2019年02月12日

ハナキリン雄性期の花

DSCN0358.JPG


集落内で
ハナキリン(トウダイグサ科・外来種)が咲いています。

本種は
雄性期と雌性期があるようです。

この写真のものは雄性期です。

おしべ5だけが出ています。

移行期に
おしべ・めしべ両方とも出ている時もあります。


赤い花弁のようなところは
苞葉(苞)です。

おしべ5、めしべ1です。

めしべの先の柱頭・花柱は
複数に分かれます。裂数は?

雄性期の方が
苞の部分が大きくなるようです。
posted by mulberry at 09:22| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください