2019年06月24日

保護増殖株、ヘラナレン花

DSCN2476.JPG

6/24  旧5/22  晴れ

保護増殖株のヘラナレン(キク科・固有種)、
花が咲いています。

父島では見られませんが、
母島に行けば、自生しているところがあります。

花期は普通11月頃のようですが、
保護増殖株はそれ以外の時期も、花をつけています。

花は白、
1つの頭花に5つの舌状花です。

キク科ですので、
5弁花ではありません。

舌状の部分と対になって
1つのおしべ・めしべがのびています

先端にめしべ、
軸のところにおしべがついています。
posted by mulberry at 17:54| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

ヤコウボク花

DSCN2555.JPG


6/21  旧5/19  梅雨空

ヤコウボク(ナス科・外来種)の花の香が
夜間、よく漂うようになりました。

香りは強いですが、
花は数は多いのですが、見た目は地味です。

花冠は筒上部が長く、先は星型5裂、
おしべ5、めしべ1です。

道端で生えていえる株は、
野生化して広がったものかしら?

夜香木(ヤコウボク)、夜香花(ヤコウカ)
と言われています。




posted by mulberry at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

タコノキ雄花(雄株の花)

DSCN2546(1).jpg

DSCN2545(1).jpg


6/20  旧5/18  曇り

タコノキ(タコノキ科・固有種)は雌雄異株。

雄株が
穂状花序をのばして花をつけだしています。

花序を包んでいる総苞は
トウモロコシの皮のような色合いです。

雄株の花(雄花)は
おしべだけが多数ついています。

セイヨウミツバチが集まってきます。


posted by mulberry at 07:48| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

ジャポチカバ花

DSCN2537.JPG


ジャポチカバ(フトモモ科・外来種)の花です。

幹から直接花が出ている乾生花です。

いずれ、
この部分が果実にもなります。

果実はぶどうのような感じで、
甘くおいしいです。

南アフリカでは
果実の食用目的でよく栽培されているそうです。

花は
フトモモ科らしいつくりです。

白花4弁、おしべが長く多数、めしべ1です。


特に和名はなさそうです。

posted by mulberry at 07:25| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

ウコギ科・タイワンモミジ花

DSCN2432.JPG

6/18  旧5/16  曇り


住宅の生け垣になっている
タイワンモミジ(ウコギ科・外来種)。


ポリスキアス・フルティコサ(ポリシャス・フルテイコサ)、
島名・ハゴロモ。


小さな花をつけています。

雌雄異株か雌雄同株か
よくわかりません。

この花は
めしべが退化して雄花のように見えますが・・・。

5弁花、おしべ5、めしべ1。

posted by mulberry at 08:16| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

ヤエヤマコクタン、雄株の花(雄花)

DSCN2444.JPG


6/17  旧5/15  曇り

父島清瀬地区の周辺の樹林では
ヤエヤマコクタン(リュウキュウコクタン・カキノキ科・外来種)が
多数生えています。

雌雄異株です。

5-6月ごろ
小さな花を多数つけます。

雌雄とも
花冠は乳白色、3裂(4裂もあり)です。


雄株の花(雄花)は
おしべ9くらいだけがついています。


posted by mulberry at 07:17| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

オオバシマムラサキ花、短花柱タイプ

DSCN2478.JPG


6/16  旧5/14  雨

オオバシマムラサキ(シソ科・固有種)の花で、
短花柱タイプ。

おしべ4より短いめしべ1があります。

雌雄異株で
このタイプの花は、実質、雄花(雄株の花)です。

雄株はめしべがあって短花柱タイプと
めしべが退化してないタイプとがあります。

基本の花のつくりは
淡紅色4裂、おしべ4、めしべ1。

http://ogasawara-info.jp/pdf/isan/shiyu.pdf
posted by mulberry at 07:17| 東京 🌁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

ノヤシ花

DSCN2481.JPG


6/15  旧5/13  曇り

ノヤシ(ヤシ科・固有種)の花です。

花序に小花がまとまってつきます。

本種は雌雄同株で、
花は雄花・雌花に分かれます。

資料によると、
3つの花が1つの花群となり、
中央が雌花、両側が雄花です。

花は花弁・萼片それぞれ3、おしべ6、めしべ1です。

雄花は
めしべが退化しているものと思われます。(要確認)


中央部写真の花は
3裂の柱頭が見えるので、雌花と思われます。


再度、
花・雌花の観察が必要です。
posted by mulberry at 07:44| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

アカテツの両性花

DSCN2288(1).jpg

DSCN2289(1).jpg


6/13  旧5/11  曇り

研究報告によると
アカテツ(アカテツ科・広域分布種)はおおむね雌雄異株のようです。
https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2359&item_no=1&page_id=30&block_id=155

花は
両性花と雌花の2タイプです。

両性花は雌性の機能を失っています。

つまり、
両性花が雄花の役割ですね。

先日、
両性花を見つけました。

数は多いですが、
小ぶりでとても地味です。

両性花は花冠が5裂、
おしべ5、めしべ1です。

posted by mulberry at 08:12| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

オガサワラアザミ、父島のわずかな自生地

DSCN2407(1).jpg


DSCN2408(1).jpg


6/12  旧5/10  雨

オガサワラアザミ(キク科・固有種)は
父島ではわずかに自生地がある程度です。

もともとヤギの食害の悪影響だと
言われています。
(クマネズミにも葉がやられるかも?)

集落近い浜場に
まとまった自生地があります。

ただし、磯伝いに行くので、
潮が引かないと、行くのは困難です。

花期になると、
たまに見に行きます。

今年も
5月初旬の大潮の干潮時に行ってきました。

年々、
数が減っているような気がしています。

モクマオウが成長して、
日陰になってきているせいかしら?
あるいはほかの影響か?

同じ場所に自生していたツルワダンも、
全く見つかりませんでした。

ちょっとまずいですね。
posted by mulberry at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

シンノウヤシ、雌株の花(雌花)

DSCN2427(1).jpg

DSCN2428(1).jpg

6/10  旧5/8  曇り

雌雄異株のシンノウヤシ(ヤシ科・外来種)。
フェニックス・ロベレニー、ロベともいわれます。

雌株の花(雌花)です。

花序の先に
多くの雌花がついています。

のちに、果実となります。

雌花は
花被片でくるまれています。
(萼片・花弁とあわせて6か?)

花被片の隙間から
花柱・柱頭3がのびています。


街路樹として植えられている所では、
雌雄では雄株の方がかなり多いようです。
posted by mulberry at 07:59| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

華やかなホウオウボク花

DSCN2401(1).jpg

DSCN2402(1).jpg

6/9  旧5/7  曇り

ホウオウボク(マメ科・外来種)が
花期となっています。

大柄な赤い花を多くつけて、
遠くからも目立ちます。

華やかです。

父島集落では
街路樹や植栽木がそこそこあります。

かなり大木になっているものは
より花が華やかに目立ちます。

1つの花は
花弁5、萼片5、おしべ10,めしべ1です。

赤い花ですが、
一定の率で、1弁に白っぽいのが混ざります。

本種は、のち大きめの種をつけますが、
野生化して広がってはいないようです。

posted by mulberry at 07:01| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

キバナハマヒルガオ花(南島)

DSCN2378(1).jpg

DSCN2382(1).jpg


6/8  旧5/6  晴れ

南島の外周部の一部で
キバナハマヒルガオ(ヒルガオ科・広域分布種)が自生しています。

http://www.jjbotany.com/pdf/JJB_062_88_88.pdf

キバナと和名がついていても、
白花です。

大きな白花で漏斗型合弁花冠。

おしべ5、めしべ1が
筒状部からわずかに外に出ています。

めしべの柱頭は
2裂しているようです。


なお
父島で見られる似たような白い花は
ヨルガオ(トゲヨルガオ)です。





posted by mulberry at 07:41| 東京 🌁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

シンノウヤシ(親王椰子)、雄株の花(雄花)

DSCN2338.JPG


6/4  旧5/2  曇り・ガス

シンノウヤシ(ヤシ科・外来種)、
父島では主に街路樹として植栽されています。

本種は雌雄異株。

花期を迎えると、雌雄の違いが判ります。

雄株の花(雄花)は
3弁花で、花弁先がとがっています。
3弁で、細めの三菱のマークのように見えます。

おしべ6、めしべなしです。


学名から、
フェニックス・ロベレニー、ロべとも言われています。

八丈島では
観葉植物用に栽培されています。

和名は
高岳親王にちなんでいるようです。

http://www.jjbotany.com/pdf/JJB_085_51_52.pdf

だからシンノウヤシなのです。

posted by mulberry at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

小花がまとまるシマカナメモチ

DSCN2329.JPG


6/2  旧4/29  曇り

シマカナメモチ(バラ科・広域分布種)の花が
山地の各所で咲いています。

小笠原では
乾性低木林が広がる、父・兄島に分布。

バラ科の花ですが、
1つずつはとても小さい花です。

まとまって咲くので、
まとまりは直径5-10㎝ほどの円形に見えます。

1つの花は白花5弁。
おしべ20くらい、めしべ1(柱頭・花柱2)。

目を皿にして、よく観察してください。
posted by mulberry at 07:21| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

浜辺でコマツヨイグサの花

DSCN2328.JPG


6/1  旧4/28  晴れ

コマツヨイグサ(アカバナ科・外来種)の花が
咲いています。

それほど大きくはありませんが、
黄色の花が目立ちます。

海岸の砂地や海岸に近い草地で
よく生えています。

南島でも
内陸部にかなり生えています。(除草対象種)



名前の通り、夜間に咲いていて、
翌日には、徐々にしぼんできます。

朝のうちだと、
まだ花弁が開いた状態のも見られます。

花の色も赤変していきます。

薄黄色の4弁花、
おしべ8、めしべ1(柱頭4裂)です。
posted by mulberry at 07:39| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

海辺で映えるグンバイヒルガオの花

DSCN2271.JPG

5/31  旧4/27  雨

海辺で映えるピンク色の
グンバイヒルガオ(ヒルガオ科・広域分布種)の花。

GWすぎごろから、
あちこちで花が咲き出しています。

咲き始めると、
一面、花だらけになります。

花冠は大きめで、漏斗型合弁花冠。
おしべ5、めしべ1です。

11月頃までは
ずっと花が見られます。

posted by mulberry at 07:58| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

ハツバキ、雄株の花

DSCN2282.JPG


ハツバキ(プトランジーヴァ科・固有種)は
雌雄異株。

雄株の花を見つけました。
花弁はなく、萼片が4。

資料では
おしべは8とあります。

普通、
おしべは萼片や花弁と同数かその倍数であることが多いです。

実際に、実物を観察すると、、
おしべの数はばらつきがあるようにです。

なお
雄株の花にはめしべは全くありません。
posted by mulberry at 11:02| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

ヒメツバキの花、咲き始めています

DSCN2265.JPG


5/27  旧4/23  晴れ

ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)が
咲き始めています。

あちこちで、
つぼみがだいぶ膨らんできています。

これからどんどん咲き始めますね。

乳白色の5弁花、
1弁だけ他よりやや小ぶり。

花弁が落ちるとき、
5弁とも一体となって落ちます。

おしべ多数、めしべ1。



posted by mulberry at 11:51| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

ハイビスカスの花

DSCN1450.JPG


5/14  旧4/10  曇り

道沿いの植栽で最もポピュラーな赤いハイビスカス。

園芸種の
ハイビスカス(ブッソウゲ・アオイ科・外来種)

小笠原では
様々な品種のものが見られます。

花は5弁。

おしべは
多数の花糸が合体して筒状になっているようです。

見た目は
花柱の途中からおしべが出ているように見えます。

めしべは1で、柱頭が5裂。
筒状の花糸の中から花柱がのびているようです。


花のつくりも色々ですね



posted by mulberry at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする