 楽天ブックス
戦国の地政学 地理がわかれば陣形と合戦がわかる (じっぴコンパクト新書) [ 乃至政彦 ] - 楽天ブックス


「戦国の地政学 地理がわかれば陣形と合戦がわかる」(乃至政彦)。

http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00906-3

ブルーガイド編集長から紹介いただきました。

本書では
戦国時代の戦場について、通説だけにこだわらず、
地政学の視点からで読み説いてもいます。

川中島、桶狭間、関ヶ原、姉川、上田城などの戦いが
検証されています。

最終章では地政学的基礎知識として
わりと気になる点が解説。

生産力、情報伝達、皇軍速度、輸送など。
posted by mulberry at 09:12| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

「古地図から読み解く 城下町の不思議と謎」(山本博文)

古地図から読み解く城下町の不思議と謎 [ 山本博文 ] - 楽天ブックス
古地図から読み解く城下町の不思議と謎 [ 山本博文 ] - 楽天ブックス

「古地図から読み解く 城下町の不思議と謎」(山本博文)
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00907-0

ブルーガイド編集長から紹介いただきました。

ブラタモリでは
取り上げる地域ではまちのつくりよくネタになっています。

元城下町は
いくら都会になっても、当時のまちわりが残っているんですね。

各城下町を
当時の地図と現在の地図で比較。

本書では
1章で江戸、名古屋、大阪は視点を変え細かく分析。
2章で現存天守の城を4ページで紹介。
3章でその他の城を2-4ページで紹介。
4章で、城下町の機能紹介。

自分が行ったことのある城は
実感があり、よりわかりやすいですね。

行ってから読むか、読んでから行くか?笑
posted by mulberry at 11:37| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

「無私の日本人」(磯田道史)

無私の日本人 (文春文庫) [ 磯田道史 ] - 楽天ブックス
無私の日本人 (文春文庫) [ 磯田道史 ] - 楽天ブックス


「無私の日本人」(磯田道史)
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167903886

江戸時代に生きた3人の清冽な日本人の人生を描いていいます。
穀田屋十三郎、中根東里、大田垣蓮月の3編。

まさにぴったりなタイトルです。

無私ゆえ、歴史に埋もれていった3人。

穀田屋は宿場町の商人、中根は儒者、
大田垣は歌人蓮月流創始者。

穀田屋十三郎は
映画「殿、利息でござる!」の原作となっています。
http://tono-gozaru.jp/

3人の潔すぎる無私は
普通の人間には真似ができないでしょう。

あっぱれな生き様です!!
posted by mulberry at 15:17| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「時代の先へ-エプタ Vol.84 特集 東京島」

vol84.jpg

『エプタ』は、ヒノキ新薬株式会社が発行する企業文化誌です。
年5回発行されています。
http://epta.main.jp/aboutepta.html

購入もできます。
http://epta.main.jp/orderform.html

64号は特集・東京島です。
2017年11月に発行されています。
http://epta.main.jp/epta84.html

伊豆~小笠原諸島の成り立ちからはじまり、
東京の各島をコンパクトに紹介。

後半、小笠原父島・母島が出てきますが、
他の島より量が多くなっています。

表紙(千尋岩とザトウクジラ)、裏表紙(南島周辺の沈水カルスト地形)
も小笠原です。
posted by mulberry at 12:05| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「日本列島100万年史」(山崎晴雄・久保純子)

日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス) [ 山崎 晴雄 ] - 楽天ブックス
日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス) [ 山崎 晴雄 ] - 楽天ブックス


「日本列島100万年史」(山崎晴雄・久保純子)。
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784065020005

ブラタモリが人気です。

ブラタモリは
地域の地形地質も大きなテーマの1つです。

そこでこの本ですが、
「おもに現代の列島を形作った100万年前以降(第四紀後半)を中心に、
 複雑な地形に富んだ列島の成り立ちを解き明かします。」

1章で日本列島の形成について
2章では、全国の地域ごとに、特徴的な場所の成り立ちについて、
まとめられています。

ブラタモリファンなら
どんどん読み進められるはず。

なお小笠原については
特に焦点が当てられてはいません。
posted by mulberry at 11:02| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

本:「超要点解説ビジネスに効く!孫子の兵法」(福田晃市)

超要点解説ビジネスに効く!孫子の兵法 (ソフトバンク文庫) [ 福田晃市 ] - 楽天ブックス
超要点解説ビジネスに効く!孫子の兵法 (ソフトバンク文庫) [ 福田晃市 ] - 楽天ブックス

2011年文庫本発行、
「超要点解説ビジネスに効く!孫子の兵法」(福田晃市)
http://www.sbcr.jp/products/4797364095.html

相手に勝つためには
総合的にあらゆる手を打たなければいけません。

勝負の世界、
戦争も、ビジネスも同じなのでしょうね。

率直な感想は、
言うは・読むは易し、実行は・・・、という感じです。苦笑

付箋はたくさんです。

本書は2ページ単位で、
原文、翻訳、解説、エピソードでまとめられています。
posted by mulberry at 14:42| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

本「新版 安売りするな!「価値」を売れ!」 ( 藤村 正宏)

新版 安売りするな!「価値」を売れ! [ 藤村 正宏 ] - 楽天ブックス
新版 安売りするな!「価値」を売れ! [ 藤村 正宏 ] - 楽天ブックス

2017年7月発行
「新版 安売りするな!「価値」を売れ!」(藤村 正宏)
http://www.nikkeibook.com/book_detail/32157/

2011年12月に発行したものを
全面的(80%ほど)に改訂したものです。

著者は
エクスマというマーケティング手法を提唱しています。

価値を売れとはいうものの、
商品・サービスには価値がないと思ったほうがいいとも書いています。

売れる売り方があります。

売る価値とは
関係性、個、好き、編集、逸脱というキーワードで説明しています。


あとは実践あるのみ。苦笑
posted by mulberry at 14:59| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

「光る生きものはなぜ光る?」(大場裕一)

光る生きものはなぜ光る? ホタル・クラゲからミミズ・クモヒトデまで 生きもの好きの自然ガイド「このは」 / 大場裕一 【本】 - ローチケHMV 1号店
光る生きものはなぜ光る? ホタル・クラゲからミミズ・クモヒトデまで 生きもの好きの自然ガイド「このは」 / 大場裕一 【本】 - ローチケHMV 1号店

2015年8月発行、
「光る生きものはなぜ光る?」(大場裕一)。
http://www.bun-ichi.co.jp//tabid/57/pdid/978-4-8299-7389-9/Default.aspx

サブタイトルのとおり、ホタル・クラゲからミミズ・クモヒトデまで、
各種発光生物を紹介。

写真も多数。

発光生物の80%は海の生物だそうです。

どうやら、
カウンターイルミネーションの意味が強いようです。

(発光器が腹側にあり、
 光ることでで回りの色に溶けこみ目立たなくなる意味)

日本で見られる発光キノコは10種類程度。

まだ発光の意義は突き止められていません。
posted by mulberry at 16:23| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

「恐竜はホタルを見たか」(大場裕一)

恐竜はホタルを見たか 発光生物が照らす進化の謎 (岩波科学ライブラリー) [ 大場裕一 ] - 楽天ブックス
恐竜はホタルを見たか 発光生物が照らす進化の謎 (岩波科学ライブラリー) [ 大場裕一 ] - 楽天ブックス


2016年5月発行
「恐竜はホタルを見たか」(大場裕一)
https://www.iwanami.co.jp/book/b243758.html

著者の専門は発光生物学。

発光生物について、いろいろ学びがあります。

発光の基本は
ルシフェリン(基質)とルシフェラーゼ(酵素)です。
(他にもある)

でも、
生き物ごとに発光メカニズムは違うそうです。

四足動物、植物は光るものがありません。

発光生物の大部分は海の生物だそうです。

隠れ場所がないためとか、
セレンテラジン(ルシフェリンの一種)が豊富にある、
などが理由として考えられるようです。
posted by mulberry at 16:15| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

「日本を教育した人々」(齋藤孝)

9784480063908.jpg

2007年11月発行
「日本を教育した人々」(齋藤孝)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480063908/

本書で取り上げているのは4人の人物。

教育という視点で
人物を評価しています。

面白い視点だと思って、
本書を読みました。

僕は
その4人の人物の生き様や作品に共感しています。

各人物の著作も
いくつかは読みました。

その4人とは
吉田松陰、福沢諭吉、夏目漱石、司馬遼太郎。

第1章 吉田松陰と沸騰する情熱の伝播
第2章 福沢諭吉の「私立」という生き方
第3章 「夏目漱石」という憧れの構造
第4章 日本史をつなぐ司馬遼太郎

posted by mulberry at 16:31| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「難しいことはわからないので、「孫子の兵法」について世界一わかりやすく教えてください。」(福田晃市)

難しいことはわからないので、「孫子の兵法」について世界一わかりやすく教えてください。 [ 福田晃市 ] - 楽天ブックス
難しいことはわからないので、「孫子の兵法」について世界一わかりやすく教えてください。 [ 福田晃市 ] - 楽天ブックス

2016年3月発行
「難しいことはわからないので、「孫子の兵法」について世界一わかりやすく教えてください。」
(福田晃市)。
http://www.sbcr.jp/products/4797386974.html

文章のような本のタイトル。

僕が人吉海軍航空基地跡の見学に行ったときに
著者も同行してくれました。

ボランティアで、
ここの戦跡の整備やPRをされています。

さて本書ですが・・・
世界一わかりやすいかどうかは・・・??ですが、
13章(チャプター)に分かれています。

各章の各項目ごとに
原文、要点、4コマ漫画、解説、エピソードとなっています。

解説は
「普段の生活や仕事に役立てるには、どのようにすればよいか」
をテーマに構成されています。

各項目、
要点がまさにその通りだと思います。

実行は
そう簡単じゃないなというのがいくつもあるというのが
率直な感想です。苦笑
posted by mulberry at 15:55| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする