2017年05月20日

青灯台のブイ・フロート設置の危機(続報)

DSCN1657.JPG


青灯台のブイ・フロートの設置に関して、
1回目の関係機関との話し合いは不調に終わっています。

その後、
小笠原村、小笠原村観光協会、小笠原安全対策協議会、
建設業界などにご相談に行きました。

いくつかのアイデアもいただきました。

建設業界の保護者からは
防波堤の一部立入りを防ぐバリアの設置や
海側のオイルフェンスの設置などの案をいただきました。

小笠原安全対策協議会さんからは
次善策案をいただきました。
(毎年ブイ・フロートの設置もお願いしています)

保護者の見回りについては
ルールで4年生以下は保護者同伴が義務付けられています。

5年生以上の学年は
3人以上での遊泳が認められています。


長年、
島の人たちに愛されている青灯台のブイ・フロートです。

関係機関の方は一年の我慢というけれど、
たかが一年、されど一年です。

一年でも切らすわけにはいきません。
なんとか島民皆様のご協力をお願いします。

皆様の声を
ぜひ小笠原支庁港湾課へ!!
posted by mulberry at 09:20| Comment(0) | PTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。