2019年05月12日

コヒロハハナヤスリ(南島)

DSCN1440(1).jpg

DSCN1438(1).jpg

コヒロハハナヤスリ(シダ・ハナヤスリ科・広域分布種)、
南島、上陸してすぐの鞍部で見られています。

かなり多数出ています。

父島でも
たまに見られます。

漢字で書くと小広葉花鑢です。

胞子嚢穂を
ヤスリに見立てたものです。

本種は
胞子葉と栄養葉が分かれています。

直立する胞子嚢穂のあるものが胞子葉。

下側に出る葉が
栄養葉(光合成する葉)です。





posted by mulberry at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください