2018年04月30日

マルバシマザクラの花

DSCN5250(1).jpg


DSCN5251(1).jpg


4/30  旧3/15  曇り


マルバシマザクラ(アカネ科・固有種)が
咲いています。

本種は海岸近い岩場に生え、
シマザクラに比べると、より小低木で、やや花期が早いですね。

父島では分布・個体数が限られていますが、
意外と身近な場所に生えていました。


和名の通り、かなり丸い葉です。

花の部分は
シマザクラとほとんど変わらないように感じます。

花は薄紅色、筒状で4裂。

裂片は線形で反曲。(カールしています)

おしべ4、めしべ1も長くのびています。
posted by mulberry at 07:49| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

オガサワラアザミの花とベニゴマダラヒトリ

DSCN5338.JPG


4/29  旧3/14  曇り

南島で
オガサワラアザミ(キク科・固有種)が花期を迎えつつあります。

まだほとんどはつぼみで、
花が咲いているのはごくわずか。

頭花は筒状花のみです。


花の写真を撮るのに近づいたら、
ベニゴマダラヒトリが複数蜜を吸いに来ていました。

色のきれいなヒトリガの仲間です。
posted by mulberry at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

4/27ナイトツアー

20180428065652649.jpg


4/27ナイトツアー

海岸の定番生物のひとつ。

ミナミスナガニです。
posted by mulberry at 06:57| 東京 ☁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

オオバシマムラサキ(雄株)花

DSCN5289.JPG


4/28  旧3/13  曇り


オオバシマムラサキ(シソ科・固有種)の花が
咲き始めています。

まだつぼみの方が多いですが・・

雌雄異株で、
この個体は雄株の花です。


めしべが退化しています。


花はかなり小花ですが、
まとまって咲くのでそれなりに目立ちます。

花は淡紅色4裂、おしべ4、めしべ1です。

posted by mulberry at 06:42| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

合弁花、ムニンツツジの花

DSCN5285.JPG


亜熱帯農業センターには
植栽のムニンツツジ(ツツジ科・固有種)があります。

花期を迎えて、
よく花をつけています。


ツツジ科は合弁花なので、
本種も5弁のように見えますが、5裂です。

大きめの白花5裂、
おしべは10前後、めしべ1です。


この写真の花は
おしべが11ありますね。

現在、
自生地は父島・躑躅山にあるのみです。

なお、
自生株の場所は観光ルートからは外れています。
posted by mulberry at 16:58| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

小笠原小・中学校PTA総会、無事終了(2018)

DSCN5282.JPG


4/27  旧3/12  曇り

昨日4/26、
小笠原小・中学校PTA総会が開催されました。

前年度の会長として、最後のおつとめでした。


無事、議事も終了し、
新しい会長に交代しました。


4年間、皆様にはお世話になりました。

肩の荷がおりました。笑


今年度はウチの妻が
学級委員として郊外生活指導部と選挙管理委員会にかかわります。


これからPTAの記事はあまりなくなると思います。苦笑
posted by mulberry at 06:55| 東京 ☀| Comment(0) | PTA | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

4/26ナイトツアー

20180426215409186.jpg

4/26
ユーラシア旅行社さんのナイトツアー。


グリーンペペが
複数個出ていました。

これから雨期に入り、
出やすいシーズンですね。
posted by mulberry at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

トキワガマズミの花

DSCN5280(1).jpg


DSCN5276(1).jpg


トキワガマズミ(レンプクソウ科・固有種)の花が
咲いています。

父島では
ある程度分布が限られています。

1つずつはかなり小花ですが、
花序にまとまって咲き、全体では円形に広がっています。

全体の円形のサイズは直径10CMほど。

1本の木で花序も複数あるので、
開花すると、わりと目立っています。

花は白5裂、おしべ5、めしべ1(柱頭3裂)。


本種は、見解によって、
ハクサンボクの変種とされる場合もあるようです。
posted by mulberry at 08:32| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ヒメツバキ新葉

DSCN5273.JPG

4/26  旧3/11  曇り


ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)の新葉が
目立ってきました。

出はじめは
まだ緑がなく、赤味が強く出ています。

徐々に、葉緑素が出てきて、
薄い緑色が出てきます。

触った感触もとても柔らかいです。


本種に限らず
他の樹種も新葉がどんどん出ています。
posted by mulberry at 07:34| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

キキョウラン開花

DSCN5271.JPG


キキョウラン(ワスレグサ科・広域分布種)が開花しています。


ワスレグサ科になってからは
小笠原では同科の植物は本種のみです。

ごく小ぶりな花で、花被片6。

内花被(花弁3)の方が
外花被(萼片3)より色が薄いですね。

おしべ6,めしべ1。

和名は
キキョウに花の色や形が似ているからでしょうかね?

和名の最後にランとついていても、
ラン科ではなく、ワスレグサ科です。
posted by mulberry at 10:15| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

テッポウユリ開花

DSCN5247.JPG


4/25 旧3/10  曇り

テッポウユリ(ユリ科・外来種)が開花しはじめました。


道沿いなどで野生化して広がっています。


大柄な花被片は6、
内花被(大きい方)が花弁3で、外花被(小さい方)が萼片3に相当します。

おしべ6,めしべ1柱頭は3裂)。


芳香もあります。


小笠原でユリ科は
本種、タカサゴユリ、(シンテッポウユリ)の3種が見られますが、
いずれも外来種です。
posted by mulberry at 09:33| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

4/24森歩き 傘山

20180425091023423.jpg

4/24
ご夫婦1組と歩きました。

午前、傘山に。

天気よく
素晴らしい景観でした!
posted by mulberry at 09:10| 東京 ☔| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

オクナ・セルラタ(ミッキーマウス・プラント)の果実

DSCN5248.JPG


4/24  旧3/9  晴れ


道端から赤いものが目立っていたので
近づくとこれでした。

アクナ・セルラタ(ミッキーマウスノキ・オクナ科・外来種)の
果実です。

萼片が赤変しています。
めしべも残っています。


果実は5(変異あり)くらいで、
緑から黒に変わっていきます

この果実の形状を
ミッキーマウスに見立てたようですね。

posted by mulberry at 07:22| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

南島、キケマン(ムニンキケマン)の花

DSCN5188(1).jpg


DSCN5190(1).jpg


4/23 旧3/8  曇り


南島では
キケマン(ケシ科・広域分布種)の花がよく咲いています。

総状花序に黄花を多くつけます。

花弁は4で、外側2、内側2です。

外の上側1は距があり、下側1より長くなっています。

おしべ2で花糸は3裂、めしべ1です。

本種は
果期が終わると、枯れてしまいます。
posted by mulberry at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

ノースアメリカン P-51D マスタング(North American P-51D Mustang)

山中に残る
ノースアメリカン P-51D マスタング(ムスタング)
(North American P-51D Mustang)。

2018年4月22日午前撮影。


DSCN5232(1).jpg  
左翼部分



DSCN5233(1).jpg  
左翼部分 近景

DSCN5234(1).jpg
エンジン

DSCN5239(1).jpg
プロペラ

DSCN5240(1).jpg
エンジンとつながる部分など


DSCN5246(1).jpg
壕の中の残骸

DSCN5243(1).jpg
車輪につながる部分


DSCN5231(1).jpg
鉄板?

posted by mulberry at 08:50| 東京 ☀| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

アオウミガメの足跡

DSCN5226.JPG


4/22  旧3/7  曇り


昨日4/21午前、
とある海岸でアオウミガメの足跡がありました。


産卵上陸が始まりましたね。

この足跡の個体が
産卵したかどうかまでは確かめていません。


これから各海岸で
少しずつ足跡が見られるようになってきます。

上陸してくるのは夜間です。


足跡ではなく、
実際に実物に出会えるのはいつになるかな?
posted by mulberry at 06:45| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

アオウミガメ珍味3品

DSCN5147(1).jpg
レバ刺し

DSCN5148(1).jpg
ハツ


DSCN5149(1).jpg
白子


4/21   旧3/6  晴れ


春はアオウミガメの漁期。

この時期にまとめて捕獲し、
1年分を冷凍保存します。

漁期には
より新鮮なものが食べられます。

レバ刺し、白子、ハツなどが出回るもの
漁期限定でしょう。


食べた感じは
他の生き物の同部位と同じようです。


ただ、レバ刺しは、
アオウミガメ独特の臭みを少し感じます。

僕はこの珍味3品、皆大好きです。

それほど食べるチャンスないのですが、
また食べたいな。

posted by mulberry at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

オキナワテイカカズラの花

DSCN5223.JPG


オキナワテイカカズラ(キョウチクトウ科・広域分布種)の花が
咲き始めています。


花冠は乳白色5裂、
筒部の中におしべ5,めしべ1があります。

テイカとは
藤原定家にちなんでいます。

百人一首で、定家の作品は、
「来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
      焼くや藻塩の 身もこがれつつ」
(こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに
    やくやもしおの みもこがれつつ)

そして、
テイカカズラとなって墓にまでからみついてしまったのですね。笑

posted by mulberry at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ネコ捕獲かごに入るオカヤドカリ

DSCN5218.JPG


4/20  旧3/5  曇り

山の中でも
オカヤドカリは生息しています。


夜行性ですが、気温の高い時期ですと、
日中に遭遇することもよくあります。


山中にいるネコの排除のため
ネコ捕獲かごが設置されています。

餌を仕掛けていると、
たまにオカヤドカリが入っています。

餌に匂いに引き寄せられたのでしょうね。

ネコ捕獲かごで捕まるのは
ネコだけでなくオカヤドカリ、クマネズミなどもです。苦笑
posted by mulberry at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

4/19トラベルマスターズさん

20180419204753740.jpg

4/19
トラベルマスターズさんのガイドでした。

新潟からです。

ガイドは妻が担当。

夜は
僕が担当しました。

日中は天気が持ちこたえましたが、
夜は雨でした。
posted by mulberry at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする