2015年12月19日

小笠原に来なくてはいけない理由、その17「天皇陛下が2代続けて行幸の島だから」

P2220720.JPG

天皇陛下が2代続けて行幸された島は
どのくらいあるのでしょうか?

かなり少ないのではないでしょうか?

小笠原の父島・母島には
昭和天皇と今上天皇が行幸されています。

父島では
2つの碑がお祭り広場に並んでいます。

今上天皇の場合、
皇后の行啓とで、碑は行幸啓となっています。

昭和天皇は
昭和2年7月30日から8月1日にかけて。
碑のあるところは当時大村尋常高等小学校

今上天皇は
平成6年2月12-14日にかけて。(硫黄島を先に訪問も)
碑のあるところの小笠原ビジターセンターを訪問されています。

おそれ多くも、天皇陛下が2代続けて行幸の島です。
国民の皆さん、ぜひあとに続きましょう。笑
posted by mulberry at 07:24| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください