2018年04月25日

キキョウラン開花

DSCN5271.JPG


キキョウラン(ワスレグサ科・広域分布種)が開花しています。


ワスレグサ科になってからは
小笠原では同科の植物は本種のみです。

ごく小ぶりな花で、花被片6。

内花被(花弁3)の方が
外花被(萼片3)より色が薄いですね。

おしべ6,めしべ1。

和名は
キキョウに花の色や形が似ているからでしょうかね?

和名の最後にランとついていても、
ラン科ではなく、ワスレグサ科です。
posted by mulberry at 10:15| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

テッポウユリ開花

DSCN5247.JPG


4/25 旧3/10  曇り

テッポウユリ(ユリ科・外来種)が開花しはじめました。


道沿いなどで野生化して広がっています。


大柄な花被片は6、
内花被(大きい方)が花弁3で、外花被(小さい方)が萼片3に相当します。

おしべ6,めしべ1柱頭は3裂)。


芳香もあります。


小笠原でユリ科は
本種、タカサゴユリ、(シンテッポウユリ)の3種が見られますが、
いずれも外来種です。
posted by mulberry at 09:33| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

オクナ・セルラタ(ミッキーマウス・プラント)の果実

DSCN5248.JPG


4/24  旧3/9  晴れ


道端から赤いものが目立っていたので
近づくとこれでした。

アクナ・セルラタ(ミッキーマウスノキ・オクナ科・外来種)の
果実です。

萼片が赤変しています。
めしべも残っています。


果実は5(変異あり)くらいで、
緑から黒に変わっていきます

この果実の形状を
ミッキーマウスに見立てたようですね。

posted by mulberry at 07:22| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

南島、キケマン(ムニンキケマン)の花

DSCN5188(1).jpg


DSCN5190(1).jpg


4/23 旧3/8  曇り


南島では
キケマン(ケシ科・広域分布種)の花がよく咲いています。

総状花序に黄花を多くつけます。

花弁は4で、外側2、内側2です。

外の上側1は距があり、下側1より長くなっています。

おしべ2で花糸は3裂、めしべ1です。

本種は
果期が終わると、枯れてしまいます。
posted by mulberry at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

オキナワテイカカズラの花

DSCN5223.JPG


オキナワテイカカズラ(キョウチクトウ科・広域分布種)の花が
咲き始めています。


花冠は乳白色5裂、
筒部の中におしべ5,めしべ1があります。

テイカとは
藤原定家にちなんでいます。

百人一首で、定家の作品は、
「来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
      焼くや藻塩の 身もこがれつつ」
(こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに
    やくやもしおの みもこがれつつ)

そして、
テイカカズラとなって墓にまでからみついてしまったのですね。笑

posted by mulberry at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

シロトベラ(雌株)の花

DSCN5112.JPG



4/19  旧3/4  曇り


シロトベラ(トベラ科・固有種)の花が咲いています。

さわやかな芳香も漂っています。


花は乳白色5弁花、おしべ5,めしべ1。

雌雄異株です。

この写真は雌株と思われます。

めしべがふくらみ、
おしべの葯が退化したようになっています。

posted by mulberry at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

エノキアオイ(アオイ科)の花

DSCN5159.JPG

4/15 旧2/30 曇り

道端で
エノキアオイ(アオイ科・外来種)が咲いていました。

小ぶりな淡黄色の5弁花。

花の中心から
おしべ・めしべがのびています。

おしべは
黄色の葯がついて多数あります。

めしべは
花柱・柱頭(先が小さな丸)が10本以上のびています。
posted by mulberry at 08:30| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

コマツヨイグサの花

DSCN5166.JPG


海岸の草地などで
コマツヨイグサ(アカバナ科・外来種)の花が目につきだしました。

薄黄色の4弁花、
おしべ8,めしべ1(柱頭4裂)です。

花の色は
のち赤味を帯びてきます。

コマツヨイグサは小待宵草で
宵を待つのは開花ですね。

ユウゲショウも同じアカバナ科で、
色は違いますが、花のつくりは同じようですね。
posted by mulberry at 14:58| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

アリアケカズラ(アラマンダ)の花

DSCN5161.JPG

アリアケカズラ(アラマンダ・キョウチクトウ科・外来種)
の花です。

品種名まではキチンとはわかりませんが
カタルティカであろうかと思います。

集落内で、生け垣にして、
この花がいつも見られる場所があります。

大柄な黄花で
漏斗状で先端は5裂。

おしべ5,めしべ1は
花冠の付け根のところについています。

ヤハズカズラやツンベルギアはキツネノマゴ科ですが、
本種はキョウチクトウ科です。
posted by mulberry at 08:20| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ケキツネノボタンの花

DSCN5152.JPG


4/14  旧2/29  晴れ

北袋沢の道端で
ケキツネノボタン(キンポウゲ科・外来種)が咲いていました。

こぶりな黄色の5弁花。
おしべ多数、めしべ多数。

葉は3出、
切れ込みの深い小葉は3裂。

和名は毛のあるキツネノボタンで、
「毛狐の牡丹」です。

葉がボタン(牡丹)に
やや似ているようです。
posted by mulberry at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

ヒメツバキの花もちらほらと

DSCN5150.JPG

4/13  旧2/28  曇り

ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)が
ちらほらと咲き始めています。

乳白色の5弁花。

5弁のうち
1つの弁がお椀型で小さめです。

おしべ多数、、めしべ1。

あちこち花が目につくようになるのは
まだしばらく先ですね。

今、
ヒメツバキは新葉の赤みが目立っています。
posted by mulberry at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

シマギョクシンカの花

DSCN5139(1).jpg

DSCN5134(1).jpg

4/12  旧2/27  曇り

林内で低木性の
シマギョクシンカ(アカネ科・固有種)が咲き始めています。

甘い芳香もあります

半球状の集散花序で、
花が盛りになると、半球状の形がよくわかります。

咲き始めは
あまり形が整っていません。

1つの花冠は白、5裂。
おしべ5,めしべ1(花柱は棍棒状)。
posted by mulberry at 07:08| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)の花

DSCN5146.JPG

4/11  旧2/27  曇り

クダモノトケイソウ(トケイソウ科・外来種)の花です。

近隣の方が栽培していて、
たくさん花をつけています。

果実はパッションフルーツです。

果実も美味ですが、
花も大柄で観賞用にも向いています。

花のつくりは
ちょっとわかりにくいですね。

白と紫の糸状の目立っているのは
副花冠。

その後ろに
白い花弁5と白い萼片5があります。

中心に近いところで、
放射状に広がるおしべ5。

中心からめしべ1がのびて、
柱頭は3裂です。

このあと、
果実が楽しみですね。
posted by mulberry at 08:28| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

ユウゲショウの花

DSCN5126.JPG

清瀬信号付近の草地で
小ぶりな薄紅色の花が咲いています。

歩いていると、目につきます。

このあたりで
広がりを見せつつあります。

ユウゲショウ(アカバナ科・外来種)、
アカバナユウゲショウともいうようです。

4弁花、おしべ8、めしべ1(柱頭4裂)です。

夕化粧なんて風情のある名前ですが、
日本国内では外来種です。もちろん小笠原でも。
posted by mulberry at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

ベニフクリンセンネンボクの花

DSCN5106(1).jpg


DSCN5108(1).jpg

4/8  旧2/23  曇り

夜、集落で芳香があるので、
探したらこの花でした。

ベニフクリンセンネンボク(キジカクシ科・外来種)、
一般にはドラセナ、ドラセナ・コンシンネで通っています。

花序に多くの花がつきます。

白花で、
花被片6、おしべ6、めしべ1です。

花被片もかなり細くて、
おしべと花被片が同じように見えます。

花被片は幾分幅があります。
posted by mulberry at 09:06| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

オガサワラクチナシの花

DSCN5104(1).jpg

DSCN5103(1).jpg


オガサワラクチナシ(アカネ科・固有種)の花を
見つけました。

車で走っていて、
真っ白になっているところがありました。

近づくと本種の花でした。

芳香も漂います。

花冠は白、
普通6裂ですが、5-7裂ぐらいの変異もあります。

おしべ6(裂数)、めしべ1で柱頭は2裂。

これから他の場所でも
咲き始めてくるでしょうね。
posted by mulberry at 08:35| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

グンバイヒルガオの花

DSCN5088.JPG


4/7  旧2/22 晴れ

グンバイヒルガオ(ヒルガオ科・広域分布種)が
咲いていました。

まだ咲き始めの時期ですので、
花はごくわずかです。

大柄なピンク色、漏斗状の合弁花冠です。
おしべ5、めしべ1が筒の中に見えます。

例年、GWすぎ頃から
花が普通に見られるようになってきます。

グンバイは軍配で
葉の形から来ています。
posted by mulberry at 07:20| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

アカバナルリハコベの花

DSCN5072.JPG

4/6  旧3/21  晴れ

ルリハコベの赤花タイプ、
アカバナルリハコベ(サクラソウ科・外来種)の花がよく咲いています。

小笠原では
赤花タイプしか見たことがありません。

花冠は赤花で
5弁花のようですが、5裂です。

おしべ5,めしべ1。

おしべ、めしべの付け根のあたりは
柔毛におおわれています。

これは
おしべの花糸は花冠の裂片と合着したものです。

posted by mulberry at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

チチジマイチゴ(固有種)の花

DSCN5068.JPG

4/4  旧2/19  曇り

チチジマイチゴ(バラ科・固有種)が咲いています。

父島のみ分布で、
父島の中の分布も限られています。

その限られた分布が、私有地の多いところで、
戦前耕作地だったようなところです。

そこが不思議な点です。

ハチジョウクサイチゴとは
葉の形が明らかに違っていて見分けは簡単です。

花は白で、花弁は基本5弁のようですが、
たいてい重弁となっていて、弁数がわかりにくいです。

5の倍数でしょうか?

おしべ・めしべは多数。

おしべが外側で先端に葯があります。
めしべは中央部にまとまって白い糸状です。

めしべの内側には花托があり、
イチゴの赤くなる部分です。

posted by mulberry at 07:18| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

ローレルカズラ(ゲッケイカズラ)の花

DSCN5049(1).jpg

DSCN5053(1).jpg

ローレルカズラ(キツネノマゴ科・外来種)の花が
咲いています。

ゲッケイカズラ、ツンベルギア・ラウリフォリアなどとも
言うようです

本種は
ローレル(月桂樹)と葉が似ているようです。

花は大柄で薄紫、5裂

筒部も広めで、
外から中のおしべやめしべが見えます。

おしべ4,めしべ1。
posted by mulberry at 14:08| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする