2016年04月25日

父島北部、オガサワラアザミ群落地の外来種

P4221019.JPG

父島北部に、
オガサワラアザミ(キク科・固有種)の群生地があります。

宮之浜から30分ほど磯伝いに行く場所です。

先日、潮が引いた時に行ってみました。

アザミ自体は奥の斜面の方に多数ありました。
ツルワダンが減っているように感じました。

しかし、
トクサバモクマオウがだいぶ目立ってきました。
ほかにも外来草本がはびこっています。

このままほおっておくと、
オガサワラアザミにも影響が出そうな気がします。

一度、ボランティア募って、
外来種駆除やりたいですね。

この管理者は林野庁?支庁?
posted by mulberry at 15:23| Comment(4) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツルワダンは年々減っている気がします。
私もこの前行った時に1株しか見当たらなかったです。
昨年、一昨年と土砂崩れで、今迄あった所が埋まった感じもあります。
ホント、モクマオウを何とかしたいですね
Posted by ぬま at 2016年04月26日 09:27
ボランティアでいいのでやりたいですね。音頭取りは役場か林野かな?
Posted by よしい at 2016年04月27日 08:22
地図みると国有林ですけど、ぎりぎり海岸扱いなのでしょうか?
村に音頭とってもらいましょう
Posted by ぬま at 2016年04月28日 09:10
浜辺だから海岸扱いにしたほうがよさそうですね。
環境省から村に話しておいてくださいな。
ボランティアでやりましょう。
あのくらいならチェーンソーなしでのこや鉈でいけそう。
Posted by よしい at 2016年04月29日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。