2018年01月19日

フシザキソウの花

DSCN4284.JPG


フシザキソウ(キク科・外来種)の花です。

かなり小ぶりな花、
黄花で舌状花は4-7枚ということです。

北袋沢の山道のはじめの頃に
他の外来種草本とともに混生して生えています。

他の場所で
どの程度広がっているかはよくわかりません。

まだ
それほど広範囲ではない気がしますが・・

草丈50-60cm
葉がざらざらしています。
posted by mulberry at 10:48| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

南島でよく出るコヒロハハナヤスリ

DSCN4177.JPG

1/19  12/3  晴れ

コヒロハハナヤスリ(シダ・ハナヤスリ科・広域分布種)です。

父島でも見たことがありますが、
めったに見ないですね。

南島では
上陸してすぐの鞍部や陰陽池奥の草地などによく出ています。

棒状の胞子葉がのびています。
先端が胞子嚢穂です。

基部の方に栄養葉である葉があります。

本種は新芽が巻いた状態にはならなくて、
まっすぐだそうです。
posted by mulberry at 08:22| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ムニンシダ(広域分布種)の胞子嚢群

DSCN4291.JPG


DSCN4292.JPG

ムニンシダ(チャセンシダ科・広域分布種)。

小笠原(の)シダという意味ですが、
広域分布種なのです。

国内では小笠原だけなのですが、
台湾やマリアナなど海外に広く分布があるようです。

葉の裏に
線形で複数の胞子嚢群がつきます。

沢沿い・湿っぽい場所の岩場に生えています。

葉の形が変形した菱形でわかりやすいかしら?
posted by mulberry at 11:48| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

コハマジンチョウ(ゴマノハグサ科)花

DSCN4164.JPG

1/18  旧12/2   晴れ

小笠原では自生ゴマノハグサ科植物は
コハマジンチョウ(ゴマノハグサ科・広域分布種)のみです。

小笠原の分布は父島・弟島です。

父島での分布は
地質が石灰岩のところにほぼ限られています。

ジョンビーチ周辺や南島です。

南島では
外周部は尾根沿いなど広範囲に分布しています

内部のルート沿いでも見られます。

つる性で地上を這うように生えています。

花は白っぽくごく小ぶりです。
5裂、おしべ4、めしべ1です。

秋以降の涼期によく咲いています。
posted by mulberry at 11:12| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

ムニンタイトゴメ花(2018)

DSCN4266.JPG

1/17  旧大12/1  晴れ

ムニンタイトゴメ(ベンケイソウ科・固有種)の花。

父島のルートでは
2カ所が定番の見やすい場所です。

どちらも岩場で今咲いています。

ごく小ぶりな黄花です。
5弁、おしべ10,めしべは5心皮
posted by mulberry at 06:57| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

赤い葯がたくさんつくシマイスノキ

DSCN4196.JPG

乾性低木林の主要樹木、シマイスノキ(マンサク科・固有種)。

花期を迎えているようで、
あちこちで赤い葯がついています。

目立つというほどでもないですが、
それなりにはわかると思います。

赤いのはおしべの葯です。

葯はかなり小さいですが、数は多いです。

乾性低木林で探してください。
posted by mulberry at 18:19| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

ビーデビーデ(デイコ)の開花

DSCN4256.JPG


1/15  旧11/29  曇り

デイコ(マメ科・広域分布種)が開花し始めました。

中心集落には
道路沿いに大きな木がいくつかあります。

例年、
開花が早い木はだいたい決まっているような気がします。

同じ地域での開花時期の違いは
何が強く影響しているのでしょうか?

気になるところです。

ビーデビーデは島名です。
posted by mulberry at 07:11| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

カンヒザクラの花(2018)

DSCN4251.JPG

1/14  旧11/28  晴れ

今年も
カンヒザクラ(ヒカンザクラ・バラ科・外来種)が咲き始めました。

例年も
1月中頃から咲き始めているようです。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%92%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9

花の見頃は
1月末から2月にかけてでしょう。

花弁はピンク色の5弁。
おしべ多数(20くらい)、めしべ1です。


小笠原ではソメイヨシノがありません。

ソメイヨシノが咲く頃には
カンヒザクラはサクランボをつけつつあります。笑
posted by mulberry at 07:10| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

ムニンシャシャンボの花

DSCN4248.JPG

DSCN4246.JPG


1/13 旧11/27  曇り

ムニンシャシャンボ(ツツジ科・固有種)の花が
咲いています。

こぶりな白いかわいい花で
甘い芳香もあります。

花は幅広い筒状で、先端は浅く5裂。

中にはおしべ10,めしべ1。

こうやって花冠を開かないと、
おしべの数はわかりませんね。

小笠原でツツジ科植物は本種とムニンツツジの2種で、
父島列島にしかありません。
posted by mulberry at 08:13| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

ムニンイヌグスの花

DSCN4228.JPG

1/12  旧11/26  小雨

ムニンイヌグス(クスノキ科・固有種)の花が
数カ所で咲いていました。

花が小さいので、咲いていても全然目立ちません。

また肉眼では、
花のつくりがわかりにくいのです。

タブノキと同じとすれば、
花被片6,めしべ1,おしべ9,仮おしべ3,腺体6です。

小笠原ではコブガシ、テリハコブガシも
タブノキ属でおなじ花のつくりのはずです。
posted by mulberry at 08:35| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

セイロンベンケイの栄養生殖(不定芽)

DSCN4201.JPG

1/10  旧11/24  曇り

セイロンベンケイ(ハカラメ・ベンケイソウ科・外来種)は
島内あちこちに野生化して広がっています。

繁殖は
無性生殖で不定芽による栄養生殖です。
http://www2.tokai.or.jp/seed/seed/seibutsu15.htm

セイロンベンケイが生えているところで探すと、
地面に落ちた葉から不定芽が出ているのを見つけられます。

こういう風に増えていくので
葉から芽(ハカラメ)と言われるゆえんです。

おみやげとしても葉が売られています。
posted by mulberry at 08:36| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

ヒメマサキの果実

DSCN4215.JPG


ヒメマサキ(ニシキギ科・固有種)の果実を
見つけました。

小笠原では
ニシキギ科自生種はこれだけです。

果実は4裂します。

中に朱色の仮種皮にくるまれた種子が
複数(1-4ぐらい?)はいっています。

大きさは
長辺でも1cmもないくらいです。

仮種皮をめくると、
中に白い種子があります、
posted by mulberry at 14:01| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

都道沿い法面の自生植物植栽

DSCN4135.JPG


1/4  旧11/18  曇り

最近工事の終わった都道沿いの法面です。

周辺の乾性低木林の主要樹種を植栽しています。

樹種の選定は
僕も少しお手伝いしました。

苗は
小笠原野生生物研究会が育てたものです。

数年後に
周辺の環境と同じような状態になるとうれしいものです。

なおブルーシートのところは
小4が総合で苗を植えることになっています。

この授業は僕もかかわっているので、
それも楽しみです。

環境教育は
興味・関心・理解から行動へ結びつけていきたいものです。

この取り組みは
まさに行動につながりました。

公共事業と学校教育のコラボです。
posted by mulberry at 07:53| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

赤熟したシマカナメモチの果実

DSCN4107.JPG

1/3  旧11/17  晴れ

シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)の果実が
赤熟しています。

派手な色とともに、果実の数も多いので、
遠目でも目立ちます。

残念ながら、食用にはなりません。

果実のサイズはこぶりで
直径5-6mmといったところでしょうか。

本種は
父島では比較的よく見られます。

しかし
小笠原の分布は父島と兄島だけのようです。

小笠原の自生種
分布が偏っているものもそれなりにあります。
posted by mulberry at 08:11| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

ヒゲスゲの小穂

DSCN3960.JPG

12/21  旧11/4  曇り

ヒゲスゲ(カヤツリグサ科科・広域分布種)の小穂です。

ヒゲスゲは
父島では普通に見られるスゲの1つです。

写真は小穂の先端部で
頂小穂(上)は雄性、側小穂(下)は雌性です。

側小穂は複数つきます。

雌小穂の柱頭は3分岐です。

痩菓は通年で見られます。
posted by mulberry at 11:05| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

ヒメツバキの果実(朔菓)

DSCN3942.JPG

12/20  旧11/3  霧雨

ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)は
山の中で、一年中、花弁が落ちています。

普通
花期としては初夏から夏です。

従って、
この時期は果期を迎えています

果実は朔菓で5裂します。

それぞれの裂片には
2つの薄い平べったい種が入っています。

裂片ができると、
自然と種は飛んでいくのでしょう。
posted by mulberry at 08:25| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

クワノハエノキの花

12/19  旧11/2  小雨

クワノハエノキ(アサ科・広域分布種)の花です。

長年島にいますが、
実は初めて花を見ました。苦笑


雌雄同株ですが、
花は両生花・雄花が分かれています。

花被片4は共通です。

雄花はおしべ4が目立ちます。
おしべと花被片が重なったようになっています。

DSCN3952.JPG


両生花はめしべの柱頭2裂が目立ちます。
奥におしべ4もあります。

DSCN3947.JPG


両生花と雄花があるから、
実質、両生花が雌花の役割ですね。
posted by mulberry at 07:19| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

キンショクダモ、雌株と雄株の花

キンショクダモ(クスノキ科・広域分布種)は
雌雄異株です。

花被片4、腺体4は共通です。
(腺体とは蜜を分泌する器官)

雌株(雌花)、めしべ1だけが目立ちます。
仮おしべ6もあります。

同じ株には
まだ果実がついています。

DSCN3926.JPG

雄株(雄花)、おしべ6が目立ちます。
退化しためしべ1もあります。

DSCN3909.JPG

違いわかりましたか?
posted by mulberry at 10:30| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

シマカコソウ(島夏枯草)の花

12/18  旧11/1  曇り

DSCN3895.JPG

清瀬の苗畑で咲いていました。

シマカコソウ(シソ科・固有集)です。

父島・兄島・母島などに分布していますが、
父・兄はごくわずかです。

白の唇形花。

花冠は5裂、
上唇は短めで2裂、下唇は長めで3裂。

下唇3裂のうち
中央裂片が大きいです。

おしべ4,めしべ1です。

僕も
最近は自生地で見ていないです。
posted by mulberry at 07:32| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

南島、在来種の植栽はできないものか?

DSCN3870.JPG

南島は何年も前から、
植生回復作業が実施されています。

簡単に言うと
外来種駆除、雑草抜きです。

僕も数年はかかわっています。

この写真だと、
下の方の茶色の場所です。

イネ科外来種がはびこっています。

これを抜くと、土壌・赤土がむき出しに。

しばらくすると
またもとの植物が生えてきます。

そして元の状態に戻ります。
何年やっても同じです。

だから、草を抜いたたあとに、
自生植物を植栽できないものかと考えます。

いかがでしょうか?

posted by mulberry at 08:35| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする