2013年03月31日

DVD「天地明察」

tenntimeisatu.jpg


3/31 旧2/20 曇り

映画化された「天地明察」をDVDで観ました。
http://www.tenchi-meisatsu.jp/index.html

暦づくり(大和暦)に命を懸け、全うする男の物語。
そして連れ添う妻・えん。

すでに原作本は2年以上前に読んでいます。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9619711.html

主役の岡田准一さんは
主人公・安井算哲(渋川晴海)のキャラクターにがぴったりマッチ。

しっくりしていました。

内容も
うまくまとまっていて、とても楽しめました。

原作を知っていて、最後はうまくいくと分かっていても、
途中の挫折の場面などはドキドキしますね。

さて、原作本があって、映画化された場合、
読んでから観るか、観てから読むか、どっちがいいか?

僕は読んでから派ですね。

映画化は時間の関係で
原作本を忠実に再現することは難しいと思います。

どうしても
ある程度は切り取らなければいけません。

そこに
映画監督が原作のどこに重きを置いているかよくわかります。

posted by mulberry at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

サンゴで固めた歩道、濡れると要注意

P3282309.JPG

3/30 旧2/19 曇り

先日、ツアーで釣浜へ降りていきました。

そこの道は
写真のような枝サンゴを混ぜ込んだ舗装路が一部あります。

坂道をそののまま利用し、階段がのないようにしています。

歩く人からすれば、
自分の歩幅で上り下りできるので、都合いいですね。

それと枝サンゴが混ざっていて、
昔のサンゴ道の雰囲気です。

しかし、大きな問題が。

路面がぬれているときに歩くと、
とても滑ります。

ツルツルといってもいいくらい。

かなり気を付けないと転んでも不思議ではないですよ。


さて
ではどうすれば滑らなくなるか?

1.表面を一度お掃除する
2.路面に切れ込みを入れる
3.路面に凹凸をつける 
そんなところでしょうか。

一度、濡れている日に歩いてみて下さい。
posted by mulberry at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

3/29早朝、いやはや真っ白け・・・

P3292312.JPG


3/29 旧2/18 曇り・霧

朝起きて、外を見たら、
まわりが白っぽくなっていました。

その後、
毎朝アップする定番の場所からの写真です。

朝7時半の時点でも、まだ真っ白けです。

ここまで白いと
むしろ気持ちのいいくらい。苦笑

山の視界は0。

この状況だと
大型船はきっと入港できないですね。


さてこの状況
いつごろ改善されてくることでしょう。

ひとまず
山からの展望はなしで考えておかなければ・・
posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

兄島に侵入したグリーンアノールに関する非常事態宣言と緊急提言(東京都報道発表)

昨日の記事で
兄島にグリーンアノール侵入の記事を載せました。

事態はかなり深刻とみて、
さっそく次の非常事態宣言と緊急提言が発表されました。

「兄島に侵入したグリーンアノールに関する非常事態宣言と緊急提言」
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/03/20n3rc01.htm

緊急提言は以下の6項目です。

「1.侵入初期の根絶こそが唯一の解決策であることを提言する
 2.そのため、直ちに予算、人員とも、
  グリーンアノール根絶に集中する必要がある。
 3.一時的に他の外来種事業の休止も考え、
  予算、人員を投入するべきである。
 4.生態系に対する一時的な攪乱を受け入れてでも、
  根絶を計るべきである。
 5.人員・資材の投入等に当たっては、
  ニューギニアヤリガタリクウズムシ等の侵入
  および植物種子の拡散に対する防止策を実施する。
 6.小笠原の生態系を管理する、
  全ての行政機関・団体に、以上、要請する。」

かなり思い切った提言になっています。

本当に大変な事態なのです。
兄島の在来昆虫の危機になりうることですから。
posted by mulberry at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉並区小笠原自然体験交流事業派遣団の中学生たち

P3260131.JPG



3/28 旧2/17 曇り
この便では
杉並区小笠原自然体験交流事業派遣団の中学生たち30名近くが来島しています。

海や山で遊び学び、地元の人たちとの交流もしています。

僕と妻も
山のプログラムで、2班のガイドを担当しました。
僕がC班、妻がD班担当でした。

山ではガイドの解説を聞くようなことが多く、
意外と体験的なことが少なめです。

このネコ捕獲カゴも、
通常だと、ノネコの対策について解説を聞くだけになります。

彼らには
実際に仕掛け方を体験してもらいました。

簡単にできるかと思いきや、
意外と悩んでいました。笑



今はすぐ答えが求められる社会になっています。
あるいは答えを教える社会になっています

ガイドツアーだって、
聞かれたらすぐ答えるだけじゃ脳がありません。笑

自分で工夫して答えを見つけること。
とても大事です。

人生はみんな悩みつつ、
答えも出ないまま生きている人もたくさん。

さあ、みんな考えよう。

posted by mulberry at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

「小笠原諸島世界自然遺産地域兄島におけるグリーンアノールの確認について」(東京都報道発表)

FH000086.jpg



3/27 旧2/16 晴れ

昨日も、FBで速報的に記事を書きましたが、
報道発表がありますので、ここに載せます。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/03/20n3qb00.htm
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/03/DATA/20n3qb00.pdf

グリーンアノールは
戦後、父島・母島に持ち込まれた外来種の爬虫類です。

父・母では
かなりの数が生息しています。

今まで、
周辺の無人島に持ち込まれないよう対策を立てていました。

が、このニュースのように、
父島からわずか北に1qほどの兄島に数個体見つかりました。

3月後半からは気温が上がりだして、
彼らの活動も活発になってきています。

見つかったのは狭い範囲で4頭。

現在さらにモニタリングしているようなので、
更なる実態が後日報告があると思います。

これが限定的な侵入なら、まだいいですが・・

父島周辺の無人島も
頻繁な調査・研究・作業での上陸と観光での浜辺利用があります。

善意にまかされている対策でしたので、
来るべき日が来たという実感です。残念ですが。

posted by mulberry at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

グンバイヒルガオの花

P3240117.JPG

3/26 旧2/15 晴れ

父島の海岸では
グンバイヒルガオ(ヒルガオ科・広域分布種)はたいてい生えています。

しかし、よく行く海岸では
まだグンバイヒルガオは咲き始めていません。

例年4月ごろから、
ぼちぼち咲き始めますね。

でも父島でも
早くも咲いている場所を見つけました。

この写真は
海岸付近ではありますが、浜辺ではありません。

この場所は
なぜか冬でも咲いていたりすることがあります。

日当たりが良くて、海風がさえぎられているせいで、
条件がいいのでしょうね。


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B0%A5%F3%A5%D0%A5%A4%A5%D2%A5%EB%A5%AC%A5%AA
posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

グリーンアノール・バスターズ

P3240126.JPG

3/25 旧2/14 曇り

小笠原では
イソヒヨドリ(ヒタキ科ツグミ亜科・広域種)は普通によく見る鳥です。

さえずりがきれいな鳥で、
オスは写真のような青と赤のツートンの色合いです。

ただし、あまり鳥になじみのない方には
イソヒヨドリと教えてもヒヨドリで覚えてしまう方がいます。

小笠原にはオガサワラヒヨドリもいますので、
この鳥はヒヨドリと呼ばないで。笑

島ではルリ鳥とも呼ばれています。

さて本題です。

このイソヒヨドリが人家周りでよく捕まえているのが
グリーンアノールです。

この写真の光景はよく目にしています。

彼らも
グリーンアノール駆除に一役買っているかしら。笑

posted by mulberry at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

「行人」(夏目漱石)

101012.jpg


この本はまずタイトル「行人」が気になりました。

広辞苑で
行人とは、道を歩いている人、旅人、使いなどとあります。
http://www.shinchosha.co.jp/book/101012/

本書はもともと新聞連載で、
一日ごとに文章が区切られてています。

大きな区切りとしては
「友達」「兄」「帰ってから」「塵労」と4つにわかれています。


主人公は長野二郎ですが、「友達」以後は、
二郎の兄、一郎の苦悩が小説の主題となっています。

まず「友達」では二郎の関西旅行から始まり、
まだ兄は出てきません。

「兄」からいよいよ一郎が登場です。

「兄」「帰ってから」では
一郎の変わった性格に家族や二郎が煩わされている様子が
描かれています。

最後の「塵労」では一郎が友人と旅に出て、
その友人が見聞きした一郎の苦悩を手紙でしたためています。

そこで二郎はようやく
一郎の苦悩を理解するのです。


思想家の苦悩を描いていますが、
これは著者自らの苦悩でもあるのでしょう。

タイトルは
小説の中の旅をいうのか、それとも苦悩の人生を見立てているのか、
さて?


posted by mulberry at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカバナルリハコベの花

P3180090.JPG

3/24 旧2/12 曇り

アカバナルリハコベ(サクラソウ科・外来種)の花が咲いていました。

道端にも出ていますが、
よく見るのは山頂付近の岩場が多いですね。

はうように生えているので草丈は10pもないほどで、
とても小さいですが、花が赤いのでわりと目立っています。

花も実際には小さくて、1pもないほどです。笑


アカバナルリハコベは
ルリハコベのアカバナタイプだと思っていただければいいのでしょう。

小笠原では
青い花のルリハコベは見たことがないです。あるのかしら?


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%EB%A5%EA%A5%CF%A5%B3%A5%D9
posted by mulberry at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

海岸でオガサワラモクズガニ

P3220116.JPG


3/23 旧2/12 晴れ

昨晩は
2ヵ所の海岸でオガサワラモクズガニを見つけました。

海まで下りてきているということは
産卵期に入ってきたのでしょうね。

これからの時期、
道路上などでも見かけるときが出てきますね。


夜の浜辺にいるカニは
普通ツノメガニ・ミナミスナガニの2種です。

2種とも白っぽい色をしています。

オガサワラモクズガニは
黒っぽい大きなカニなので、すぐ違いがわかります。

いつもツノメガニも人気なのですが、
この日はオガサワラモクズガニにお株を取られていました。笑


ツアーのあとに
写真を撮るために同じ場所へ行ったらまだいてくれました。


posted by mulberry at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

アマリリスの花

P3200099.JPG

3/22 旧2/11 曇り

アマリリス(ヒガンバナ科・外来種)の花が
道端や人家の庭先のあちこちで見られるようになってきました。

朱色の花でよく目立っています。

アマリリスが咲き終えると、
テッポウユリ(ユリ科・外来種)の白い花が咲き始めます。

同じ時期に咲いていると、
紅白で面白いのですが、少し時期がずれていますね。笑


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%A2%A5%DE%A5%EA%A5%EA%A5%B9
posted by mulberry at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

父島は低くガスが垂れこめて・・・

P3210100.JPG

3/21 旧2/10 曇り

今朝は
かなり低くガスが垂れこめています。

二見湾のまわりの山は
まったく稜線が見えません。

ある標高から白い線になっていて、
そこから上は真っ白け。

そんな状態ですので、
100mくらいから上はガスの中。

ふもとのにいても、
時々霧雨のような感じで、水滴が付きます。

気象庁のHPでも
3/21早朝では濃霧注意報が出ています。
http://www.jma.go.jp/jp/warn/1342100.html

昼にはおがさわら丸がつきます。
午後には観光で回る人も多いことでしょう。

展望がウリの1つでもあるのに、困ったものですね。苦笑。
http://www.jma.go.jp/jp/warn/1342100.html
posted by mulberry at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

トキワサルトリイバラの花(雌株)

P3140052.JPG

3/20 旧2/9 晴れ

トキワサルトリイバラ(ユリ科・広域分布種)の花が咲いていました。

本種は雌雄異株で、
僕が見たのは雌株の花です。

花の中を見ると、
子房が膨らんでいるのがわかります。


つる性のため、
ほかの樹に絡みついて上からぶら下がっているのをよく見かけます。

そのため、どこから生え出しているのか、
わかりにくいところがあります。

茎はかなり固くなっています。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B5%A5%EB%A5%C8%A5%EA%A5%A4%A5%D0%A5%E9
posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

シュロガヤツリの葉を食べるノヤギ

P3160069.JPG

3/19 旧2/8 晴れ

千尋岩コースでは、
途中の道すがらにノヤギに遭遇することもよくあります。

最近よく目にするのは、
シュロガヤツリ(カヤツリグサ科・外来種)を食べているところ。

沢筋に多く生えています。

そこで何やらガソゴソ音がするときには
たいていノヤギです。

僕たちが近くにいるのに、
さして気にもとめず、食べ続けています。

近くで見れるのはいいですが、
こんな警戒心がなくていいのでしょうか。笑

posted by mulberry at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

「ふじ丸」vs.「おがさわら丸」

P3170086.JPG

3/18 2/7 晴れ

昨日午前は
森のコースで、初寝山と傘山へ。

ちょうど傘山についた時、
おがさわら丸の入港するタイミングでした。

この日は
ふじ丸が停泊していました。

着岸する前に、ふじ丸のわきを通ります。

そのタイミングでの写真です。

大きなクルーズ船があると
おがさわら丸も小さく見えますね。笑

3月は着発運行で頑張るおが丸です。

入出港は
なるべく山から見るようにしています。
posted by mulberry at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

今年はデイコの花が遅めな気がする

P3150064.JPG

3/17 旧2/6 曇り

今年は今のところ
デイコ(マメ科・広域種)の咲きっぷりがよくないですね。

例年だと盛りの時期になっている個体もある頃ですが、
ほとんどの個体がまだパラパラと咲いているだけです。

今後、
徐々に咲きっぷりがよくなってくるのでしょう。

4月以降に
あちこち満開状態になるのかしら。

感覚的には
例年よりやや気温が低めなような気がしています。

そういう気温が
花を咲かせるスイッチに影響しているのでしょうか。

例年になく、
遅いデイコの花のような気がしています。


ちなみに写真には
蜜をすいにメジロが来ています。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%C7%A5%A4%A5%B3
posted by mulberry at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

ワラビの新芽が出てきたよ

P3130047.JPG

3/16 旧2/5 晴れ

ツアーでよく通るルート沿いに
ワラビが一面に広がる斜面があります。

ワラビは地上部が冬場に全部枯れてしまいます。

少し前まで
枯れたワラビの斜面が広がっていました。

そんな中から
ワラビの新芽をのばしてはじめています。

これからどんどん新芽が出て、
そのうち茎が伸び新葉も展開されていきます。

こういう記事を読むと、
そろそろワラビ取りのシーズンと思う島民も多いでしょう。

何を隠そう、我が家も1回くらいは取りに行っています。笑

この3月はそんな余裕ないから、
行くとすると4月になってからかな。

今年はどこで取りましょうかね。



posted by mulberry at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

人なれしているイソヒヨドリ

P3140058.JPG

3/15 旧2/4 曇り

イソヒヨドリは
父島で普通に見られる留鳥の1つです。

人家の周りから山の上まで
わりと開けた場所によくいます。

また海岸付近や展望台などにいる個体は
とても人なれしています。

普段から食べ物のおこぼれを頂戴してるせいか、
人にかなり近づいてきます。

何か頂戴って、待っているんでしょうね。

あまりよくないことですが、
お菓子でも弁当の残りでもあげるとさっさと持っていきます。

ところで小笠原には
オガサワラヒヨドリもいます。

オガサワラヒヨドリはヒヨドリ科。
イソヒヨドリはヒタキ科ツグミ亜科。
別な科なのです。

posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

ムニンテンツキの花

P3110043.JPG

3/14 旧2/3 晴れ

イネ科やカヤツリグサ科の植物はあまり注目されません。

今日紹介するのはカヤツリグサ科の固有種の1つ。

ムニンテンツキ(固有種・絶滅危惧TB類)は
父島ではよく見られます。

山の上などの岩場や土壌のかなり浅い場所にによく生えています。

和名は
花茎がまっすぐ上を向いてのびるところが
天を突くような感じからという説もあります。

ちなにに
この写真は雌性期の花です。


posted by mulberry at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする