2019年01月16日

境浦海軍ダム

DSCN9792(1).jpg
ダム外側

DSCN9783(1).jpg
濾過施設


境浦の山中には
海軍ダムが残っています。

ダムまでは
車でも行けるような道がついています。

このダムは
現在も村の施設として使われています。

海軍が
昭和15年頃以降、艦艇供給用として作ったようです。

ダムの外側には
濾過施設も残骸もあります。

同じ時期のものとして
奄美・加計呂麻島にも残っています。
posted by mulberry at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

1/11横須賀 記念艦三笠

20190111151507082.jpg

20190111151513745.jpg

1/11
横須賀の記念艦三笠に
行きました。

早朝、那覇から飛んで、
羽田から京急で来ました。

じっくり、
1時間ほど見学しました。
posted by mulberry at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

1/9加計呂麻島戦跡

20190109173550549.jpg

20190109173623517.jpg

20190109173636156.jpg

20190109173656174.jpg

1/9
加計呂麻島戦跡です!

海軍戦闘指揮所、海軍ダム、
海軍震洋隊、陸軍弾薬庫など。

ここも
色々残っています。
posted by mulberry at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

1/8奄美大島瀬戸内町戦跡

20190108172132409.jpg

20190108172139686.jpg

20190108172151742.jpg

20190108172444118.jpg

1/8
奄美大島瀬戸内町です。

瀬戸内町教育委員会職員、
ガイドさんなどとまわりました。

父島の戦跡とからめて、
参考になりました。

明日は加計呂麻島の戦跡です!


posted by mulberry at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

1/7午後、奄美大島瀬戸内町

20190107191057303.jpg

20190107191109092.jpg

1/7午後、
奄美大島瀬戸内町です。

高知山展望台から
加計呂麻島を望みました。

手安には
陸軍の弾薬庫。

父島のものと
ほぼ同じでした。
posted by mulberry at 19:13| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

海軍壕公園

20190107120938091.jpg

20190107120947288.jpg

1/7午前、
海軍壕公園に。

壕の中歩き、
壕の勉強しました。

午後は奄美に移動。
posted by mulberry at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

海軍三百三設営隊居住壕

DSCN8934(1).jpg
かまど

DSCN8936(1).jpg
かまど

DSCN8929(1).jpg
貯水槽

DSCN8931(1).jpg
貯水槽蛇口

DSCN8932(1).jpg
貯水槽


電信山の稜線近い所には
海軍303設営隊の居住壕がいくつか残っています。

内部には
かまどや貯水槽もあります。

壕の中で
生活できるようになっています。

壕によっては
縦穴で上へつながるところもあります。

居住壕なのだから、
もっと電信山のふもとのほうでいい気がします。

どうして
稜線近い上の方に作ったのでしょうかしら?
posted by mulberry at 08:56| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

奥村平射砲台

DSCN8941(1).jpg
砲座

DSCN8943(1).jpg
砲座

DSCN8945(1).jpg
銃眼

DSCN8942(1).jpg
バッテリー


奥村の電信山斜面にある砲台。

かなりふもとに近い場所にあります。

壕の中には砲座が2つありますが、
据えていた砲は不明。

この砲は
全く形が分からないくらい壊されています。

近くに
バッテリーが複数残っています。



posted by mulberry at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

清瀬弾薬庫(清瀬弾薬本庫)

DSCN8910(1).jpg
銅板張りの内庫


DSCN8911(1).jpg
内庫中扉

DSCN8912(1).jpg
内庫外扉

DSCN8908(1).jpg
通路から見た内庫外扉

DSCN8907(1).jpg
通路から見た外部扉

DSCN8913(1).jpg
外庫と内庫の空隙

DSCN8906(1).jpg
外部とつながる通路


現在、
閉鎖されている清瀬弾薬庫。

3つあります。

いずれも外部扉からは通路があり、
その内部に外庫と内庫の二重構造となっています。

1927年から着工、
1943年頃には完成していたようです。

写真は3号庫で、
内庫は幅5mほど、奥行25mほどあり、
銅板が貼られています。

3号庫は
清涼弾薬庫といわれています。

3号庫は2号庫と
横通路でつながっています。

1号庫は独立しています。


ここは価値ある戦跡なので、
崩落箇所の安全対策をとり、見学できるようにしてほしいものです。
管理者は小笠原支庁です。

posted by mulberry at 15:39| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

海軍石標「海軍二」

DSCN8903.JPG


12/27  旧11/21 曇り

海軍石標「海軍二」です。

この通し番号の石標のうち、
この二と四がルート沿いにあります。

ただし、
四は地面に埋もれかけています。

この二は
夜明山山頂近くにあります。

境界標だと思われますが、
何でこんな大きな石標にしたのでしょうね。
posted by mulberry at 07:47| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

海軍石標「海軍一」

DSCN8884.JPG


12/26  旧11/20  晴れ

「海軍一」
夜明山エリアにある海軍石標です。

ここは
ルートからそれている地点です。

ここに来たのは10年ぶりくらいです。

このサイズの大きな石標が
点在しています。

通し番号になっていますが
きれいに一筆書きになるようには並んでいません。

この並び(番号順)の意味は、よく分かりません。

posted by mulberry at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

向きが逆な十二糎榴弾砲

DSCN8783.JPG


12/20  旧11/14  はれ


巽谷砲台には
三八式十二糎榴弾砲の残骸が2門あります。

いずれも向きが逆です。

一度外に引っ張り出して
前側から中に入れたような感じです。

2門とも
かなり破棄されています。

詳細事情は不明です。
posted by mulberry at 08:16| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

兄島・見返山陣地跡

DSCN8661(1).jpg
右のピークが見返山254m

DSCN8644(1).jpg
北陣地

DSCN8641(1).jpg
南陣地

DSCN8648(1).jpg
東陣地

DSCN8646(1).jpg
西陣地

DSCN8640(1).jpg
階段

DSCN8642(1).jpg
階段

DSCN8643(1).jpg
階段


2018年12月
兄島見返山へ。

ここは岩山で兄島最高峰。
三等三角点あり。

山頂付近には
4方向に向けて陣地跡があります。

監視所ではないでしょうか。
1-2人くらいしか入れません。

奥は少し削ってありますが、
壕のようにはなっていません。

陣地は西・北・南は山頂直下ですが、
東だけやや下にあります。

陣地に至る階段もあり、
南側の方にはふもとに降りる道らしき跡がありました。

posted by mulberry at 08:49| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

サクラビール

DSCN8432(1).jpg

DSCN8433(1).jpg

DSCN8431(1).jpg


サクラビールの瓶です。
http://www.suzukishoten-museum.com/profile/cooperative_firm/sapporobeer/

戦跡のあるところには
たいがいビール瓶も残っています。

ほとんどはキリンか大日本です。

サクラビールはかなりレアです。

僕はまだ1本しか見たことがありません。

ちなみにこの瓶は
小笠原海洋センターで展示のものです。


今、うちの長女は北九州市にいます。
サクラビールも門司が発祥。

ご縁がありますね。笑
posted by mulberry at 17:16| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

海軍航空隊送信所付近の街灯(街路灯)

DSCN8374(1).jpg


DSCN8375(1).jpg


海軍航空隊送信所付近の
街灯(街路灯)と思われる構造物です。

コンクリート製ですね。

高さは4mほどでしょうか。

基部には
電線や碍子が残っています。

まだ情報が少ないので、
街灯かどうかが確信が持てません。

どうでしょうか?
posted by mulberry at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

陸軍軍用食器(名古屋製陶所)

DSCN8317(1).jpg

DSCN8316(1).jpg


我が家の家宝(?笑)の陸軍軍用食器。

金属製(アルマイト)の代用だったようです。
(代用食器)

これは
茶碗くらいの大きさです。

裏には名陶と印されています。
名古屋製陶所のことです。

現在は鳴海製陶のようですね。


ところで
僕は、陶磁器の違いがわかりません。

これは、陶器?磁器?
posted by mulberry at 12:55| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

寿屋(サントリー)、イカリ印ウィスキー?

DSCN8298(1).jpg
瓶の底に錨マーク


DSCN8300(1).jpg
寿屋の刻印


11/10  旧10/3  晴れ

山中に
寿屋(サントリー)の瓶が落ちています。

瓶の底が錨のマークなのは、
最近気づきました。

寿屋ですから、
中身はウィスキーでしょう?

まだきちんと調べがついていませんが、
ネットなどの情報では海軍指定の納入品があったようです。

海軍用イカリ印サントリーウィスキーは
確かにあったのですね。
https://www.suntory.co.jp/whisky/museum/mizukaoru/water_story3.html

瓶が落ちている場所の近くには
海軍の洞窟砲台があります。

きっとこの瓶は
海軍用イカリ印ウィスキーだったのでしょう。


posted by mulberry at 07:24| 東京 🌁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

韮山反射炉敷地内大砲展示

DSCN8007(1).jpg
鉄製24ポンドカノン砲(再現)  屋外展示 


DSCN8015(1).jpg
後方から

DSCN8016(1).jpg
前方から


DSCN8008(1).jpg
説明板

DSCN8027(1).jpg
青銅製20ドイムモルチール  室内

DSCN7980(1).jpg
同上

DSCN7977(1).jpg
説明板

DSCN8014(1).jpg
青銅製29ドイムモルチーム 屋外展示


2018年10月
韮山反射炉へ。

敷地内で大砲展示がありました。

当時、
こういった大砲がこの反射炉で作られたようです。

24ポンドカノン砲は再現です。

posted by mulberry at 11:58| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

掛川市浜野・遠江射場

DSCN8199(1).jpg
砲座

DSCN8197(1).jpg
砲座遠望

DSCN8198(1).jpg
砲座

DSCN8193(1).jpg
射場隧道

DSCN8194(1).jpg
内部


DSCN8191(1).jpg
以下、各用途の構造物(建物)

DSCN8201(1).jpg

DSCN8200(1).jpg

DSCN8203(1).jpg

DSCN8204(1).jpg


2018年10月
静岡県掛川市浜野の遠江射場へ。

これは
東京第一陸軍造兵廠の射場だったようです

射場とは
大砲などの発射実験を行う場所です。

建物は複数残っていますが、
それぞれの用途はまだきちんと調べていません。

戦後、
土地所有者が利用しているものもあるようです。

廃墟のようになっているものも
ありました。

このエリアの戦跡は
隧道を除き、私有地にあるようなので、ご注意ください。
posted by mulberry at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

伊豆大島龍王崎陸軍監視所

DSCN7626(1).jpg
防空壕

DSCN7622(1).jpg
防空壕


DSCN7624(1).jpg
防空壕内部

DSCN7625(1).jpg
防空壕屋上部 換気口?

DSCN7632(1).jpg
水槽

DSCN7633(1).jpg
かまど

DSCN7634(1).jpg
構造物?


DSCN7635(1).jpg
竜王埼灯台


DSCN7627(1).jpg
眼下は波浮港

DSCN7638(1).jpg
戦争遺稿説明板


2018年
伊豆大島龍王崎陸軍監視所を訪ねました。


そばには竜王埼灯台があります。
江戸時代には鉄砲場だったそうです。

眼下には波浮港です。

ここで
マリアナ方面から空襲に来る飛行機や攻撃に来る艦隊などの監視を
していたのでしょう。

防空壕・塹壕・水槽・かまどなどが残っていました。
posted by mulberry at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする