2012年01月31日

2月初旬、父島の気候・服装

1/31 旧1/9 曇り

今日で1月が終わります。

明日から2月で、
おがさわら丸はドック明けで最初の到着便となります。
またピカピカになっていることでしょう。

さて南国小笠原ですが、
さすがに1-3月は常夏ではありません。

でも
冬でも暖かいと思われているのは間違いないですね。

これは当たっているようで、
実感としては、そうでもないように思うときもあります。

この時期、
晴れてポカポカの日は20度越える時もたまにはあります。

北風で曇天だと15-18度くらいです。
外にいると結構冷えてきます。
家の中も意外と冷えます。
ちょっとした電気ストーブがほしい時期でもあります。

僕はわりと寒がりなので、
下着Tシャツに、長袖シャツ着て、さらにフリーすを羽織っています。
つまり3枚ですね。

外に長くいるときは
薄手のウィンドブレーカーをさらに羽織ります。

天気もそれほど安定せず、晴れの日は続きません。
どっちかというと曇りの日が多いかもしれませんね。
雨はそれほどでもないのですが、短時間に降ることはよくあります。

海況は波3mが普通でしょう。
外洋は基本的に波があると考えておいたほうがいいですね。
(船に弱い人にはつらい時期です。)

今年は内地の気温が低めのようですね。
そのせいかこちらも気温が低いように感じています。

この時期の気温の目安は
最低・最高も東京のプラス10度前後くらいかな。

そう考えるとやっぱり暖かいのかな。
実感はそうでもないけど。


posted by mulberry at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の二見

2012013107110000.jpg冴えない天気です。雨がぽつりぽつり。

posted by mulberry at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

シマタイミンタチバナの花

P1273746.JPG

1/30 旧1/8 曇り

長崎付近の遊歩道沿いで
シマタイミンタチバナ(ヤブコウジ科・固有種・絶滅危惧U類)の花が
咲いていました。

枝先にコブがいっぱいついているように見えるのが
つぼみや花なんですね。
近づいてよく見てみましょう。

ヤブコウジ科といえば
ヤブコウジが寿限無にも出てきます。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9221891.html
センリョウ・マンリョウも同じ科ですね。

小笠原で自生のヤブコウジ科は
本種の他、マルバタイミンタチバナ(固有種)、モクタチバナ(広域種)
計3種があります。

父島では
モクタチバナは高木性の林内にあちこちにあります。

シマタイミンタチバナ・マルバタイミンタチバナは
低木性の林内にありますが見つけるのが難しいかもしれませんね。


posted by mulberry at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の二見

2012013007100000.jpgどんよりと雲っています。

posted by mulberry at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

「徒然草・方丈記」(大伴 茫人編)

9784480423481.jpg

徒然草は吉田兼好(卜部兼好)、
「つれづれなるままに、日暮らし硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を・・・・」
方丈記は鴨長明、
「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。・・・」
でそれぞれ始まる有名な作品(随筆)です。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480423481/

書かれた時代は、
方丈記が鎌倉初期、徒然草が鎌倉末から南北朝時期。
どちらも著者は出家しています。

編者の解説によれば、
徒然草は「真正の書」、方丈記は「状況の書」としています。
そのため、この2書の内容を比較して徒然草に軍配を上げています。
(方丈記が美文ということは否定していません。)

その比較のため
この2作品が組み合わされたのが編者の意図です。

それが僕にわかったかというと・・・苦笑
何度か読まないと駄目かな。

本文の構成は
現代語訳・本文・語釈の順となっています。
つまり1つの文章に対して2回づつ読むこととなります。

随筆のなので、
色々なことを書き連ねられています。

当時も今も、
人の心・行動はあまり変わらないですね。

徒然草でも古きものをよしとしてところがあり、
笑えてしまいますね。

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480423481/
posted by mulberry at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンヒザクラが咲いていますね

P1293756.JPG

1/29 旧1/7 小雨

亜熱帯農業センター駐車場付近では
植栽のカンヒザクラ(ヒカンザクラ・バラ科・外来種)が花を咲かせています。

過去の記事を見ても、毎年、今頃ですね。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%AB%A5%F3%A5%D2%A5%B6%A5%AF%A5%E9

沖縄などでは大々的にサクラまつりをやっていますが、
小笠原ではそれほど大規模に植えられているところはないので、
そういう行事はありません。

亜熱帯農業センターは
年中、ハイビスカスが色とりどりに咲いています。

この駐車場でカンヒザクラが咲くと、
またちょっと違った華やいだ感じになります。

落葉していて枯れ木の状態から花をつけだすと、
さえぎるものもなく花が目に入るので、印象に残りやすいですね。

デイコモしかりです。
(葉が残っていて咲くものもありますが・・)

posted by mulberry at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の二見

2012012907480000.jpgしとしと雨です。

posted by mulberry at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

「日本の固有植物」(東海大学出版)

01897.jpg

1/28 旧1/6 曇り

小笠原は固有種が多いところです。
そのため、
「日本の固有植物」というタイトルにひかれて買った本です。

内容は
T.固有植物の生物学
  ・・概論的な文章です。
U.日本固有植物図鑑
  ・・写真は一部ですので図鑑としては物足りないでしょう。
V.日本固有植物目録
W.日本固有植物分布図
となっています。

図鑑のところは、小笠原の植物に付箋をつけていくと、
付箋だらけのすごいことになりました。
http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-01897-1

そんな場所ですから、昨日の記事でも紹介しましたが、
維菅束植物固有種指数が1位父島、3位母島になるんですよね。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10602773.html
posted by mulberry at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

維管束植物「固有種指数」、1位は小笠原・父島

「日本の固有植物」という本を読んでいます。
http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-01897-1

その中で、
「日本の固有植物のホットスポット」(海老原淳)という文章があり、
維菅束植物の固有種指数が紹介されていました。
http://www.kahaku.go.jp/procedure/press/pdf/25828.pdf

父島は堂々の1位です。
3位には母島も入っています。
(ちなみに2位は屋久島です。)

本文の説明では
小笠原には100種類以上の固有種があり、
当然の結果なのだそうです。

では父島と母島の差はなんでしょう。

やはり島の形・地形の差なのでしょうか。
父島のほうが山は低いですが、東西に幅があり、
環境の変異の多様性があるせいなのかと思います。

この固有種指数のプレスリリースはもう2年ほど前になります。

この本を読むまで知らなかったなあ・・。

posted by mulberry at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリハハマボウの実に近づいて

P1243729.JPG

1/27 旧1/5 曇り

昨日はシマイスノキの花を近づいた記事を書きました。

今日は
テリハハマボウの果実に近づいてみました。

テリハハマボウはアオイ科・固有種です。
山地に広く自生します。

近縁種として海岸性のオオハマボウがあります。

テリハハマボウの果実の割れているものを近くで見ると、
5つに割れていて、それぞれに1つづつ種が入っています。
つまり1つの果実に、種は5つですね。

種は白い毛が生えているのもわかります。

近縁種のオオハマボウも同じような形だと
思います。




posted by mulberry at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

シマイスノキの花を近くで見ると・・

P1253731.JPG

1/26 旧1/4 曇り

昨日も
シマイスノキ(固有種・マンサク科)の花を見つけました。

近づいてじっくり見ると・・

たくさんの赤い小花がついています。

構造的には花びらがありません。
上部に両性花、下部は雄花ということです。

確かによく見ると、
最上部の部分が他の部分とは形が違います。

この部分がのちに果実になるところですね。

たまにはミクロの眼になって、小さいところを観察するのもいいですね。

でもそんなとき、
僕はメガネはずさないと、全然見えません。

不便になりました。苦笑。

posted by mulberry at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

初寝浦

2012012510420000.jpgかなり久しぶりです。

posted by mulberry at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の作業場

2012012509140000.jpg沢の中です。

posted by mulberry at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小4総合の指導(2011年度5回目)

P1243725.JPG


1/25 旧1/3 はれ

昨日、
今年度第5回目の小4総合(総合的な学習)の指導をしました。

前回は11/1ですから、2ヶ月少したちました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10456830.html

この大神山での観察は
5月、11月、この1月と計3回目です。
季節ごとの違いが見るという狙いもあります。

5月は春から初夏の状態。11月は夏から秋の状態。

そしてこの1月はすっかり涼しくなっています。
秋から冬の状態。
シャリンバイがあちこち満開に近い状態でした。

小笠原の植生は
基本的に常緑林なので、それほど大きな変化はないです。
でも花・実の時期はそれぞれ。

そんなことも気づいてくれるとうれしいんですが、
うまく伝わったかな。・・・。

posted by mulberry at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

「核がなくならない7つの理由」(春原剛)

610391.jpg

昨年、原発の事故がありました。
昨年末には、長崎に旅行し、原爆資料館を見学しました。

そのころに
「核がなくならない7つの理由」というタイトルにひかれ購入した新書です。

作者は春原剛(すのはらつよし)氏です。
http://www.shinchosha.co.jp/book/610391/

その7つの理由とは
理由1 「恐怖の均衡」は核でしか作れない
理由2 核があれば「大物扱い」される
理由3 「核の傘」は安くて便利な安全保障
理由4 オバマに面従腹背する核大国
理由5 絶対信用できない国が「隣」にあるから
理由6 「緩い核」×「汚い爆弾」の危機が迫る
理由7 クリーン・エネルギーを隠れ蓑にした核拡散

理由のそれぞれが章立てになっています。


核の問題、
性善説ではなく性悪説に基づいているのがよく分かります。

広島・長崎以降は実施には兵器としては使われていません。
破壊力ゆえに核はほぼ使えない兵器となっています。

ただ、
テロ国家といわれているような国やテロリストは
その限りではありません。
(つまり使う可能性があるということ)

核兵器が
今後も決して使われることがないことを願います。

世界の指導者は
時間をかけて「核なき世界」を目指していってほしいものです。


posted by mulberry at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大神山公園展望台

2012012413080000.jpg飛行艇がいます。訓練です。

posted by mulberry at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小笠原諸島世界自然遺産登録記念シンポジウム」の開催について(東京都報道発表)

「小笠原諸島世界自然遺産登録記念シンポジウム」の開催について
は1/23付けの東京都の報道発表です。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2012/01/22m1n200.htm


日時
 平成24年2月20日(月曜)15時00分〜18時00分(開場14時30分)

場所
 UDXシアター
 東京都千代田区外神田4−14−1 4階
 (JR秋葉原駅徒歩2分)

内容
小笠原諸島世界自然遺産登録記念シンポジウム プログラム内容
1講演
「自然環境の保全と世界遺産」
   野口健氏(東京都レンジャー名誉隊長)
「世界遺産登録の意義」
   吉田正人氏(IUCN日本委員会会長・筑波大学准教授)

2パネルディスカッション
「世界自然遺産とのつきあい方」
コーディネーター
 可知直毅氏(首都大学東京小笠原研究委員会委員長)

パネリスト
 大河内勇氏(小笠原諸島世界自然遺産地域科学委員会委員長・森林総合研究所)
 千葉聡氏(東北大学准教授)
 吉田正人氏(IUCN日本委員会会長・筑波大学准教授)
 永野姿子氏(クラブツーリズム(株)コミュニティ旅行センターグループリーダー)
 渋谷正昭氏(小笠原村産業観光課長)
 近藤豊(東京都環境局自然環境部自然公園担当課長)
 ※出演者・内容については、今後、変更になる可能性があります。

村在住は渋谷課長だけですね。
職務上も、住民としても、
遺産になってからの変化を一番肌身で感じていることでしょう。

ぜひご参加ください。
posted by mulberry at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集・PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコツーリズム全体構想に伴う陸域自然観光資源の実踏調査(第2回、第3回)

1/24 旧1/2 はれ

1/20(第2回)と昨日1/23(第3回)、
エコツーリズム全体構想に伴う陸域自然観光資源の実踏調査で
ルートを歩いてきました。

1/20は高山線を含むジョンビーチルート。
昨日は巽道路からの赤旗山・躑躅山ルート。

それぞれ、
施設・案内板の実態、整備状況、危険箇所、自然資源の確認などをしながら
ルートを歩いています。

メンバーは
村陸域ガイドや自然関係機関職員などです。

よく指摘を受けているのが
階段の不具合、滑りやすい箇所の改善要望、
案内板の不適切説明や景観への配慮不足などです。

落石・転落などの危険性のある場所も
よく指摘されます。

自然観光資源としては
植生が主ですが、展望景観のよさもあげられます。


このあとの1週間ほどで、あと4回予定されています。
僕らガイドは、
協力という形で時間をさいて参加しています。

現場では、僕らはああだこうだといいながら、
事務局は一生懸命メモを取りながら歩いています。

このあとのとりまとめもかなり大変な労力でしょう。

いい形でまとまることを期待します。
posted by mulberry at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の三日月山

2012012407270000.jpg晴れですが、霞んでいます。うねりもあります。ブリーチングあり。

posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

赤く熟れたシマモチの果実

P1223714.JPG


1/23 旧1/1 はれ

山中で、
シマモチ(モチノキ科・固有種・絶滅危惧U類)の赤く熟れた果実を
見つけました。

1本の樹にたくさん果実をつけていました。

鳥が好みそうな色・大きさですね。
僕もかじって見ましたが甘みがありました。

図鑑などでは10月ごろが果期なので、
この樹は遅いのでしょうね。

普通、花の時期がもうそろそろですからね。

シマモチの過去のブログを見たところ、
果実について書くのは初めてのようです。
そういえば、
赤く熟れた果実を見た機会はあまりないような気がします。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B7%A5%DE%A5%E2%A5%C1




posted by mulberry at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする