2019年03月06日

道路上でオガサワラモクズガニ

DSCN0609.JPG


3/6  旧1/30 曇り

僕がオガサワラモクズガニを見つけるのは
ほとんど道路上。

しかも、夜間が多いですね。

生息場所は
普通、沢のあたりだと思います。

彼らは春から初夏にかけて
産卵のため海岸部に降りていきます。

そういう時期になった来た頃でしょうか?


渇水で沢が干上がっているので、
淡水の生き物は危機になっています。

このモクズガニも同様でしょう。

淡水生物は
この危機を乗り超えられるでしょうか?
posted by mulberry at 07:10| 東京 ☁| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください