2013年08月31日

旭君、見送り船に乗る・・

P8313466.JPG


先ほど
おがさわら丸の見送りをしてきました。

知り合いも帰るので、
僕と妻と旭とで見送り船に乗せてもらいました。

旭は乗船前は
見送りで海に頭から飛び込むと自信満々で言ったいました。

いざ、乗って、船が走り出すと、
だんだん不安気な顔に。

そして飛び込みの段になると、
やはり怖気づいたようで、船上から見送っていました。

もちろん、僕は頭から飛び込みました。

まだ4年の旭君。
まだまだ怖がりです。笑





posted by mulberry at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早大本庄、南島でジャンプ

P8313458.JPG


今年も
早大本庄(早稲田大学本庄高等学院)の小笠原研修のお手伝いをしました。

生徒・先生とで12名様です。

昨晩のナイトツアーに続き、
午前は南島自然観察。

船はチャーターして出かけました。

ルート沿いの自然観察を終えた後、
扇池付近で記念撮影。

ジャンプで決めてくれました。

過去記録
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%CB%DC%BE%B1
posted by mulberry at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケホシダの胞子嚢群

P8293452.JPG



8/31   旧7/25  晴れ

小笠原のシダ植物では
木性シダのマルハチなどがよく知られています。

ケホシダ(シダ・ヒメシダ科・広域分布種)は
父島ではごくふつうにみられるシダの1つです。

名前の通り、葉に毛がついているので、
触った時の感触がふわっとしています。

これはツアー参加者にとって、意外な感覚のようです。

この葉を触った後に、
ほかのつるっとした葉を触ると違いがさらに際立ちます。

写真はたまたま見つけた
ケホシダの葉の裏側、胞子嚢群です。

さあ、シダを見に、森へ入ろう。笑
posted by mulberry at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

「面倒くさい。」(宮崎駿)

8/26、
「プロフェッショナル」は宮崎駿氏でした。
http://www.nhk.or.jp/professional/2013/0826/index.html

映画「風立ちぬ」の
制作に葛藤する宮崎氏が描かれていました。

口癖のように「面倒くさい。」を連発する宮崎氏。

その面倒くさいをいくつも乗り越えて、
絶大なる人気を誇る映画が作られていきます。

作品を生み出す苦労の一端が
よくあらわされていました。


僕はこの映画まだ見ていません。

この番組でも本人が言っていましたが
主人公は人を殺す道具(飛行機)を作った人。

まわりの反対を押し切って映画化。
その主人公をどう描いたか楽しみです。


話題は変わりますが、
番組を見ていて腑に落ちなかったこと。

宮崎氏と鈴木氏が
スタッフを一堂に集めて映画の話をするとき。

この前にいる2人はタバコプカプカ。

???、目が点でした。

組織のトップでもある人が
個人的に喫煙者なのは別にかまいません。

でもスタッフを集めて大事な話をするようなところで
タバコ吸いながらは常識外れとしか思えませんでした。

個人的にはちょっとがっかりしたところでした。


posted by mulberry at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慰霊碑・・第百九師団高射砲戦没者

P8213388.JPG



8/30  旧7/24   晴れ


夜明山山中のトーチカ上には
写真のような慰霊碑があります。

A3くらいの金属板で
コンクリートのトーチカにはりつけてあります。

もともとは別な方法でとめてあったのですが、
それが外れた状態になっていました。

それを有志の方が
シリコンでまたきっちりとはりつけました。

慰霊碑は
第百九師団高射砲隊の夜明会が昭和46年5月に設置しました。

もう40年以上たちますね。


posted by mulberry at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…快晴

2013083006470000.jpg

posted by mulberry at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

8/29森歩き・・旭山

P8293449.JPG


8/29
僕のガイド担当は森歩き。

北海道からの参加者3名です。

うち1人は
道新観光さんの小笠原ツアーの添乗員さんです。
プライベートで来島中。

午前は旭山で
景観満喫しました。

この日は
アカガシラカラスバトとの素敵な出会いもありました。


次回会うときはまた添乗員さんかな?
posted by mulberry at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラシノキの花

P8283445.JPG



8/29  旧7/23  晴れ

とある園地で
ブラシノキ(フトモモ科・外来種)の花が咲いていました。

その花のアップ写真です。

近寄りすぎると
ブラシののようには見えませんね。

離れてみると本当にブラシのようです。

赤く見えるのは
たくさんあるおしべの部分です。

花びらはまったく目立ちません。

この写真をよく見ると
付け根のところに5弁の花のようなものがありますね。

花弁か、がくなのかはよく分かりませんね。
posted by mulberry at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2013082906420000.jpg

posted by mulberry at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

8/28午後、戦跡ツアー・・夜明山

P8283447.JPG


8/28午後
僕のガイドは戦跡ツアー。

参加者2名の貸切状態でした。

夜明山エリアをじっくり見て回りました。

写真は
八八式七糎野戦高射砲です。
posted by mulberry at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風15号に気をつけて・・

台風15号、本州横断進路予報になっています。

この予報通りだと、おがさわら丸への影響も必至ですね。

このままの進路だとすれば、速度によりますが、
8/31父島発、9/2東京発どちらかに影響が出そうな感じです。

ご注意ください。


http://www.jma.go.jp/jp/typh/13155l.html
posted by mulberry at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シマムラサキの花

P8183355.JPG



8/28  旧7/22 曇り

シマムラサキ(クマツヅラ科・固有種・絶滅危惧TA類)の花が
咲いていました。

樹高はせいぜい2-3mで、林内の低木型の樹木です。

ひっそりと生えています。

そのため、この樹の成木のあるところを知っていないと、
花を見つけるのもかなり難しいでしょうね。

小笠原のムラサキシキブ属は
本種も含めて3種に種分化しています。

しかし父島中央部の東側エリアでは
わりと近い範囲(直線距離500m以内くらい)に3種が自生しています。

こんな近い範囲にあるものが
そもそも種分化するほどの隔離が起きていたとは思えません。

確か、
種分化って、数十万年以上のレベルの話。

そんな長い年月、そんな狭い範囲で、隔離が起きていたのでしょうか。

それとも今の3種の分布は
人為が影響しているものなのかな??


posted by mulberry at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…波あり

2013082806440000.jpg

posted by mulberry at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

「はじめての植物学」(大場秀章)

9784480688958.jpg


「はじめてのの植物学」
サブタイトルは「植物たちの生き残り戦略」。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480688958/

バックボーンとなっているのは
@植物のからだの基本的なつくりと営み
A大地に根を張って暮さねばならないことからくる制約
B巧みな改造の実際

目次として
第1章 植物らしさは、葉にある
第2章 大地に根を張って暮らす―植物が生きる条件
第3章 光合成―葉で何が起きているのか?
第4章 炭水化物工場としてのかたち
第5章 植物の成長を追う―胚軸のふしぎ
第6章 草原をつくる単子葉植物
第7章 巧みな貯蔵術
第8章 木とはなんだろう
第9章 植物たちの生存戦略
第10章 種子をつくる
第11章 花は植物の生殖器官


山のガイドさん、
まずは植物の基本知識をしっかり身につけましょう。笑
posted by mulberry at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…波あり

2013082706560000.jpg

posted by mulberry at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

海洋センターでは今シーズン生まれの子ガメがたくさん

P8253438.JPG



8/26  旧7/20  晴れ

小笠原海洋センターは
アオウミガメなどのの保護研究施設です。

センター内には
大村海岸から移されたカメの卵の孵化場があります。

そこで順次、子ガメが誕生しています。

なので、最近は
今シーズン生まれの可愛い子ガメが水槽で見られます。

大きさは前日の記事にある通り、
フィギュアと同じくらい。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/11288687.html

可愛い子ガメを見るなら今がチャンス。

彼らも少しずつ大きくなっていきます。

そして
そのうち海に放流されていきます。


島かるたでは
小笠原海洋センターも句になっています。
「ぬっと顔出す  カメの赤ちゃん 育てて海へ」

posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

8/25戦跡ツアー・・なぜか小港

P8253439.JPG



8/25
僕のガイド担当は戦跡ツアー。

参加者はご夫婦1組の貸切状態ツアーでした。

(決して貸切ではありません、結果として貸切です。苦笑)

午前中、
夜明山をしっかり歩いて・・・。


午後は
ちょっとお疲れのんびりモードでした。


posted by mulberry at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオウミガメ、孵化したばかりの子ガメとフィギュア

P8213396.JPG



8/25  旧7/19  晴れ

数日前の砂浜での出来事です。

ツノメガニが
子ガメを引きずっていました。

近づいてツノメガ二を追っ払うと、
すでに子ガメは死んでいる個体でした。

首のあたりが切られていました。

孵化したばかりの子ガメです。

浜辺に行く途中で
このカニにつかまってやられてしまったのでしょう。



死んでいる子ガメのわきに
おみやげ屋さんで売っているフィギュアを置いてみました。

若干色合いが違うけど形はまさにそっくり。
すごくリアルですね。

子ガメさん、ご冥福をお祈りします。
天国で大きく育ってください。

posted by mulberry at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする