2013年06月30日

6/30、マルベリーHP更新情報 

マルベリーのHP更新情報です。

下記3点、新規レポートです。

ガイドブックに載っていない島案内B ジョン万次郎の遺産が根付く
(都政新報2013-6-21)
 http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-71.html

「平成23年度南島周辺外来植物排除委託」の結果について
(130630)
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-74.html


「平成24年度南島周辺外来植物排除委託」の結果について
(130630)
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-72.html


posted by mulberry at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウミガメナイトツアー(2013年2回目)

P6292869.JPG




6/30 旧5/22 曇り

昨夜は2回目のウミガメコース。

1回目は産卵まで見れました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/11228844.html

さてこの夜は???


この夜はカメ探しスタッフも配置し、
2名体制でカメ探しをしました。

その成果もあり、アオウミガメ3個体の上陸を確認。

そのうち2個体は同じ浜辺でしたので、
1つの個体をじっくり待ちつつ、もう1個体もチェックしていました。

注目していた個体は
右後肢が奇形で、右肢側の小穴掘りがうまくいってませんでした。

それでも左肢でしっかり掘って、
産卵に至りました。

大成功。

これで2週連続、2戦2勝です!!
posted by mulberry at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

さらば、「ふじ丸」!!!

P6282858.JPG

6/29 旧5/21 晴れ

「ふじ丸」は
昨日東京に向けて戻っていきました。

もうこの船を見ることはありません。

7/1で運航を停止し、業務を終了するそうです。
http://www.nc-cruise.co.jp/

ふじ丸の小笠原への航海は
かなり数多くあります。

うちのブログでもたくさん登場します。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A4%D5%A4%B8%B4%DD


彼女には
第二の人生があるのでしょうか?

あるとすれば、
新天地で別な船名となって活躍することでしょうね。

さようなら、「ふじ丸」!!!!

posted by mulberry at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

DVD「清き國ぞとあこがれぬ」(北海道大学恵迪寮 寮歌「都ぞ弥生」百年記念)

ogura_nakanishi.jpg




このDVDは
北海道大学恵迪寮 寮歌「都ぞ弥生」百年記念で、
北海道放送がでドキュメンタリードラマとして製作・放送したものです。
http://www.hbc.co.jp/tv/info/kiyokikuni/index.html

タイトルの「清き國ぞとあこがれぬ」
「都ぞ弥生」の歌詞1番の最後に出てくるフレーズです。

北大寮生だけでなく北大生みなが歌い継いだこの寮歌は
明治45年に作られています。

その作詞作曲を手掛けた人物2人に焦点を当てて
ドラマは作られています。

物語は、1912年(明治45年)の北海道大学恵迪寮から始まります。
http://www.hbc.co.jp/tv/info/kiyokikuni/index.html


僕はこの寮には入りませんでしたが、
この歌を聞くと札幌時代がよみがえります。



posted by mulberry at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムニンビャクダンの花

P6122720.JPG



6/28 旧5/20 晴れ

とある場所で
ムニンビャクダン(ビャクダン科・固有種・絶滅危惧TB類)の花が
咲いています。

ごく小さな花で目立ちません。

芳香ではありますが、
香りも鼻を近づけないと分からないくらいの微香です。

樹木そのものもシマイスノキなどの低木林に紛れて
あまり目立ちません。

でも
ちょっと葉の色が独特な色合いです。

父島では
わずかな場所にしか分布がないですね。



posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

キバナキョウチクトウの花

P6242814.JPG



6/27 旧5/19 曇り

小笠原支庁の周辺では
キバナキョウチクトウ(キョウチクトウ科・外来種)の花がよく咲いています。

他にも人家の周りなどで見られます。

葉をちぎると、白いねばねばした汁が出てきます。
べとつくので汁は触らない方がいいでしょう。

それだけでなく、
毒性もあるようなので、要注意です。

花は
黄色で可愛くてよく目立っています。



posted by mulberry at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

父島の朝…ガス

2013062605330000.jpg

posted by mulberry at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

「歴史を考えるヒント」(網野善彦)

135661.jpg



「歴史を考えるヒント」(網野善彦)。
本書は講演の話をもとにまとめたものです。
http://www.shinchosha.co.jp/book/135661/

本書のタイトルにあるヒントとは
言葉の意味です。

もともとのことばの意味と
現代の使われ方が変わっているものがあります。

本書では
そういう言葉の歴史的背景がいくつか紹介されています。

手始めは「日本」。
日本という国名が使われだしたのは7世紀・689年だそうです。

地域名についても解説されています。

「百姓」はいまでは農民のことですが、
もともとは普通の人だったそうです。

さらに被差別民の呼称や商業用語についても
解説されています。

それなりに目からウロコかも。

posted by mulberry at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒギリ(緋桐)の花

P6162745.JPG



常世ノ滝下では
ヒギリ(クマツヅラ科・外来種)の花が目立っています。

近くに行ってみると、
背丈が3m以上あろうかという大きさです。

ここはガジュマルがあって、かつての人家跡と思われますので、
そのころに植栽されていたものなのでしょう。

滝の近くで水分条件もいいのか、
大きく育っています。



過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%D2%A5%AE%A5%EA
posted by mulberry at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンイロイッポンシメジ(キノコ)

P6232803.JPG



これもごく最近、
森の中で見つけた、地面から生えているキノコ。

コンイロイッポンシメジであろうと思います。

傘の直径は7-8cmといったところです。

同じ場所に2本生えていました。

1本はすでに地面から柄が取れて
ひっくり返っていました。

傘の内部のひだは白っぽい色で
外側とは違う色をしています。


青っぽいキノコは
他にもソライロタケを見かけることがあります。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%BD%A5%E9%A5%A4%A5%ED%A5%BF%A5%B1
posted by mulberry at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 菌類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サビホコリ(キノコ)

P6232806.JPG



6/25 旧5/17 曇り

とある山中の
朽木のところに出ていたサビホコリです。

一見キノコのようには見えない、
細いブラシのような形をしています。

しかも錆びたような赤ちゃけた色合いです。

そう頻繁ではないのですが、
たまに見かけています。


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B5%A5%D3%A5%DB%A5%B3%A5%EA
posted by mulberry at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 菌類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…風強め。

2013062507140000.jpg

posted by mulberry at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

日本の戦跡を巡る・・淡路島・生石山砲台第1砲台跡

P6050430.JPG




淡路島の南西部、由良地区に生石山砲台跡があります。
由良要塞群の1つです。

写真は第1砲台跡で
かつて28糎榴弾砲が据えられていたようです。

このあたりは
生石公園として整備されています。
posted by mulberry at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の戦跡を巡る・・友ヶ島・第3砲台跡

P6010077.JPG


和歌山加太港から船で20分ほどの友ヶ島(沖ノ島)。

友ヶ島にはいくつかの砲台が残っています。

由良要塞の砲台の1つです。

写真は友ヶ島第3砲台。
28糎榴弾砲が据えられていたそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B1%E8%89%AF%E8%A6%81%E5%A1%9E


posted by mulberry at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウミガメナイトツアー(2013年1回目)

P6232808.JPG



6/24 旧5/16 曇り

今シーズンも
ウミガメコースが始まりました。

毎便1回で出港前日の夜、
20:00-24:00で開催します。

今シーズンの予定は8/2までで、7回ほど予定があります。

ちょうど昨晩が1回目。

とある海岸で、足跡跡を見つけて、
ナイトスコープで確認したところ、もう産卵体制。

こんなあっさり産卵が見れることはめったにありません。

産卵から穴埋め、帰海まで、
じっくり観察しました。

その後、
同じ海岸にもう1頭の上陸を確認。

そちらはあちこち移動しながら、穴掘りのいい場所がなかったのか、
海に帰ってしまいました。

ちょっと残念。

でも上々の1回目でした。

まずは1戦1勝です。

写真は産卵後の穴埋め中です。

posted by mulberry at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父島の朝…雨ぽつぽつ。

2013062407300000.jpg

posted by mulberry at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

6/23、山歩き、千尋岩コース

P6232802.JPG



6/23は
千尋岩コースでした。

参加者8名で歩きました。

ルートは
相変わらず巽線からの入りです。

目的地は強風で、写真だけ撮ったら、
風の陰に逃げ込んでランチを取りました。

出発前に、岩場をバックに撮影しました。

予報では午後の降水確率高めでしたが、
雨にやられず、帰ってきました。

posted by mulberry at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする