2012年08月31日

「観光文化 第214号」特集・小笠原観光(公益財団法人 日本交通公社)

bunka214.jpg

日本交通公社の季刊誌「観光文化214号」は
小笠原観光が特集です。

http://www.jtb.or.jp/publishing/index.php?content_id=188
http://www.jtb.or.jp/themes/content/img/publish/bunka/bunka214.pdf

巻頭言は
都レンジャーの発案者でもある野口健氏です。

執筆者は
村長、研究者、父島観光業者、母島観光業者&島民、作家・飯田辰彦氏などです。

いずれも観光とからめてまとめています。


村長が
小笠原観光の概観的なことを書いています。

研究者は2人執筆で、
可知氏が小笠原の自然の価値について、
ロング氏が小笠原言葉について、まとめています。

父島業者は民宿と船ガイドのシートピア夫婦。
母島業者はガイド梅野氏と島で育ったその娘。
それぞれが島の思いについて書いています。

そして作家の飯田氏が
ロード・ハウ島を引き合いにしながら、
小笠原への提言を書いています。

誰にでも読みやすい内容ですね。

posted by mulberry at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人とは何か。

2012083109360000.jpg浜辺で勉強中。

posted by mulberry at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012夏、ラジオ体操最終日

P8310791.JPG

8/31 旧7/14 晴れ

8/1から始まった
夏休みのラジオ体操も最終日です。

3年旭は途中で体調を崩すこともなく、
休みなく参加してとうとう皆勤賞です。

今年は中1の千尋が参加しなくなったので、
旭は毎日1人で出かけていました。

途中数回寝坊して危うい日がありましたがが、
何とか無理やり起こして出かけていきました。

ちなみに
僕はわずか5回ほどでしたね。


ラジオ体操終了後は
ご褒美の景品をもらって帰ってきました。

うれしそうでした。

がんばったらご褒美があると思うと、
はげみになりますね。


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%E9%A5%B8%A5%AA%C2%CE%C1%E0
posted by mulberry at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝の二見

2012083106360000.jpg朝日の中、ラジオ体操。

posted by mulberry at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

2012夏、早稲田大学本庄高等学院(早大本庄)の小笠原研修

P8300784.JPG

8/30 旧7/13 晴れ

この便では
早大本庄の小笠原研修がありました。

この研修も8月最後の便で例年恒例となっています。

父島での研修でうちが対応しているのは
今回はナイトツアーと南島研修です。

昨夜はナイトツアーを実施しました。

そして、
今日の午前が南島研修でした。

前回は海況不良で中止でしたが、
今回は無事南島へ上陸できました。

じっくりと南島の特徴的なものを
観察してきました。


早大本庄の皆さんとは、また1年後にお会いしましょう。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C1%E1%C2%E7%CB%DC%BE%B1
posted by mulberry at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼寝タイム

2012083014070000.jpg船も出ましたから。

posted by mulberry at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南島

2012083009050000.jpgうねりあります。

posted by mulberry at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝の三日月山

2012083006360000.jpg南島に行きます。

posted by mulberry at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

東島

2012082911060000.jpg雲が流れて…

posted by mulberry at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭山

2012082909530000.jpg今日は景色を楽しみます。

posted by mulberry at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

樹木に乗っかっているノヤギ

P8280774.JPG

8/29 旧7/12 晴れ

千尋岩コースの帰路、
こんな光景を目にしました。

周辺は急斜面の岩場です。

ノヤギさん、
そこに生えている樹木に完全に乗っかって、
葉をむしゃむしゃ食べています。

樹木はテリハハマボウ(アオイ科・固有種)ですね。
黄色の花が遠くからもよく見えます。

わざわざこんな急斜面で
樹木によじ登らなくてもと思いますけどね。

あればもし、この樹木が急に折れたりしたら、
一気に落ちていくと思いますよ。

もしなんてことは、彼らは考えないかしらね。



人間はそんなこと考えるうちに
しまいに保険なんかできちゃったんでしょうね。

あれは考えようによっては
悪いほうでのギャンブル・宝くじみたいなもの。

悪いことがなければ、戻ってきませんからね。

だから損得でいうと、
平均的には保険をかけないほうが得が多いようにも思います。

さてどんなものでしょう。
posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

命を大切に

2012082813060000.jpgこのあと…生きています。

posted by mulberry at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千尋岩目前

2012082812080000.jpg今日はゆっくりと。

posted by mulberry at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭の自由研究の題材にホラズミクチバ

P8260043.JPG

8/28 旧7/11 晴れ

先日のオフのとき、
3年旭の自由研究のお手伝いをしました。

課題は「生き物探し」です。

あまり集落のほうで見ない生き物を見せに
山に連れて行きました。

洞窟の中で見せたのがホラズミクチバです。
http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Catocalinae/Speiredonia_inocellata.html

洞窟の中ぐらいしか見ないので、
島民でも知らない人が多いように思います。

旭は実物を見ながら、
特徴を書いたり、スケッチしたりしていました。

それから沢筋でオガサワラアメンボも。


さてどんなふうにまとめるかしら。
posted by mulberry at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝の二見

2012082805330000.jpg太陽がのぼってきました。

posted by mulberry at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

昼の前浜

2012082712510000.jpgうねりで海が真っ白。

posted by mulberry at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小笠原・父島は猛暑日がほとんどない!?

8/27 旧7/10 晴れ

8月も末になってきましたが、
内地はまだまだ暑い日が続きますね。

気象情報を見ていると、
猛暑日が連続しているようですね。

関東地方の天気予報を見て気がつくのは
小笠原や伊豆諸島はそれほど気温が上がらないことです。

特に小笠原と八丈は
最高気温の予報が30度くらいの日が多いです。

これは海洋性気候ゆえなのでしょう。
エンジンでいえば水冷です。

きちんと調べていませんが
多分父島には35度以上の猛暑日の日はほとんどないでしょう。

せいぜい33度くらいのものですからね。
実際にはほとんどが30度か31度くらいです。

島で生活していると、
家の中では網戸と扇風機で何とか暮らせます。

でも
僕らが内地の夏を過ごしたら暑くていいられないですね。きっと。

エアコンなしでは死んでしまいそう。

夏でも過ごしやすい小笠原からでした。
posted by mulberry at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の三日月山から

2012082707010000.jpgうねうね。大うねり。

posted by mulberry at 07:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

本「藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?」

5421.jpg

長いタイトルの本です。笑。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1309-2.htm

著者はタイトルにも出てくる藻谷浩介氏と山崎亮氏。
藻谷氏は「デフレの正体」の著者ですね。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10111981.html

本書は2人の対談がベースとなっています。

両人ともジャンルは違いながらも
それぞれ地域に関わるお仕事をしていて、現場も熟知されています。

まえがきで藻谷氏は
「経済成長の必要性自体を否定する本ではありません」
読者として期待しているのは
「この国の隅々で暮らす普通の常識人」です。

僕はこの本をぜひ地方の首長・議員の方に読んでいただき、
目からウロコを落としてほしいと思います。
(小笠原ももちろん同様です)

この本では豊かな町の代表格のような感じで
隠岐諸島海士町などが紹介されています。

一方データを使いながら、
事実として日本の経済の強い現状も説明があります。

日本が赤字の国は
スイス・フランス・イタリアなど。

つまり
うらやましいようなブランド力のある国。

日本が次に目指すべきは
地域のブランド力をもっともっと高めること。

デフレだとか、給料が上がらないとか何とか言っても、
日本は便利で豊かな国であるのは間違いありません。

しかし本当の豊かさは、
経済指標では計れないところにあるのかもしれません。

小笠原に住んでいると、実感としてよく分かります。

そのあたりをうまく組み込んで
地域の政治家の方も力を発揮していただきたいですね。
posted by mulberry at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うねり

2012082610390000.jpg湾内はうねりで泳ぎは不適。

posted by mulberry at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする