2018年12月31日

12/31サンセットナイト

20181231201843592.jpg

12/31
本年最後のサンセットナイト。

惜しくも水平線前で
終わりました。

星空もよかったです!
posted by mulberry at 20:20| 東京 ☁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

12/31山歩きと森歩き

20181231201606894.jpg

20181231201613584.jpg

12/31
妻が山歩き、僕が森歩き。

山は千尋岩、
森は初寝山など。

それぞれ
楽しんでいただけたかしら?
posted by mulberry at 20:18| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

12/30午後、戦跡ツアー

20181230202829161.jpg

12/30午後、
戦跡ツアー。

香川県三豊市からの大学生2名と
歩きました。

夜明山海軍通信隊送信所。

posted by mulberry at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

センネンボク花

DSCN8925.JPG

DSCN8928.JPG

見送りの時に、レイをかけている人がいます。

その材料になる植物がこれです。

ティ―リーフやティーと言われています。

和名は
センネンボク(キジカクシ科・外来種)。


自宅付近で花をつけていました。
花の時期としては少し早いかも。

花序に小さな花がたくさん。
花は白っぽくて、少し赤みを帯びています。

花被片6、おしべ6、めしべ1です。



1/3出港日には
レイをかけている人を見ることでしょう。
posted by mulberry at 09:15| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

ハナスベリヒユの花

DSCN8949.JPG


ハナスベリヒユ(ポーチュラカ・スベリヒユ科・外来種)
の花。

人家の鉢植えで見つけました。

園芸種で
花の色や品種などいくつかあるようです。

この品種は何かよく分かりません。

花はヒメマツバボタンを大きくした形で、
濃桃色5弁、 おしべ多数(5の倍数?)、めしべ1で柱頭5。
posted by mulberry at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

海軍三百三設営隊居住壕

DSCN8934(1).jpg
かまど

DSCN8936(1).jpg
かまど

DSCN8929(1).jpg
貯水槽

DSCN8931(1).jpg
貯水槽蛇口

DSCN8932(1).jpg
貯水槽


電信山の稜線近い所には
海軍303設営隊の居住壕がいくつか残っています。

内部には
かまどや貯水槽もあります。

壕の中で
生活できるようになっています。

壕によっては
縦穴で上へつながるところもあります。

居住壕なのだから、
もっと電信山のふもとのほうでいい気がします。

どうして
稜線近い上の方に作ったのでしょうかしら?
posted by mulberry at 08:56| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

年末寒波で小笠原もしけ

DSCN8953.JPG


12/29  旧11/23  曇り

年末寒波ですね。

こちら小笠原でも
海はしけとなっています。

気圧配置からすると、
大晦日まで海は悪そうです。

元旦からは
徐々に落ち着いてくるでしょう。

天気も
曇りっぽい予報が続いています。

さて元旦、
初日の出は見られるでしょうか?
posted by mulberry at 08:30| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

奥村平射砲台

DSCN8941(1).jpg
砲座

DSCN8943(1).jpg
砲座

DSCN8945(1).jpg
銃眼

DSCN8942(1).jpg
バッテリー


奥村の電信山斜面にある砲台。

かなりふもとに近い場所にあります。

壕の中には砲座が2つありますが、
据えていた砲は不明。

この砲は
全く形が分からないくらい壊されています。

近くに
バッテリーが複数残っています。



posted by mulberry at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

シマグワ(ヤマグワ)の幼葉は欠刻が目立つ

DSCN8887.JPG


12/28  旧11/22  曇り

道端に生えている
シマグワ(ヤマグワ・クワ科・外来種)の幼葉。

欠刻が目立ちます。
https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/80900.html

オガサワラグワには欠刻ができません。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/463263103.html

わかりやすい見分けです。

でも、オガサワラグワは
道端に生えてくることはないですけどね。


道端に出ているのは、
間違いなくシマグワです。苦笑
posted by mulberry at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

清瀬弾薬庫(清瀬弾薬本庫)

DSCN8910(1).jpg
銅板張りの内庫


DSCN8911(1).jpg
内庫中扉

DSCN8912(1).jpg
内庫外扉

DSCN8908(1).jpg
通路から見た内庫外扉

DSCN8907(1).jpg
通路から見た外部扉

DSCN8913(1).jpg
外庫と内庫の空隙

DSCN8906(1).jpg
外部とつながる通路


現在、
閉鎖されている清瀬弾薬庫。

3つあります。

いずれも外部扉からは通路があり、
その内部に外庫と内庫の二重構造となっています。

1927年から着工、
1943年頃には完成していたようです。

写真は3号庫で、
内庫は幅5mほど、奥行25mほどあり、
銅板が貼られています。

3号庫は
清涼弾薬庫といわれています。

3号庫は2号庫と
横通路でつながっています。

1号庫は独立しています。


ここは価値ある戦跡なので、
崩落箇所の安全対策をとり、見学できるようにしてほしいものです。
管理者は小笠原支庁です。

posted by mulberry at 15:39| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

海軍石標「海軍二」

DSCN8903.JPG


12/27  旧11/21 曇り

海軍石標「海軍二」です。

この通し番号の石標のうち、
この二と四がルート沿いにあります。

ただし、
四は地面に埋もれかけています。

この二は
夜明山山頂近くにあります。

境界標だと思われますが、
何でこんな大きな石標にしたのでしょうね。
posted by mulberry at 07:47| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

海軍石標「海軍一」

DSCN8884.JPG


12/26  旧11/20  晴れ

「海軍一」
夜明山エリアにある海軍石標です。

ここは
ルートからそれている地点です。

ここに来たのは10年ぶりくらいです。

このサイズの大きな石標が
点在しています。

通し番号になっていますが
きれいに一筆書きになるようには並んでいません。

この並び(番号順)の意味は、よく分かりません。

posted by mulberry at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

猿も腰掛けられるコフキサルノコシカケ(?)

DSCN8886.JPG


大きなキノコです。

ボールペンの長さは15cmほど。

このキノコは
長辺40cm、短辺30cmほどでした。

切り株は
トクサバモクマオウと思われます。

キノコは
コフキサルノコシカケであろうかと考えています。

このキノコはたまに見ていますが、
この大きさのはめったにないですね。
posted by mulberry at 10:07| 東京 ☀| Comment(0) | 菌類 | 更新情報をチェックする

初寝浦と北初寝浦

DSCN8881.JPG


12/25  旧11/19  曇り

父島の東側の岩場からの展望です。
(一般ルートではありません)

奥に初寝浦、手前に北初寝浦が
見えています。

実は
まだ北初寝には行ったことがありません。

陸路では
初寝浦から一つ山越えで行けるようです。

この岩場から見る日の出も
きれいそうですよ。

初日の出は
こういう所も来る人がいそうですね。
posted by mulberry at 07:53| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

12/24森歩き 初寝山

20181224160450830.jpg

12/24、森歩き。

5名様と歩きました。

午前、初寝山へ。

アカガシラカラスバトの
鳴き声が数回聞こえ、
一瞬、姿も見えました。

午後は
違う場所に行きました。
posted by mulberry at 16:06| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

オオバシロテツの果実

DSCN8866.JPG


12/24  旧11/18  曇り

西島で
オオバシロテツ(ミカン科・固有種)の果実がなっている個体を
いくつも見つけました。


シロテツの仲間は雌雄異株です。

めしべの子房は
球形で4心皮からなっています。

1つの果実は4室あります。
種子は各室に1つ入っています。

つまり1果実に4種子です。

径5mmほどで黒光りしています。


アカガシラカラスバトには
ちょうどいい餌のサイズです。
posted by mulberry at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

父島、山中の沢はカラカラ

DSCN8824.JPG


これは山道ではありません。
沢筋です。

沢が完全に干上がっています。

もともと水面の広いところは
切れ切れに少し残っているくらいです。


9月頃から雨が少ないので、
沢もとうとうこんな状態になってしまいました。

今でも、
水の流れる沢はわずかしかないでしょう。

沢の生き物は
どうやって避難しているのでしょうね?
posted by mulberry at 09:09| 東京 ☁| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

12/22、西島外来植物除去ボランティア

DSCN8850(1).jpg
作業前

DSCN8868(1).jpg
作業後

DSCN8845(1).jpg
参加者


12/23  旧11/17  晴れ


昨日12/22、
村主催西島外来植物除去ボランティアに参加。

西島北部の山中で、
主にシマサルスベリ(ミソハギ科・外来種)を手鋸で切りました。

午前中、作業をして、
かなりきれいになりました。

今後、在来種が生えて、
大きくなってくれれば言うことないのですが・・・


作業終了後、
午後は陸産貝類の観察など。

西島には
まだ固有種の陸産貝類が生息しています。

ただし、小さいので、
老眼の人にはつらいです。

皆さん、お疲れ様でした。
のこぎりを持った方の手がだるくなっているかもしれませんね。笑
posted by mulberry at 07:25| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

無人岩枕状溶岩(西島)

DSCN8877.JPG


12/22  旧11/16  晴れ

西島西側の海岸付近です。

西島の地質は大部分が無人岩。
http://earth.s.kanazawa-u.ac.jp/~umino/Bonin/Chichi_Guide.pdf

ごろごろした岩が積み重なっている岩の模様が
枕状溶岩です。

枕状溶岩そのものは
父島ではあちこちにありますけどね。



posted by mulberry at 16:28| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

水面の雲と海岸林

DSCN8805.JPG

12/21  旧11/15  晴れ

小港の風景です。

河口付近なので、
八瀬川の流れも、ほとんどないくらい。

風が弱いときは
周りの風景や星や雲が映ります。

日中だったので、
ぽっかり浮かぶ雲がきれいに映っていました。

川沿いは
オオハマボウ(アオイ科・広域分布種)の群生地となっています。

ちなみに
ヒルギの仲間はありません。
posted by mulberry at 08:21| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする