2020年01月24日

冬なのにあちこちでヒメツバキの花

DSCN4159(1).jpg


DSCN4157(1).jpg


1/24  旧12/30  晴れ


冬なのに、あちこちで、
ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)花が見られています。

普通、花期は5-7月頃。
パラパラならば他の時期も咲いています。

しかし、
今の咲き方はパラパラレベルではありません。

昨年の花期、花が少なめでした。

また昨年の台風で、かなり葉を落とし、
その後、葉が芽吹きました。

このあたりのことが、
花芽を付け、開花する要因になったのでしょうね。

どちらの要因がより強いのかしら?

さて、今年の花期はどうなるかしら?

posted by mulberry at 07:14| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

デイコ花、色づきだして・・

DSCN4155.JPG


1/23  旧12/29  晴れ

デイコ(マメ科・広域分布種)の花が
色づきだしてきました。

デイコは
デイゴ、ビーデビーデとも言われます。

開花は
例年より、やや遅めに感じます。

花序の付け根のほうから
順次、赤くなってきます。

赤くなったところには
さっそく、メジロが来ていました。

これからしばらくすると、
もっと目立ってくるでしょう。
posted by mulberry at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

直角オガサワラビロウ

DSCN4105.JPG


1/21  旧12/27  曇り

昨日、ジョービーチルートを歩きました。

高山に至るルート沿いに
直角オガサワラビロウ(ヤシ科・固有種)があります。

昔から見ていて、気になっていました。

今も健在です。

幹が横に倒れても、
根が張っていて、枯れなかったのでしょう。

そこから先は、
直角に曲がり、まっすぐ立っています。

昨年の台風でもやられなかったですね。
posted by mulberry at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

オニタビラコ花

DSCN4006(1).jpg


DSCN4004(1).jpg



1/17 旧12/23  晴れ

集落エリアの道端では
オニタビラコ(キク科・外来種)の花が咲いています。

頭花は黄色、
舌状花のみ多数です。

舌状花は20以上ありそうですね。

中央部に棒状にのびている部分に
おしべ・めしべがついています。

先端部がめしべ柱頭です。

頭花のサイズはごくこぶりで、
指のサイズくらいです。

posted by mulberry at 08:29| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

ガーベラの花

DSCN3716(1).jpg


DSCN3717(1).jpg


1/11  旧12/17  曇り


墓地の一角、
直植えのガーベラ(キク科・外来種)が咲いていました。

ガーベラは様々な品種があるようで、
品種名までは分かりません。

頭花は
外側に舌状花多数、内側に筒状花多数です。


人家や墓地は
まだいろいろな園芸種がありそうです。

たまに調べないといけませんね。
posted by mulberry at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

オオコウモリのペリット(モモタマナ果実)

DSCN3991.JPG


1/10  旧12/16  晴れ

モモタマナ(シクンシ科・広域分布種)の樹下、
果実とオオコウモリのペリットが落ちています。

オオコオウモリは果実の果肉をかじって、
はき出した部分がペリットです。

ペリットは
せんべいのように平べったい円形です。

きっと夜には
オガサワラオオコウモリは来ているのでしょう。

posted by mulberry at 07:34| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

ヤシの影がシルエットに

DSCN3938.JPG


1/3  旧12/9   曇り

浜辺で
ヤシの影がシルエットになっています。

南国らしい風景です。

扇浦です。

とはいっても、
このヤシは植栽で、外来種です。


小笠原の自生のヤシ科植物は
オガサワラビロウとノヤシだけです。

集落エリアのヤシは
ほとんど植栽の外来種です。


多いのは
ココヤシ、トックリヤシ、トックリヤシモドキなど。

ユスラヤシ、マニラヤシ、シンノウヤシ、アレカヤシなども。
posted by mulberry at 06:53| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

(ホソバ)キンゴジカ花

DSCN3922(1).jpg


DSCN3923(1).jpg


12/29  旧12/4  晴れ

とある道端で
ホソバキンゴジカ(アオイ科・外来種)が花をつけています

小笠原には
ホソバキンゴジカ、キンゴジカなどあるようです。

図鑑で見た限りは
ホソバキンゴジカかと思います。

花は淡黄色、5弁。

おしべ多数、めしべも複数(5以上?)あります。

漢字では
細葉金後時花と書くようです。
posted by mulberry at 08:06| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

クサスギカズラ花

DSCN3903.JPG



DSCN3912.JPG
果実



12/26  旧12/1  曇り

父島の一部で野生化している植物。

実は名前も知りませんでした。

花が咲いていたので、調べてみました。

クサスギカズラというんですね。
クサスギカズラ科(キジカクシ科)・外来種です。

細い葉がたくさんつき
地を這うようにのびています。

そこが草杉(クサスギ)なのでしょう。
つるだから葛(カズラ)ですね。

雌雄異株のようです。

花は花被片6、
おしべ6、めしべ1です。

この写真の花は
花粉もしっかりついているので雄花かと思います。

果実のついているのは雌株ですね。

今後、もっと調べてみます。
posted by mulberry at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

南島のアカテツ

DSCN3839(1).jpg

DSCN3841(1).jpg


12/22  旧11/26  晴れ

父島の山地では
普通に見られるアカテツ(アカテツ科・広域分布種)。

小さな島の南島ではごくレアです。

以前に一度見ていました。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/427522602.html

今年度の作業でも1本見つけました。

クサトベラの群生の中に混ざって生えていました。

この島へのアカテツの散布方式は
鳥散布でしょうね?

南島には
何本のアカテツがあるかしら?
posted by mulberry at 08:05| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

テリハニシキソウ

DSCN3732.JPG


12/20  旧11/25  晴れ


テリハニシキソウ(トウダイグサ科・固有種)です。

父島では
山の上の岩場でわずかに自生しています。

とても似た
シマニシキソウ(トウダイグサ科・外来種)も近くに生えています。

草丈や葉のサイズは
シマのほうがやや大きくなるようです。

でもそれではわかりにくいのです。

確実な見分けは
葉や茎の毛の有無です。

テリハは
葉も茎にも毛がありません。

ツルツルした感じです。

シマのほうは
葉は無毛のようなのもありますが、
茎は毛が生えています。


ただし、
テリハはごくわずかです。

posted by mulberry at 07:31| 東京 🌁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

バラアサガオ(ウッドローズ)花

DSCN3849(1).jpg


DSCN3848(1).jpg


12/19  旧11/23  晴れ

ウッドローズ(バラアサガオ・ヒルガオ科・外来種)の花が
咲いています。

あちこちに野生化している本種。

大きめの黄花で、
咲き出すととても目立ちます。

今年は、台風の影響か、
花がやや少ないように思います。

花は黄色、漏斗型合弁花冠。
おしべ5、めしべ1です。

posted by mulberry at 08:43| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

赤く染まるミルスベリヒユの葉

DSCN3873(1).jpg


DSCN3872(1).jpg


12/18  旧11/22  晴れ

南島外周部に自生する
ミルスベリヒユ(ハマスベリヒユ・ハマミズナ科・広域分布種)。

これも台風の影響かもしれませんが、
葉が赤くなっています。

ふつうは緑色です。

近くで見ると、緑の葉もあり、
元気がないようには見えません。


今後、
徐々に、緑が増えていくのでしょうね。
posted by mulberry at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

ツルワダン花

DSCN3843.JPG


南島では
ツルワダン(キク科・固有種)の花が咲いています。

南島で見ている限りは
あまり花期が明確ではありません。

つまり通年に近く、花が見られています。

頭花は
黄色の舌状花が15以上ありますね。

舌状花の数と同じだけ
中央部の棒状のものがのびています。

めしべとおしべが一体になったものです。

先端部で、
めしべの花柱が2分枝しています。

おしべは
棒状の中間部についています。

posted by mulberry at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

カラシナ(セイヨウカラシナ)花

DSCN3697(1).jpg


DSCN3698(1).jpg

海沿いの空き地で
カラシナ(セイヨウカラシナ・アブラナ科・外来種)の花が
咲いていました。

普通は3月頃の花です。

11月頃から咲いていて、
これも、台風のせいでしょうか?

花は黄色4弁。

おしべは6で、
外側に小形のものが2、内側に大型のものが4(四長雄しべ)。

雌しべは1(2心皮性)。

種はマスタードの原料になります。

葉も食用で、
生でかじっても辛いです。
posted by mulberry at 07:55| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

オガサワラビロウ、場所が違えば・・

DSCN3815(1).jpg


DSCN3818(1).jpg

12/15  旧11/19  晴れ


2つの写真のヤシは
同じオガサワラビロウ(ヤシ科・固有種)。

柄の長さが
2-3倍くらい違っています。

生えているのは
風衝地と高木林内との違いです。

柄が短いのはやはり風衝地。
1-2mほどです。

背丈も短めです。

森林内は
2-3mありそうです。

背丈も大きくなりやすいです。

形状だけ見ていると、
同じオガサワラビロウには見えませんね。
posted by mulberry at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

オガサワラグミ花

DSCN3730(1).jpg


DSCN3728(1).jpg


12/11  旧11/15  晴れ

オガサワラグミの甘い芳香が
漂っています。

例年、
11-12月頃が花期です。

花は地味で、こぶりですが、
数はとても多いです。

花弁はなく、
萼片が4裂し、花冠状になっています。

外側は黄褐色の点状の模様がついています。
内側は黄白色です。

おしべ4、めしべ1です。

posted by mulberry at 07:20| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

ムラサキカタバミ花

DSCN3694(1).jpg


DSCN3691(1).jpg


12/10  旧11/14  晴れ

ムラサキカタバミ(カタバミ科・外来種)の花です。

例年、
12月ごろから道端で咲き始めます。

草丈も短いですが、
花の色がよく目立ちます。

花は桃色5弁、
おしべは10(長5、短5)めしべ5心皮、柱頭と花柱5)。




posted by mulberry at 07:10| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

センネンボク花

DSCN3719(1).jpg


DSCN3720(1).jpg


12/7  旧11/11  曇り


墓地の中で
センネンボク(キジカクシ科・外来種)の花が咲いていました。

センネンボクは色々品種がありそうです。
品種まではわかりません。

この個体の花は薄桃色で花被片6。
おしべ6、めしべ1。

芳香もあります。

和名よりも
コルディリネ、ティ―リーフ、ティー
と呼ばれることが多いかと思います。

posted by mulberry at 07:52| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

ヤドリフカノキ花

DSCN3715.JPG


12/6  旧11/10  晴れ

ヤドリフカノキ(ウコギ科・外来種)の花が
咲いていました。

小ぶりな白っぽい花を多くつけます。

花は5弁、おしべ5、めしべ1です。

芳香が漂うので、
花期はすぐわかります。

夜間、
オオコウモリが来ていることもあります。


本種は
カポック、ホンコンカポック、シェフレラなどともいうようです。

ヤドリフカノキは「宿り鱶の木」です。

つまりヤドリ・フカノキです。
ヤドリフ・カノキではありません。
posted by mulberry at 12:55| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする