2014年03月31日

ランチは外で

2014033112220000.jpgのんびりと
posted by mulberry at 12:32| Comment(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太鼓の達人!?

P3306454.JPG

太鼓の達人、旭です。ウソ

昨日の見送りで、
4年生たちが太鼓を披露しました。

旭も
皆と一緒に太鼓をたたきました。

4年生は
総合で小笠原太鼓を学びました。

そのかいあって、
それなりにたたけるようになりました。

本人が言うには
ちょっと遅れていたとのことでした。笑

総合でいろいろ学んで
子供たちは伝統文化・芸能の達人になっていきますね。



posted by mulberry at 09:14| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本を決定した百年」(吉田茂)


日本を決定した百年

3/31  旧3/1  晴れ

吉田茂氏はうまいものが好きで、
特に「人を食う」のが好きだったようです。笑。

彼の略歴を見ると
戦前ですでに外交官を退官する年齢に達しています。

戦後の政治家としての活躍は
60代後半からなのです。

私利私欲なく
日本の将来のためという一心であったのだと思います。

日本は日米親交を基調にし、
共産主義から日本を守ろうということも端々に出てきます。

本書は3部構成です。

「日本を決定した百年」(1962年)は
はじめにだけ本人が書き、あとは代筆だそうです。

明治から戦後の復興までがまとめられています。

「はじめに」の中で日本の成功の秘訣を
「日本人のすぐれた「勘」のたまもの」と書いています。

「すぐれた歴史の感覚をもち、
 勤勉に働く国民に与えられる一種の贈り物のようなもの」

「付録:外国人がみた近代日本」は
編集部が日本に滞在した外国人(7人)が書いた文章を載せたものです。

「思い出す侭」(1955年)は
新聞記者に語ったものをまとめたものです。

ハウス大佐の言葉として
「ディプロマチック・センス(外交的感覚)がない国民は必ず凋落する」

「外交はどこまでも慎重なるを愛し、
 慎重を欠けば多年蓄積した国力も一朝にして壊滅せしめらる」

当時
「わが国は・・日米親交を基調とすべき」

「そもそも中立主義で国の独立を守らんというが如きは
 事実無意味で空論である。」

西園寺公望の言葉として
「国の大事を論ずるにおいては一身を投げうつだけの決意なかるべからず」

山本権兵衛の言葉として
「責任ある立場に立った場合に、
 断ずべきを断ぜず、事を過ることのないように心掛けよ」


吉田茂、すごい人だったのですね。

http://www.chuko.co.jp/bunko/1999/12/203554.html
posted by mulberry at 08:14| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…シケ

2014033106110000.jpg
posted by mulberry at 06:12| Comment(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

秘密任務で家族で山へ・・笑

P3306437.JPG

午前
秘密任務で家族で山へ。

といっても、
僕と妻と旭と3人です。

千尋は春眠をむさぼっていました。苦笑

任務の内容と行き場所は秘密です。

写真から察して下さいね。

明日の夕食が楽しみです。爆笑
posted by mulberry at 12:57| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまにはガジュマルの上から

P3296423.JPG

ツアー中に立ち寄るガジュマル林。

昨日は旭をも同行していたので、
手本を示すため僕も登ってみました。

旭は今度5年になるのですが、
怖がりのせいか木登りがいまいちです。

なので、先に僕が登ってみました。

上から見下ろす景色も
なかなかいいものです。

お殿様が天守から見下ろす景色・気分は
さぞよかったのでしょうね。笑

結局、旭は僕の所まで登れませんでした。苦笑
posted by mulberry at 07:51| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「虞美人草」(夏目漱石)


虞美人草

3/30  旧2/30 曇り

虞美人草とはヒナゲシのことです。
本文では一度出てきます。

最後の章で
亡くなった藤尾(女性)の逆屏風に描かれているのがこの虞美人草。

この小説のタイトルは結末を暗示していたのですね。

小野・・藤尾・小夜子
甲野・・糸子
宗近・・藤尾  という男女の関係の中で話は進んでいきます。

小野は藤尾を選びつつも
最後に小夜子を選んでしまいます。

それが最終章の結末へと至ります。

前半は場面場面が章ごとに描かれていて、
後半にいろいろとつながってきます。
http://www.shinchosha.co.jp/book/101010/

posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…雲っています

2014033006560000.jpg
posted by mulberry at 06:57| Comment(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

3/29山歩き・・千尋岩

P3296418.JPG

3/29
僕のガイド担当は千尋岩コース。

参加者3名と旭のお手伝いでした。

千尋岩の上は
天気よく、ザトウクジラも見えました。

春休みなので、
旭にお手伝いをさせてみました。

男の子なので、どうしても評価が厳しくなりますが、
まだまだ幼いですね。

これから
どんどん成長することを期待しています。

posted by mulberry at 16:32| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オガサワラモクマオ(固有種)の花

P3266397.JPG

3/28  旧2/28  曇り

なんであの外来種が、固有種なんだよって、
早合点しないでください。笑

名前が似ていてちょっと紛らわしいのですが・・

外来種はモクマオウ(トクサバモクマオウ・外来種・モクマオウ科)で
今日の記事はオガサワラモクマオ(イラクサ科・固有種)です。

こちらは
父島では夜明道路沿いの岩場や擁壁にあちこち生えています。

低木性です。

今頃の時期に
穂状花序をのばし、そこに雄花と雌花が別々につきます。

花はかなり小さいので、
雄花・雌花はわかりにくいですね。

この花の観察も
老眼者には向かないですよ。涙。
posted by mulberry at 07:14| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れるはず

2014032906380000.jpg
posted by mulberry at 06:39| Comment(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

3/28、道新観光・・デイコの花の下

P3286414.JPG

3/28
僕のガイド担当は道新観光さんのツアーです。

お客様は道内各地から14名でした。

お昼休憩の場所はデイコの花盛りで
記念撮影しました。

ソメイヨシノはないけど、デイコが花盛りの父島です。笑
posted by mulberry at 16:05| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/28、霞んで「ぱしふぃっくびぃなす」

P3286411.JPG

3/28  旧2/28  曇り

早朝、「ぱしふぃっくびぃなす」が入港しました。

今回は名古屋からです。

停泊は本日だけです。

早朝はあいにくの小雨。

高台から見下ろす船が霞んでいました。

天気予報では
午前はまだぐずつき加減で、回復は午後のようです。

一日だけの停泊なので、
早く天気回復してほしいですね。


posted by mulberry at 07:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

3/27午後 森歩き・・ガジュマル

P3276410.JPG


3/27午後
僕のガイド担当は森歩き。

8人グループが参加してくれました。
8人のうち中高生が4人です。

ツアーの後半は
桑ノ木山歩道でガジュマル林へ。

中高生4人は木登りして遊びました。

木登り楽しいガジュマルです。
posted by mulberry at 16:41| Comment(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「こまった人」(養老孟司)


こまった人

本書は「まともな人」の続編ですね。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/391418950.html

「中央公論」の「鎌倉傘張り日記」より
2003年6月号から2005年10月号掲載分を収録したものです。

このころの世間では
イラク派兵、靖国問題、安全神話の崩壊などが話題になっいたのですね。

気になったフレーズをいくつか引用してみます。

環境問題において、
「「秩序的活動は無秩序をどこかに排出する」という大原則を忘れたことにある。」

愛国心について、
「日本語は動詞が中心なのでる。・・・
 だから愛国心と抽象名詞にすると、ウソくさくなって・・
 だから私は「お国のため」とは何度もいい・・・」

中国問題のしめで
「未来の中国の最大の問題は環境で、
 日本が足並みをそろえるのは、その問題以外にあるまい。」
http://www.chuko.co.jp/bunko/2009/05/205147.html

posted by mulberry at 10:12| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モモタマナの新芽

P3176292.JPG

モモタマナ(シクンシ科・広域分布種)の新芽が出ています。

モモタマナは落葉樹で、
ホウノキのような大きな葉が真っ赤になって落ちます。

この時期でも
まだ真っ赤に黄葉している葉がついているのもあります。

落葉時期はわりと遅めで
落葉するとすぐに新芽が出てくるのが多いですね。

もうしばらくすると
新しい柔らかな大きな葉が出てきますね。
posted by mulberry at 08:02| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワラビの新芽

P3176295.JPG

3/27  旧2/27  曇り

ワラビ(コバノイシカグマ科・広域分布種)の新芽が
出ています。

昨秋より枯れていた場所から
可愛い新芽が顔を出し始めています。

島民にとっては
ワラビ取りのシーズン。

島内、数ヵ所の採取場所があります。

行く場所は人によって違います。

ワラビの新芽くらいとっても、
毎年夏には生い茂っているので特に問題ないように思います。

でも、
最近はいろいろ規制がかかっているということもあります。

くれぐれもこっそり行きましょうね。爆笑
posted by mulberry at 07:29| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…曇り

2014032706520000.jpg
posted by mulberry at 06:53| Comment(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

「フラニーとズーイ」(サリンジャー 村上春樹訳)


フラニーとズーイ

著者J.D.サリンジャーと訳者村上春樹というのに惹かれて
買った小説です。苦笑

「フラニー」と「ズーイ」の2編に分かれています。
フラニーとズーイは家族で兄と妹です。

フラニーの宗教的な苦悩が
主題になっています。

「フラニー」では
フラニーが久々に恋人レーンと会ったにもかかわらず、
その問題でうまくいかない場面が描かれています。

「ズーイ」では
フラニーの問題を母が心配し、
ズーイが手助けをしようとする場面が描かれています。

会話が主体の小説で読みやすいのは確かです。

面白いかといわれると
面白さはよくわかりませんでした。

村上さん、ごめんなさい。

http://www.shinchosha.co.jp/book/205704/


posted by mulberry at 14:08| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする