2017年06月15日

ミルスベリヒユ(ハマスベリヒユ)の花

DSCN1837 (640x361).jpg

父島の属島・南島では
ミルスベリヒユ(ハマミズナ科・広域分布種)が自生しています。

小笠原での分布は父島周辺だけです。

父島であるとすれば、
南島に似た環境の南崎周辺かと思います。

多肉質の葉で、
地上部をはうように生えています、

花はごくこぶりです。

花弁なく、蕚片が5裂し、薄桃あるいは桃色です。
おしべ多数、めしべの花柱・柱頭3です。
posted by mulberry at 09:00| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。