2016年10月18日

アカガシラカラスバトの一時飼養施設

PA170128.JPG

以前
兄島のネズミ駆除のため殺鼠剤空中散布が実施されました。

アカガシラカラスバトへの影響を緩和するため、
兄島にいた個体(8羽)をこの一時飼養施設に移していました。

2カ月ほどたち、近いうち放鳥するそうです。

ハトがデリケートな状態にあるため、
一般公開はしていません。

放鳥を前に、
地域連絡会議関係者に公開・説明してくれました。

一時飼育することで
飼育技術の蓄積もできたようです。

posted by mulberry at 07:59| Comment(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。