2018年02月07日

オオホシダ(大穂羊歯)

DSCN4615(1).jpg


DSCN4617(1).jpg

オオホシダ(ヒメシダ科・固有種)
父島での分布は限られています。

ムニンミゾシダ、サキミノホシダともいうようです。

オオホシダとケホシダが
並ぶように生えているところもあります。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%82%B1%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%80

明らかにオオホシダの方が大型です。
葉身は1m以上で、2回羽状。

葉の表面はケホシダに似て、
ざらついたつやのない色合いです。

葉の触感は
ケホシダみたいにフワフワ感はありません。

胞子嚢群は、丸く、
中肋から辺縁にかけて、裂片に複数つきます。
posted by mulberry at 14:15| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください