2020年01月19日

西川倍太郎墓

DSCN4043(1).jpg
正面

DSCN4044(1).jpg


DSCN4046(1).jpg



1/19  旧12/25  曇り

奥村にある咸臨丸墓地。

咸臨丸は無事航海を終えています。

乗組員が島で1人だけ亡くなっていて、
その方の墓がここにあります。

他にも墓や史跡があります。

亡くなったのは「西川倍太郎」
(読みはますたろう・出典不明)

墓の側面には
右:大日本官艦咸臨丸乗組  越前國大野藩
左:文久二年戌正月二十七日没享年三十一
  江戸弟西川昌規寸四假(仮)建立
とあります。

西川氏は
咸臨丸の乗組員で父島に滞在中、亡くなったのです。
(自殺とされています。)

この墓は
弟が江戸から運んできたものと思われます。

福井県大野市願了寺には
西川七兄弟の墓があります。
posted by mulberry at 08:21| 東京 ☀| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください