2012年10月31日

10/31、ハロウィーンvs.誕生日

10/31 旧9/17 曇り

本日、50歳の誕生日を迎えました。

FB・ツイッターなどでメッセージをくれたお友達の皆様、
ありがとうございます。

とうとう半世紀きちゃいましたね。

残り半世紀は、まず生きられないでしょう。

そう考えると明らかに人生の後半戦です。

後半戦をどう生きるか。

僕としては仕事はしつつも、
あまり社会にかかわらず隠居的に生きていくのが希望です。

少なくも子供が巣立つあと10数年は
人並み以上に仕事もしなくてはいけません。

70-80代の方が、選挙に出たりするのを見ていて、
僕にはできない生き様だと感じています。



さて本題の
ハロウィーンvs.誕生日です。

我が家ではハロウィーンのほうが圧勝です。

なので
お祝いは昨日に振替でやってもらいました。笑

毎年そうなので、ハロウィーンきらいです。

posted by mulberry at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

南島でヤシガニ発見

PA291161.JPG

10/30 旧9/16 晴れ

昨日は
南島周辺外来種排除作業でした。

朝初めの現場は
陰陽池の尾根を越えた北側斜面でした。

その近くに来たときに
クサトベラの茂みでなにやら大きなものがゴソゴソ動きました。

鳥のヒナかなと思っていたら、
姿が見えてヤシガニでした。

ヤシガニは
小笠原ではごくまれに見られています。

繁殖はしていないようですので、
流れ着いてくるのでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%8B

小笠原でヤシガニをみたことのある人は
とても少ないと思います。

僕も初めて見ました。

大きいですね。
大きなハサミの手は15cm以上です。

こういう体験は人生でもめったにないことです。
とても貴重な体験でした。


ちなみに、
ヤシガニのいた場所は観光ルートからは外れていますので、
観光の方は期待しないで下さいね。

posted by mulberry at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

ランチタイム

2012102912100000.jpg南島作業中。

posted by mulberry at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弟島のオガサワラグワ

PA281087.JPG

10/29 旧9/15 曇り

昨日は
オガサワラグワの調査補助で弟島へ。

オガサワラグワ(クワ科・固有種・絶滅危惧TA類)は
個体数の少ない樹木です。

かつて有用材として伐られました。

さらに
戦前に持ち込まれた他のクワと自然交雑してしまっています。

純粋のオガサワラグワは
かなり少ないといわれています。

弟島にはオガサワラグワしかないので、
交雑がおこっていないといわれています。
つまり純粋なオガサワラグワです。

この島で
現存するのは30本台くらいではないでしょうか。

そのうちの1本の写真です。
ちょうど落葉期で、枯れ木のようでした。

posted by mulberry at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

ヘラナレンの花(保護増殖株)

PA260215.JPG

10/27 旧9/13 晴れ

昨日、
亜熱帯の農業センターの展示園に行きました。

そこの保護増殖株で、、
ヘラナレン(キク科・固有種・絶滅危惧TA類)の花が咲いていました。

白い花です。

かつては父島にもヘラナレンは自生していたようですが、
現在野生株はもうどこにもないはずです。

なので、
現在自生株が見られるのは母島列島になります。



ちなみに父島列島では
コヘラナレン(キク科・固有種・絶滅危惧TB類)があります。

こちらは草本で、黄色の花です。

これも
旭山ではそろそろ咲きはじめるころですね。
posted by mulberry at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

10月下旬、ようやく夏も終わりかな・・

10/26 旧9/12 晴れ

台風22、21号のあとは、
本州の涼しい空気が入ってきたようです。

最近は
最高気温が25-27度くらい。最低気温は20-22度くらい。

ぐっと過ごしやすくなりました。

長かった夏もようやく終わりでしょうか。

そうは言っても、
まだ日中は25-27度ありますから、汗ばむ陽気です。

まだまだ半袖半ズボンで平気です。

ただ日が暮れるとぐっと涼しくなります。
あまり薄着だと間違いなく肌寒いです。

ちなみに
海遊びは晴れてればまだそれほど寒くはありません。

ただあがってから濡れた状態だと
すぐ冷えてきます。

水温もこれから下がりつつあることでしょう。



これから11月はこんな気候から、
月末にはさらにもう少し涼しくなりますよ。

海遊びしたい人は早めにどうぞ。

さて僕はいつまで泳げるかな。??

posted by mulberry at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

世界自然遺産登録1周年事業「村民意見交換会」

PA240212.JPG

10/25 旧9/11 晴れ

昨日午後、
世界自然遺産登録1周年事業「村民意見交換会」が実施されました。

平日の午後の開催ということもあり、
いわゆる一般村民の集まりはあまりよくないように感じました。


最初の1時間ほどで
村役場から社会的状況(生活・産業)の変化を、
環境省から保全対策の進展についてを、
説明がありました。

それを踏まえて、
そのあとは2グループに分かれてのワークショップがありました。


村民生活(観光・産業含む)と遺産価値の保全の2グループで、
僕は村民生活のほうに参加しました。

2時間半ほどの時間で、
今回は課題出しのような感じで参加者がいろいろな意見を出し合いました。

その中でも
ゴミのこと、トイレ(まちなか・山)のことに、
わりと意見が集まっていました。

身近な話題なので、目立つというのはあるでしょうね。

最後に進行役の方が
各グループの意見の集約を報告して終了しました。

次回で、
さらにまたより突っ込んだ話題に入っていければいいですね。

posted by mulberry at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

4裂と5裂がまざるアツバクコの花

PA211029.JPG

PA211027.JPG


10/24 旧9/10 晴れ


南島では
小低木のアツバクコ(ナス科・広域種)が所々に生えています。

先日の作業で出かけたときに
アツバクコはよく花をつけていました。

写真を撮っているときに気づいたのですが、
4裂と5裂の花が混成しています。

一つの個体だけでなく他の個体もそうでした。

どちらが多いかまでは
きちんとは数えたりはしませんでしたけど。

戻って図鑑で見ると、
ナス科植物は普通5裂のようです。
中にはばらつきのあるのもあるようです。

日本の樹木(山渓カラー名鑑)では
アツバクコは4裂となっていました。

南島では4裂と5裂が混成するアツバクコです。
裂数が4と5にばらつきがあるのかもしれませんね。

今後、もう少し調べて見ようと思います。
posted by mulberry at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

南島周辺外来種排除作業(2012年度第8回・第9回)

PA211015.JPG

10/23 旧9/9  晴れ

一昨日、昨日と、
2日続けて、南島外来種排除作業に出かけました。

前回の作業は9/19です。
また1ヶ月ほどあいてしまいました。

台風が毎週のように来ていたので、連続で作業がつぶれたせいです。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10919989.html

場所は前回の続きで、
東尾根の中央部から北部にかけてです。

南部のサメ池から上陸し、作業現場まで歩きます。

10kg以上の草を背負って運ぶ時は30分ほどかかります。
なかなか大変です。

この時期は
イネ科の外来種が穂をつけて元気よくのびています。


今回の作業から
ようやく暑さもほどほどになってきました。

これからは
さらにやりやすくなることでしょう。

まだ10回以上作業が残っています。苦笑

posted by mulberry at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南島周辺外来種排除作業(2012年度第8回・第9回)

PA211015.JPG

10/23 旧9/9  晴れ

一昨日、昨日と、
2日続けて、南島外来種排除作業に出かけました。

前回の作業は9/19です。
また1ヶ月ほどあいてしまいました。

台風が毎週のように来ていたので、連続で作業がつぶれたせいです。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10919989.html

場所は前回の続きで、
東尾根の中央部から北部にかけてです。

南部のサメ池から上陸し、作業現場まで歩きます。

10kg以上の草を背負って運ぶ時は30分ほどかかります。
なかなか大変です。

この時期は
イネ科の外来種が穂をつけて元気よくのびています。


今回の作業から
ようやく暑さもほどほどになってきました。

これからは
さらにやりやすくなることでしょう。

まだ10回以上作業が残っています。苦笑

posted by mulberry at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

国設小笠原酸性雨離島局見学会

PA200171.JPG

10/22 旧9/8 曇り

10/20午後、
国設小笠原酸性雨離島局の見学会が実施されました。

この場所は天文台の電波望遠鏡施設のすぐ近くですが、
通りからは見えないので、ほとんど知られていません。

僕もよく知りませんでした。

なので、この機会に出かけてみました。

局自体は小さな建物です。

屋上に試料を集める装置があり、内部と通じています。
そして内部の機械でデータを取っています。

また月ごとに
集めた試料は内地に送って分析しているそうです。

日本国内に多くのモニタリング地点がありますが、
小笠原は澄んだ場所のようですね。


おが丸が停泊中、
ある風向きのときは数値があがるデータがあるそうです。

島ですので、塩分の影響を受けやすい点は
データから考慮されているそうです。

結局、わかったような、わからなかったような。笑

posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

南島作業

2012102112010000.jpgランチタイムです

posted by mulberry at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キバンジロウ(キミノバンジロウ)の果実が食べごろ・・

PA190166.JPG

10/21 旧9/7 晴れ

キバンジロウ(キミノバンジロウ・フトモモ科・外来種)は
集落から山地の中まであちこちで生えています。

集落内は植栽のものですが、
山地のものはそれが野生化のものです。

山地のほうでは広範囲に広がっています。

キバンジロウはあまり大きな樹にはならないので
航空写真で分析するような植生図では目立たない存在でしょう。

でも林内では若木も多いので、かなり目立つ存在となっています。


それはさておき
今あちこちで果実が黄色く熟しています。
サイズは金柑より少し大きいくらい。

いわゆるグァバの一種です。
島の人はバンジャクロともよんでいます。

中身は種が多いのですが、
あっさり味でとてもおいしく食べられます。

山で黄色の果実を見つけたら、食べてみてください。
種も残さず、全部食べれば、次の発芽にもつながりません。

しっかり食べて、外来種駆除です。笑

とはいっても、
しっかり鳥が食べてますから、鳥散布されていることでしょう。
posted by mulberry at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

ムニンシュスランの花

PA140995.JPG

10/20 旧9/6 曇り

とある山中では
ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の花が咲き始めています。

父島では
それほど分布は広くないように思います。

でも生えているところにはまとまって生えています。

湿性タイプの高木性樹林で
林床にあまり陽の差さないような場所が多いですね。

草丈もせいぜい20cm程度で
花が咲いていても地味なので目立ちません。

老眼の人だと
つぼみと咲いている状態とが見えないと思います。笑

父島では
戦跡の多いエリアでわりとよく見られます。

これからの時期、
戦跡ツアーに参加すると見られることでしょう。

ちなみにシュスランのシュスとは繻子(織物)のことで、
葉がそれに似ているところからのようです。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B7%A5%E5%A5%B9%A5%E9%A5%F3











posted by mulberry at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

10/19朝、台風21号で大シケ

PA191007.JPG

10/19 旧9/5 曇り

このところ、連日台風の話題を書いています。

台風22号、21号と続きましたから。
たぶんこれでひと段落だと思います。

今朝はその21号の影響で大シケです。

ひどい状態です。うねり炸裂。

今日はこんな状態が続くことでしょう。

台風が通過して、
明日にはやや落ち着きを取り戻してくるでしょう。

しかし、今便は、運航スケジュールの変更のため、
124人の乗船客です。
観光はまったく商売になりません。

観光系の方の本格始動は次便10/25からとなりますね。

漁師さんはしばらく出てないですから、
海が落ち着き次第出ることでしょう。


これでしばらく台風はこないかしら???

posted by mulberry at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

10/21父島発便の運航日時の変更について(10/18再更新 小笠原海運発表)

小笠原海運のHPによると、

「10月21日 父島→東京 おがさわら丸は、
 台風21号の影響により、下記のとおり変更させて頂きます。
 ■変更後
 10/21 父島発14:00→10/22東京着15:30」
http://www.ogasawarakaiun.co.jp/?p=3083

です。


ということで、元に戻りました。

台風の予想進路が速まることになったので、
しょうがないですね。

僕は最初の変更の時は
欠航もありえるかと考えていたくらいです。

その後の変更もやむをえないと思っています。

文句を言うなら海運ではなくて気象庁へ。(苦笑・ウソですよ)


ちなみの本日の船は124名だそうです。


posted by mulberry at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮之浜

2012101810030000.jpgここは泳げます。泳ぎました。笑

posted by mulberry at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/18朝、青空広がる

PA180158.JPG

10/18 旧9/4 晴れ

台風22号が過ぎ去って、
父島は朝から青空が広がっています。

しかし、台風21号はこれから近づきます。

ただし、小笠原にはそれほど近づかずに、
小笠原の北(伊豆諸島あたり)を通過していく予想です。

そのため、天気はよくなったものの、
うなりは強く、風も強い状態が続いています。



おがさわら丸は本日午後到着後、
そのまま夕方、また出港予定です。

しかしこれでは台風とぶつかりそうです。

再々変更があるかもしれませんね。

今便は2つの台風で
運航をどうするかきっと頭を悩ませているでしょうね。

変更の判断時は
台風予想からしてそれぞれ最善の判断だと思います。

修学旅行の団体もあったので、早めの判断も必要だったでしょう。

こういうときは結果論で
あとでああだこうだ批判する人が出てきます。

でもそれはちょっと酷ですね。

posted by mulberry at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

「長崎原爆資料館」(児童図書)

S-1.jpg

うちのHPに
2011年12月に長崎原爆資料館周辺訪れた時の写真記録を
載せました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub14-4-12.htm

その作業中、参考にしたのが、
パンフレットやこの図書(「原爆資料館」)です。
http://210.172.20.148/~suisinkyo/peace-wing-n.or.jp/cgi-bin2/cartpro2/cart.cgi?id=S-1

以前に
同じときに買った写真集(「原爆被爆記録写真集」)も紹介しています。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10589604.html


広島でも長崎でもそうですが、
「いくら戦争でも、こんな兵器、使っちゃダメでしょう」
というのが率直な感想です。

これと原子力発電所の事故を結びつけるのは
短絡的かもしれません。

資料館で原爆のエネルギーについて
熱線35%・爆風50%・放射線15%と3つ分けて紹介されていました。

原発事故以降、放射線の目に見えぬ恐怖感と言うのは
いまだにぬぐえていないと思います。

原発推進の方からは
放射線の脅威は過剰反応だと意見もあります。

今のところ、
まだまだ僕の中では納得できておりません。
posted by mulberry at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シマモクセイの花

PA150125.JPG

内地の方のSNS見ていると、
最近よくキンモクセイの花の話題が出ています。

ちょうど父島でも
シマモクセイ(モクセイ科・広域種)が咲き始めています。

つい先日、都道沿いで花を見つけました。
花の色・形はギンモクセイに近いのでしょうか。

近づくと芳香があります。

花期も盛りになると、芳香が漂ってくる場合もあります。
これはまだしばらく先ですね。

ちなみに小笠原では
モクセイ科の自生種はシマモクセイとムニンネズミモチの2種です。

ムニンネズミモチのほうは
それほど芳香という香りではありませんね。

なお
栽培種のイヌシロソケイは芳香です。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10483382.html
posted by mulberry at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする