2019年02月25日

故永島辰次郎君碑文

DSCN0578(1).jpg

DSCN0580(1).jpg

2/25  旧1/21  曇り

この永島辰次郎碑は
旧大村墓地内にあります。

初代ナサニヨル・セーボレー墓のすぐ近く。

この人物の名前でさえ知っている島民は
少ないことでしょう。

タコノ葉細工の説明では、
名前があがることがあります。

永島氏の
来島は明治19年です。

その頃すでに
欧米系の人がタコノ葉細工をやっていました。

それを普及改良に努め、
工芸品にまで質を高めました。

この碑は
当時の島司(今の小笠原支庁長)高崎襄氏が書いたものです。

碑の年月日は
大正6年11月13日です。
posted by mulberry at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください