2018年11月30日

ムニンクロガヤ(広域分布種)の痩果

DSCN8521.JPG


11/30  旧10/23  晴れ

山中のやや開けた道端に多い、
ムニンクロガヤ(カヤツリグサ科・広域分布種)。

小穂は黒っぽい色です。

クロガヤの黒は
この小穂から来ているのでしょうね。

しかし、
中の痩果はつやつやした黒赤褐色です。


南西諸島などのクロガヤとは別種で、
痩果の色などに違いがあるようです。


ただし、
ムニンクロガヤは東南アジアにも分布があるようです。



posted by mulberry at 08:09| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

アコウザンショウ果実とアカガシラカラスバト

DSCN8588.JPG


午後、
アカガシラカラスバトを見つけました。

見つけたときは地上部にいて、
すぐに樹上に行きました。

僕らの気配を感じたようです。

そこは、
アコウザンショウの果実がある場所でした。

アコウザンショウの果実は
アカガシラカラスバトにとって冬場の重要な餌資源です。

果実の落ちているところは
独特の香りがするので、すぐ分かります。

アコウザンショウ果実があると、
アカガシラカラスバトが居るというわけではないですが・・・

遭遇確率はやや高いですね。





posted by mulberry at 16:28| 東京 ☁| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

シマオオタニワタリ、山中も増えてきました

DSCN8538.JPG


11/29  旧10/22  曇り


ヤギの食害を受けやすいシダ、
シマオオタニワタリ(チャセンシダ科・広域分布種)。

小笠原では人が食べる風習はないようですが、
新芽は食用にもなります。

僕は西表で食べました。


ヤギ駆除の成果で
ヤギの個体数が減っています。

そのため、
ヤギの食害が減っています。

山中には
よくしげるところも出てきました。

本来はこれが普通なのでしょう。
posted by mulberry at 07:14| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

ビワの花

DSCN8492.JPG


近所の庭先で
ビワ(バラ科・外来種)が咲いていました。

ビワすなわち枇杷、
科を意識していませんでした。
 
花を見て、
バラ科だったんだと、妙に納得しました。

白い5弁花、おしべ多数、めしべ1です。

2月頃、おいしい果実が食べ頃になります。

楽しみです。
また持ち主から取らせてもらいましょう。
posted by mulberry at 08:26| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

小笠原のオニホラゴケ(シダ)は新種かも?

DSCN8529(1).jpg
表面

DSCN8534(1).jpg
裏面、胞子嚢群が突起になっています


11/28  旧10/21  曇り


父島の湿っぽい谷間に生えている
オニホラゴケ(シダ・コケシノブ科・広域分布種)。

小笠原での分布は父島だけのよう。

最近、シダの研究者が来て、
本種の生息場所を紹介しました。

その方によると、
他のオニホラゴケとは違っているようで、新種かもということです。

今後、分析が進み、はっきりしてくることでしょう。

さて、新種、固有種となると、
和名はどうなるのかしら?

オガサワラホラゴケ、ハハジマホラゴケは
すでにもうあります。

では、ヨシイホラゴケ。爆笑

posted by mulberry at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

南島サメ池西側の洞窟

DSCN8573.JPG


11/27  旧10/20  曇り


南島サメ池西側にある大きな洞窟の中からです。

ここは、作業で行った場所です。
観光ではいけません。

日陰なので、
涼しく休憩させてもらいました。

南島の地質は石灰岩です。

長年の浸食による穴ができやすい地質です。

沖縄にあるガンガラーの谷では
ケーブカフェになっています。
http://www.gangala.com/cave-cafe/

それよりは規模は小さいけど、
いい雰囲気でした。
posted by mulberry at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

小笠原諸島をめぐる世界史( 松尾竜之介)

小笠原諸島をめぐる世界史 [ 松尾竜之介 ] - 楽天ブックス
小笠原諸島をめぐる世界史 [ 松尾竜之介 ] - 楽天ブックス

2014年発行、
小笠原諸島をめぐる世界史( 松尾竜之介)
http://genshobo.com/?p=5942


時代としては
タスマンの発見(1639)から
明治政府の日本領土確定(1876)まで。


小笠原貞頼発見(1593)はあくまで伝承です。
このあたりのことは貞任のところで出てきます。


小笠原のことについては
既知の本・資料以上の情報はありません。


しかし、
本書の主題は世界史とのかかわりです。

小笠原での出来事にからむ
世界史・日本史が盛り込まれています。

小笠原と日本・世界とのつながりを感じることができる
構成となっています。

posted by mulberry at 16:27| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

やんすけ三兄弟・・・小笠原凧

DSCN8554.JPG


11/26  旧10/19  晴れ

昨日夜、
小笠原凧作りも、無事終了、完成しました。

以前に作ったものも
手直しして、リニューアル。

最後に3つ並べました。

デザインはやんすけ。
http://ehon-house.net/3rd/88/

中が
今回、僕が描いたもの。
のぶと入っています。

両サイドは
以前、千尋が描いたもの。
ちひろとあきらの名が入っています。

3兄弟、
並んで飛ばせたら面白いですね。


posted by mulberry at 06:59| 東京 ☀| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

奥村・都道沿い法面の自生植物植栽(10ヶ月後)

DSCN8540.JPG

この場所は
2018/1/17に当時の4年生が総合の仕上げとして植栽しました。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/456262006.html

それから10ヶ月が経ちました。

途中で
ヤギ・ネズミの食害を受けたものもあります。

植えた植物種は10種以上あります。

そのうち、
テリハハマボウ、アカテツが育ちがいいようです。

枯れたものはごく一部です。
ホッとしています。

地面は、マットや枯れ草でカバーしているので、
雑草はあまりは生えていません。
乾燥も防げているかと思います。


次の1年で、
またどのくらい成長するでしょうか。



posted by mulberry at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | 環境教育 | 更新情報をチェックする

スナヅル花

DSCN8457.JPG


11/25  旧10/18  晴れ

スナヅル(クスノキ科・広域分布種)、
海岸で自生する寄生植物。

ヤドリギは寄生している部分(木の枝)が見えますが、
本種は地面下(根)なので、見えません。

花の数は多いのですが、
かなり小さめ。

写真に写る
親指のつめがサイズの参考になりますね。

寄生で、つる性なので、クスノキ科には見えませんが、
花はたしかにクスノキ科っぽいです。

花のつくりは
花被片6、おしべ9、めしべ1となっているようです。

花被片は
大3(萼片)、小3(花弁)のように見えます。



posted by mulberry at 07:55| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

ヘラナレン花(父島・植栽)

DSCN8482.JPG


11/24  旧10/17  小雨


ヘラナレン(キク科・固有種)、
キク科植物には珍しい樹木(小低木)です。

父島は
野生絶滅したようです。

そのため、
父島では植栽展示のものがあるだけです。

花はよくつけています。

一般的な花期ではないよ時期でも、花をつけています。

普通は今頃、11月頃のようです。

花は白、
1つの頭花に5つの舌状花です。

舌状の部分と対になって
1つのおしべ・めしべがのびています

先端にめしべ、
軸のところにおしべがついています。
posted by mulberry at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

11/22、見事な夕日

DSCN8512.JPG


11/23  旧10/16  曇り


昨夕、
サンセットナイトツアーがありました。

参加者とともに
海岸で見た夕日です。

少し雲があるかなという感じでしたが、
見事に最後までしっかり見ることができました。


昨日は入港日でした。

今日と明日は曇の予報です。

今便の来島者で昨日の夕日見た方は
ナイスタイミングだったと思います。
posted by mulberry at 07:11| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

11/22サンセットナイト

20181122195911030.jpg

20181122195919501.jpg

11/22
阪急交通社さんのサンセットナイト。

夕日はバッチリ最後まで。

オオコウモリは
飛翔と樹上ともに。

天文台のライトアップも
素敵でした。
posted by mulberry at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

ホウガンノキの花

DSCN8503.JPG

DSCN8496.JPG

11/22  旧10/15  曇り

ホウガンノキ(サガリバナ科・外来種)、
大柄な目立つ花です。

とある場所で咲いていました。

高木性の樹木で
直径15cmくらいの丸い果実が特徴的。

ホウガンとは砲丸のこと。
英語でも、キャノンボール・ツリーというようです。

オレンジ色の花は6弁。

おしべ多数で、中心部にめしべ1。

おしべが特徴的です。
横から見ると、U字になっています。

赤っぽい部分とと白っぽい部分と
2つに分かれています。

きちんと花粉があるのは
白っぽい方です。

赤っぽい方は
色で昆虫を誘因するんだそうです。
posted by mulberry at 08:06| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

「小笠原が救った鳥」(有川美紀子)

小笠原が救った鳥 アカガシラカラスバトと777匹のネコ [ 有川美紀子 ] - 楽天ブックス
小笠原が救った鳥 アカガシラカラスバトと777匹のネコ [ 有川美紀子 ] - 楽天ブックス


2018年発行、
「小笠原が救った鳥」( 有川美紀子)
http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1806-8n.html


鳥とは
アカガシラカラスバトのこと(一部カツオドリも)。

2000年代はじめ頃は
50羽以下と言われていました。

僕は
その頃の調査でハトのヒナを見つけています。
それ自体が超レアでした。

現在は400頭以上はいるといわれています。

その復活物語です。
ネコの捕獲物語でもあるかと思います。

主役は
はじめから活動を続けた自然文化研究所の人たち。
脇役は協力した人たちでしょうか。

ハトにかかわっていた人たちは
懐かしい思いで読めると思います。


でも山のネコは
まだいなくなってはいません。

だからハトの数が増えていても、
手放しで喜ぶこともできません。

母島ではネコの捕獲は部分的です。
これも課題の1つです。

蛇口を締めるという意味で、
飼い猫からノラネコ・ノネコへのリスクはかなり下がっています。
posted by mulberry at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

小笠原小学校・小笠原中学校開校50周年記念誌と記念ボトル

DSCN8487.JPG

11/17
小笠原小・中学校開校50周年記念式典が開催されました。

前PTA会長ということで
小・中それぞれの50周年記念誌と記念ボトルをいただきました。

児童・生徒は
ボトルと所属する学校の記念誌をもらっています。


ボトルは
普段に使わせていただきます。

記念誌には
過去のことや在校生の活動やコメントなどが盛り込まれています。

PTA役員の記述もあって、
僕の名前もしっかり書かれています。笑

posted by mulberry at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | PTA | 更新情報をチェックする

ひたちなか市「鹿島丸」

DSCN8486(1).jpg

DSCN8484(1).jpg

DSCN8485(1).jpg


11/21 旧10/14  曇り

昨日から
岸壁に「鹿島丸」が停泊中。


茨城県立水産高等学校の実習船です。
http://www.kaiyo-h.ibk.ed.jp/?page_id=13

船体には
茨城県のマークが描かれています。

懐かしいですね。

さてここで何の実習かしらね?

予定表見ると、
技術科2年航海実習ですね。

頑張って下さい。
posted by mulberry at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

伊豆大島、その2(観光)

DSCN7968(1).jpg
大島遠望


DSCN7970(1).jpg
岡田港屋台 焼きさざえと日本酒

DSCN7616(1).jpg
筆島  一番古い地質の残り


DSCN7655(1).jpg
地層大切断面  噴火の積み重ね

DSCN7618(1).jpg
ボムサッグ 噴火で飛んできた岩の塊


DSCN7651(1).jpg
砂の浜


DSCN7605(1).jpg
朝の波浮港

DSCN7610(1).jpg
波浮の街並み

DSCN7613(1).jpg
旧甚之丸邸

DSCN7644(1).jpg
踊り子の里資料館 旧港屋旅館


DSCN7661(1).jpg
火山博物館

DSCN7672(1).jpg
三原温泉旅館 立ち寄り温泉可 露天風呂あり

DSCN7596(1).jpg
切通し


2018年10月、大島訪問。

2日目は主に島内観光。


この日も
シーサウンド小川さんにガイドしてもらいました。

あちこちに
火山活動による地質の見どころがありました。

波浮は古い港町で、
繁栄していた時期の名残の建物が残っています。

温泉は2か所入りました。

僕のお気に入りは三原温泉ホテルです。

露天からは三原山内輪山が遠望できる
素敵なロケーションでした。

大島岡田港は船の出入りも多く、
待合所はにぎわっていました。

外の屋台で、
売り子のおばさんとおしゃべりしながら、
焼きさざえと日本酒で船を待ちました。

その1三原山
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462838511.html

龍王崎陸軍監視所
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462442902.html
posted by mulberry at 15:58| 東京 ☁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

伊豆大島、その1(三原山)

DSCN7535(1).jpg
外輪山 三原山展望所 車はここまで

DSCN7541(1).jpg
シェルター ところどころにあります

DSCN7546(1).jpg
1986年溶岩流先端部

DSCN7548(1).jpg
内輪山から外輪山側

DSCN7553(1).jpg
内輪山にある三原神社

DSCN7561(1).jpg
内輪山、湯気の出る場所

DSCN7567(1).jpg
噴火口

DSCN7575(1).jpg
表砂漠を見下ろす

DSCN7577(1).jpg
表砂漠


DSCN7585(1).jpg
三原温泉ホテル側からの内輪山

DSCN7663(1).jpg
内輪山に向かう道


DSCN7667(1).jpg
裏砂漠遠望

DSCN7662(1).jpg
838年神津島の噴火の層が1cmホソの白い層で残る


2018年10月、大島訪問。

おがさわら丸の大島寄港便で
昼ごろ、岡田港で下船。

翌々日の朝の船まで2泊しました。

到着後、すぐに三原山に向かいました。

シーサウンド・小川さんに
ガイドしてもらいました。

三原山に向かうときは
台風被害の土石流の跡がまだ残っていました。

噴火も35年周期ということで、
そろそろ気になる時期になってきたようです。

三原山は
玄武岩質で真っ黒な岩でした。

新島や神津島の白い岩とは
対照的でした。

三原山(758m)は
外輪山と内輪山がはっきりしていて、
外輪山のきわからは歩きとなります。

内輪山のお鉢巡りでは
湯気が出ているところや火口を見ることができます。

内輪山の外側では
裏砂漠や表砂漠など黒い砂利質の所も広がります。

三原山エリアには大島観光ホテルがあるので、
歩き疲れたらそこの露天風呂がいいですよ。
眺めも最高です。


その2観光編に続く
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462838845.html

龍王崎陸軍監視所
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/462442902.html

posted by mulberry at 15:23| 東京 ☁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

「小笠原凧」作り方教室(4回目)

DSCN8478.JPG


4回目の教室。

作業がはかどらず、
完成まではいきませんでした。

まず
調整した張糸をきちんと結びました。

そのあと、糸目調整。

バランスのいい調整が
なかなかむずかしい。

ここは
指導の方に調整してもらいました。

このあとは糸目の仕上げ。
次回で間違いなく完成ですね。




posted by mulberry at 08:13| 東京 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする